富士フイルムのカメラ・レンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

mouse DT6-G-3050をレビュー!しっかり遊べるデスクトップパソコン

はるか、アイコン
WRITER
 
mouse デスクトップ DT6-G

マウス、コラボパソコン

マウス、コラボパソコン

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

マウスコンピューターの「mouse DT-6-G-3050」を紹介します。

CPUには6コア12スレッドのRyzen 5 4500を採用。mouse ブランドの中では最上位となる、GeForce RTX3050を採用しているのが特徴です。軽めの編集作業やゲームも余裕をもって楽しめる処理能力をもっています。初心者やライトユーザーにおすすめのパソコンです。

公式サイトでは「期間限定のセール品」「アウトレットモデル」「店舗即納モデル」などお得に購入できるパソコンが多数用意されています!また当サイト限定の「コラボモデル」もお得ですので合わせてチェックして下さい。

※記事では独自に集計したデータを活用する場合があります

mouse DT6-G3050 特徴・スペック

mouse DT6-G,マウス,公式,価格

マウスコンピューターが展開する一般向けモデルの「mouse」ブランドの製品です。

一般向けモデルとして手頃な価格で販売されてはいますが、GPUにはGeFore RTX3050を採用しており、描画性能に優れているのが特徴です。ミニタワー型デスクトップパソコンですので、設置スペースも控えめで、重量も軽いので動かしやすいです。撮りためた写真や動画を編集したり、オンラインゲームを息抜きに楽しむといった「はじめの1台」としてもおすすめです。

mouse DT6-G-3050の特徴をまとめるとこんな感じです。

  • そこそこ高いパフォーマンス
  • ライトユーザーには十分すぎるスペック!
  • RAW現像や動画編集、ゲームを楽しめる!
はるペン
手頃さが心地良いモデルです

 

mouse DT6-G-3050 パーツ構成

mouse デスクトップ DT6-G

スペック

CPU: Ryzen 5 4500
GPU:GeForce RTX3050
メモリ:16GB
ストレージ:512GB SSD
電源:500W【80PLUS BRONZE】
サイズ:170×403×360mm
重量:約7.3kg

写真動画編集ゲーム

mouse DT6-G-3050は、コストを抑えつつ、ゲームやクリエイトワークを楽しみたい人におすすめのモデルです。GeFore RTX3050を採用しているため多くのゲームを動作させることができます。エントリーラインとしての快適性はピカイチと言っても良いでしょう。

 

mouse DT6-Gの外観チェック

※同筐体を採用しているmouse DT6-Gの写真を利用しています

mouse デスクトップ DT6-G 写真

フロント下部に小さく「mouse」ロゴが入るだけのシンプルなデザイン。いかにもデスクトップパソコンという印象で、派手さこそありませんが反発心を生まないデザインだと思います。フロントには、電源ボタンやUSB各種が装備。

mouse DT6-G 付属品

付属品は、取説、電源ケーブル、マウス、キーボードまで付属しています。モデルや時期によって内容が変わる可能性はありますが、追加でオプション品を購入しないで済むのはありがたいです。

mouse DT6-G インターフェース

インターフェースは、DisplayPort×1、HDMI×1、USB2.0×4、USB3.0×4、USB3.1×2、ヘッドフォン端子やマイク入力など一通りそろっています。(詳細は公式サイトでご確認ください。

mouse DT6-G インターフェース

個人的にはこのデッパリを無くしてほしい…

mouse DT6-G 中身 内部

内部は配線もきっちりまとめられており、エアフローも良さそうです。電源が上部にあるため(重心が高いため)か、手に持った時に意外と軽く感じます。拡張性も最低限備わっている感じです。

 

mouse DT6-G^3050 性能チェック

CPU性能:Ryzen 5 4500

mouse DT6-G,レビュー,ブログ,評価,感想,性能,ベンチマーク,Ryzen 5 4500,CPUZ

6コア12スレッドのRyzen CPUを採用しています。エントリーグレードではあるものの、パフォーマンスは予想していたよりも高くて良い意味で裏切られました。

参考までに他モデルと比較した例をご覧ください。(PASSMARKの公開スコアを掲載)

モデルCPUスコア
mouse DT6-G(新)Ryzen 5 450015908
mouse DT6-G(旧)Ryzen 5 350012780
自作PCRyzen 5 360017819
mouse DT5-GCore i5-1240019959

従来モデルに採用されていたRyzen 5 3500と比較すると、約25%スコアを伸ばしています。順当に進化しているのは好印象です。

ただし、ライバルのインテルCore i5-12400と比較すると8割程度のスコアです。価格差も大きくありませんので、安心を買う意味でもインテルCPUを採用した「mouse DT5-G」シリーズを選択するというのも有りかもしれません。

 

RAW現像チェック

実行速度をチェックするため100枚のRAWデータの変換にかかった時間を計測しました。

モデルCPU時間
mouse DT6-G(新)Ryzen 5 45003分50秒
mouse DT6-G(旧)Ryzen 5 35003分55秒
自作PCRyzen 5 36003分47秒
mouse DT5-GCore i5-124002分24秒

Ryzen 5 3500、Ryzen 5 3600と比較しても差がほとんどありません。体感レベルでわかる人は少数だと思います。

ただここでもインテル第12世代と比較すると大きく差をあけられてしまっています。

カジュアルに写真編集を楽しむのであればRyzenで問題ありませんが、パフォーマンスを求めるならインテルだと思います。

GPU性能チェック:GeForce RTX3050

mouse DT6-G-3050に標準搭載されているのは、GeForce RTX3050です。軽めのゲームなら高めの設定で遊べてしまう性能はもっています。

ゲーム性能をFF15でチェック

G-Tune EL-B,公式写真,比較,価格,おすすめ,ブログ,レビュー,評価,RTX3050,FF15

GPUフルHD(標準画質)
GeForce RTX30508715(とても快適)
GeForce GTX16607435(快適)
GeForce GTX1650 SUPER6661(快適)
GeForce GTX16505629(やや快適)
GeForce GTX1060(3GB)5800(やや快適)
GeForce GTX1050Ti3800(普通)

重量級タイトルものFF15でテストしてみましたが、4K標準設定でも「普通」というスコアが出ています。

エントリークラスだとGeForce GTX1650を採用しているモデルもありますが、最新タイトルや重たいゲームだと設定に苦労するケースもあります。

そういう意味は、RTX3050のおかげで余裕のあるパフォーマンスにあるのは精神的にもありがたいはずです。あるいはゲーミングブランドのG-Tuneから選択するのも良いでしょう。

【G-Tune EM-B】第12世代Intel CPUとRTX3050を搭載したゲーミングデスクトップ

 

mouse DT6-G-3050は動画編集に使える?

無料ソフトのDavinciを使って、ミラーレスカメラで撮影した4KデータをフルHDへ書き出す時間を計測しました。

モデルCPUタイム
mouse DT6-G(新)Ryzen 5 4500×GTX16502分16秒
mouse DT6-G(旧)Ryzen 5 3500×GTX1650S2分55秒
G-Tune PM-ARyzen 5 3500×GTX1650S3分24秒
自作PCCore i3-12100F×RX66002分40秒

mouse DT6-G-3050は、本格的な高解像動画編集に対応できるほどのパフォーマンスはありませんが、そこまで性能を求める人は稀な存在でしょう。

撮りためたデータをつなげて簡単な家族ムービーを作ったり、YouTube動画デビューなんて使い方も面白いと思います。

 

ストレージ転送速度も問題なし

mouse DT6-G SSD 転送速度

ストレージのはNVMe SSDが採用されているので、転送速度は2000~3000MB/s程度といったところでしょう。HDDよりもはるかに高速なので、パソコンの起動もあっという間です。

【転送(読み込み)速度理論値】

  • HDD→200MB/s
  • SATA SSD→600MB/s
  • 一般的なNVMe SSD→2000MB/s
  • 高性能なNVMe SSD→3500MB/s

mouse DT6-G-3050 感想・評価

mouse DT6-G メリット

  • 性能と価格が釣り合っている
  • シンプルな筐体を採用
  • ゲーム、写真、動画など多用途に使える

mouse DT6-G-3050は、専門的な作業を除けば多目的に使えるパソコンです。特にGPU性能が高めのため、ゲームや動画編集などといった作業で強みを発揮できると思います。

 

mouse DT6-G3050デメリット

  • CPU性能がもう一歩
  • ライバルメーカーよりも高めの値段設定

mouse DT6-G-3050は、一般ユーザーには十分なパフォーマンスを持っていることがわかりました。しかしCPU性能はもう一歩といったところで、インテルCPUの優秀さを見たような気もします。

また似たような構成であれば、ライバル各社から14万円台あたりで販売されていることも見ておくべきでしょう。マウスコンピューターは、国産生産+24時間サポートつきなど手厚いので安心代という見方もできます。

 

mouse DT6-G-3050をおすすめしたい人

mouse デスクトップ DT6-G

  • やや高めの描画性能が欲しい人
  • 初心者やライトユーザー
  • カスタマイズベースにしたい人
  • はじめてパソコンを購入する人
  • 予算が15万円前後の人

mouse DT6-G-3050を紹介してきました。

15万円台という価格は気になりますが、一般ユーザーに十分な性能と快適性を備えたモデルだと感じます。多くの処理が問題なく行えますので、好みに合わせたカスタマイズすることでより快適になると感じました。

価格面に関しては、マウスコンピューターの公式サイトで行われている「季節限定のセール」を利用すればお得に手に入るかもしれません。定期的にチェックしてみると良いことがあるかも?

関連リンク

>>>マウスコンピューター関連記事をもっと読む

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2022 All Rights Reserved.