富士フイルムのカメラ・レンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

mouse K7シリーズをレビュー!17.3型モニター搭載で丁度いい性能が魅力のノートPC

はるか、アイコン
WRITER
 
mouse K7,レビュー,ブログ,評価,感想,性能,

マウス、コラボパソコン

マウス、コラボパソコン

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

マウスコンピューター「mouse K7」をレビューします。

第12世代Core i7-12700H×GeForce GTX1650を搭載し、ちょっとしたゲーミングパソコン並みの性能を備えたモデルです。17.3型フルHD液晶を採用しているので持ち歩きには向きませんが、迫力のある映像を楽しめます。最近小さな文字がツライ…なんて人にもおすすめで密かに人気を集めているパソコンです。

※記事では独自に集計したデータを活用する場合があります

mouse K7シリーズとは?

mouse K7,レビュー,ブログ,感想,性能

マウスコンピューターが展開するブランドは、一般向けの「mouse」、ゲーミングの「G-Tune」、クリエイター向けの「DAIV」とあります。

mouse K7は一般向けのmouseブランドとしては最上位モデルにあたり、高性能CPUと独立グラフィックを搭載しパフォーマンスを高めています。またスタンダードな15型よりも大きな、17型液晶を採用しているのもポイントです。

 

mouse K7ラインナップ

モデル構成価格
mouse K7
(プレミアムモデル)
Core i7-12700H/GTX1650/32GBメモリ/1TB SSD219,800円
mouse K7Core i7-12700H/GTX1650/16GBメモリ/512GB SSD189,800円
mouse K7-A
(オフィス付き)
Core i7-12700H/GTX1650/16GBメモリ/512GB SSD211,800円

※構成や価格は変更になる可能性があります

mouse K7にはいくつかのラインナップが存在します。メモリやストレージ容量に余裕があるプレミアムモデルは、カスタマイズ費用を抑えることが可能です。末尾にAがつくオフィス付きモデルも用意されているので必要に応じて選択しましょう。

 

mouse K7 スペック・外観チェック

mouse K7,写真

スペック
  • OS:Windows 11 Home 64ビット
  • CPU:Core i7-12700H
  • GPU:GeForce GTX 1650
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB
  • 液晶:17.3型フルHDノングレア
  • 重量:約2.57㎏
  • 動作時間:約7時間

筐体はブラックがブラウンがかったカラーリングで高級感を演出。液晶背面には大き目のチーズのロゴが入ってます。地味ながら結構目立つかもしれませんね。

mouse K7,写真

17.3型フルHD液晶で約2.57kgは持ち出しには不向き。据え置き型として使うのがスタンダードでしょう。従来の約2.34kgから少し重たくなってしまいました。

mouse K7,写真

サイズは396.9×264.5×26mmなので薄型軽量とは言えないものの、一般的なノートパソコンとそれほど変わらない印象です。昨今のスリム型と比較すると大きいですが…

音響技術「Dolby Atmos」により、対応コンテンツでは立体的なサウンド体験が可能です。「ちょっとだけリッチ」がこの製品のコンセプトのような気がします。

mouse K7,写真
個人的には従来モデルよりもスタイリッシュになった印象を受けます。120WのACアダプターはやや大きく感じるでしょうが、据え置き型ととらえると弱点にも感じない。(はず)

 

キーボード

mouse K7,写真

キーボードは自然な配列でテンキーもついていますので、オフィス系アプリとの相性もばっちりでしょう。ちなみに15色の中から好きな色を選択できるLEDバックライトを内蔵。

mouse K7,キーボード

 

17.3型フルHD液晶(ノングレア)を搭載

mouse K7,液晶モニター

一般的なノートパソコンで採用されている15.6型よりもさらに大きい17.3型フルHD液晶画面を搭載。15.6型と比較して約23%も画面が広く、文字表示も見やすくなります。もちろん映画やゲーム画面の迫力もワンランクアップしますので、動画視聴を目的としている人にも良いかもしれません。

 

mouse K7のインターフェース

mouse K7,インターフェース

mouse K7のインターフェースは、背面に4K UHD解像度に対応したHDMIと、mini DisplayPortを搭載。USB2.0、3.0が各1個、USB 3.1はType-A、Type-Cが各1個づつ装備。UHS-I対応のカードリーダーの存在が地味にありがたいです。

Wi-Fi6にも対応しているので対応ルーターを使えば快適な通信環境も確保できます。また本体と合わせて最大3画面表示が可能となっているので、昨今のテレワーク需要を考えるとニーズにマッチしている気がしますね。

 

mouse K7 性能チェック

CPU性能チェック

DAIV 6N,ブログ,レビュー,感想,購入,開封,比較,価格,CPU性能,ベンチマーク,Core i7-12700H

第12世代Core i7-12700Hは、14コア/20スレッドで、デスクトップCPUと比較しても目劣りしないパフォーマンスを発揮します。。

参考までにPASSMARKの公開スコアをどうぞ。

モデルCPUスコア
mouse K7Core i7-12700H27450
mouse K5Core i7-10750H12728
DAIV 4P(新)Core i7-1260P17203
DAIV 4P(旧)Core i7-1165G710605

最新モデルに採用されているCore i7-12700Hは、従来モデルのCore i7-10750Hと比較すると約215%もスコアが上がっています!

より負荷のかかる処理に対応できるようになり、ほとんどの人にとって不満のない処理能力を手に入れたと言って良いでしょう。

 

RAW現像の処理時間を計測

100枚のRAW現像にかかった時間を計測した参考データです。

モデルCPU時間
mouse K7Core i7-12700H2分41秒
mouse K5Core i7-10750H2分29秒
DAIV 5NCore i7-11800H3分04秒
DAIV Z7Core i7-117002分28秒

mouse K5の時間が速すぎて魅力が薄れているような印象を受けますが、デスクトップパソコンのDAIV Z7(Core i7-11700)よりも短時間で処理を終えていることに注目してください。少なくともRAW現像において旧世代とは言えデスクトップパソコンに引けを取らない性能を持っていることが伝わってくると思います。

一般向けモデルでこれだけのパフォーマンスが出ていることに驚きます。時代の進歩が早すぎますね(笑)

 

SSDの転送速度

DAIV A7,Cドライブ,Gen4

【転送(読み込み)速度理論値】

  • HDD→200MB/s
  • SATA SSD→600MB/s
  • 一般的なNVMe SSD→2000MB/s
  • NVMe SSD Gen4→5000MB/s

旧モデルではSATAだったので速度がそこまで出ませんでしたが、モデルチェンジでNVMe SSDが搭載されるようになりました。これにより従来モデルの3~5倍近くの速度が出るようになり、より快適に使えるようになっています。

 

GPU(ゲーミング)性能チェック

mouse K7,GTX1650,ゲーム,性能,ベンチ,FF15

モデル設定結果
mouse K7
(GTX1650)
3840×2160(標準設定)
1920×1080(標準設定)5552(やや快適)
DAIV 6P-RT
(RTX3050)
3840×2160(標準設定)2720(やや重い)
1920×1080(標準設定)7372(快適)

GTX1650はエントリー向けのGPUなので、4K解像度などの高解像データは厳しいと言わざるを得ません。フルHDクラスなら「やや快適」ということでプレイ可能です。

もう少し快適にゲームをしたい、大画面は捨てられないという方には、クリエイター向けの「DAIV 6P-RT」もおすすめです。16型でRTX3050を搭載しているので、ゲーミング性能に余裕があります。

マウスコンピューター「DAIV 6P-RT」「DAIV 6P」レビュー!16インチで約1.5kgを実現した軽量クリエイター向けノートPC

4K動画編集も可能

無料ソフトのResolve使って動画編集をテストします。ミラーレスカメラで撮影した5分程度の動画を書きだす時間を計測。

モデルパーツ構成時間
mouse K7Core i7-12700H×GTX1650
G-Tune H5Core i7-10875H×RTX2070S1分58秒
DAIV 5NCore i7-10875H×RTX2060約2分
DAIV Z7Core i7-9700K×RTX2060S約2分

編集作業中においてもフルHDクラスのデータであれば問題ありません。ちょっとした編集を試しましたが、作業中から書き出しまでトラブルなく完了できました。大きな画面なのでちょっとした間違いや変化にも気づきやすいですし、作業性、視認性という意味では17インチ液晶がありがたかったです。

mouse K7シリーズ 感想・評価

メリット

  • CPUの性能が高い!
  • 17インチクラスの見やすい液晶!
  • 専用グラフィックを搭載し描画性能高め!
  • ライトなゲーム、編集作業にもおすすめ!
  • 性能と価格のバランスが良い!

mouse K7はバランス感覚に優れたノートパソコンだと思います。Core i7は処理能力が高いですし、GTX1650のおかげで用途の幅も広がっています。出荷も比較的早いので、テレワークなど「急ぎでパソコンが必要になった」という人でも買いやすいモデルなのかなと感じました。

大型モニターを搭載した国産パソコンって存在自体が割と貴重ですので、密かな人気を集めているのも頷けるような気がします。

 

デメリット

  • 持ち運びには不向き

17インチクラスを持ち運ぼうとする人はあまりいないかもしれませんが、大きさ、重さはモバイルに向きません。個人的にはモニターの解像度、リフレッシュレートあたりももう少し高ければ・・という印象を受けました。

とは言え、そこまで弱点は多くないので「大きさ、重さ」が許容できるのであれば、不満は感じ憎いと思います。

 

mouse K7をおすすめしたい人

mouse K7,写真

  • コスパの良いノートPCがほしい人
  • 気軽にクリエイト作業を楽しみたい人
  • 大画面モデルが欲しい人
  • 20万円以下で国産パソコンを探している人

マウスコンピューターのmouse K7シリーズをレビューしてきました。

編集作業に耐えるほどの性能を持ち合わせており、多くの人にとって満足できるモデルだと思います。グラフィック性能はそこまで高くはありませんが、ゲームや動画編集を頻繁に行わない人には問題がないと思います。最近はコンパクトなモデルが注目されがちですが「小さな画面に疲れた…」という人も選びやすいと思います。

ただしクリエイト用途で使うなら、色域が物足りないと思うのでクリエイトモデルのDAIVから選ぶほうが良いかもしれません。

DAIVのノートパソコン全比較!RAW現像や動画編集におすすめのモデルはどれ?

関連リンク

>>>マウスコンピューター関連記事をもっと読む

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2022 All Rights Reserved.