(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

マウスコンピューター「m-book X400シリーズ」をレビュー!高性能×軽量×高級感のコンパクトボディを堪能せよ

はるか
WRITER

マウスコンピューター amazon キャッシュバック 限定

マウスコンピューター amazon キャッシュバック 限定

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
カメラ情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1を愛用中。NikonのZ6も使っています!子供の写真やお花をメインに撮影しています。
詳しいプロフィールはこちら

mouse X400シリーズ レビュー

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

マウスコンピューターの「m-book X400シリーズ」をお借りしたのでレビューします。

高性能なCPUと、マグネシウム合金を採用した軽量コンパクトな筐体が特徴の14型ノートPCです。独立グラフィックが非搭載なのでクリエイティブな用途にはやや弱いですが、動画視聴やSNS、メールからネットサーフィンなどのコンテンツ消費には最高です!

実際に使ってみましたが、RAW現像や動画編集で使いたい人には別のモデルがおすすめだと判断しました。

はるふれ限定モデル

マウスコンピューター/G-Tune

2500台限定カラーモデルが登場!

マウスコンピューター m-book  Xシリーズ 限定 赤

  • CPU:AMD Ryzen 5 3500U
  • グラフィックス:RadeonVega 8 グラフィックス
  • メモリ:8GB PC4-19200
  • M.2 SSD:256GB
  • 液晶パネル:14型 フルHDノングレア
  • 重量:約 1.13kg
  • 動作時間:約9.4時間

通常モデルが9万円台で販売されているところ、台数限定モデルは税別79,800とお得な価格になっています!市場相場を考えてもお得だと感じます。

台数は2500台と多いように感じますが、マウスコンピューターの限定モデルは早いタイミングで売り切れることが多いです。検討されている方は、お早めに動くのが吉だと思います。

m book X400シリーズとは?

mouse X400シリーズ 人気ランキング

マウスコンピューターが展開するブランドは、一般向けの「mouse」、ゲーミングの「G-Tune」、クリエイター向けの「DAIV」とあります。

当サイトは写真やカメラ関連の情報を発信するサイトになっていますので、クリエイター向けのDAIVを中心に紹介してきました。パソコンパーツの進化により性能が上がったことで、案外クリエイティブな用途につかえてしまったりはします。

今回紹介するm-book 400シリーズは、一般向けのmouseブランドの中でも高い人気を誇っています。残念ながらグラフィック非搭載なので、ゲームや動画編集には厳しいと言わざるをえません。同筐体を採用したモデルがDAIVをにもありますので、そちらを選択するほうが幸せになれるでしょう。→DAIV NG4300シリーズ

  • Core i7搭載!高い処理能力を有する(Core i5もあります)
  • わずか1.13kgの重量で持ち運びがしやすい
  • 軽量なのにマグネシウム合金採用で剛性も高い
  • 13.3型並のサイズで14型を実現!視認性が良い
  • 税別9万円台~性能の割には値ごろ感がある
はるペン
持ち歩きたくなるPCですよ!

 

X400シリーズのラインナップ

mouse X400シリーズ 人気ランキング

モデル名(m-book)パーツ構成価格
m-Book X400SECore i5-8265U / 8GB / 128GB SSD92800
m-Book X400SCore i5-8265U / 8GB / 256GB SSD99800
m-Book X400HCore i7-8565U / 8GB / 256GB SSD109800
m-Book X400HSCore i7-8565U / 16GB / 256GB SSD119800

今回お借りしたのは、最も高スペックになるモデル「m-Book X400HS」です。

2019年11/20(水)までは、冬のボーナスセールと称して20000円OFFのキャンペーンを実施中です!

 

m-Book X400HSの性能

パソコンとして使うからには処理能力が気になります。特に写真編集や動画編集を考えている人には大切な要素になるでしょう。ベンチマークソフトを使いながら確認していきましょう。

 

Intel製CPU Core i7-8565Uはモバイル用としては高性能!

mouse X400シリーズ CPUZ Core i7-8565U

搭載されているCore i7-8565Uは、省電力のモバイルCPUとしては高い性能を誇ります。とは言え、日常的にRAW現像などをする人なら、より高性能なCPUを搭載したノートパソコンのほうが作業効率が上がります。

参考までに、一部のCPUと比較した例をご覧ください。PassMarkのデータを参照しています。

CPUスコア
Core i7-9750H13482
Core i7-8750H12401
Core i7-8565U8880
Core i5-8265U8012

末尾にUがつくモデルがいわゆる省電力タイプにあたり、m-book X400シリーズに採用されているCPUになります。

Core i7-8750H、Core i7-9750Hと比較すると、どうしても処理能力が夫婦シしてしまいます。その代わりパフォーマンスが高いモデルは、サイズが大きくなりがちで2kg前後のモデルが一般的です。またバッテリーも長時間はもたない傾向にあります。

もしメイン機を検討しているならCore i7-9750HやCore i7-8750Hが搭載されたパソコンを選んだほうが幸せになれるはずです。一方でそこまで処理能力を必要としないのであれば、軽量コンパクトで長時間バッテリーがもつ省電力タイプを選ぶほうが使い勝手が良いと感じるでしょう。

 

SSDが高性能なのでキビキビ動作

mouse X400シリーズ Cドライブ
テスト機のSSD(NVMe対応)

CPUの性能がそこそこの高さで留まっている割には、全体にキビキビとした印象を受けるのは「SSDが高性能」だからです。

一般的なHDDと比較すると10~15倍程度高速になっているので、起動もソフトの動作ももたつく感じはありません。それもそのはずで2000MB/sを超える書き込みスピードを見せてくれました。

 

グラボ非搭載なのが残念!

10万円前後のパソコンは、独立グラフィックを搭載していないモデルが多いです。このモデルも例にもれずに非搭載になってしまっています。そのため比較的重たいRAWデータの処理、動画編集、オンラインゲームは厳しいと言わざるを得ません。

同じ筐体を採用しつつ、GeForce MX250搭載のDAIV NG4300と比較すると2.5倍も差があります。

  • Intel HD620(CPU内蔵):934
  • GeForce MX250:2549
Intel HD620
RAW現像イラスト動画視聴ゲーム

もしもグラフィック性能を必要とするような作業がしたいなら、おとなしく別のモデルを選びましょう・・・ゲームでも相当軽いブラウザ系のものや、発売から数年経過しているようなゲームならプレイ可能な場合もあります。

mouse X400シリーズ DQ10

 

RAW現像・動画編集クリエイティブ作業は快適?

RAW現像や動画編集もテストをしてみました。

まずRAW現像ですが、無料ソフトの「RawTherapee5.4」を使って現像作業をしました。最初の数枚は良かったのですが、作業が長くなるにつれてモタつきを感じるようになりました。グラボ非搭載ということもあって、編集をあててもワンテンポ遅れる感じがしました。

静止画でこれなので、動画編集ははっきり言ってかなり厳しいと言わざるを得ません。やはり餅は餅屋・・・クリエイター向けの作業には、クリエイター向けに開発されたパソコンがおすすめです。

マウスコンピューター/G-Tune

m-book X400シリーズの外観をチェック

※撮影データを誤って紛失してしまいました。写真は公式HP、ならびに同筐体のDAIV-NG4300を活用しておりますのでご容赦ください。

DAIV NG4300シリーズのレビュー」で画像の確認も可能です。

DAIV NG4300 レビュー ブログ

DAIV-NG4300の画像です

キーピッチは約18mmでストロークもしっかりした打ち心地です。タイピング音は静かなので、外での作業で神経質にならなくても良いのが素晴らしい。逆にファンは頻繁に回るので、そっちのほうが気になるかもしれません。

14型とコンパクトなボディなのに、無理していないキー配置も見事だと思います。タッチパッドも広いので、ちょっとした作業ならマウス無しでも終えることができます。

 

m-book X400シリーズのインターフェース

m-book x400シリーズ インターフェース

インターフェース周りは必要なものが一通りそろっていますので、出先でプロジェクターに繋いで・・というようなサラリーマンにもうってつけです。

残念なのは、SDカードスロットがなかったり、Thunderbolt未対応なところです。こうしたコンパクトボディの製品は、外部からの底上げを期待したいところでもあるので次期製品には期待したいところです。

 

m-book X400シリーズの感想や評価

良いところ

  • CPUの処理能力が高い!
  • コンパクトで剛性の高いボディ!
  • 約14.5時間のロングライフバッテリー!
  • 性能の割に値ごろ感ががある!

mouse m-book X400シリーズの良い所は、なんと言ってもコンパクトで持ち歩きがしやすい点です。外での作業が中心な人でも、一日フルに使えるバッテリーは有り難いです。

デザインもスタイリッシュですし、カフェなどで使っていても主張はしません。むしろスマートな印象を与えるほうが可能性としては大きいかと思います。

これだけまとまった製品が10万円前後で購入可能というところはポイント高いですね!

 

ちょっとイマイチなところ

  • CPU性能がもう一声ほしい
  • グラフィックが非搭載
  • インターフェースが物足りない

一般向けモデルとしてデザインされているのは重々承知だが、RAW現像などのクリエイト用途にはちょっと足りないスペックがもどかしい。なので専門的な処理をする人には向かないし、専門的なことをしないのであれば最適なパソコンということになりそうです。

 

マウスコンピューター m-book X400シリーズをおすすめしたい人

公式HP:https://www.mouse-jp.co.jp/

こんな人におすすめ
  • そこそこ高い処理能力が欲しい人
  • 外での軽作業(ブログ執筆など)に使いたい人
  • 軽量で長時間バッテリーがもつPCがが欲しい人
  • 10万円前後の予算で考えている人
  • モバイルサブマシンとして使いたい人

マウスコンピューターの「m-book X400シリーズ」を紹介しました。

mousuブランドの中でも、デザイン性に優れた使い勝手の良いノートパソコンだと感じます。一般向け用途なら不満なく使える能力は有していますし、10万円前後のノートPCとして完成度の高さも感じます。

一方で「並」から超えられない点は気になります。本格的な写真編集を考えている人は、DAIV NG5300をご検討ください。DAIVブランドでは色域が広いディスプレイを採用しています。その点はクリエイター向けだと感じます。当サイト限定のノートパソコンもおすすめですよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

マウスコンピューター/G-Tune

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
カメラ情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1を愛用中。NikonのZ6も使っています!子供の写真やお花をメインに撮影しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2019 All Rights Reserved.