(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

mouse X5シリーズをレビュー!15.6型ながらモバイル性にも優れたノートPC

はるか
WRITER

マウス、コラボパソコン

マウス、コラボパソコン

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
カメラ情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-T4、X100Vを愛用中。子供の写真やお花をメインに撮影しています。
詳しいプロフィールはこちら

mouse X5,レビュー,ブログ,

マウスコンピューターの「mouse X5シリーズ」をお借りしたのでレビューします。

10万円を切る低価格ラインながらCPU性能がそこそこ高い。15時間以上の駆動時間、約1.4kgの重量などモバイル環境にも強い。15.6型とディスプレイサイズも確保されているところが嬉しいノートPCです。

パフォーマンスチェックや使い心地などをレビューしていきますので、参考にしてもらえると嬉しいです。

マウスコンピューター/G-Tune

mouse Xシリーズとは?

mouse X5,レビュー,ブログ,

マウスコンピューターが展開するブランドは、一般向けの「mouse」、ゲーミングの「G-Tune」、クリエイター向けの「DAIV」とあります。

mouseブランドは一般ユーザー向けのモデルですので、低価格ながら使い勝手の良さを重視した製品が多いのが魅力です。mouse X5シリーズはRyzen CPUを搭載しパフォーマンスを高めながらも、税別8万円台に価格を抑える良コスパモデルとなっています。

X5シリーズの特徴をまとめるとこんな感じです。

  • Ryzen 5 3500U CPUを搭載
  • Radeon Vega 8 グラフィックスで描画性に優れる
  • 15.6型フルHDディスプレイは視認性が良い
  • 薄型軽量、マグネシウム合金ボディで移動も安心
  • 動画視聴や写真編集までこなすパフォーマンス
  • 税別¥89800-からと低価格を実現している
はるペン
使い勝手の良いノートPCですよ!

限定モデルも登場

mouse X5,レビュー,浦和レッズ

マウスコンピューターでは浦和レッズオフィシャルパソコンを限定販売中!なくなると手に入らないので、サポーターの方は要チェックです。

選手のサイン入りユニフォームが当たるキャンペーンを2020年2月12日(水)~ 4月19日(日)の期間で実施してます。

 

mose X5シリーズの性能をチェック

mouse X5,レビュー,写真

マグネシウム合金を採用したボディは剛性が高く、軽さも兼ねそろえています。目を引きそうな赤い天面にはチーズのロゴが入っています。

スペック
  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:AMD Ryzen 5 3500U
  • GPU:Radeon Vega 8
  • メモリ:8GB
  • SSD:256GB
  • 液晶:15.6型フルHD
  • 重量:約1.4㎏
  • 動作時間:約15.4時間

15.6型クラスと言えば2㎏前後あるモデルが一般的ですが、約1.4gとかなり軽いことがわかる。一般的に軽量モデルはディスプレイが小さく、文字も小さくなりがち。その点でmouse X5は視認性を確保しながら、重量を抑えているところがポイント!

mouse X5,レビュー,軽さ、重さ

厚みは17.9mmで横から見るとその薄さがわかる。手にもってみるとサイズ感よりも軽い印象をうけます。ACアダプターも小型なので、カバンで持ち歩くのも楽そうです。

mouse X5,アダプター

 

キーボード

mouse X5,レビュー,キーボード

mouse X5のキーボードは、テンキーが省略されています。数字をよく扱う人からは敬遠されそうですね。右側縦一列にPGUP、PGDN、CTRLキーが配置されているのも、ちょっと特殊仕様という感じですね。僕はこのタイプのキー配列のノートPCも持っていますが、慣れてしまえば特段打ちにくいなんてことはありません。

打鍵感はいたって普通で、バックライトも内蔵されているため暗所でもタイピングできます。

 

15.6型、14.0型のサイズ比較

mouse x5,mouse X4

15.6型のmouse X5と、14型のDAIV 4Nを重ねてみました。DAIV 4Nは専用グラフィックまで搭載しているので、簡単な動画編集くらいなら可能。それでもっと小さいんだからすごいですよね。→DAIV 4Nのレビューはこちら

ちなみにmouse X5シリーズは、弟分のmouse X4シリーズがあります。違いはサイズ(14型)と価格(79,800円)くらいなので、コンパクトさを重視するならmouse X4という選択もありだと思います。

 

AMD製CPU Ryzen 5 3500U

Ryzen 5 3500U,mouse x5

搭載されているRyzen 5 3500Uは、4コア8スレッドで高負荷な作業も快適、ネット視聴はもちろん、YouTube、画像編集、エクセルなどのビジネスソフトも快適です。

参考までに、一部のCPUと比較した例をご覧ください。PassMarkのデータを参照しています。

モデルCPUスコア
mouse X5Ryzen 5 3500U7549
mouse F5Core i7-8565U7297
DAIV 4NCore i7-10510U9650
高性能ノートCore i7-9750H13777

さすがに高性能なCPUには劣るものの、Intel製CPUとそん色ないスコアになっています。AMDという名前は聞きなれないかもしれませんが、まったく問題ありませんので安心してください。

 

SSDが高速!起動もソフトもキビキビ動く

mouse X5,Cドライブ,SSD

Cドライブは高速なSSDが採用されています。一般的なHDDと比較しても約5倍程度は高速な読み書きが可能になります。パソコン起動、ソフトのインストール、サクサクと使うならSSDはもはや必須です。

 

Radeon Vega 8の性能はどれくらい?

CPUにはRadeon Vega 8というグラフィック機能が内臓されているため描画性能に期待がもてる。グラフィック性能が高いと、ゲームや動画編集といった作業が行えるため、どの程度の性能をもっているのか探っていきたい。

まずはIntel製CPUに内蔵されているIntel HD620のスコアを比較してみる。

  • Intel HD620(CPU内蔵):934
  • Radeon Vega 8:1542
  • GeForce MX150:2369

比較してみると2倍とまではいかないものの、約1.7程度は高性能だということがわかった。専用グラフィックを搭載したモデルは高額になってしまいがちなので、初期投資をおさえたままグラフィック性能を確保できるのは嬉しい。

Radeon Vega 8
写真イラスト動画編集ゲーム

とは言え過度な期待は禁物で、RAW現像や動画編集、最新のオンラインゲームといった目的で使うには心もとないです。グラフィック性能はIntel CPUより上ということで期待していたのですが、あくまで保険程度に考えておいたほうが良さそうな印象です。

 

mouse X5シリーズのゲーミング性能をチェック

mouse X5,ゲーム性能
mouse X5,ゲーム性能

ドラクエ10やMOBA系の軽量ゲームなら動作しますが、重量級タイトルのFF15は設定を落としまくってもプレイが困難。ゲーム目的なら他のモデルを購入したほうが後悔が少ないはずです。

マウスコンピューター/G-Tune

 

mouse X5のインターフェース

インターフェースには4K出力可能なHDMI端子、LAN端子、Type-Cを含めたUSB端子がそろっています。SDメモリーカードリーダーは、microSDになりますが読み取りも可能となっています。

 

mouse X5シリーズの感想や評価

良いところ

  • CPU・GPUの性能がそこそこ高い!
  • 15.6型なのに軽い!
  • お値段が安い!
  • クセのないスタンダードな安心感!

mouse X5シリーズの良い所は、軽量で長時間駆動に耐えるモバイル性能の高さでしょう。それに加えてパフォーマンスもそこそこなので、一般的なPC利用に限っては快適に使えると思います。

 

ちょっとイマイチなところ

  • キーボードの配置が特殊
  • テンキーがないのがイマイチ
  • グラフィック性能がもう一声

キーボードの特殊配置や、テンキーがないというのはやや残念。ビジネスシーンで活躍しそうなスペックの割に、今一歩追い込めなかった感じはあります。その分軽くできているというのはわかるんですけどね。

あとはCPUの性能が高めなのに、グラフィック性能が追い付いていない感じがあります。もう少し高性能なグラフィックになれば、動画編集などのクリエイティブな作業にも対応できると思うのですが…息抜きにゲームとかやりたいこともあるじゃないですか(笑)

 

mouse X5をおすすめしたい人

こんな人におすすめ
  • ネット視聴、動画コンテンツがメインの人
  • ブログ執筆や資料作成にPCが必要な人
  • 外でパソコンを使いたい人
  • 10万円前後の予算で考えている人
  • 目を引くデザインのパソコンが欲しい人

公式HP:https://www.mouse-jp.co.jp/

マウスコンピューターのmouse X5シリーズを紹介しました。安くてそこそこ使えるノートPCが欲しい人にはおすすめな感じがしました。

15.6型ながら軽量なボディと、高性能なCPUでサクサク使えるのに低価格と嬉しい要素が集まった良コスパモデルだと思います。一般的な用途で不満が出ることはまずないでしょう。

一方でRAW現像、動画編集、オンラインゲームには物足りない性能になっています。そうした用途に使いたい人は、すなおにクリエイターブランドのDAIVを選ぶことをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

マウスコンピューターWindows10に買い替えをオススメする理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
カメラ情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-T4、X100Vを愛用中。子供の写真やお花をメインに撮影しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2020 All Rights Reserved.