カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

超小型iPhoneより小さいパソコン?「MousePro」をレビューしてみる

 
  2018/06/13
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

とても気になるガジェットを発見したので、ご紹介したいと思います。

それはマウスコンピューターが販売している「MousePro」という商品です。マウスとほぼ同サイズの躯体でありながら、一般用途なら十分にこなす性能のパソコンです。

これがあれば「あんなこと」「こんなこと」が出来るな~ということでレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

MouseProとは?

MouseProの「C100 シリーズ」は、一般的な事務用端末のほか、デジタルサイネージや受付端末など特定用途にもご利用可能な超小型パソコン(PC)です。Microsoft® Office、オンサイト保証などカスタマイズ選択に対応しています。

引用:マウスコンピューター

なんだか難しい表現がされていますが、一言で言ってしまうと「超小型パソコン」という言葉に集約されるかと思います。

最近では「スマホやタブレットがあれば十分」「パソコンは持っていない」という人も多いそうですが、実際にパソコンがあれば文章作成や、データのやりとりといったことが可能になります。

そんなライトユーザーにおすすめなのが「MousePro C100PV」です。

それでは、どのあたりが魅力的なのか?書いていこうと思います。

 

MousePro C100PVの写真

ご覧のようにディスプレイ裏にとりつけて使うことができます。自宅にあるテレビにつないでおけば、場所もとらず気軽に使うことが可能!

手のひらにのるサイズで、長さとしてはiPhoneよりもずっと短いです。

MouseProの性能(スペック)

OS Windows 10 Pro 64ビット
CPU インテル® Celeron® プロセッサー N3350 ( 2コア / 1.10GHz )
メモリ 4GB
eMMC 64GB
光学ドライブ 非搭載
グラフィック インテル® HD グラフィックス 500
インターフェース USB 3.0端子、USB 2.0端子、microUSB端子、有線LAN端子、HDMI端子、SDカードスロット
無線 IEEE802.11ac/a/b/g/n 対応無線LAN、Bluetooth® V4.0+LE準拠モジュール
ディスプレイ 無し(オプションで選択可能)
サイズ 幅70×奥行70×高さ34.1mm

※仕様は変更になる可能性があります。

 

こうしたパソコンで気になるのがスペックです。あまりに性能が貧弱すぎると、とてもじゃないけどまともに作業などできません。

結論的にはMousePro C100PVは「十分な性能である」ということがわかります。

OSもWindowsなので、好きなソフトをダウンロードすることもできます。タブレットとかだと、プリンタなどの周辺機器を使う難しさがありますが、MouseProなら心配はいりません。

 

CPUは軽作業向けだが動画も問題ない

こうした軽作業向けのパソコンに搭載されているCPUはAtomが一般的ですが、MousePro C100PVのCPUはCeleron N3350です。

動作クロックは1.1GHzで、最大2.4GHzのバーストに対応しています。スコア的には「Atom x5-Z8350」と同程度か若干低いくらいになります。

CPUはほどほどですが、メモリが4GBであったり、eMMCを採用しているので、意外とサクサク動きます。

 

4K動画再生も対応はしていますが、さすがに高負荷となりそうで快適に見るのは難しい気がします。

ちなみにYouTubeを標準画質で見る分には遜色ありません。同時に文章や、ブラウジングといった作業をしてもなんとか耐えてくれるでしょう。

 

MouseProはこんなシーンにおすすめ

  • オフィスでの打合わせ用
  • 空き時間でのブラウジング
  • 写真やデータのやりとり
  • 動画サービス専用機として
  • ブログ執筆用として

写真編集などの高負荷な作業には向いていませんが、ライトな作業であればまったく問題はありません。

僕は「RAW現像・写真編集用にディスプレイを買いました」のでディスプレイが余っている状態です。

これを打合わせ用にして、データや写真をチョコチョコとコピーしたり、ブログの確認や修正に使うのもアリだと思っています。

専業の主婦さんがスキマ時間で、家計簿をつけたり、音楽を聴いたり、動画を見たり、献立を考えるためにブラウジングしたりといった用途にも向くと思います。

 

僕の本音は「Amazonプライムに入った」のでプライムビデオを垂れ流しにしたいという本心があります(笑)自宅用のテレビなら、ノートパソコンやタブレットで見るよりも迫力があります。

Fire TV Stickも買えば5000円程度しますし、予算を少し追加するだけでパソコンを使うほとんどの作業ができることを思えば「アリ」だと思います。

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

関連記事

・RAW現像・写真編集に必要なパソコンのスぺック

・RAW現像・写真編集におすすめのディスプレイ

・クリエイターパソコンをレンタルする方法

・マウスコンピューターはアフターサービスも高品質

・【mouse/G-Tune/DAIV】パソコンを安く買う方法

マウスコンピューター/G-Tune

まとめ

MousePro C100PVがあれば、パソコンが必要なほとんどの作業をまかなえる!ライトユーザーこそ、自宅のテレビとつないで使うべき!

本当はスティックPCを検討していたのですが、性能的に少し物足りない部分がありました。⇒マウスコンピューターのスティックPCの記事はこちら

箱型のほうがテレビ周りに配置する分にもスッキリしますし、デザイン的にも優れていると思います。

サイズもちょっと大きなUSB機器といった感じでありながら、パソコン機能は全部盛りなのでおどろいてしまいました。マウスコンピューターはアフターサービスも高品質なのも安心できる要因の1つですね。

iPhoneやスマホではできないこともやっぱりあるので、こうしたパソコンが1台あると生活はかなり便利になるのではないでしょうか。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.