カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

NIKON(ニコン)のコンデジ!おすすめはどれ?【価格別】

 
  2018/10/05
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

今回はNIKON(ニコン)でおすすめのコンデジということで予算別に、おすすめのカメラを紹介していきたいと思います。

検討されている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

NIKON(ニコン)のおすすめデジタルカメラ!

さすが業界大手のニコン!幅広い商品からカメラを選べるのがユーザーにも嬉しいところです。

予算や熟練度に合わせて選択ができるのはもちろん、ゆくゆくのステップアップも可能なので付き合いが長くなるメーカーさんになるでしょう。

※注意)予算はこの記事を書いた時点の参考であり、その値段で買えることを保証したものではありません

 

【予算1万円】COOLPIX W100

特徴
  • 1317万画素
  • 光学3倍ズーム
  • 水深10m防水性能
  • 耐衝撃性能で落下に強い
  • 2016年10月発売

 

「COOLPIX W100」は描写性能うんぬんよりも、防水性や衝撃性などのアクティブ要素を強めたデジタルカメラだ。

例えばビーチリゾートやプールなどで、ハウジングなどを使わずに水中写真が手軽に楽しめる。

カラーリングもポップでかわいいので、お子さんにもたせて写真をとらせてあげても面白い。扱いが不慣れな子どもにデジカメを渡すのはやや不安になるが、このカメラなら落下したとしても耐衝撃構造で耐えてくれる。

 

【予算2万円】COOLPIX A900

特徴
  • 2029万画素
  • 24mm~840mmの光学35倍ズーム
  • 手振れ補正搭載
  • 自撮り機能搭載
  • 2016年10月発売

 

旅行やアウトドアで使いたいのか、気軽に使えて便利な高倍率ズームレンズを搭載したコンデジ!

A900は840mm相当の超望遠をカバーするので、遠くの景色を大きく写すことが可能。

セルフィーもできて、飛行機だって、街だって撮れるし、最短1cmマクロ撮影もできるので、お花や昆虫も撮れる万能感あふれるモデルです。

 

【予算3万円】COOLPIX B700

特徴
  • 2029万画素
  • 24mm~1440mmの光学60倍ズーム
  • 手振れ補正搭載
  • ファインダー搭載
  • 4K動画対応
  • 2016年10月発売

 

予算に少し余裕があれば「COOLPIX B700」がおすすめ!

1440mm相当の超望遠域をカバーしているし、マクロも4K動画も撮れる。おまけにバリアングル液晶が便利だし、一眼ライクなデザインでホールド感や操作性もばっちり!

「一眼レフは重たい」「レンズ交換は面倒」「ちょっと手が出ない」と言う人にはベストに近いチョイスになるはずです。

スポンサーリンク

 

【予算5万円】COOLPIX P900

特徴
  • 1605万画素
  • 24~2000mm(F2.8-6.5)の光学83倍ズーム
  • 5.0段分の手振れ補正搭載
  • EVF・GPS搭載
  • 2016年10月発売

 

もはやコンデジと言うには大きすぎる気もするサイズだけど、得られる恩恵は計り知れない物がある。

今回登場する機種の中では、望遠域が最も長く2000mm相当をカバー。さらに「ダイナミックファインズーム」(電子ズーム)を利用することで、倍の4000mm相当の撮影もできるから驚き!

さらにタイムラグを抑えたことで、シャッターチャンスを逃さなさい。(最広角側で約0.12秒、最望遠側で約0.75秒)5.0段分の手振れ補正も「一度体験すると手放せなくなる」こと間違いなし!

基本性能が少し寂しい気もするけど、このカメラの望遠を一眼レフでやると重量は数倍に跳ね上がる。価格はもっと上がる・・・

難しいことを考えずに「月まで撮れるカメラ」だし、特徴を理解した上で購入に踏み切った方が幸せになれる。

 

【予算8万円】COOLPIX A

特徴
  • 1616万画素ニコンDXフォーマット
  • 広角28mm相当(F2.8) NIKKORレンズ
  • 金属ボディで質感が良い
  • 2013年3月発売

 

「究極のCOOLPIX」という言葉がぴったり!

一眼レフと同じDXフォーマットのセンサーサイズと、専用設計のレンズから生み出される写真は、「緻密さ」「解像感」「ボケ」と全てが高レベルでまとまっている。

撮った写真を見て幸せになり、撮れる写真の期待感でも幸せになり、持っていることに幸せになれるカメラ。

「小さいカメラでも画質は妥協したくない」という、本格派を納得させる1台です。最短10cmのマクロ性能も、何気に便利。

 

他メーカーのおすすめコンデジ!

・おすすめのコンデジ決定版!

・おすすめのフルサイズコンデジ

・CANONのおすすめコンデジ

・SONYのおすすめコンデジ

・Panasonicのおすすめコンデジ

 

まとめ

ニコンのカメラは性格が違うので「選びやすそうだな」というイメージがあります。

防水が必要な人に向けたモデルや、超望遠に特化したモデル、DXフォーマットを搭載したモデルなど、必要な人がはっきりしているんですね。

「W100」は子どもに持たせてみたいし、A900は気軽に使えて旅行などに最高そうですよね。

 

 

あなたの写真ライフに、この記事が少しでも役に立てば幸いです。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.