カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

OLYMPUSのカメラで旅行!はじめて買うレンズでおすすめは?

 
  2017/12/05
はるか
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか

はるか・子持ちの♂

『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』

詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

旅と写真と言うのは、おそろしいほど相性が良いです。さらにOLYMPUSのミラーレスカメラは軽量ですから、写真にたいする意欲もがぜん湧いてきます!

そこで今回は「OLYMPUSのレンズを旅行で1本だけ選ぶなら」というテーマで書いていこうと思います!キットレンズの次のレンズとしてもおすすめできるレンズばかりですので、良ければ参考にしてみて下さい。

あなたのベストレンズはズーム?それとも単焦点?相性抜群のレンズに出逢ってください♪

スポンサーリンク

おすすめのレンズ

一口におすすめのレンズと言っても「レンズは何本必要なのか?」「単焦点レンズ?」それとも「ズームレンズ?」などなど、選択肢はたくさんあります。

それぞれの用途や特徴に合わせて、レンズを選択していくのもレンズ交換式カメラの楽しいところですよね!

今回の記事では「1本だけ」という条件付きなので、かなり吟味していく必要があります。

画質の良さはもちろん、快適に使えるのか?夜間でも使えるのか?いろいろな被写体に合わせることも必用になってきます。

そこでまずレンズを選択する基準を考えてみます。

・性能が良い

・軽量である

・コスパが良い

きっとレンズの次の1本を探すとの事ですので、当然ながらキットレンズ以上の「なにか」を持っている必用があります。

旅自体を楽しむという目的もあるため、軽量であることも大切です。他にも、どんな天候でも使える「防滴機能」は心強いですし、「手ぶれ補正」もあったほうが良いでしょう。

一言で言ってしまえば「基本性能が高いレンズ」と言えます。

それでは気になる、おすすめレンズを見ていきましょう。

おすすめのズームレンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

 

 

広角レンズがあれば、ダイナミックな写真を撮ることができます。

広大な自然を前にしたときはもちろん、せまい路地でも広い範囲を撮影することができるので、旅先のすべてを写真におさめることができます

大きくて重たいという従来までの広角レンズの常識を打ち破る軽さが魅力の1本です。

開放F値が暗いのがネックですが、OLYMPUSのカメラには手ぶれ補正が入っていますのでそれほど気にすることはないでしょう。

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

 

 

いわゆる高倍率ズームレンズとして、1本で広角~望遠までをカバーするレンズです。とても便利なので、旅行ならこれ1本でこと足りると思います。

荷物が増える海外旅行などで威力を発揮する1本でもあります。

このレンジは新旧があって、Ⅱ型で防塵防滴に対応しました。さらにどんなシーンでも撮影できる魅力的な1本になっています。

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

 

 

ズームレンズでも高画質はゆずれないというこだわり派におすすめのレンズです。

外観は金属で質感も高く、描写も単焦点レンズに迫るものがあります。開放F値もF2.8と明るく、苦手なシーンがないというのが特徴です。

僕もお世話になったことがあるレンズですが、ほとんどこの1本で撮影をしていたことを思い出します。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

 

 

画質面では特段優れているということはありませんが、「電動ズーム」「防塵防滴」「マクロ撮影可能」と器用なレンズに仕上がっています。

動画もマクロも撮れて、雨にも強いって普通にすごくないですか?中古市場でも2万円前後でみかけることも多く、コストパフォーマンスが高いレンズだと思います。

デジタルテレコンという機能を使えば、35mm版換算で200mm相当の望遠まで対応することもできます。

僕の中でジョーカー的な感覚でいるのがこのレンズです。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

 

 

高倍率レンズの最高峰がこのレンズです。

PROを冠したレンズなので、画質面に関しては言うまでもありません。

手ぶれ補正機構を搭載し、本体側と合わせて6.5段分の効果を発揮します。さらにレンズ先端から15cmの近接撮影が可能で、被写体を大きく撮影することができます。もちろん防塵防滴で悪天候をものともしません。

決して安いレンズではありませんが、究極の1本と言えば言い過ぎなんでしょうか?

スポンサーリンク

単焦点レンズ

M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

 

 

単焦点レンズの中でもトップクラスにおすすめなのがこのレンズです。

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

 

 

写真の基本と言われる、50mmの焦点距離をカバーするレンズです。使い方しだいで多彩な表現を楽しめます。

気軽なスナップにももちろん向いていますが、じっくりと被写体と向き合いながら作品を作り込むこともできます。

クリアでキレのある描写と、柔らかなボケで表現される世界は一度あじわうと抜け出せません(笑)

OLYMPUSの関連記事

・OLYMPUSの便利機能まとめ

・カメラ女子におすすめの機種

・iPhoneよりミラーレス一眼の理由

・E-M5  MarkⅡのレビュー

・E-M10 MarkⅡのレビュー

・OLYMPUSのE-PL8 レビュー!

・おすすめレンズ【厳選10本】

 

まとめ

OLYMPUSのレンズなら、1本で旅行を満喫出来る!

レンズは決して安くないので、1本で様々なシーンに対応できると言うのも大切な事ですよね。

OLYMPUSのシステムなら軽量で、撮影意欲の減少もなく旅行を楽しむことができます。旅の解放感そのままに写真にすることって実はかなり大切なことです。

そういう意味では最高の選択になるかもしれませんね♪

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか

はるか・子持ちの♂

『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』

詳しいプロフィールはこちら



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.