オリンパスのM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8はミラーレス初心者にもおすすめのレンズ!

オリンパスミラーレスシステムは、初心者から熟練者まで人気があります。それはカメラの性能だけではなく、レンズによるところも大きいはず。

初心者の方でも手を出しやすいレンズが多いのも理由の1つだと思います。特に3万円前後で購入できる単焦点レンズには、おすすめレンズがたくさんあります。

今回は「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」をレビュー!

「検討されている方に少しでもお役に立てれば」との思いからです。ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

 

「ママのためのファミリーポートレートレンズ」とメーカーが言っているように、ポートレートやお子さんの写真を撮るのにぴったりのレンズがこれ。

大きなボケを生かして被写体を浮き上がらせることが出来るので、レンズ交換式のカメラを使っているという実感を味わうことのできるレンズ。

ユーザーの中でもコストパフォーマンスが「神クラス」に匹敵されるとされ、非常にお買い得感の強いレンズとなっている。

それでは、このレンズの魅力に迫っていきたいと思います。

スペックを見てみよう

焦点距離45mm
開放F値F1.8
手ぶれ補正
防塵防滴 ✖
レンズ構成 8群9枚
絞り羽枚数 7枚
最大撮影倍率 0.11倍
最短撮影距離 0.5m
フィルター径 37mm
重量 116g

フルサイズ換算で90mmという焦点距離は「なんでも撮れる」というわけではありません。目標を決めて立体的に写すことが出来るので、印象深い写真を撮ることが出来ます。

キットレンズとは全く違う描写をするので「写真を撮っている」という感覚を味わえるのも大きな特徴です。

レンズの特徴としては、ボケが大きく、背景は滑らかです。金属の質感を基調にしたというデザインは高級感があります。それでいてたった116gの軽量さで、カバンにも(ポケットにも?)入ってしまう程小型のレンズになっています。

荷物が増えるという煩わしさは、あまり気にする必要がないのも嬉しいポイントです。

子供さんだけでなく、ペットの撮影にも向いていると思います。

レンズの基礎知識を確認しよう

初心者にとっては、カメラの専門用語はちょっとわかりにくいもの。そんな人のために、出来るだけ簡単に「レンズの基礎」をまとめました。

【初心者必見】元カメラ販売員がおすすめする!レンズの基礎知識と買い方

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8のメリット

・高画質

・立体感・大きなボケ

・安い

カメラをはじめたばかりの人なら驚くかもしれませんが、10万円をこえてくるレンズがあふれる業界です。このレンズは実売で2.5万円程度なので、レンズの中では比較的安い部類に入ります

かと言って「描写が劣る」という訳ではなく、単焦点レンズらしき高画質を楽しめます。

「写りが良い」「コンパクト」「安い」と3拍子そろった、おすすめしやすいレンズです。

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8のデメリット

・広範囲が撮れない

・近くが撮れない

スマホの感覚に慣れた人からすると、広範囲が撮影できない!と悩むこともあるかもしれません。それは90mmという焦点距離が「広い場所を撮るのに向いていない」からなんです。

なのでこれ1本でなんでも撮ろう!というのは無理かもしれません。ここぞという時に撮りだして使いたいレンズになります。

また「テーブルに座ったまま写真を撮る」というのも難しいので、後に紹介するマクロコンバーターがあると便利です。

小物や料理の撮影にも使えるようになるので、撮影の幅がグッと広がりますよ。

スポンサーリンク

ズバリこんな人におすすめ!

・はじめて単焦点レンズを買う人

・ポートレートやペットを撮影するためのレンズを探している人

 

「コスパ抜群」と購入した人が口をそろえて言うレンズです。購入して公開することはまずないかと思います。

絞り優先モードや、開放で写真を撮るといったような「脱初心者」を目指しやすいレンズでもあります。

90mmという画角がどんなものかわからない?という人はキットレンズのズーム側(45mm付近)で試してみると良いと思います。

その他のレンズ記事

他にもオリンパスのカメラやレンズの記事を書いています。

・OLYMPUS E-M10 MarkⅡのレビュー

・OLYMPUS E-M5  MarkⅡのレビュー

OLYMPUSのミラーレスカメラにおすすめのレンズを厳選10本!

紹介した機材

 

まとめ

コスパ抜群のM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8は、オリンパスユーザーなら必携の1本だ!

「レンズをどうしようか迷っている」「どれを買っていいかわからない」という人はこのレンズから初めてみても良いと思います。

普段は便利なキットレンズを使って「印象的に撮りたい!」と思った時にこのレンズに交換すれば、日常の90%くらいは撮影できると思います。

普段の生活の中からお気に入りを見つけて、このレンズで切り取れば「ちょっと特別な日常」を毎日記録出来るようになります。

お子さんの成長記録なんかを残してあげると、将来喜ばれるかもしれませんね。ちなみに3歳の我が子は、「写真が見たい」と毎日せがんできます(笑)

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。