(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

OLYMPUSのミラーレスカメラにおすすめのレンズを厳選10本!

はるか
WRITER




この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなようにカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、X-Pro2を愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

OLYMPUS

OLYMPUSミラーレスカメラは、初心者~熟練者まで幅広い層に人気です。機能的でありながら、高品質。さらには軽量で、お財布にも優しいとあれば支持されるのも当然ですね。実際に僕も使っていましたが、楽しいカメラでした。

友人や家族が「カメラをはじめたい」と言えば真っ先におすすめするメーカーかもしれません。今は友人に機材を譲ってしまいましたが、機会があればまた使いたいです。

そんな魅力あふれるOLYMPUSのレンズで「これは使いたい!」「全力でおすすめしたい!」と言うレンズをピックアップしました。参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

おすすめ単焦点レンズ

背景が大きくボケた写真を撮ってみたい。そんな人におすすめなのが単焦点レンズです。

OLYMPUSのレンズは小型にもかかわらず繊細な描写をするのが特徴です。価格も他メーカーよりも、比較的手を出しやすい設定となっています。

ここでは3万円というラインを基準にピックアップしました。

ネコ弟子
どれもおすすめにゃ

 

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

OLYMPUSの標準域の単焦点レンズ。

フルサイズ換算で50mmで、F1.8という明るいレンズになっている。クセがなく自然に写真を楽しむことが出来るレンズ。

これから「写真を趣味にする」という人ならもっておきたい1本。

ただし、普段はスマホで撮影しているという人からすると撮影範囲が狭く感じるかもしれない。その場合はもう少し広い範囲を撮影できるレンズを選択しよう。

価格は3万円前後。

 

・M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 レビュー

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

本格的なマクロ撮影が、約2.7万円で楽しめるというのは嬉しい。

35mm判換算で最大撮影倍率が2.5倍なので、マクロレンズとしてもトップレベル。花でも小物でも、思う存分マクロの世界に浸ろう。

ピントが合った場所がキリっと浮き立ち、優しいボケを味わえる。

60mm相当の焦点距離なので、切り取るような撮影に向いている。やや暗いのがネック。

 

・M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro レビュー!

 

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

OLYMPUSのユーザーの中では、「神クラス」のコストパフォーマンスだと人気のレンズです。2.5万円前後のレンズとは思えないくらい、繊細でシャープな写りをしますし、中望遠なのでボケも滑らかで綺麗です。レンズ交換式カメラを買ったという実感がわきやすいレンズでもありますし、ここぞという時に取り出したいレンズでもあります。

ズームキットとセットで使えば、役割に応じた撮影を楽しめます。ただしあまり寄って撮影出来ない事がネックなので、マクロコンバーターをセットで使うとよいでしょう。寄りの撮影にも使えて、利便性が一気に向上します。

・M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 レビュー

 

M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

・M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 レビュー

パンケーキと呼ばれる、超薄型のレンズです。小型軽量のミラーレスのボディと非常に相性がよく、中古では1万円前後で見かけることもしばしば。とりあえず単焦点レンズがどんなものか試してみたいという人や、少しでも荷物を軽くしたい人におすすめです。

17mmには、さらに高品質のF1.8のレンズも存在しており、より高い描写性能を求めるならそちらがおすすめです。

・M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 レビュー

 

ネコ弟子
パンケーキたべるにゃ
はるペン
ちがうぞ

おすすめズームレンズ

OLYMPUSのレンズはもちろんズームレンズも優秀!

キットレンズとは違う役割のズームレンズに興味がある人におすすめのレンズ達。お値段は少し上がって5万円前後のものを紹介。

スポンサーリンク

M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

超広角レンズでありながら、重さはたった155gというから驚き。フルサイズ換算で18-36mm相当にあたるので、やや広めの標準レンズとしても使える。AFも俊敏かつ静かなので、動画もいける。

1本で広角~標準、いろいろ撮りたいという贅沢な悩みを解消してくれる。

 

・M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 レビュー

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

レンズ交換が手間、変えている間にシャッターチャンスを逃しそう!という人におすすめのレンズ。

Ⅱになって防塵防滴にも対応したのが嬉しい。(不要なら前モデルでもいいかも?)

アウトドアシーンで子どもを撮影したり、運動会に使えたりと便利な1本。フルサイズ換算で焦点距離は300mm相当になるが、OLYMPUSにはデジタルテレコンという便利機能があるので距離は更に倍にすることも可能。

 

・M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II レビュー

 

おすすめPROモデル

ここからは描写性能にもこだわりたい人向け。

お値段も一気に上がって、10万円オーバーが普通。描写性能はピカイチ(←表現が古い)なので、写真愛に目覚めた時に手に入れたいレンズ達。

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

もうね、余計な回り道したくないならコレ1本でいいと思う。F2.8通しで単焦点レンズに迫る描写、防塵防滴でどんな天候でも撮影が出来ます。

価格はPROレンズにしては最もお安いです。単焦点レンズが数本入っていると聞いてイメージできる人ならお得感が伝わるのでは?仮にOLYMPUSでレンズが1本しか使えないなら、僕はこのレンズを使います。

 

・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO レビュー

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

13万円前後と聞くと一瞬ためらってしまうけど、「防塵防滴」「5段手ぶれ補正」などうなずく性能がてんこ盛り。おまけにレンズ先端から1.5cmの近接撮影までこなせる。

高倍率ズームだからという理由で描写に手抜きは一切ありません。クリアでボケもきれいで、F4通しでころころ設定が変わらないのが嬉しい。OLYMPUSユーザーからの悪い評判はほとんど聞きませんし、さすがはPROレンズといったところでしょう。

もともとマイクロフォーサーズは望遠側に強く、高倍率、マクロ的な撮影までこなせるとなったら、ますますこれ1本で良くなります。12-40PROだけ使うとか言ったけど、こっちにしようかな(迷)

 

・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO レビュー

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

ポートレートや野鳥を撮影する人なら、このレンズは気になる存在じゃないだろうか?約13万円と決して安くはないが「OLYMPUSの最高光学性能」を実現しているという理由だけで購入する理由には十分かもしれない。

ヌケが良く、AFも超高速で狙った場所に瞬時にピントが合うのが気持ち良い。ミラーレスとしては大型のレンズ(750g)だがボディを含めても1.3kgを切ると思えばフットワークを落とすということはないだろう。

街でこのレンズを2本ぶら下げてた人にあったことがあるのですが、さすがにインパクトがありました(笑)

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO

OLYMPUSのカメラで夜景や星を撮るなら、欲しくなるのがこのレンズじゃないだろうか?OLYMPUSのカメラはライブコンポジットという機能を備えているので、これらの被写体との相性もバツグン!

 

OLYMPUSのカメラに搭載されているライブコンポジット(比較明合成)ってなに?

最短撮影距離が20cmと短いのも特徴的で、奥行き感のある写真を撮りたい時にも便利。F2.8の海保で撮れば、広角でもしっかりボケてくれる。

OLYMPUSの関連記事

・OLYMPUSのカメラを激安で買う方法

・OLYMPUSでカメラ女子におすすめは?

・OLYMPUS E-M10 MarkⅡのレビュー

・OLYMPUS E-M5  MarkⅡのレビュー

・OLYMPUSのコスパ神レンズ!TOP10

・Panasonicのおすすめレンズ

 

まとめ

OLYMPUSのシステムは良くまとまっていて、スキがない!

こうして改めて見てくると、オリンパスの評判が良いのがわかってきますね。

初心者の方には試しやすいレンズがあったり、便利なレンズがあります。熟練者の方には、高品質で所有欲を満たしてくれるレンズがあります。どの焦点距離が自分にあっていて、どのレンズだとどんな風に撮れるのか?そんなことを勉強すれば一気に成長できますよ!⇒写真上達の裏技

OLYMPUSのカメラを使っているユーザーから悪いウワサを聞かないのも特徴の1つと言えるかもしれません。

マイクロフォーサーズ機だから、パソコンでの現像作業なども大切になって来るかと思いますが、それはそれで写真を見直す良い機会だと思います。「RAW現像・写真編集におすすめのパソコン」という記事も書いているのでよければ参考にしてみて下さい。

この記事が、どなたかの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなようにカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、X-Pro2を愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2017 All Rights Reserved.