カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

パナソニックの「42.5mmF1.7」(H-HS043)はポートレート以外にも使えるレンズ!

 
  2018/06/04
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

今回は「Panasonic LUMIX G 42.5mm F1.7 ASPH.POWER O.I.Sをレビューしていきたいと思います!

「検討されている方に少しでもお役に立てれば」との思いからです。ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク

LUMIX G 42.5mm F1.7 ASPH.POWER O.I.S レビュー?

 

パナソニックユーザーの中では「コスパ神」として崇められる存在(当社調べ)

3万円ほどで買えてしまうレンズとしては、解像度が高く、クリアな描写をする。そしてボケも柔らかく、手振れ補正も搭載しているなど、欠点らしい欠点がないのが特徴です。

メーカーも「ポートレートレンズ」と言ってるように、人物を最高の画質で撮影することができます。

髪の毛1本から、まつ毛にいたるまでしっかりと解像し、開放で撮影すると背景がボケてやわらかい雰囲気に包まれます。

しかしこのレンズはそれだけではありません!その理由を詳しく見ていきましょう。

 

スペックを見てみよう

焦点距離 42.5mm
開放F値 F1.7
手ぶれ補正 あり
防塵防滴
レンズ構成 8群10枚
絞り羽枚数 7枚
最大撮影倍率 0.2倍
最短撮影距離 0.31m
フィルター径 37mm
重量 130g
価格

フルサイズ換算で85mmという、中望遠レンズにあたるレンズです。

この焦点域のレンズの特徴としては、ピントの合った場所をシャープに、ピントがきてないところはボケさせることが出来ます。

つまり狙った被写体を立体的に、そして印象的に引き立てて撮影することができるレンズです。

それゆえポートレートでは必須レベルで使われるレンズになっています。

 

この本質を見抜けば、ポートレート以外にも「自分が注目したい被写体」を印象的に撮影することが出来るという事が理解できるかと思います。

 

人物は言うまでもなく、ペットや動物、自然界で目に付いた花、街中でも気づかれにくい距離で撮影できるのでスナップにも向いています。

少し離れて使う必用があるのは否めませんが、最短撮影距離も短いのでマクロ的に使うことも可能な点も見逃せません。

重量はたった130gで、これが仮に一眼レフのレンズであれば500gを越えてきます。

 

レンズの基礎知識を確認しよう

初心者にとっては、カメラの専門用語はちょっとわかりにくいもの。そんな人のために、出来るだけ簡単に「レンズの基礎」をまとめました。

【初心者必見】元カメラ販売員がおすすめする!レンズの基礎知識と買い方

LUMIX G 42.5mm F1.7 ASPH.POWER O.I.Sのメリット

ここが素晴らしい

・コスパ最高

・画質が良い、ボケを堪能できる

・写真が楽しくなる

・ここぞという時に使える

・初心者でも簡単に撮れる

・ポートレートなどに使える

ネコ弟子
メリットたくさんにゃ

LUMIX G 42.5mm F1.7 ASPH.POWER O.I.Sのデメリット

・常用できる焦点距離ではない

・システムの中心となるレンズではない

 

メリットもたくさんある変わりに、応用力にやや欠ける印象があります。標準ズームレンズの次のレンズとしては最適ですが、1本だけでなんでも撮ろうというのは不可能でしょう。

そういう意味では荷物が1つになるわけでもなく、他のレンズと上手く組み合わせて使う必用があります。

 

ズバリこんな人におすすめ!

おすすめ

・レンズ交換未経験の初心者

・コスパの良いレンズが欲しい人

・印象的な写真が撮ってみたいという人

・子もちのパパ・ママカメラマン

 

関連記事

・Panasonicのおすすめ人気レンズ【11選】

・Panasonicの「G9 Pro」に触ってきた感想

・「DC-G9」と「DMC-G8」のちがいを比較してみた

・OLYMPUS製品を激安購入する裏技

・OLYMPUSのおすすめレンズ【厳選10本】

 

まとめ

LUMIX G 42.5mm F1.7 ASPH.POWER O.I.Sなら手軽にボケが作れるから、イチガンらしい印象的な写真が撮れる!

 

はじめてレンズ交換する人が使えば、イチガンらしい画質や絵作りに感動を覚えると思います。手振れ補正もついているし「難しく考えずにシャッターを切るだけ」で、クリアな写真を撮ることができます。

⇒Panasonic の公式HPを見に行く

 

このメリットが手に入って、3万円ほどというのはお得だと思います。

お花が好きな人や、猫ちゃんを飼っている人にもおすすめできるレンズです、

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.