(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

パナソニックでマクロ撮影なら「45mmF2.8」がおすすめ!こびとの世界を体験できるレンズ

はるか
WRITER




この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、Leica X Varioを愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

今回は「Panasonic  LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S(H-ES045)」(←長い)を紹介していきたいと思います!

「検討されている方に少しでもお役に立てれば」との思いからです。ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク

LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S(H-ES045)レビュー

写真をはじめるきっかけが「かわいいお花の写真を見たから」という人も結構多いかと思います。

何を隠そう僕も花の写真が大好きです。

 

散歩しているときに、きれいな花や、小さな昆虫、撮りたいと思ったものを見つけたのに「小さくしか写せなかったり」「近づくとピントが合わないぞ?」なんてことないですか?

それを回避できるのが今回紹介する「マクロレンズ」です。

 

マクロレンズを使えば、撮りたいものに近づいて写真を撮ることができますし、そのぶん大きく強調することも出来ます。

ピント合わせがシビアになり、手振れも怖いですが、マイクロフォーサーズユーザーなら液晶で拡大表示でピントを確認できます。手振れ補正機能も搭載なので、失敗写真を減らすことにもつながっています。

ここだけでも十分魅力は伝わったかと思いますが、もう少し細かく見ていきましょう。

 

スペックを見てみよう

焦点距離45mm
開放F値F2.8
手ぶれ補正あり
防塵防滴
レンズ構成10群14枚
絞り羽枚数7枚
最大撮影倍率1倍
最短撮影距離0.15m
フィルター径46mm
重量225g
価格

フルサイズ換算で90mmF2.8というスペックは、マクロレンズでは比較的よくある規格です。

被写体を浮き上がらせるように撮影できるので、ターゲットを決めて、背景はぼかしてしまうような撮影を心掛けると良いでしょう。

中望遠域のレンズなので、お花だけでなくポートレートや小物の撮影などにも応用できるのも魅力の1つです。

 

ライカネームらしい画質も見事で、高コントラストで解像感もあります。すきっとした空気感の写真が撮れます。

マクロレンズのAFは決して早い方ではありませんが、このレンズでは最短撮影距離を切り替えることで高速化を目指しています。こうした配慮があるところが「さすが日本のメーカー」と思っちゃいますよね。

スポンサーリンク

レンズの基礎知識を確認しよう

初心者にとっては、カメラの専門用語はちょっとわかりにくいもの。そんな人のために、出来るだけ簡単に「レンズの基礎」をまとめました。

【初心者必見】元カメラ販売員がおすすめする!レンズの基礎知識と買い方

LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S H-ES045のメリット

ここが素晴らしい

・被写体を大きく写せる

・手振れ補正がついている

・ポートレートにも応用できる

・小型で持ち出しやすい

僕がたまに「200mの距離を1時間かける」なんて言ってる時には、マクロレンズを使っている可能性が高いです。

小さい世界は少し角度を変えたりするだけでも、まったく見えるものが変わってきます。

まるで自分が昆虫(虫が嫌な人は小人か妖精)にでもなったかのよう。まだ見ぬ世界に心がトキメクことは間違いありません。

ネコ弟子
便利レンズにゃ

LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S H-ES045のデメリット

・外観に高級感がない

・AFが遅い

 

マクロレンズなので仕方ありませんが、オートフォーカスはお世辞にも高速とは言えません。どうせマニュアルでピントを合わせるから・・・などと思っていましたが、ピントリングの軽さをふくめて外観のチープさがまた悲しい。

 

ズバリこんな人におすすめ!

おすすめ

・マクロレンズを使ってみたい人

・お花が好きな人

・1本で使いまわせる中望遠レンズが欲しい人

・200mに1時間かけて撮影したい人(←推奨しません笑)

 

関連記事

・Panasonic の公式HPを見に行く

・Panasonicのおすすめ人気レンズ【11選】

・Panasonicの「G9 Pro」に触ってきた感想

・「DC-G9」と「DMC-G8」のちがいを比較してみた

・OLYMPUS製品を激安購入する裏技

・OLYMPUSのおすすめレンズ【厳選10本】

 

まとめ

小さなものたちの世界は魅力がたくさん!小さな被写体をおうことで世界は広がる!

 

 

マクロレンズの楽しみってなにか?と聞かれたら「発見が多いこと」って答えると思います。

小さな世界は、自分が見てこなかった世界、知らない世界なので魅力に満ち溢れています。

 

・どんな発見があるだろう?

・どんな出会いがあるだろう?

 

という期待感でワクワクしながら撮影をすることができるんですよね。もちろんお花もかわいいし。

写真がちょっとマンネリしてきた人や、新しい表現を求めている人なんかにもおすすめのレンズです。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、Leica X Varioを愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2018 All Rights Reserved.