カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

パナソニックのフルサイズミラーレスが登場!?性能やスペック、発売日などの噂をまとめました

 
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

Panasonicから「フルサイズミラーレスカメラが発売される!」(かもしれない)という驚きのニュースが飛び込んできました。ニコン、キヤノンに続き、まさかという思いですが、現時点でわかっていることをまとめていきたいと思います。

元パナソニックユーザーとしてもこれは見逃せないニュースですし、今後の話題が盛り上がりそうですね。

スポンサーリンク

 

 

パナソニックのフルサイズカメラの性能

性能に関しては全てがウワサレベルにすぎませんので、合ってる間違っているというより「想像して楽しむ」ためにご活用ください(笑)

スペックはこうなる!
  • 画素数30MP前後だろう
  • 4Kのフルサイズ読み出しは、4K24/25でクロップもされない
  • クロップでm4/3のレンズが使える
  • 60fpsまでは4K 10bit 4:2:2で内部収録(ALL-I 24/25で200mbps前後)
  • 4KでRAWで録画が可能?
  • デュアルカードスロット
  • フルサイズ用の新レンズは、手ブレ補正が搭載される
  • GH5と同じようなオーディオアダプターが用意される。
  • 可変NDフィルターが搭載される
  • 他のマウントのレンズ用のマウントアダプターが発売される
  • 防塵防滴

 

画素数30MP、可変NDや、ボディ内の手ぶれ補正がないかも?というあたりを見ると、キヤノンのEOS Rが頭をよぎりますね。静止画は必要十分なレベルに抑えて、動画機能を強化した製品になってくるのでしょうか?センサーは自社製とのことです。

市場にはSONYのセンサーが溢れていますし、今後も一強になってしまうとユーザーからは楽観できないはずです。FUJIFILMの隠れた名機であるX70も、地震の影響によりSONYからの供給がストップしてしまったからという説もありますからね。複数の会社から発売されているほうが選ぶ楽しみも出てくるので、センサーが本当に自社開発なのであればパナソニックさんには頑張って欲しいですね!

新製品はレンズが少ないので他社製品のレンズが使えるマウントアダプターがすぐに用意されるというのは朗報です。これまでフルサイズのカメラを作ってきたニコンやキヤノンとは事情が違いますから、レンズの開発は順々に・・という感じになるのは仕方ありませんよね。

ネコ弟子
びっくりするほど小さいとかあるかもニャ!

スポンサーリンク

 

 

動画専用機としての性能向上

動画機能はパナソニックのお家芸的なところがありましたので、フルサイズになっても他社を寄せ付けないような動画性能をもつ製品になっていることに期待してしまいます。最近はFUJIFILMのX-T3が4K4:2:210bitに対応してくるなど動画機能で驚きましたが、パナソニックがフルサイズで同じかそれ以上のレベルで出してくればインパクトは強いです。

データの扱いやすさという点ではAPSにも分があると思いますが、実際はどうなるんでしょうか?この理由からも8Kはまだ時期尚早な気もするのが個人的な意見です・・・生の映像が見れる日もそう遠くないはずなので期待して待ちましょう。

どういう仕組みになるか不明ですが、どこかに内臓されるNDフィルターもシャッタースピードをコントロールしたい動画では役にたつこと間違いなしです!

 

手ぶれ補正は搭載される?

ボディ内手ぶれ補正の有無は現在のところ不明です。

マイクロフォーサーズでは強力な補正機構が搭載されていたので、いまさら外すということは考えにくいのですがどうでしょう?実際センサーが大きくなることで仕組みも大きくならざるを得ませんし、初めての参入ということを考えると搭載されないということもありえる気がします。

ちなみに初期のプロトタイプモデルには、ボディ内手ブレ補正は搭載されていないらしいです・・・手ぶれ補正は動画時にも役に立ちますし発表時には「搭載」の文字が見つかるように期待しましょう!

 

価格や発売日は?

  • 推定価格3000ドル程度
  • 1月予約開始、3月発売?
  • 9月25日に開発発表(正式には1月発表)

価格的に見ても、ニコン、キヤノンとのガチンコ勝負になりそうですね。動画機としての特徴を打ち出していけば、ニーズは拾っていけそうな気がします。というか、これまでフルサイズを作ってこなかった会社がユーザーを獲得していくには、それなりの新鮮さや売り文句がないと難しいですよね!

 

関連記事

 

まとめ

・パナソニックのフルサイズミラーレスは動画養分多めのカメラになる
・他社製品との違いを出さないとユーザー開拓は難しいだろう

とにかく一番楽しみになるのが「動画」であることは間違いなさそうです。それはもはやカメラではなくビデオでは?という思いがなくもないですが、静止画もしっかり仕上げてくるはずなのでカメラです(笑)

最近「RAW現像(写真編集)に必要なスペックは?」というような記事を書くようになって、高性能なパソコンを使う機会が増えました。必然的に動画編集にも興味が出てきて、ゆっくりとお勉強をしているところです。

まずは予約注文が完了したX-T3で動画を楽しみながら、知識が増えてきたところでパナソニックに行くのか?それとも別の決断をするのか?まだまだ機材のゴールは見えそうにありませんね。→カメラの新製品を予約するなら「カメラのキタムラ ネットショップ」がおすすめ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.