カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

パナソニックのミラーレスカメラにおすすめのレンズ【11選】

 
  2018/04/27
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

小型のセンサー(マイクロフォーサーズ)を搭載したPanasonicミラーレスカメラは初心者から本格派まで納得のカメラです。

そんな人気のカメラの土台(画質)をささえるのは、やっぱりレンズ。

そこで今回は「パナソニックのミラーレスカメラにおすすめのレンズ」ということで書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

パナソニックのレンズの特徴【マイクロフォーサーズ】

パナソニックのレンズは広角~超望遠までカバーしており、焦点距離にすきらしいものも見当たりません。どのレンズも優れた描写をするので、納得感があるのも特徴です。

大口径の単焦点レンズも多数あり、ズームレンズもF2.8通しの定番レンズももちろんあります。特に「ライカ」の名を冠したレンズならどれを選んでも後悔はないでしょう。

焦点距離は35mm版換算で2倍になるので、望遠側に有利(しかも小型)です。

OLYMPUSのレンズも使っていけるのでレンズの選択肢はかなり多い方だと思って良いでしょう。

あと、レンズの名称がかなり長いです(笑)

 

最初の1本におすすめのレンズ

LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH. H-H020A-K

 

小型のパンケーキレンズながらF1.7と明るい開放値が魅力的なレンズ。Panasonicの中でも小型のカメラを使っている人に試して欲しい。レンズの重さは100gを切るから驚き。

大きなボケ味を楽しめるレンズで薄型のものは少ないので、とりあえずの1本には最適のレンズ!

 

・LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH レビュー

 

LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025

 

大口径のF1.4、焦点距離50mmというのは写真においては外せない。

写真の基礎を勉強する意味でも、上達を目指す意味でもコレ1本からはじめてみるのもおおいに有りだと思う。

このレンズのようにボケを操れると「写真が上手くなった?」と実感できるので早めにゲットしておきたい。

ナノサーフェスコーティングのおかげでゴーストやフレアにも強く、ヌケの良い写真が撮れます。

 

・LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH レビュー

 

LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. H-ES12060

 

ズームレンズ派のあなたには、広角から望遠域までカバーするこちらのレンズがおすすめ。

お値段は決して安くはないけど、後に買替え、買い増しなどのことを考えると最初に購入してしまうと迷いが晴れる。(結果的に安く抑えられる可能性もある)

レンズ内の手振れ補正と、カメラの手振れ補正を連動させることも可能で、ブレとさようならができる。

防塵防滴、耐低温性能でどんなシチュエーションでも使える強みが!

はるペン
最強かも

 

・LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPHレビュー

 

おすすめの単焦点レンズ

LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH. H-X015-K

 

50mmの焦点距離がせまいという人にはこちらのレンズがおすすめ。(30mm相当)

 

・LEICA DG SUMMILUX 15mmF1.7のレビュー

 

高画質で、明るいF値をいかしたボケ味のある写真を撮ることが可能で、小型なこともスナップへの親和性を高めている。

テーブルから立ち上がらなくても向かいの席の家族や友人が撮れたり、料理が撮れるので気軽な撮影にも向いている。

 

スポンサーリンク

LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K

 

中望遠のレンズは絞り開放で撮影すれば被写体を立体的に撮影することが可能なので、ポートレート撮影や、ここぞという時に使いたくなるレンズ。

最短撮影距離も31cmと短く、テーブルフォトや小物の撮影にもつかえて応用力がある。

子どもの撮影やペットの撮影にもおすすめ!

ネコ弟子
レンズ交換の楽しさが味わえるにゃ

 

・LUMIX G 42.5mm F1.7 ASPH.POWER O.I.S レビュー

 

LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S. H-ES045

 

本格的なマクロ撮影がしたいならこのレンズがおすすめ!

わずか225gのレンズで体感できる、小さな世界は不思議と魅力に満ち溢れている。

等倍での撮影が可能(35mm判換算では2倍相当)でコントラストや解像力も高い。

手振れ補正搭載で、最短撮影距離の切り替えもできるので、接写する機会が少ない場合でも快適なピント合わせができる。こういう細かい点まで考えてくれるのが嬉しいよね。

 

・LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S レビュー

 

おすすめのズームレンズ

LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm/F2.8-4.0 ASPH. H-E08018

 

おすすめ!と胸をはって言うには高価すぎるレンズだが、その性能は目を見張るものがある。

広角レンズで起こりやすい湾曲や収差を徹底的におさえこむことで、歪みのない描写を実現。

自分の目で見るよりもはるかに広がる世界を堪能でき、開放値も明るいので星空の撮影などにも向く。

 

・LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0レビュー

 

LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S. H-FS14140-KA

 

とにかく1本で撮影を完結したいときには高倍率ズームが便利!海外旅行や野外イベント、など幅広いシーンをおさめることができる。

よく効く手振れ補正のおかげでズーム域でも安心して撮影ができる。嬉しいのは最短撮影距離が短くテレマクロ的な使い方もできること。

写真にも動画にも頼りになるレンズです。

 

・LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. レビュー

 

LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 II ASPH./POWER O.I.S. H-HSA12035

 

ズームレンズが便利なのはわかるけど、画質は妥協できない!そんなあたなにはこちらのレンズ。

広角から中望遠をF2.8通しで撮影することができるので、設定がコロコロ変わらず落ち着いた撮影ができる。

ミラーレスカメラ専用のレンズでありながら、大型のレンズが登場してくる中で、こちらのレンズは小型で軽量。システムのバランスを崩すことのない品位みたいなものを感じる。

防塵防滴なので、撮影シーンも選ばない。

 

・LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 II ASPH. レビュー

 

LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8 II/POWER O.I.S. H-HSA35100

 

上記の12-35と組み合わせて使いたいのがこのレンズ。同じように全域F2.8通しや、防塵防滴性能などの高品位モデルのレンズ。

動きの早い電車や、野鳥、飛行機、スポーツなどを撮影したい人に向いている。

このスペックのレンズなら1kg近くの重量でもおかしくないのだが、このレンズはわずか360gと驚くべき軽さだ。

フルサイズの重たいレンズに疲れた方や、システムの軽量化を目指している人に手に取ってほしいレンズ。

 

・LUMIX G X VARIO 35-100mmF2.8 II レビュー

 

LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400

 

35mm判換算で200mmでは足りないという人はこちら。最大800mmまでの超望遠レンズだ!

高画質や、手ぶれ補正の効きはもはや当然。4k撮影を活かす高性能レンズとまで謳われている。

野鳥やスポーツなどに最適なだけでなく、最大撮影倍率が0.5倍とマクロ撮影にも対応。用途が広く使い勝手に優れたレンズ。

 

・LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 レビュー

 

関連記事

・Panasonicのおすすめレンズ

・Panasonicの「G9 Pro」に触ってきた感想

・「DC-G9」と「DMC-G8」のちがいを比較してみた

・Panasonic小型高性能ミラーレス「DC-GX7MK3」

「PEN-F」「DC-GX7MK3」どっちがおすすめ?

・「DC-GX7 MK3」と「DMC-GX7 MK2」のちがい

・OLYMPUS製品を激安購入する裏技

・OLYMPUSのおすすめレンズ【厳選10本】

 

まとめ

パナソニックのレンズは高画質ながら軽量!システムの品位をくずさないバランス感覚に優れている

こうして改めてみていくと、単焦点レンズも、ズームレンズも魅力的なものが多いことに気づきますね。特にズームレンズでは、コンパクト化に力を注いでいることがわかります。

せっかく軽いカメラを選択しても、レンズが大型だったら「何をしてるかわからない」感覚にもなってきますからね。パナソニックのレンズならその心配は必用なさそうです。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.