カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

【予算20万円】写真編集・RAW現像におすすめのパソコン

 
  2018/11/17
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

今回は「20万円で買える写真編集用パソコン」というテーマで書いていきたいと思います。この価格帯のパソコンが必要な人は、高画素フルサイズ一眼レフを使っている人や、最新のゲームをバリバリ動かしたいという本格派の人でしょう。

処理能力を高めることで、重たい処理も快適にしたり、処理時間の短縮を狙えます。どちらかと言うとコスト面よりも、性能面を重視したい人におすすめです。

現実レベルで見た時に一般の人が手に入れる上限あたりになってくるでしょうし、そういう意味で写真編集やRAW現像といったクリエイティブ目的には、最もパフォーマンスが期待できる価格帯でしょう。

おすすめな人
  • 一歩先を行きたいクリエイター
  • 重たい処理に負けないパソコンが欲しい人
  • 日常的に製作活動をしている人
  • 最新・高性能なパーツ構成から選びたい人
  • 20万円くらいのパソコンが欲しい人

 

20万円で買えるパソコンのパーツ構成は?

色々なパソコンショップをチェックしてみると「ランキングのNO1は大体15万円前後」だと気づきます。その一方でよりハイクラスのパーツを選ぶ人も増えています。

BTOメーカーの人に話を伺ったところ、特にクリエイターは15~20万円あたりのパソコンを選ぶ傾向があるそうです。

あらゆる処理を快適にするためにCPUには妥協ができませんし、グラフィック性能だって高いほうが有利に働きます。高性能なパーツを活かしきるためには、大容量メモリや、高速なストレージが必要ということで価格帯が上がっていくのは自然なことでしょう。

注意しておきたいのが、「写真編集(RAW現像)におすすめBTOパソコンメーカー」で紹介しているショップさんは、基本的に消費税、送料が入っていない価格表示です。実際に決済画面に行くと「あれ?」ってこともあります。

消費税+送料で、約1割程アップしますので頭にいれておくと良いかもしれません。そういったことを防ぐ意味で、あらかじめパーツ構成の目安をつけておきましょう。

20万円で買える!PC構成の目安

CPU:Core i7~
メモリ:16GB~
GPU:GTX1070~
ストレージ:SSD+HDD

この価格帯の優先度は「メモリ」「グラボ」「CPU」の順番で決めていけば良いと思います。

CPUはCore i7あたりで頭打ちですし、後はメモリやグラボをどれだけつめるか?というところ。カスタマイズで静音性にこだわって水冷クーラーをつけるのも良いですね。

パーツがピンとこなければ「RAW現像(写真編集)に必要なスペックは?」という記事で細かく解説していますので参考にしてください。

 

CPUは優先度高し「Core i7」を選ぼう!

RAW現像はCPUへの依存率が高い処理ですから、少しでも性能の良いCPUを選ぶメリットが大きいです。

パソコンの処理能力を決定づけるパーツですから優先度はとても高いです。とは言え、20万円も予算があればCPUの性能を落としていることはまずありません。

後々紹介するおすすめパソコンでも全てCore i7からピックアップしています。

 

メモリはカスタマイズで16GBを選択しよう!

RAW現像や動画編集をはじめとするクリエイティブ作業におけるメモリのスタート地点は16GB~だと思います。8GBを標準搭載にするパソコンは多いですが、必ず不足しますのでカスタマイズで16GBを選択するようにしてください。

ちなみに「Lightroom Classic CC」が推奨しているシステム構成にも下記のような記載があります。

RAM(メモリ)4 GB 以上の RAM(12 GB 以上を推奨)

参考:Lightroom Classic CC の最小システム構成

はっきりと12GB以上を推奨とありますね。BTOショップによってあ8GBを標準にしているケースも多いので、その場合は16GB以上にカスタマイズしましょう。

うまく選べば32GBメモリのパソコンにも出会えるかもしれません。

 

グラフィックボードは本格派に人気のグラボ「GTX1070」以上を選択!

GTX1070クラスになってくると、出来ないことのほうが少なくなります。特に「Ti」がついたモデルは、高性能なグラフィックが欲しい人には人気があります。

GTX1060のコスパが良いと別の記事で書きましたが、GTX1070(とくにTi)もコスパが良いです。コスパの中でも価格に寄せたのがGTX1060、性能に寄せたのがGTX1070といったところでしょうか。

4K動画編集をするならこれくらいのグラボを搭載したモデルから選びたいところです。ゲームの解像度をあげたりFPSにこだわりたい場合も同様です。

 

【参考】GTX1070のベンチマーク

GTX1060(3GB) 12232
GTX1060(6GB) 12924
GTX1070(8GB)
17974
GTX1070Ti(8GB) 19524
GTX1080(8GB)
21829

ベンチマークのスコアを見てみましょう。GTX1070は下位モデルのGTX1060とは約1.5倍くらい高性能です。逆に上位モデルGTX1080との差は1.2倍ほどに収まっています

下位モデルは大きく突き放し、上位モデルに迫るくらいの性能があるということがわかりました。やはりコスパが良いですね。

 

SSDは転送速度や容量にこだわろう!

20万円の価格帯でSSDが搭載されていないことはまずありません。それよりも大容量であったり、高速だったりするかを重視しましょう。

SSDには種類があることも忘れてはいけません。

SSDの種類と速度

「SATA SSD」<「M.2 SSD」<<<「NVMe  M.2 SSD」

 

SSDの違いで体感的に大きな差を感じるシーンはそれほどないかもしれませんが、データをたくさん扱うクリエイターなら少しでも速いSSDを選んでおくメリットは大きいはずです。

予算も十分にあるので、NVMe M.2 SSDを選択するのが最良の選択でしょう。(容量を重視するのもあり)

 

予算20万円で買える!おすすめのパソコン

DAIV-DGZ530S1-SH2

第9世代CPUのパワーを感じる!

  • 「Core i7-9700K」「GTX1080」搭載!
  • クリエイター向けのDAIVのニューモデル!
  • 大量のRAWも動画も快適処理!

価格(税抜):209,800〜

 

CPUには8コア8スレッドに生まれ変わった、第9世代「Core i7-9700K」を搭載して処理能力を高めました。グラフィックもGTX1080ですから、この構成で出来ないことはほぼないでしょう。2万円ほど追加することで、グラボをRTX2070に変更できるのでそちらもおすすめ。メーカーさんにお借りして使ってみましたが、その圧倒的パフォーマンスに感動しました。

 

・「DAIV DGZ530シリーズ」のレビューを見る

 

NEXTGEAR-MICRO im620GA1

新世代CPUなのにお手頃!

  • 第9世代CPU「Core i7-9700K」搭載
  • GeForce GTX1070搭載
  • シンプルかつメンテナンスに優れた筐体!

価格(税抜):174,800〜

 

第9世代CPUを搭載したパソコンはまだまだ高いです。しかしマウスコンピューターのゲーミングモデル「G-Tune」なら手ごろなモデルが存在します。Core i7-9700K+GTX1070+16GBメモリなので、万能感があります。ストレージは1TBのHDDしかありませんので、SSDは追加しましょう。どうしても20万円ジャストという人に!

 

Ryzen CPUを搭載した別モデルですが「NEXTGEAR-MICRO」も使ったことがあります。その時の構成は10万円でしたが、価格以上のパフォーマンスを見せてくれました。⇒NEXTGEAR-MICROのレビューを見る

 

パソコン工房の「Quadro」搭載PC!SENSE-R039-i9K-QZR

本格派にはQuadro搭載がおすすめ!

  • グラボにQuadro P2000(5GB)搭載
  • Core i9-9900K×16GBメモリを搭載
  • カスタマイズ性に優れたミドルタワー!

価格(税抜):193,980〜

 

10bitの出力に対応したQuadro搭載のミドルタワー型のデスクトップパソコンです。写真本来の色を再現できるので、見た目にも近い編集が楽しめます。ミドルレンジのグラフィックではありますが、補助電源もいらないのが嬉しいところ。なんと言っても最強のCPU「Core i9-9900K」が搭載されているので、どんな作業もサクサクです。これでダメなら諦めましょう(笑)

 

 

最新のグラフィック搭載!ドスパラのガレリア XF

これからの映像クオリティ!

  • 新時代のGPU!GeForce RTX2070搭載
  • 6コア12スレッドの「Core i7-8700」CPU搭載
  • セール対象になりやすい人気モデル!

価格(税抜):179,980~

 

BTOショップのドスパラは圧倒的にゲーミングマシンが強いです。特に上位3位までにランキングに入っているパソコンが売上のほとんどを占めるなんて話も聞きました。そしてその堂々の第一位がガレリアXFです。リアルレイトレーシング技術を搭載したRTX2070を搭載し、よりリアルな描写を楽しむことができます。人気モデルだけあって頻繁に割引や、パーツのグレードアップ対象になっています。ある意味で価格やパーツ構成も変わりやすいモデルなので、変更があればご容赦ください。

 

 

ノートパソコンはもはやこれ一択?DAIV-NG5720S3-M2S5-DGP

note_ng5720

デスクトップに負けないノートPCを!

  • Corei7-7700HQ+GTX1060を搭載
  • サクサク快適な大容量32GBメモリ搭載!
  • sRGB比95%の広色域対応液晶パネル!

価格(税抜):169,800〜

 

Core i7-7700HQに大容量メモリ32GBを搭載したノートパソコンです。液晶パネルにはsRGB比で95%に対応し、撮影した写真をリアルに見ることができます。高精細な液晶が搭載されているノートパソコンはあまりないので、DAIVのノートパソコンはクリエイター向けと言えます。DAIVのブランド担当者さんに話を聞いたところ、このモデルは人気があると教えてくれました。

ただしグラボがGTX1060しか選べないのが残念なポイント。GTX1080を搭載したモデルもあるにはあるのですが229,800円~と少々割高です。

 

 

最後にひとこと(お得情報)

  • 予算20万円は本格派に人気の価格帯!
  • パーツ構成は好みに合わせてカスタマイズしよう!

予算20万円にもなると選択肢も多く、多くのパーツで最高クラスを選べます。最新のパーツが選べるので「新しい物を使っている」という満足に浸ることもできるでしょう(笑)

方法としては予算15万円で買えるおすすめのパソコンで紹介しているようなモデルを、ハイスペックにカスタマイズするのも良いかもしれません。

パソコン関連記事

ぜひ参考にしてみて下さい。最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.