カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

【予算25万円】写真編集・RAW現像におすすめのパソコン

 
  2018/08/31
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

初心者にとってパソコン選びは、クリアする課題が多いです。その1つが予算です!

今回は「25万円で買える写真編集用パソコン」というテーマで書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

25万円で買えるパソコンのパーツ構成は?

25万円で写真編集用にパソコンを買おうとしたら、CPU、メモリ、グラボ、ストレージ全てが高性能な構成にできます。

ただし性能をトップクラスまで追い込めるパーツは、1~2個といったところでしょうか?CPUにこだわったらグラボまではついてこないイメージです。(←ハイクラスな中での話ですが)

 

「写真編集(RAW現像)におすすめBTOパソコンメーカー」で紹介しているショップさんは、基本的に消費税、送料が入っていない価格で表示されているということとに注意してください。(消費税+送料で1割程UPします)

優先順位は「メモリ」「グラボ」で、CPUはCore i7、SSDは搭載されている前提で考えます。

 

CPUは「Core i7」から妥協する必要なし!

この予算でCPUで予算を削る必要はまったくありません。インテルのCorei7-8700Kを選択しましょう。

もう少し予算をあげて、インテルの40周年記念モデルである「Core i7-8086K」を狙うのも良い選択だと思います。

 

メモリは32GBを選択しよう!

デジタルカメラも高画素時代に突入して、どんどんメモリを喰うようになりました。

実際にRAW現像を楽しんでいるユーザーの声を集めた「みんなのパーツ構成(口コミ)は?」という記事の中では「16GBは足りない」という人もいました。

よほどこだわった編集をしない限りは、16GBもあれば十分だと思いますが、長い目で見て「32GB選択するのはアリ」だと思います。

後から追加すると、相性問題に泣くケースもあるので、購入段階から決めてしまうのがベターでしょう。

 

グラフィックボードは「GTX1080」か「GTX1080Ti」選択!

25万円の予算内であれば、GTX1080Tiが選べます。GeForceの中でも最上位のグラフィックボードなので、単体で買うと10万円位はします。

グラフィックボードは写真編集だけなら、そこまで優先度の高いパーツでもありませんが、余裕があることに越したことはありません。

最新ゲームを遊ぶ人なら、むしろ積極的に選んでいるパーツなので、そういう目的がある人なら外せない条件ですよね。

 

【参考】GTX1080Tiのベンチマーク

GTX1050(2GB) 6836
GTX1050Ti(4GB) 7954
GTX1060(3GB) 12232
GTX1060(6GB) 12924
GTX1070(8GB)
17974
GTX1080(8GB) 21829
GTX1080Ti(11GB) 28590

 

ストレージにSSDは搭載は当たり前!より高性能なものを狙っていきたい

SSD+HDDは標準搭載として、どれだけSSDを搭載できるかチャレンジしてみたいところです。写真を扱っている以上は、データのやりとりが頻繁なので、「M.2規格」に対応しているSSDをガンガン搭載していきましょう。

キャンペーン期間中のパソコンがあれば、お得に大容量のストレージが手に入ることもあります。

スポンサーリンク

 

予算25万円で買える!おすすめのパソコン

G-Tune NEXTGEAR i670PA1-SP2

 
  • インテル® Core i7-8700K
  • GeForce® GTX 1080Ti(11GB)
  • 32GB PC4-19200 (16GB×2)
  • 480GB SSD + 3TB HDD
  • 700W 【80PLUS® BRONZE】

 

マウスコンピューターのゲーミングブランド「G-Tune」にもおすすめのパソコンがあります。

CPUはCore i7-8700K、メモリは32GB、グラボはGTX1080Tiと、全ての条件がそろった貴重なモデルで税別23万円です。

ちなみに、グラボを「GTX1080」にした下位モデルが人気No1です。各ショップのクリエイターモデルから探しても希望のものが見つからなければ、ゲーミングモデルを探してみるのも手です!

 

ドスパラ GALLERIA ZZ(ガレリア ZZ)

  • インテル Core i7-8700K
  • 16GB PC4-21300(8GBx2)
  • NVIDIA GeForce GTX1080Ti (11GB)
  • 500GB SSD + 3TB HDD
  • 750W 静音電源 (80PLUS BRONZE )
  • 当日出荷可能モデル!

ドスパラの人気NO3!モデルが登場。

CPUが「Corei7-8700K」、グラボには「GTX 1080Ti(11GB)」が搭載されています。CPUとグラボにこだわったので、残念ながらメモリまではついてきませんでしたが、それでもこの構成は魅力的でしょう。

公式HPのユーザーレビュー評価も多く、たくさんのユーザーが使っていることも人気を裏打ちする性能があればこそ。安心して長く使えるパソコンです!

 

DAIV-DGZ520H5-SH5

 
  • インテル® Core i7-8700
  • GeForce® GTX 1080 (8GB)
  • 16GB PC4-19200 (8GB×2)
  • 480GB SSD + 2TB HDD
  • 700W 【80PLUS® BRONZE】

 

DAIVのDGZ520シリーズは、クリエイターモデルの中でも開発や発信向けにデザインされた本格的なパソコンです。(CAD、アート、ゲーム開発、VRも想定されている)

この構成のままだと19万円台ですが、CPUをCore i7-8700Kにしてメモリを32GBにカスタマイズして25万円程になります。

ここでも、グラボに一歩届かずGTX1080(Tiがないモデル)になってしまうのが少々残念です。

はるペン
性能だけに・・・欲が

DGZ520シリーズのレビューはこちら→DAIV-DGZ520H1-SH2-RAW レビュー

 

パソコン関連記事

 

最後にひとこと(お得情報)

  • 予算25万円はハイエンドに1歩およばない
  • ハイエンドなパーツは1~2個くらい!
  • もう少し予算を上げるほうが幸せになれそう・・・

色々なパソコンショップを調べてみましたが、25万円という予算は「あと一歩」がハイスペックに届きません。今回紹介したパソコンでも、どこか1つのパーツをあきらめるしかありませんでした・・・

少し予算をあげて「30万円でおすすめのパソコン」から選んだほうが、気持ちよく使えそうな気がしてなりませんでした。

逆に全て満たしたパソコンをキャンペーンやセールで見つけることができたら絶対に買いです!キャンペーン情報は「写真編集用におすすめのパソコン【まとめ】」で少しだけまとめています。ぜひ参考にしてみて下さい。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.