カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

高画素時代の写真編集用パソコン事情!ユーザーの生の声(口コミ)を集めてみました

 
  2018/06/22
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

一口に「写真編集用パソコン」と言っても、そこには幅広いニーズが存在しています。

ホワイトバランスの調整やトリミングといった簡単な編集から、いくつもモニターをつないで作業をされている方もいらっしゃるかもしれません。お仕事で使われる方は当然いるでしょう。

帰宅時に「ごはん」「お風呂」「それともア・タ・シ?」のサービスクエスチョンに「は?RAW現像に決まってんだろ」と答えるくらいディープな方もいるかもしれません(笑)

それらをひとまとめにすることはなかなかに難しいので、この記事でユーザーの声をまとめてみたいと思います。生の声を参考に、ご自身なりの着地地点を見つけてみて下さい。

スポンサーリンク

 

写真編集・RAW現像を愛するユーザーの感想・口コミ

※この記事は「Twitter」「口コミサイト」「公式HP」などから、一部抜粋させていただいたものを含んでおります。

 

パソコン本体に関しての口コミ・感想

口コミ

DAIVのデスクトップにCore i7-8700、GTX1060(3GB)にメモリ32GB、CPU&ケースファン増設して20万円で明日届きます!楽しみ!

口コミ

20万あったら…たぶんパソコンよりカメラやレンズ買っちゃいそう(笑)

口コミ

Core i7-8700、GTX1080(8GB)、メモリ32GBで動画編集をメインで使ってます。マルチ作業もできるから作業効率がアップしました。

口コミ

(ノートPC)Core i7-7700HQ、GTX1050(2GB)、メモリ16GBです。画像編集用途ならもう少し性能が良い物を選んだほうがよさそうです。

口コミ

水冷にすると本当に静かです。もうファンタイプには戻れません。

 

20万円あったらカメラ買っちゃうって気持ちは同意(笑)

本格的にRAW現像や動画編集をしようと考えた場合、20万円以上のハイスペックなパソコンを買っておいたほうが満足度が高い印象を受けました。

少し妥協をしてしまったばかりに、編集が楽しめなくなってしまっては本末転倒ですし、個人的には余裕のあるパーツ構成をおすすめしたいところです。

 

CPUに関しての口コミ・感想

口コミ

ゆくゆくはRAW現像に使いたくて、Core i7を選択しました。

口コミ

動画編集もしないのでCorei5にしてメモリを足しました。RAWも楽に処理できます。

口コミ

貧弱なグラボをつむくらいなら、CPUをAMDにしてグレードを上げたほうが快適。

口コミ

現像には結構CPUのコア数も関係するので、安価でコア数多いAMDもなかなかいいです。その分もメモリに予算を回せます。

 

AMDのCPUは、安くて性能が良い(コスパが高い)と人気がありますが、搭載しているパソコンは多くないので見落としがちです。

口コミでは「うまくCPUを選んで、メモリを追加するのが得策」という感想をよく見かけました。予算に合わせて価格調整するなら、CPUかグラボになるんでしょうね。

ただし、余裕をもって上位モデルを選択しておけば長期的に使えます。事情があれば仕方ありませんが、あえてグレードを下げる必要はありません。

スポンサーリンク

メモリに関しての口コミ・感想

口コミ

個人的にはLightroomのアプデ入ってから、メモリ16GBだと十分とは言えなくなってる感があります… 32GBなら十分、先を見越したら64GBってイメージですね…見越しまくりだけど

口コミ

メモリ16GBのMacBook Proですけど、全然十分ではないです。

口コミ

グラボよりもメモリに予算を回したほうが良い。

 

写真編集で一番妥協してほしくないのがメモリ。満足度が高いのは32GB以上のモデルです。

個人的には16GBでも十分だと感じていましたが、実際に使われている方の中には不十分だと感じている人も多いようです。

予算に限りがある場合でもメモリは我慢しない方が良さそうです。

 

グラフィックボードに関しての口コミ・感想

口コミ

GeForce GTX1050では、物足りなさを感じます。

口コミ

LrにもGPU支援があるので、いいやつにしておくに越したことはない。

口コミ

Core i7-7700、GTX1050(2GB)、メモリ16GBで動画編集に使っています。RAW現像も以前はかなり待たされましたが、結果が反映されるまでタイムラグ程度しか感じません。

 

GTX1050で動画編集や、RAW現像に使っている方はいらっしゃいます。「ちょっと物足りない」という声は、ノートパソコンを購入された方の中にもありましたね。

余裕があればGTX1060以上を選択しておくほうが良さそうです。

 

ストレージに関しての口コミ・感想

口コミ

OSが入っているメインのSSDは240GBでは足りない。せめて倍の500GBか、デュアルストレージにした方が良い。

口コミ

M.2規格のSSD搭載ノートパソコンを買いましたが、とにかく爆速です!

 

SSDも値段が下がってきて身近になってきたとは言え、安いモデルではほとんど採用されていません。

パソコンの起動だけではなく、ソフトの処理も快適になるので、これからパソコンを買うなら、メインストレージにHDDを選択する必要はないと思います。

 

パソコンの関連記事

 

最後にひとこと

生の声はなかなかのリアルさがありましたね~僕自身もかなり勉強になりました!

「イメージではわからないこと」「使った人だからこそ見えたこと」「詳しい人だからできる判断」なんかも含まれていたと思います。写真編集目的のパソコン選びの判断材料にしていただけたら嬉しいです。

アドバイスするとすれば「悩んだら1つ上のグレードを!」ってことですね(笑)

この記事は「適切な判断ができるように」随時更新していきたいと思います。最後になりましたが、ご協力下さった方に新ためて御礼を申し上げたいと思います。

ありがとうございました!

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.