シグマ「30mmF1.4 DC DN」レビュー!ミラーレスユーザーなら必携の1本

 

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

今回は「シグマ 30mmF1.4 DC DN」をレビューということで、ミラーレスカメラを使っている人には一度手に取ってほしいレンズを紹介します!

SONYとマイクロフォーサーズユーザーの方には、ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク

シグマ 30mmF1.4 DC DNとは?

いわゆる大口径と言われる明るいレンズ。開放値F1.4で大きなボケと、単焦点レンズらしいキレのある描写が可能な1本です。

非球面レンズや高屈折率高分散ガラスなどを使用することで、諸収差を良好に補正。コンパクトでありながら、高画質を実現したレンズです。

マイクロフォーサーズでは焦点距離が60mm相当、SONYのEマウントでは45mm相当となります。

スペックを見てみよう

(※Eマウント)

焦点距離30mm
開放F値F1.4
手ぶれ補正
防塵防滴
レンズ構成7群9枚
絞り羽枚数9枚
最大撮影倍率1:7
最短撮影距離0.3m
フィルター径52mm
重量265g

レンズの基礎知識を確認しよう

初心者にとっては、カメラの専門用語はちょっとわかりにくいもの。そんな人のために、出来るだけ簡単に「レンズの基礎」をまとめました。

【初心者必見】元カメラ販売員がおすすめする!レンズの基礎知識と買い方

シグマ 30mmF1.4 DC DNのメリット

・解放値が明るい

・ボケがきれい

・万能レンズ

このレンズの最大の特徴は明るいレンズだという事でしょう。現在メーカーから発売されているレンズはF1.8が主流で、F1.4は魅力的だと言えます。

人間の視野に近いと言われる標準域のレンズなので、写真の基本を身につけるという意味でもおすすめです。

 

・大きなボケをいかしたポートレート撮影

・小物や料理を印象的に見せるテーブルフォト

・絞り気味でのスナップ撮影

・風景写真での多彩な表現

 

こうした撮影が1本で可能になります。マイクロフォーサーズでは60mm相当となるので、立体感をいかした撮影に向いています。

スポンサーリンク

シグマ 30mmF1.4 DC DNのデメリット

・やや大きい

・ピントリングが軽い

最大のデメリットは大きいということでしょう。軽量なミラーレスカメラにセットするには大型と言わざるを得ません。万能感があるレンズなので、欲を言えば「あともう少し小さく」してくれたら手放しでおすすめできたかと・・・感じたりします。

ネットでの評判を見る限りユーザーはおおむね満足といったところですが、解放での甘さを指摘する声もありました。人によって判断の基準が違いますからなんとも言えないところですが、気になる方は作例をチェックすると良いと思います。

紹介動画

ズバリこんな人におすすめ!

・写真の基礎が見につくレンズが欲しい人

・純正品よりもコストパフォーマンスの高いレンズが欲しい人

・まだレンズ交換したことがない人

 

サイズ感さえ許容できれば万人におすすめができるレンズだと思います。価格も3万円前後なので、写真を趣味にしていきたいという人や、長く使えるレンズが欲しいという人にもおすすめですね。

関連記事

まとめ

シグマ 30mmF1.4 DC DNは誰にでもすすめられる万能レンズ!ただしサイズが気になる。

個人的な感想を言えば、ミラーレスカメラを使っている人なら必携の1本になっておかしくないレンズだと思います。純正品をすでにたくさん持っている人なら、あえて買う必用もないでしょうが「これから」レンズを買おうと思っている人なら、候補に入れてみて下さい。

シグマさんには高品質・高画質な「Artライン」という商品が存在するのですが、そのArtラインに匹敵するレンズだとうたわれています。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

管理人:はるか 子持ちの♂

FUJIFILMのXマウントが大好物

◆プロフィール詳細

◆僕が使っているカメラとレンズ

Twitter:@harucamera3

Instagram:harucamera33

Facebook:はるかめら