(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

ARC’TERYX(アークテリクス)ソラノフーディーをレビュー!都会に馴染む完全防風ジャケット

WRITER
 
アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

即完売必至のアークテリクス「ソラノフーディー」(Solano Hoody)をレビューします。

アーバンスタイルに合うようにデザインされた、ゴアテックスインフィニアムを採用したフーディーです。風を完璧にシャットアウトし、撥水性も備えているので雨からも守ってくれます。軽やかな見た目からは想像できないほどのタフさで、裏地が控えめながらフリース素材となっているのでちょっとした寒さもとってくれる万能着。ぶっちゃけかなり気に入っています(笑)

オンラインサイトでも完売が続くほど人気のソラノフーディー!その魅力をお伝えできればと思います。

アークテリクスとは?

アークテリクス,,ARC'TERYX,公式,写真,比較,おすすめ

「地球上にある最高の素材、最高の技術、革新的なデザインで製品を作る」ことをコンセプトとして掲げる、ARC’TERYX(アークテリクス)は、カナダ生まれのアウトドアブランドです。

その優れたデザイン性と、防水性や透湿性、防風性などの高機能性は、登山愛好家だけならず広く愛されています。ロゴには始祖鳥があしらわれており、街に出かけると見かけない日はないほどの人気ぶり。感度の高い人なら一度は目にしたことがあるはずです。

 

ソラノフーディー(Solano Hoody)レビュー

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し

ソラノフーディーは防風性に特化したフーディーですが、撥水性や透湿性、保温力もあって使いやすいアイテムです。

見た目はスポーティーですがシルエットが非常にきれいなので、シャツ系のアイテムとも相性が良いです。ゴアテックスインフィニアムなので風を防いでくれて活用範囲も広いです。生地に伸縮性はないものの、しなやかな素材と立体構造により動きやすいのも印象的でした。

この手のアイテムは軽量でペラペラなものが多いですが、ソラノフーディーは適度に厚みもあってスタイリッシュです。しかも裏地に薄いフリースが貼ってあるので、普通のウインドシェルにはない保温力があります。冬のサイクリングや、真夏にエアコンが効きすぎた部屋などでも使えて非常に便利です。

 

ソラノフーディー(Solano Hoody)特徴

日々、少しずつ表情を変える都会の風景。人も建物も、音やペース、光でさえも、常に変化し続けています。天気もそうです。ソラノは変化し続ける状況に向けてデザインされました。使用しているゴアテックス インフィニアム素材は、防風性、通気性を備え、雨からも守ってくれます。フードはプロテクションを高め、ポリエステルの起毛ライナーは吸湿性を高めつつ肌ざわりの良さにも貢献。着心地の良いリラックスフィットを立体的ですっきりした都会的なシルエットに仕上げ、立体構造パターンとガセット入りの脇で動きやすさを実現しています。さりげないリフレクティブパーツが視認性を高めてくれるので、帰宅時のバイクライドに最適です。

リフレクティブパーツやフィットをアップデートしました。

※出典:アークテリクス公式

モデル名Solano Hoody
素材GORE-TEXINFINIUM
タイプウインドストッパー
機能撥水、防風、透湿、携帯、軽量、
重さ355g
価格¥29,700

ソラノフーディーは、355gと軽量で持ち歩きにも便利です。ゴアテックスほどの完全防水ではありませんが、急な雨や思わぬ突風などに対応できるのでお守り的な役割でも使えます。

そういう意味では、山での本格使用というよりタウンユースが向いています。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し

デザインはとてもシンプルで、パッと見はただのウインドブレーカーみたいな感じ。肩にある始祖鳥を見なければ3万円もするとは思えないかもしれません。「実は高機能なのに控えめ」というのが良いです(笑)

カラーはBlack Sapphireを選択。この手のジャケットは無難に黒を選択するというのが自分の中での鉄則ですが、試着して惚れてしまいました。ちょっと渋みのあるブルーという感じですが、これが何に合わせてもアリなんですよ!

 

ソラノフーディー(Solano Hoody)デザイン

生地(裏・表)

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し

ハードシェルのような硬さではなく、柔らかくてしなやかな素材で着やすいです。肩回りも広めにとられているのでレイヤリングの余地がありますね。ライトダウンくらいは着こめます。

リラックスフィットで着心地も抜群ですが、アークテリクスらしいスタイリッシュさも融合されています。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回しフード内にアジャスター

ジッパーも簡略的なタイプで、高級さみたいなのは感じないかも…ちゃんとチンガードとウインドフラップ付きなので丁寧に作られていると思います。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し

裏面をチェックしてみると肘回りが立体裁断になっているのがわかります。裏地の素材は胴がフリース、肩から手先にかけてはナイロン素材に切り替わっています。

同素材のフリース、セーターだと引っ掛かる印象をもつかもしれないので、個人的にはシャツなどのアイテムと相性が良いと思います。(あまり着込むとシルエットがきれいに出ません)

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し

裾にはドローコードが装備されています。胴回りは割と細めな感じがしました。

 

フード

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し

風に対応できる製品なのでフードつきを選択しました。割と大きくて裏地もついているので、視界も遮られず安心感があります。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し

フード裏にはアジャスターが装備されていません。

 

ポケット

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し

ハンドポケットが2つ装備されています。隠しジッパーになっているのもこだわりを感じます。少し高めの位置にあるのが気になりました。この位置だとお腹周りの膨らみと合致してシルエットがきれいに出ないことがある気がするんですよね。足は長く見えるかもしれませんが(笑)

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し

ポケットのサイズは控えめで、スマートフォン程度ならという感じです。ソラノジャケットにはインナーポケットがありますが、ソラノフーディーにはありません。

 

袖口

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し

袖口にゴアテックスのプリントが入っています。下半分には伸縮性のある素材が採用されているので、手を通すだけでジャストフィットします。とても楽。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し

裏面のこの作りとか手間がかかってると思うんですよね。

 

裾・腰回り

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し

168cmでSサイズを購入しましたが、リラックスフィットなので余裕があります。街着っぽい適度なダボつきで野暮ったさが出ていません。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し

アジャスターは2個ついているので、素早く、バランスよく調整することが可能。

 

ソラノフーディー(Solano Hoody)サイズ感

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し

すでに書いてしまっていますが、168cmでSサイズを購入しました。袖はちょうどですが、前はもう少し長くても良かったような気がします。

春先なんかにTシャツやシャツと合わせてスリムに着たかったので、Mサイズにはしませんでした。中を重ねたい人はゆとりをもって選んでも良いかもしれませんね。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し

このカラー、白系だと清潔感が出ますし、黒系に合わせるとシックでカッコいいんです!

ブラックを選択しなかったのは、他のウインドストッパーと見分けがつかなそうだからです。良い値段するのでファーストファッションとはさすがに区別したいじゃないですか…でも、もしブラックを買うとしたらMサイズを購入したかもしれないな~。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し

ポケットの位置が高いせいなのか?お腹まわりが膨らんでいるように見えません?いや、まぁ実際出ているんですけど…

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し

横からとか背中回りとかはスッキリ目のデザインです。めちゃくちゃカッコいいから意味もなく部屋で試着しまくっています(笑)

 

ソラノフーディー レイヤリング・コーデ

ソラノフーディーは、薄くて高機能なのでレイヤリングも楽しいです。1枚あると色々できるんですが、基本的には風を止めながらスタイリッシュに着こなすのがおすすめですかね。僕の所有しているアークテリクスのアイテムと組み合わせてみましたので、レイヤリングの参考にしてもらえると嬉しいです。

 

ソラノフーディー+アトムLTフーディー

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ソラノフーディー, Solano Hoody,ブログ,着回し

もはやアークテリクスファンならマストアイテムとまで言える、アトムLTフーディーを重ねました。ソラノフーディー単体では冬場を乗り切れる保温力がないので、アトムLTフーディーを足す形ですね。

組み合わせてはみたもののアトムだけで良いような気がしますね…アトムはソラノフーディーほど防風性が高くないですが、割としっかり風を止めてくれます。アトム目線だとプラス要素が少ないかもしれない。。

▼アトムとプロトンを比較しました

ARC’TERYX(アークテリクス)の「アトムLTフーディー」と「プロトンLTフーディー」はどっちがおすすめ?ちがいを徹底比較

 

ソラノフーディー+カイヤナイトARフーディー

アークテリクス,ARC'TERYX,カイヤナイト,着回し,コーデ,レイヤリング,ソラノフーディー

ソラノフーディー+カイヤナイトは相性バッチリですね。あまり重ねられないソラノフーディーに、しっかりした保温力がプラスされます。風が止まるので意外と耐えられちゃうんですよね。

あまりに寒い日は厳しいですが、着心地がとにかく最高な組み合わせです。

ARC’TERYX(アークテリクス)カイヤナイトARフーディーをレビュー!着心地抜群で使いまわしのきく万能フリース

 

ソラノフーディー+ライトダウン

アークテリクス,ARC'TERYX,カイヤナイト,着回し,コーデ,レイヤリング,ソラノフーディー

風を止めるソラノフーディー+ダウンなら、都会の冬は乗り越えられますね。

この組み合わせを考えているなら、SサイズだとパンパンになっちゃいますのでMにすると思います。(色も黒がいいかな…)

アークテリクス,ARC'TERYX,カイヤナイト,着回し,コーデ,レイヤリング,ソラノフーディー

NANGAのインナーダウンで合わせていますが、裾が出ちゃっていますね。僕は冬場に使う想定はしないで選択したので…着るとしてもダウンベストくらいに留めると思います。

 

ソラノフーディー+フリース

アークテリクス,ARC'TERYX,カイヤナイト,着回し,コーデ,レイヤリング,ソラノフーディー,ノースフェイス,フリース

最強フリースのノースフェイスのアンタークティカのインナーとしてソラノフーディーを使ってみました。ちょっとチグハグなのはわかってる…

アークテリクス,ARC'TERYX,カイヤナイト,着回し,コーデ,レイヤリング,ソラノフーディー,ノースフェイス,フリース

通常シェルは保温力を守るために重ねますが、アンタークティカが暑すぎるので意外と悪くない感じでした(笑)

 

ソラノフーディー(Solano Hoody)のデメリット

  • 保温力は低め
  • 伸縮性は感じない
  • 完全防水ではない

ソラノフーディーは完全防水ではありませんので、強い雨などには対応できません。しかし都会で使うなら傘は持って出ているでしょうし、ハードシェルのような硬い素材は好みじゃないという人にはちょうど良いはず。

単体では強い保温力がないのでレイヤリングに工夫は必要で、個人的にはあまり厚い素材を重ねるとスタイリッシュさが失われるような気がしました。薄手のシャツとかセーターに羽織る形がベストなのかもしれません。あとジッパーは開けて着たほうが断然カッコいい!!(と思う)

 

まとめ:ソラノフーディーは街着に絶妙な使い心地!

アークテリクスと言えば細身シルエットというイメージがありましたが、ソラノフーディーはフィット感がゆったり目です。そういう意味では、ほかのアイテムと被らないですし、雨風に耐えられるタフさがありながら主張しないのも気に入っています。

ソラノフーディーは軽さと着心地の良さ、スタイリッシュさが最高ですね!デニムはもちろん、チノパンにもよく合います。スーツに羽織ってもカッコいいんじゃないですかね。とにかく扱いやすいという印象で、街着にもピッタリなバランス感覚に優れたウエアだと思います!

ぜひ検討時の参考にしてくださいね。

街着におすすめな ARC’TERYX(アークテリクス)のおしゃれアウタートップ8選!

アウトドアショップリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2022 All Rights Reserved.