カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

SONY 「E PZ 18-105mm F4 G OSS」レビュー!おすすめすぎてアクビが出る

 
  2018/01/19
はるか
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

SONYのミラーレスカメラの記事を書こうかな~と思っていましたが、とっても魅力的なレンズを見つけてしまったので先に書きたいと思います。

突発的に書きたくなる症状が出るくらい魅力的なレンズとは、Eマウント(APS-C)「E PZ 18-105mm F4 G OSS」です。

いったいどれほど魅力的なのか?見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

E PZ 18-105mm F4 G OSSってどんなレンズ?

 

SONYのEマウント(APS-C)用のレンズです。Eマウントでは初めて「G」という称号が与えられたレンズで、全域でコントラストと高解像度を実現しています。

Gレンズとは「デザイン」「表現力」「品質」全てに妥協なく設計された物だけに許される称号になります。詳しくは公式の「Gの称号」というページをご覧になってください。

「おら!わくわくすっぞっ」となる事は間違いありませんから(笑)

 

レンズ(SELP18105G)の良いところ

・光学性能に妥協していない(高画質)

・27~157.5mm相当(35mm判換算)の焦点距離に対応

・F4通しで設定がころころ変わらない

・手ぶれ補正搭載

・電動ズームで動画も滑らか

 

レンズの性能が良い

「G」の称号を持つというのは伊達ではなく、ネットでの作例を見ている限りはボケも大きくて、クリアな印象を受けます。さすがに単焦点並と言う事はありませんが、中倍率のズームで一定水準以上の画質をキープしていると考えれば十分に使い勝手の良いレンズだと思います。

露出をマニュアルで決めている人はわかると思いますが「F値固定」というのはかなり有難いです。ズームした際に露出が変わるとあわただしい撮影になるので、せっかくのチャンスを逃しかねないからです。

スポンサーリンク

電動ズームで動画もこなせる

ハンディカムも作っていたSONYなだけに、長年蓄積されたノウハウをここに搭載してきています。

カメラを固定したまま指先でズーム操作が可能なので、ブレが少なくなめらかに撮影することができます。「手ぶれ補正」も搭載されているので、望遠時のブレにも効果的!ズームの速さもコントロールできるので、色々なシュチュエーションで使えそうですよね!

最近ではビデオはもたずに高画質なミラーレスカメラで動画もこなすという人が増えています。データ量が若干心配にはなるものの、大きなセンサーから生み出される画質は後から見返した時の感動が大きくなります。

はるペン
Zeissも良いなぁ

 

レンズ(SELP18105G)の気になるところ

なんでもこなせる万能レンズですが、スキがないわけではありません。

 

・電動ズームなので、瞬時に焦点距離を変えられない

・レンズが大きい

・明るいレンズがセットで必用になる

・広角域と望遠域のレンズが必用

 

SONYのミラーレスは軽量コンパクトなので、このレンズをつけると重心がレンズよりになります。画質や性能とトレードオフでサイズが大型化(427g)しているのは理解できますが「大きいな~」と感じる人は多いのではないでしょうか。

 

おすすめのレンズの組み合わせ

 

開放がF4なので、それよりも明るさをもとめた場合は単焦点レンズが必用になってきます。おすすめはE 50mmF1.8で柔らかいボケと、暗い場所でも撮影できる解放値+手ぶれ補正が魅力のレンズです。

ネコ弟子
ふわっと撮れるにゃ

 

 

もう1本紹介したいのが、広角ズームレンズのE 10-18mmF4というレンズです。僕の友人が使っていますが、広角側で起こりやすい収差などが少なくて良いと毎回会うたびに言っている気がします(笑)

人間の見れる範囲を大きくこえたダイナミックな表現が可能なレンズです。

 

ソニーストア

まとめ

「E PZ 18-105mm F4 G OSS」を軸に機材をそろえれば、写真ライフが実り多い物になる!

なんだかんだ言っても、便利なズームレンズに「画質」がくっついてくるのですから悪いはずがないんですよね。日常的な撮影であればほとんど1本でこなせるでしょうし、後は好みやスタイルに合わせてレンズを追加すればスキは消えるでしょう。

「さぞかし高いんだろう」と思っていたら、実売で5~6万円で売っているのでお買い得です。旅行の時にも大活躍してくれそうなレンズです。

ソニーはズームレンズを作るのが上手なイメージもありますし、とりあえずの1本になっても良いくらい超おすすめのレンズなので、参考にしてみて下さいね。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.