イイネをもらえる!iPhoneの写真が見違えるほど綺麗に撮れる方法

iPhoneの写真が見違えるほど綺麗に撮れる方法

スマホで写真を撮ってすぐに公開。TwitterやFacebookなどのSNSのおかげでスマホで写真を撮る人は激増しました。SNSは簡単な上に、すぐにみんなの反応が見えて魅力的ですよね~。

でも、その写真マンネリ化していませんか?

スポンサーリンク

イイネをもらうコツ

SNSの魅力をさらに高めるにはちょっとしたコツが必要。そのコツとはずばり「綺麗な写真をUPする」です。

綺麗な写真が目を引くというのは皆さん経験上理解されていると思います。良い写真は雰囲気や相手に伝えたい意図が明確になっているので、それだけ反応しやすくなっているんです。イイネがたくさんもらえたら嬉しいですよね?

ちなみに僕はたくさんイイネが欲しいです(笑)

ネコ弟子
イイネ

編集アプリは捨てよ

スマホアプリを使えば編集が可能なので、それを使うだけでかなりの質の向上が見込めます。でも・・・それ・・

面倒くさくないですか?

簡単に写真を上げれるのがSNSの魅力なのに、スマホの小さい画面で編集してUPしているとテンポが悪くなるんですよね。写真って鮮度も大事で、目にした時の感動は次第に薄まるからです

最初は感動してシャッターを切ったはずなのに、スマホで編集している内に何が良かったかわからなくなったり、面倒くさくてUPすらやめてしまうという事もあるかもしれません。

だったら高度な編集技術なんて捨ててしまって、感動をそのままシンプルに伝える方向にシフトした方が良い反応が得られます!よね?って事です。

ウサ子
手間ッス

スマホでの撮り方

スマホの写真のマンネリ化の最大の原因は「目線がいつも同じ」ということです。

スマホで写真を撮る時は両手で操作しませんか?腕を伸ばしてスマホを構え、もう片方の手でシャッター!「ポチ」実はこの一連の動作が目線を固定してしまう原因だったりもします。

✖ 撮りたい物と、自分の目線の真中にスマホがあるという状態です。

構えとしては不安定にならないというメリットがありますが、いつも同じ目線だと見慣れた自分の写真が出来上がります(笑)

それって新鮮味がないからなんです。これに対する処方箋は「視線を変える」です。言い換えるとアングルを変えるになります。

 

一例)

・子供を撮る時は、子供の目線(高さ)で正面から撮る

・観光地では全体を撮るのではなく、残したいものに大胆による

・食事は大胆に真上や真横から撮る(お皿もカットしてOK)

料理のダメパターンを言うと、お皿が丸ごと全部写っている写真です。全体を伝えても見る人の感動を呼びません。上の写真は目線をほぼ真上にして、お皿をカットする大胆な構図で撮っています。

これはほんの一例にすぎませんが、視線を大胆に変えることでいつもと違う新鮮味のある写真になります。ぜひ一度試してくださいね(^^)

スポンサーリンク

1:1の比率で撮る

写真は長方形で記録されます。それをSNSにそのまま上げると肝心な所がカットされちゃってる(汗)なんて記憶ないですか?

実はSNSで劇的に感動を生む比率は1:1の正方形なんです!

▼iPhoneだとここ

正方形はあなどれない力を持っていて、構図がすごく安定します。難しいことを考えなくても、なんとなくアートっぽく撮れてしまうんです。

スマホ撮影の場合は一眼レフのような技術を駆使して撮影ということが出来ません。なので構図などの基本的な技術で勝負するしかないんです。

先に書いた「視線をズラす」も基本的なテクニックなので、同時に活用することができます。

 

まとめ

・いつもの目線をずらした撮影をしてイイネを劇的に増やそう!

イイネを増やそうというのは結果論で、本質は良い写真を撮るという所にあります。難しいテクニックや手法に頼らず、あなたの感動をストレートに表現してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

管理人:はるか 子持ちの♂

FUJIFILMのXマウントが大好物

◆プロフィール詳細

◆僕が使っているカメラとレンズ

Twitter:@harucamera3

Instagram:harucamera33

Facebook:はるかめら