【関西編】砥峰高原・曽爾高原だけじゃない「すすき」の名所!アクセス方法まとめ

秋になったら撮りたい「すすき」

絶対に知っておきたい、関西屈指の名所ばかりをまとめて紹介したいと思います。

「曽爾高原」「砥峰高原」だけじゃない!

すすきの特徴

ちょっと雑学的なことから参りましょう。

もともとすすきは「茅」(かや)と呼ばれており、古くから茅葺き屋根の材料に用いられてきました。そのため集落の近くには必ずといってよい程、すすき草原が存在していたと言います。

屋根の材料だけではなく、家畜のエサとしての利用目的がありました。

しかし現代ではそういった用途が少なくなっており、次第に草原は雑木林へと変わっていきます。

十五夜の月見にはハギとすすきを供える風習が今でも残っています。

はるペン
時代の流れペン

すすきの名所

昔からの名残なのか、読み方が難しい場所が多いです(笑)

すすきは9月下旬から11月上旬が見頃となります。

ネコ弟子
読めないにゃ

曽爾(そに)高原

奈良と三重の県境に位置する曽爾高原。

曽爾村は「日本で最も美しい村」連合に加盟している。

アウトドアやハイキング、温泉などの楽しみが満載!曽爾高原ファームガーデン(すすきの館)では出来立ての地ビールが味わえる。

曽爾村のホームページはコチラ

 

住所:奈良県宇陀郡曽爾村太良路

電話:0745-94-2101(曽爾村役場)

アクセス:名阪国道「針インター」より約45分

駐車場:600円

一度行ったけど思った以上に遠い(笑)夕日に合わせて向かいましたが、ギリギリでなんとか見ることが出来た。

ピーク時は駐車場もかなり混雑が予想されるので、余裕のあるスケジューリングをしましょう。

 

砥峰(とのみね)高原

「ノルウェイの森」のロケ地となったことで、一気に全国区の有名観光地となった砥峰高原。

広大なすすき草原が広がる。天気に恵まれれば時間が経つのを忘れる程の絶景を楽しむことができる。

草原を一周しながら、展望を楽しむコースが3km、およそ1時間半くらいの行程。まだまだ暑い時期に向かう人は、水分の補給をお忘れなく!

 

住所:兵庫県神崎郡神河町川上

電話:0790-34-0001

アクセス:播但連絡自動車道「神崎南」より約20km、30分程

駐車場:500円

生石(おいし)高原

標高870mの生石ヶ峰山頂を中心にすすきが広がる。

山頂へはハイキングコースを歩いてたどり着くことになるので、歩きやすい靴を履いていこう。2時間半~3時間程度歩くことになる。

山頂はほぼ360度開けており、黄金色のすすきを見る事が出来る。

 

住所:和歌山県海草郡紀美野町中田

電話:073-489-3586

アクセス:阪和自動車道「海南東I.C.」から約22km、30分程。

岩湧山

大阪を眼下に見下すことが出来る場所にあり、金剛山や六甲山、晴れていれば淡路島までも見れると言う眺望が自慢。

標高はほぼ900mで、ススキが一面に広がっている。

 

住所:大阪府河内長野市滝畑

アクセス:河内長野駅よりバス。滝畑ダム下車、徒歩約90分

注意点

どこに向かうとしても共通の注意点があります。

それは「渋滞」と「ハイキング」だと言う事。

ピーク時はどこも渋滞が予想されますし、最悪車を止めるのに待たされるという事も十分にありえます。自然が相手ですので、十分な準備をしないと思わぬ事故や怪我に遭遇するかもしれません。

言うまでもないですが、タバコは厳禁!

必ず歩きやすい靴で向かい、日没には冷えこみを予想して1枚上着を持っていくなどの対策をしましょう。

▼小さく折りたためる、僕も愛用のジャケット

まとめ

この世のものとは思えない神秘的な光景に会いに行こう!

 

すすきが群生しているのが、ほとんど標高のある山ばかりでしたね。雄大な自然に合うにはそれなりの苦労が伴うと言う事でしょう。

安全に十分配慮して、絶景を楽しんでくださいね。

良い写真が撮れたら、ぜひ見せて下さい(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。