【FUJIFILM】X-T2で登山!おすすめのレンズ5選

少しでも荷物を軽くしたい「登山」にミラーレスは良い選択だと思う。

日帰りならまだしも、行程が長くなれば重たい機材は負担になるからだ。

感動的な風景を目の前にしても、カメラを向ける体力が残っていないければそこまで・・・

FUJIFILMX-T2ならそんな心配はなく「最高の画質」で記録することができる。

登山で使ってみたいXマウントレンズを5本まで絞ってご紹介!

登山という環境

写真を撮る上で「何を優先するか」は人によって異なる。

そのため選択肢を1つにするということは不可能だし、選択を押し付けることもナンセンスだと思う。それでも一定のラインを引いて、機材を絞り込むことには意味があると思う。

他人の意見を聞いて、自分の判断の精度を上げることができるからだ。

登山という環境においては、以下の3点が考えないといけないポイントとなる。

3つの要素

・利便性

・耐水性

・携帯性

装備が限られる登山では「安全の確保」が最優先になる。食料、衣服はもちろん、泊まりならテントも必要になるかもしれない。

そんな時にレンズを3~4本も持っていくというのは現実的ではない。1本で多くをまかなえるレンズが便利で頼もしく感じる。

ただし1本で多くを賄えるレンズは「大型」であるケースもある。重量が厳しい時には、さらに携帯性を優先させないといけないケースもあるだろう。

また「山の天気は変わりやすい」急な悪天候に機材をやられてしまわないためにも耐水性のあるものをチョイスしよう。ついでに防塵性能も備えているケースがほとんどなので安心だ。

これらのポイントを押さえてレンズを考えていきたい。

はるペン
3つを揃えているのがベスト

Xマウントで使いたいレンズ

・XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

・XF16-55mmF2.8 R LM WR

・XF23mmF2 R WR

・XF35mmF2 R WR

・XF16mmF1.4 R WR

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

FUJIFILMの便利ズームと言えばコレ。1本でどんなシーンでも対応できて、防滴と強力な手ぶれ補正が味方に付いてくれる。星など、夜間の撮影を考えていないなら、三脚も置いていける。

490gと軽いレンズではないけど、1本で全てを賄えるので結果的に装備を軽くすることができる。

XF16-55mmF2.8 R LM WR

 

単焦点レンズ並みの描写で、焦点距離の範囲も広角~中望遠までで使いやすい。手ぶれ補正こそ備えていないが、防滴性能もあり安心。

このレンズが全長の変わらないレンズだったらどれだけ良かったか・・・655gとやや大型なので、人によっては対象外かもしれない。

XF23mmF2 R WR

 

やや広めの画角は、山全体を撮影するのに向いている。

180gの小型軽量なレンズは、必要以上に体力を奪うことがない。お値段も比較的に優しいのが嬉しい。

XF35mmF2 R WR

 

標準的な距離が大好物の人なら、35mmが一択だろう。

単焦点らしい描写と、使いやすい焦点距離で撮影をこなそう。AFも早く安心して使える1本。

XF16mmF1.4 R WR

 

今回の構成の中ではジョーカー的な存在。

広角が3度のメシより好きな人や、星や撮るなら携帯したい1本。超広角の位置でありながら「F1.4という明るさ」「最短撮影距離15cm」という異彩をはなつ。そろそろ欲しい(笑)

ネコ弟子
私なら23mmにゃ

まとめ

登山で頭に入れておくのは3点!自分の中で優先順位を決めてレンズを選択しよう。

登山をするという機会は多くないので「つい頑張ってしまいがち」です。三脚持って、レンズも数本持って、食料に水に上着・・・となれば、たどり着くだけで精一杯になってしまう可能性も。

撮影を楽しむためにも、余裕をもって機材は選択しましょう。僕ならレンズは1~2本に限定すると思います。

登山に便利なカメラグッズはこちらから

登山で使いたい便利なカメラグッズ6選

参考にしてみて下さいね!

ちゃお~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。