カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

「Windows」と「Mac」!ブログや写真編集にはどっちがおすすめ?

 
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

本日は皆さんが一度は挑んだであろう、永遠のテーマについて考えてみたいと思います。そう!パソコンは「WindowsとMacどちらが正義なのか?」についてです。

僕は毎日のように、ブログを書いたり、写真を編集したりするので、そうした目的にどちらが向いているのか?おすすめは誰なのか?を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

パソコンは「Windows」か「Mac」か?

そもそもなんで僕がこんな記事を書いているかと言うと、パソコンが絶不調に陥り「何かのタイミングで勝手に再起動する」日々が続いているからです。

何かを調べている時に落ちるくらいは良いのですが、記事を書いている時に再起動がかかると「もういいや」ってなりかねません。それでも気持ちを前に向けて書くわけですが、1日に2~3回起きるとさすがに心が折れます(涙)

そこで「新しいパソコンに買い替えよう!」と思い立ち、事前にこんなアンケートをとりました

はるペン
ご協力いただいた皆さんありがとうございました!

 

TwitterではMacを推す声が大半!

僕の気持ちがややMacに寄っていたのを知ってか知らずか、Twitterでの回答は「MacBookProがおすすめが44%」にものぼりました。「iMacがおすすめの11%」を合計すると半数以上がMac信者ということになります。

Windowsを推す声は30%に留まり、個人的には「もう少し高くなるかな?」と予想していただけに意外な結果でした。

 

WindowsとMacのシェア率

ここで日本市場における、両者のシェア率を見てみましょう。

参考:statcounter

  • Windows:74.91%
  • Mac OS  :20.24%

Windowsが圧倒的に多いわけです。おそらくパソコンを使ったことのある人の中で、「Mac OSに触れたことがない」って人はいても、「Windowsに触れたことがない」という人はほぼ皆無でしょう。

それなのに、なぜMacを推す声が多いのか?おそらくWindowsマシンをたくさん使っているであろう企業と、ブロガーという人種とが決定的に違うからだと思います。

はるペン
堅実的な企業と、革新的なブロガーという感じかな?

 

Windowsのメリットや特徴

Windowsの特徴
  • 複数のパソコンメーカーから選べる
  • カスタマイズ性が高い
  • 関連商品やソフトが豊富
  • デザインが豊富
  • シェア率が高く慣れている
  • コストパフォーマンスが良い

 

個人的に思うのは「10万円以下でパソコンを探しているならWindows一択」ということです。Mac製品の中にも10万円以下で買えるパソコンはありますが、性能的にWindowsのパソコンのほうがコスパが良い可能性が高いからです。⇒10万円で買えるおすすめのパソコン

また、「写真編集用におすすめのBTOパソコンメーカーは?」という記事でも紹介しているように、複数のショップがあるので好みのパーツ構成と予算からパソコンを選ぶことができます。

タワー型ともよばれるデスクトップパソコンなら、性能に物足りなさを感じてからパーツを交換・追加することが可能です。

ずっとWindowsのパソコンを使ってきた人なら、悩むことなく使えるOSも安心感があるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

Windows派の意見

▼わかる(笑)

 

▼なんてタイムリー!いきなり使うのは難しい人もいるようです・・・僕もあぶない!

 

▼自由度の高さで言うとWindows!僕も自作PCを使っているので、メンテも楽です。

 

Windowsはこんな人におすすめ!

・自分でカスタマイズ(BTO)を楽しみたい人

・高性能なパソコンを安く買いたい人

・Windowsから離れられる気がしない人

・Mac製品を買ったけど断念した人

・最新ゲームを遊びたい人

ネコ弟子
使い慣れてるは最大の武器にゃ

 

Macのメリットや特徴

Macの特徴
  • Apple社のみ
  • カスタマイズの自由度が低い
  • Windowsで購入したソフトが使えない可能性も!
  • Boot Campで「Windows」も使える
  • 統一感のあるデザイン
  • カラーマネジメントが優秀
  • リセールバリューが高い

 

MacはApple社が販売しているだけです。デザインは恐ろしいほど洗練されているので、所有欲を極限まで満たしてくれます。それは五感の隅々まで行きわたり、クリエイターなら創造性をかきたてられるでしょう。

この1点だけでも買うに値するくらい魅力があると思っています。

また、新旧で大きなデザイン変更は少ないので、多少古いモデルでもまったく問題ありません。むしろカッコイイです。

ただし「売り切りゴメン!」的な部分があって、後からカスタマイズすることは困難です。個人的にMac製品は20万円前後のモデルがコスパが良いように感じます。「Macでおすすめのパソコン!」で厳選して紹介しているので参考にしてみて下さい。

 

Mac派の意見

▼アップデートで初期化とか怖すぎます!使い勝手が良いのはMacだそうです。

 

▼めっちゃ参考になる!Apple製品はさいつよだそうです。

 

▼元々自作PCでWindows派だったのに、Macしか考えられなくなるなんて・・・たしかに必要な作業ってMacで完結する気がします。

はるペン
Mac使いの熱量も並々ならぬものを感じました

 

Macはこんな人におすすめ!

・Mac製品に恋に落ちたという人

・買ってもいないのにずっとMacのことを考えている人

・Mac製品を使ったことがある人

・パソコンで五感が悦ぶ体験をしたい人

・予算に余裕のある人

・アップルストアが近くにある人

プロボ
使っているだけで幸せになれるPCデス

 

関連記事

 

まとめ

きれいにまとめてもらいました(笑)カメラも目的に合わせてレンズを交換するように、パソコンもその時々で使い分けが大切ということですね。

僕はメインで自作PCがありますので、サブ機でMacのノートパソコンを使ってみたいと思っています。MacBook Proがあれば、メイン機が完全に壊れても入れ替えができそうですしね。でも一体型のiMacも素敵なんですよね・・・あぁ悩みが深い。

最終的にまとめるとこんな感じです。

・「カスタマイズ性」「コスパ」「慣れ」で選ぶならWindows!

・「デザイン」「デザイン」「デザイン」で選ぶならMac!

 

写真編集やブログなら、どちらを選択しても問題なくこなすことができます。ゲームに関しては、現状Windowsが有利だと思っています。

悩み過ぎて答えが出ないならMacを買ってみて、気に入らなければ売るというのも手だと思います。Macはリセールバリューが高いので、きっと損失を最小限に減らせるはずです。買ってみないとわからないし、好奇心や物欲はやむことはないでしょうからね(笑)

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.