カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

FUJIFILM 「X100F」は一眼レフのかわりになるのか?

 
  2017/12/04
はるか
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか

はるか・子持ちの♂

『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』

詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

富士フイルムのカメラに「X100F」というものがあります。

高級なコンパクトカメラの部類にはいるのですが、一眼レフなどに搭載されている大型のイメージセンサーを搭載し、写りは熟練者でも納得の美しさです。

そこで今回は「X100シリーズがあれば、一眼レフはいらないのじゃないの?」という疑問にトライしてみたいと思います。

スポンサーリンク

X100Fってどんなカメラ?

 

 

APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載しているので、画質に関しては一眼レフと同等ということができます。

小型であることを有効に使うことができれば、思わぬところで奇跡の一枚を撮影することができるかもしれません。

クラシックなデザインが特徴的で、ボディの質感も良く、レンズも高性能、光学と電子式の両方を兼ねそろえたハイブリッドファインダーなど魅力的な機能を備えています。

X100Fの詳細は他の記事でも書いていますので参考にしてみてください。

 

・FUJIFILM X100Fのレビュー

 

一眼レフの代わりになる人

それではここから実際に「一眼レフの代わりに使える人と、そうでない人」を考えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

レンズ交換が少ない人

レンズ交換をそれほどしない人であれば「X100F」はとても良い相棒になります。

キットレンズの画質では満足できない、だから単焦点レンズしか使わないよ?というような人は思いきってしまっても後悔はしないでしょう。

28mm,35mm,50mmあたりのレンズを使っている人でも集約してしまうことで「目移りしない」効果も得られます。現時点でできることを最大限に考えないといけない環境は、じっくりと被写体と向き合う必要があるので、かえって「作品の質を高める」可能性があります。

 

軽さを求める人

一眼レフやミラーレスカメラであっても「重い」という人は少なからずいらっしゃると思います。

 

X100Fは画質を損なうことなく、軽快さを与えてくれます。

 

持ち出してなんぼ、撮影してなんぼ、の世界ですから「フットワークこそ最大の武器」と考える人にとっても魅力的な1台であると思います。

ただし軽さだけを追求した場合には、他のカメラに軍配があがる可能性もあります。プラス何か?を吟味した上で検討する必要がありそうです。

日常の記錄がメインの人

旅行やスナップ、子供などの「生活に近い場所」に最適です。むしろX100Fのデザインや性能を考えた場合は、身近に置いておきたい存在になるでしょう。

気楽に持ち出しながら、撮影をしていけばお気に入りの毎日を記錄することができます。

 

一眼レフの代わりのにならない人

ここからは代わりにならない人=向いていない人を考えていきたいと思います。

レスポンスにこだわる人

富士フイルムのミラーレスカメラのフラッグシップと同等の性能を備えていますので、ほとんどの撮影シーンはカバーできます。ある程度は「動きの速いもの」にも対応できます。

動いている子どもの撮影やなんかは楽勝でこなせます。

それでもトップクラスの一眼レフの性能には及ばないかなというのが正直な印象です。激しいスポーツや動きの速い乗り物などをメインターゲットに考えている人には向きません。

レンズ交換を楽しみたい人

X100Fはレンズ固定式のカメラなので、当然ながらレンズ交換ができません。特に望遠側には配慮や対策がなく、トリミングくらいしかできません。

あれこれとレンズを悩むのも写真の楽しみの1つでもあるので、それを味わいたい人には向いていないです。

ファインダーの見え方にこだわりがある人

先に断っておくと、X100Fのファインダーは、カメラ界でも唯一無二の存在なので魅力はとんでもなくあります。電子式と光学式の良いところを総取りしたファインダーをのぞいているだけでも優越感に浸ることができます。

これは同じようなファインダーを搭載した、X-Pro1を使っていた時に感じていたことですが「どっちつかず感」がありました。

もちろん好みの問題ですが、光学式としてはファインダーは大きくありませんし、使うレンズによってケラれが発生します。お世辞にも「見やすい」とは言えなかったので、なんとなく構図を決めにくく、電子式で使うことが多かった気がします。

関連記事

・FUJIFILM X-T2を徹底レビュー

・FUJIFILM X-T20を徹底レビュー

・FUJIFILMの神レンズ【まとめ】

・FIJIFILMのX-Pro2で使いたいレンズTOP5

・FUJIFILM X100Fのレビュー

・X100シリーズにおすすめのアクセサリー

X100シリーズの性能のちがいを比較

・FUJIFILM X70のレビュー

 

まとめ

X100シリーズは一眼レフの代わりに・・・・「人によっては」なる!

人によってはといえば、パっとしない感じですが、日常的なほとんどのシーンを撮影できるという意味では多くの人に勧められるカメラだと思います。

逆にできないことがはっきりしているカメラでもあるので、「当てはまらない」と感じた場合は避けた方が無難だと思います。

その辺を差し置いても「身近におきたい」と思えるような訴求力があるカメラであることは間違いないですし、使ってみたいと感じてしまったら、使うしか払拭する手段がありませんからね(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか

はるか・子持ちの♂

『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』

詳しいプロフィールはこちら



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.