カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

最強ママカメラはFUJIFILMの「X70」だと思う件【育児中でも負担無し】

 
  2017/12/05
はるか
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか

はるか・子持ちの♂

『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』

詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

少し前ですが「ママにおすすめのカメラを選んでみる」という記事を書きました。

この記事、実は嫁さんにカメラをすすめるつもりで書いたんですね。だからママが使いやすいという点でぬかりはないはずなんです。

 

結果的にCANONの8000Dというカメラを購入しました。

 

でもここ最近つかっている様子がない・・・家でも外でも持ち出すのはもっぱら富士フイルムのX70というコンパクトカメラです。

そこで「はっ!」と気づいてしまいました。「FUJIFILMのX70がママカメラ最強」なんだと。

今回はそんなことを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

FUJIFILMのX70がママカメラ最強な理由

結論から言うと育児中の嫁が「絶賛使用中だから」これにつきるんですが、その理由を細かく見ていきたいと思います。

X70ってどんなカメラ?

 

 

「X70のなにがすごい?」って、コンパクトなボディに一眼レフと同等の大型(APS-C)センサーを搭載しているところです。

なので、コンデジとは思えないほどきれいな写真が撮れます。一眼レフが、たった340gのボディになっちゃったカメラと言えばわかりやすいでしょうか?

高速なAF,タッチパネル液晶、Wi-Fi搭載などの基本性能も高く、高品質なレンズから生み出される写真はクリアです。

別の記事でレビューしていますので、詳細はそちらを参考にしてみて下さい。

 

・FUJIFILM X70 レビュー

 

一眼レフ画質が、片手操作可能!コンパクト!

X70のボディは本当にコンパクトです。

コンデジサイズなので「撮りたい」と思った瞬間に、カバンからさっと取りだして撮影をすることができます。

AFも早いので、狙った瞬間を逃さないというのも強みです。このレスポンスの良さが最大の特徴だと思います。

 

「なにかと荷物が増えがちなママはスマホで撮影」これはレスポンス性や携帯性をこれまでのカメラが犠牲にしてきたからだと思います。

「きれいな写真はほしいけど、一眼レフは荷物になるから・・・」と敬遠していた人も多いでしょう。

 

X70は一眼レフがコンデジサイズになっているので、画質が良いことはもちろん、携帯性も良く、これまでのように何かを我慢する必要のないカメラだと思います。

難しいことをする必要もなく、片手でシャッターをきれば、大型のセンサーと高性能なレンズがきれいな写真を撮ってくれます。

その気軽さも武器になります!

スポンサーリンク

タッチパネル液晶がいい感じ

X70の液晶は可動式のタッチパネル液晶です。

ピントを合わせたい場所を指定したり、写真のように液晶を自分のほうに向けて自撮りをしたりできます。

 

広角レンズ搭載なので、大好きな子供と顔をくっつけて自撮りが楽しめます。

お気に入りのカフェで、旅先やテーマパークで、学校や保育園の行事で、お家のパーティーで、一緒に写真に入れます。

撮影者に専念したから自分の写真がない・・なんてサミシイ思いをすることはもうありません!

ネックになるのは価格?

これまで良いことばかりを書いてきた、X70ですがネックなのはお値段も一眼レフなみだということ。

性能が良いのでこればかりは仕方のないことですが、エントリー一眼レフと同等か、少し高いくらいのお値段で推移しています。

使い勝手は手軽ですが、お値段が手軽か?というとそんなこともありませんでした・・・僕は運よく、程度の良い中古品を発見できたので購入しました。

関連記事

 

まとめ

スマホからのステップアップにX70は最適!ママの強い味方だ!!

子どもがいると世話におわれて写真どころではない!というのはよくわかります。

子供を抱っこしながら、一緒に遊びながら、ごはんを上げながら、一眼レフをブラブラと首から下げるというのは現実的ではないですよね。

これまでだと「きれいな写真=一眼レフ」でしたが、コンパクトなカメラも性能が上がってきています。そんな時代ではないんですね(笑)

最高の笑顔をむけてくれた瞬間に、X70が手元にあればきれいに残すことができます。また手元に置いておきやすいカメラでもあります。

あなたの思い出の一枚に少しでもこの記事が役立てばうれしいです。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか

はるか・子持ちの♂

『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』

詳しいプロフィールはこちら



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.