初心者必見!EOS Kissなら「X8i」がおすすめな理由をわかりやすく解説

こんにちは、はるかです。

今回のテーマは「EOS Kiss なら絶対にX8iがおすすめ」というテーマで書いていきたいと思います。

愛する我が子の成長を見守る、パパさん、ママさんを応援したいので「詳しく」「丁寧に」をこころがけて解説していきます!

スポンサーリンク

子育てにはカメラがあった方が良い?

子育てを現在進行形でされている、パパさんママさんならわかるかと思いますが、こどもの成長は早いです。

ついこの前まで歩くこともままならなかったのに、今では元気いっぱい公園を走り回っている。教えてもいないのに「ドラえもん」の絵がかけるようになっている。など、オドロキの連続です。

「よくできたね~」と褒めてあげれば、とびきりの笑顔を見せてくれる、そんな幸せな時間でもあります。

心理学的に言うと、3歳頃までたくさん褒めてあげることは良いことだそうです。「自分は愛されている」「価値がある人間だ」という自尊心が育ち、ココロが折れにくい子供になるそうです。

横道にそれてしまいましたが「子育て」は幸せな時間であるとともに「一瞬」でもあります。その一瞬を残せるのがカメラであり、写真です。

僕は写真が好きなので、子供をたくさん撮っています。ちびまるこちゃんに登場する、たまちゃんのパパのごとく、うっとうしがられても写真を撮り続けたいと思います(笑)

実は最近子供が「写真を見せて~」とせがんでくるようになりました。子供は自分大好きなので、たくさんある写真を見るのがとても楽しみなようです。

僕が写真を好きでよかったと思う瞬間でもあり、子育てにカメラがあったほうが良いなと思う瞬間でもあります。

EOS Kiss X8iがなぜおすすめなのか?

 

難しいカメラ用語を並べても仕方がないので、僕が「X8i」のここが良いなというポイントを上げていきたいと思います。後ほどじっくり解説もしていきますので、ざっと一通り見てみて下さい。

EOS Kiss X8iのここが良い!
・2420万画素できれいに写せる

・オートフォーカスが早くて正確

・シャッターを押すだけで簡単にきれいに撮れる

・暗いシーンに強い

・液晶のアングルが変更可能

・動画も撮れる

・Wi-Fi 機能が便利

・CANONのカメラなのでレンズが豊富

では1つずつ解説していきましょう。

スポンサーリンク

2420万画素できれいに写せる

正直に言うと1600万画素クラスでも十分にきれいな写真は撮れます。A3くらいのプリントなら、違いはみくらべてもわかりません。なのでよくあるプリントサイズやはがきサイズなら心配無用。

ただ「余計なものが写りこんでしまった」「メインで写っているものを拡大したい」と思った時には少し物足りないことがあります。これをトリミングと呼ぶのですが、2400万画素もあれば十分耐えられます。

オートフォーカスが早くて正確

入門機のAF機能というのは、必ずしも強力でない場合が多いです。EOS Kiss X8iなら「オールクロス19点」なので、動きの多い子供さんをしっかりとらえることができます。

簡単に言うと、カメラ内のAFを担当する人がいたとします。これまでは1人でピント合わせしていたものを、19人でするようなものです。正確で早いのはうなずけますよね。

シャッターを押すだけで簡単にきれいに撮れる

EOS Kiss X8iには「誰でも簡単に撮影ができる」機能が搭載されています。カメラがシーンを自動的に理解する「シーンインテリジェントオート」を使えば、後はシャッターを押すだけ!

他にも「風景」「ポートレート」「キッズ(SCN内)」など、撮りたいシーンに合わせてダイヤルを回すだけで、設定の変更は完了します。

1アクションで簡単に写真が撮れる、素敵なカメラです。

暗いシーンに強い

暗い時にシャッタースピードが遅くなってしまうと、ブレが発生します。そのブレを抑えるために「ISO(いそ)感度を上げる」必用があります。

ISO感度は光への敏感度で、数値を上げることにより光をたくさん取り込むことができ、シャッタスピードが上がります。結果的にブレの少ない写真が撮れるということです。

デメリットは粒子状のノイズが出てしまうことですが、常用感度範囲内なら問題ありません。EOS Kiss X8iなら、最高でISO12800まで対応しています。一般的な入門機の、2倍程度の実力です。

液晶のアングルが変更可能

いつもの自分の目線から写真を撮るとありきたいな写真になってしまいます。お子さんの動きをダイナミックに表現するために、下からあおったようなアングルで撮影するのは効果的です。

その時に液晶固定式のカメラでは、自分で想像して撮らないといけないため構図を外すことがあります。EOS Kiss X8iは自由な位置へ液晶を持っていけるため液晶を見ながら構図を決めることが出来ます。

ちなみにタッチパネルにも対応しているため、ピント合わせを指でするなどスマホライクな操作も可能です。

動画も撮れる

子供さんの発表会の時に、写真と動画を1台でこなすことがでます。一眼レフならではの「ボケ」が動画でも表現できるので、後からの楽しみも大きくなります。

手でズームするとカメラがブレてしまいますが、パワーズームアダプターというオプションが用意されているので気になる人はチェックしてみて下さい。

Wi-Fi 機能が便利

個人的に、有ると無いでは「写真の楽しさ」に大きな違いがあると思っています。

撮った写真をその場ですぐにスマホに転送できるので、SNSやブログ、おじいちゃんおばあちゃんにすぐに送ることができます。仕事中のパパさんへの応援メッセージ替わりに、お子さんの写真を送ったりできます。

「パパ頑張っちゃうよ~」となるのは間違いなし!(体験談)と言うか、送ってください(笑)

はるペン
我が子のために頑張るぞ

CANONのカメラなのでレンズが豊富

カメラに少し慣れたころに、他のレンズが欲しくなってきます。CANONは日本のカメラ業界を支えるメーカーさんなので、レンズが非常に豊富です。きっと欲しいレンズが見つかるでしょう。

▼こんな記事も書いていますので参考にしてみて下さい。

EOS Kissで使ってみたい!3万円以下のレンズまとめ

今回紹介した機材

 

カメラ購入時に必要なものは?初心者にありがちな忘れ物

X7やX9などが気になるけど違いがわからないという人は

初心者はEOS KISS?X7やX7i、X9との性能の違いや選び方は?

まとめ

EOS Kiss X8iは上位機種に匹敵する性能でありながら、お手頃!お子さんの成長を一緒に見守る相棒としておすすめ!

ひと昔前では考えられないくらい、入門モデルの性能が上がってきていると感じました。基本的な性能の高さだけでなく「フリーアングルな液晶」「Wi-Fi」機能など便利な機能も満載すぎて・・・もはや欲しい(笑)

ちなみに設定をこまめに変更したい人は上位機種をおすすめします。

写真は未来の自分に届けるプレゼント。お子さんにもきっと、パパママの思いが通じると思います。たくさん写真を撮って、育児を楽しみましょう~!

参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

管理人:はるか 子持ちの♂

FUJIFILMのXマウントが大好物

◆プロフィール詳細

◆僕が使っているカメラとレンズ

Twitter:@harucamera3

Instagram:harucamera33

Facebook:はるかめら