【富士フイルム】ミラーレス「X-E3」のカタログをゲット!どんな人におすすめか読み解いてみる

xe3

富士フイルムX-E3が発表になりましたね。

そうなると自然と足が向くのが、家電量販店というひとも少なくないのでは?

僕もそんな一人で、さっそくカタログをゲットしてきました。

そのカタログを読み解きながら「どんな人が使うと幸せになれるか」を読み解いて行きたいと思います。

スポンサーリンク

X-E3の基本情報

 画素数2430万画素
 連写14コマ/秒
 SS 1/32000~900 秒
ISO 200~12800
 ボディ手ぶれ補正
ファインダー倍率0.62倍
 動画性能4K(30fps)
 サイズ 121.3×73.9×42.7 mm
 重量 287g

「軽くなる」とはウワサで耳にしていましたが、前モデルX-E2の300gを切ってきました。

現時点で発売されているモデルの良い所どりをしたようなカメラになっていると感じます。

性能や画質面は上位機種に匹敵し、コンパクト感はAシリーズなどに近づきました。かと言って質感も落とすことなく高品質。

価格も思っていたより安く、予約時点で12万円を切ってきています。半年~1年もすると10万円を切ってくる可能性もありそうです。キャッシュバックなんかにも期待しちゃいますね~。

あと地味にSSスピードの下限が伸びている!

X-T2やPro2を使っている人にもファームアップできっと対応してくれるでしょう!

はるペン
願いをこめて

X-E3のデザインは?

前モデルがお弁当箱のような四角いモデルだったのに対し、曲線を上部に取り入れています。「オールドチックだけど、モダン?」なんかそんな感じです。

内臓フラッシュは非搭載となって、背面のメニューキーも排除されています。フォーカスレバーと、タッチパネルをで対応していく必要があります。

フォーカスレバーはクリック感や耐久性にやや不安を感じますが、おそらく大丈夫という判断なんでしょうね。

残念ながら液晶はチルト式ではありませんでした・・・

タッチパネルの新機能

フリック:Fn呼び出し(上下左右)

ダブルタップ⇒拡大

タップ⇒AFエリア選択

ドラッグ⇒ズーム移動

ピンチイン・アウト⇒拡大縮小(再生時)

スワイプ⇒画像送り(再生時)

ファインダーのすぐ下にあるモニターで操作するのがどれだけ快適かはわかりませんが、慣れると比較的簡単に操作できるようです。

頬にあたって誤操作しないか?が心配です。

あとは電源を入れっぱなしにして歩いていると、お腹にあたってシャッターが切れるなんてことも・・・ないかな?それもある意味新しいか(笑)

ネコ弟子
腹シャッターにゃ

ちなみにEVF使用時にはタッチパネルの有効範囲を変更できます。前面もしくは、左右どちらかを有効(無効)に出来ます。

スマートホンライクな操作感は、これからもどんどん増えていきそうですね。

スポンサーリンク

誰に向けてのカメラなのか?

カタログを読んでいてちょっとわからないのが「誰に向けてのカメラ?」と言う事。

おそらく前モデルのX-E2愛好家の方は気になると思いますが、割と硬派なモデルだったのでライト層向けのカスタマイズがどう受け入れられるか気になります。

もとX-E2ユーザーからすると「この変更は無し」という意見も。

確かにこれまでのEシリーズに関しては、上位モデルを使っているような満足感がありました。が、新モデルはやや下方修正のような印象でちょっと残念感があります。(個人の感想です)

性能は上位モデル

外観はエントリーモデル

「頭脳は大人、見た目は子ども」の名探偵〇〇〇のような印象を抱いたのはきっと僕だけじゃないはず・・・だよね?

もちろん価値のあるカメラだと思いますし、機会があれば(買って)使いたいとも思っています。なんせFUJIFILM愛が止まりませんから(笑)

▼こんな写真が初日から撮れちゃいます

こんな人は買って後悔無し!

・エントリーモデルからの脱却をしたい人

・Pro2気になるけど、もっとライトに使いたいという人

・撮ることをライフスタイルで考えているハイセンスな人

 

Pro2をずっと追いかけているけど予算が合わない。どうせEVFしか使わない。でもレンジファインダータイプが好きやねん!と言う人なら迷わずいっときましょう。

また、どんな作品を撮るかよりも「どんな風に写真を撮るか?」の撮影スタイルに重視を置いているハイセンスな人にもおすすめできます。

エントリー層にはおすすめ出来ない

エントリー層や、はじめてカメラを買うという人にはおすすめしません。その理由はコストパフォーマンスで優っているモデルがあるから。

現時点で選択しないといけない状況であれば、僕はX-T20を迷いなく選択します。

同じ金額を出せば、写りに定評のあるレンズも一緒に付いてきます。

もちろん「デザインがすごく気に入った!」など意思が固いなら止める理由もありませんけど・・・

 

使いたい・おすすめレンズ

レンズの話が出たので、X-E3で使いたいレンズをさらっと上げていきたいと思います。

高性能・軽量ボディなので、そのポテンシャルは最大限に活かして欲しいと思いますので選択したのは以下の3本!!

性能は申し分なく、スナップとして相性の良いレンズをトップにもってきました。詳しい解説はリンク先にあるので読んでみて下さい。

第2位は神レンズの「35mmF1.4」です。これを候補に入れない人はほとんどいないのでは??じっくり撮影するスタイルに向いているレンズです。

第3位は個人的に今最もほしいレンズ(笑)広い・寄れる・便利と3拍子そろったレンズ。広めの標準域までカバーするので1本で色々なものが撮影できます。

 

▼他にもレンズの記事を書いています

・FUJIFILMのレンズを「1本」選ぶなら

・FUJIFILMのレンズを「2本」選ぶなら

・FUJIFILMで最高の3本の組み合わせ

FUJIFILM のX-E3で使いたい!おすすめのレンズ6選

ミラーレスなら富士フイルム!人気の理由をレンズから解説【神レンズまとめ】

まとめ

性能は必要十分!撮影スタイル重視の人におすすめのカメラ

従来ファンからのウケは五分五分かな?といった印象。さらに価格面・性能面では他の選択肢もあることがユーザーの悩みのタネになりそう。(嬉しい悩みだけど)

入門機Aシリーズからのステップアップを狙っている人や、すでにレンズを数本所持しているような人には歓迎されそうだ。

このスタイルのカメラはなぜか虜にされる魅力を秘めているので、ここで書いたことが一概に当てはまるともかぎりません。建前の情報をあっさりとくつがえす破壊力をもっているので、ぜひとも実機を触って検討されてみて下さい。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

“【富士フイルム】ミラーレス「X-E3」のカタログをゲット!どんな人におすすめか読み解いてみる” への2件のフィードバック

  1. とら より:

    シャッター下限春の大型ファームアップデートで15分でシャッターきれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。