【富士フイルム】望遠レンズをXF55-200から「XF-50-140 F2.8」に買い替えるか真剣に悩んでみる

はるかめらでは、これまで多くの富士フイルム関連の記事を書いて来ました。

富士フイルムのミラーレスカメラ「画質」と「軽量さ」のバランスがとても良いので、ファン目線で大量に書いてしまったからです(照)

しかしながら、ついに「禁忌を侵す時がやってきた」ようです!

スポンサーリンク

 

望遠レンズを買いかえたい!

僕が使っている望遠レンズはXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISというレンズです。

ありきたりなレンズという訳ではなく、画質もクリアで非常に気に入っているレンズでした。お花や紅葉、離れた被写体ならほとんど撮影するにあたり不満はありません。

マクロエクステンションチューブとの相性も良く、マクロ的な撮影でも頑張ってもらったレンズです。レビューもしていますので、詳細が気になる方はチェックしてみて下さい。

FUJIFILM XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISレビュー

XF50-140F2.8に買い替えて幸せになりました

XF55-200の不満点

XF55-200は、普通に撮影する分には大きな不満はないレンズです。ただ使っていくうちにスキが見え隠れしてきました。僕が思うここがイマイチという点を挙げてみると。

・大きくて重たい

・F値が固定じゃないので設定が変わる

・一定ラインを超えると使い勝手が落ちる

ネコ弟子
どいうこと?

ミラーレスにしては大きいレンズだった

色ノリも良くて、シャープ、決して大きな不満はないレンズですが「ミラーレスにしては大きいレンズ」だという事は否めません。

重量580gは軽量な単焦点に慣れてきた身としては負担。持ち出す時には、多少の気合いを入れないといけませんでした。

「常用するレンズではないのに、カバンを圧迫する」これが毎回のように気になってきた今日この頃・・・

F値が変化する

当然と言えば当然ですが、ズームをするとF値が変化します。

ボケをいかした撮影をしたい場合にズームすることが多いのですが、テレ端ではF4.8になるので暗いです。

手ぶれしないように1/200~1/300のシャッタースピードにしたくても、少し暗くなると厳しいことがありました。

手ぶれ補正もついていますが、雑に撮っているからかブレブレの写真が・・・これが「一定ラインを超えると厳しい」と思う理由だったりします。

スポンサーリンク

 

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRなら不満を埋められる!

 

レンズを買いかえれば幸せになれるか?これが今回のテーマですが、その前にレンズの特徴を見てみましょう。

・さらに大きくて重たい

・F2.8通し

・世界最高峰の手ぶれ補正搭載

性能の詳細はレビューを読んでもらえたらと思います。

・FUJIFILM XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR レビュー

さらに大きいのに大丈夫か?

サイズは1kgを切りますが「手持ちの限界」と言ってもよいです。軽いミラーレスを選択したのに、あえてまた重たいレンズをかつごう・・・なんてドエム。。

55-200の時でさえ重たいと不満を漏らしていた人間に不釣り合いなレンズと思うかもしれませんが、結局持ち出す時に「ヨイショ」と気合が必要なら大して変わりないだろうという判断です。

結局買いかえると幸せになれるのか?

この写真はXF55-200で撮影しました。画質に大きな不満はなく、実は結構気に入っています。

しかし、父親の「オトコなら頂点を目指せ」という言葉が頭の中で反響しながら聞こえてきたんです。

 

まぁ・・言われた事ないんですけどね(笑)

 

画質面の向上に期待が出来るのは当然として、おそらく性能面で不満に思っていた部分は解消されるはず!となると、後は倍の値段にどうやって迫っていくか??

単焦点レンズが数本入っているような、この超高級ズームレンズ。決してお安くはない・・・いやむしろ高い!

子供が大きくなる前に「最後のチャンス」だと思って、清水の舞台から(500回くらい)飛び降りてみようかな~なんて思う日々なのです。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。