(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

富士フイルム XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRレビュー!取り回しの良さが光る望遠ズームレンズ

WRITER
 
XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

FUJIFILM XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRを購入したのでレビューします。

35mm判換算で107-457mm相当をカバーし、手ブレ補正機構や防塵防滴を備えた本格的な望遠レンズです。質感も良いですし、近接撮影にも強いため、風景、スナップ、野鳥、ポートレート、ネイチャーなど、様々なシーンで活躍できるレンズになっています。

作例をまじえながら感想を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

FUJIFILM XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR レビュー

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRは「ちょうど良さ」が詰まったレンズだと思います。

同社からはすでに何本か望遠ズームレンズが登場していますが、XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISだと少し距離が足りない、XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRは高画質だけど何より重たい・・ということで、その間を埋めるようなキャラクターの本レンズの登場を待ちわびた人も多いのではないでしょうか?

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,開封,

もちろん僕自身もそんな一人なのですが、手ブレ補正機構だけでなく、防塵防滴をつけてくれたのがちょっと意外だったので嬉しい。テレコン(XF1.4X TC WR/XF2X TC WR)にも対応しているので、サイズ感を犠牲にすることもなく焦点距離をさらに伸ばすことも可能です。

レンズ名から読み取れるように、リニアモーター(LM)仕様になっているのでAFにも期待がもてそう。つまりほぼ全方向に対応できる望遠ズームレンズ!というのは案外言い過ぎでもないでしょう(笑)

 

You Tube動画

You Tubeでも解説しているので、良ければご覧ください。

 

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR 開封・外観写真

あっとおどろく軽さ

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,

手にとった印象は「予想以上に軽い」ということ。

風貌はXF18-135mmやXF55-200mmのようなイメージでしょうか?今回、XF55-200mmからの入れ替えというユーザーも多そうですが違和感を感じることなく、すんなりと使えると思います。

望遠ズームレンズなので、サイズが大きくなってしまうのは仕方がありませんが、スペックを考えると十分にコンパクトだと感じました。このサイズで450mmの焦点距離をカバーするのは感動すら覚えます。

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,フード

X-T4とのバランスは抜群!数時間持ち歩きましたが、望遠ズームレンズを持ち歩いていることを忘れさせる軽さです。

 

フルサイズ換算で107-457mmの焦点距離をカバー!

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,

フルサイズ換算で107-457mmをカバーするので、望遠域が強いのは言うまでもありません。テレコンを使えば900mmの焦点距離をカバーするとか・・夢があります。

最大系は75mmで、ワイド端が132.5mm、テレ端でも205.5mm程度の長さに収まっているので、バッグの容量を圧迫しないのも利点でしょうか。

これまで「望遠レンズは大きくて扱いづらい」という理由で敬遠しがちでしたが、このサイズ感で長い焦点距離をカバーしてくれるなら積極的に持ち出したいとさえ思えます。

 

手振れ補正は期待を裏切らない

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRは、最大で5.5段分の手ブレ補正を得られるとのこと。ファインダー越しでもしっかりと効果を感じられるレベルで、これまでのレンズ通り期待を裏切らないレベルだと思います。

手ブレ補正がしっかり効いてくれることで三脚を必要としないシーンも増えますし、荷物を減らすという恩恵は大きいです。かなりのスローシャッターにも耐えられますし、望遠レンズを使った表現を手軽に楽しめるのはありがたいです。

富士フィルム,X-S10,開封,購入,ブログ,感想

富士フイルムでボディ内手ブレ補正機構を搭載したモデルは、X-T4、X-S10、X-H1の3モデルのみ。決して多くないのですが、それらを持たないユーザー達を置き去りにしていないところが良心的ですよね!

ロックボタンも一応ついていますが、使わなくてもだらしなく垂れ下がってしまうことはありませんでした。

 

重量は580g!XF55-200mmと同じ重さ

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,フード

スペックを確認して驚いたのが、XF55-200mmF3.5-4.8R LM OISと同じ重量だということ。その理由は、樹脂製のボディを採用し軽量化を図ったことにありそうです。

これまで金属を鏡筒に使用するのが常だった富士フイルムだっただけに、多少の寂しさというか残念な気持ちを抱いたのは正直なところ。とはいえ、取り回しの良さやバランス感覚を考えると妥当だとも思います。

 

XF70-300mm のフィルター径は67mm

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,フィルター経

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRは67mmです。

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR スペック・性能表

焦点距離70~300mm(35mm判換算:107-457mm相当)
開放F値F4~5.6
手ぶれ補正 約5.5段
防塵防滴 あり
レンズ構成12群17枚 (非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚)
絞り羽枚数 9枚
最大撮影倍率 0.33倍(T端)
最短撮影距離 0.83m
フィルター径 67mm
重量 580g
価格

もともと近接撮影にも強いですが、エクステンションチューブを使えばさらに寄って撮影することができます。

 

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR 作例

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,作例

写りに定評のある富士フイルムなので、画質面ではさすがといった感じ。解像度不足も感じないし、ファインダーを覗いた瞬間からワクワクが止まりません(笑)

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,作例

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,作例

<div class="colwrap clearfix"><div class="col2"> </div><div class="col2"> </div></div>

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,作例

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,作例

逆光耐性も高く、ゴーストやフレアに悩まされることはありませんでした。周辺は若干落ちる感じですが写真らしくて良いんじゃないでしょうか。

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,作例

アウトフォーカス部のなめらかさは個人的にヒット!ピント面のシャープさも合わせてそうさせているのでしょうが、ボケも自然でキレイだと思います。

<div class="colwrap clearfix"><div class="col2"> </div><div class="col2"> </div></div>

XF70-300mmは最短撮影距離が0.83m、最大撮影倍率は0.33倍です。これだけ近接撮影に強ければ、簡易マクロ的な使い方もできます。

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,作例

もともとマクロレンズ大好き民ですが、マクロって使えるシーンが限られているのも事実です。それならXF70-300mmにしておくかって機会がこれから増えそうな予感です。

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,作例

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,作例

XF18-135mmなどのズームレンズと併用すると良いんじゃないでしょうか?

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,作例

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,作例

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,作例

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,作例

野鳥撮影ほんと難しい・・450mmだと案外いけるんだな~という実感。X-T4だとスポーツファインダーモードが使えるので、焦点距離的にはまだ少し余裕があります。

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,作例

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR,FUJIFILM,富士フイルム,レビュー,ブログ,作例,作例

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR メリット

  • 望遠域に強い(テレコンも使える)
  • 素晴らしい描写力
  • 近接撮影にも強い
  • 手振れ補正、防塵防滴搭載
  • 10万円前後の実売価格

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRは、安心して使える描写性能で望遠域をガンガン使いたくなるレンズです。強力な手ブレ補正効果、防塵防滴でよく10万円前後におさえたな・・・というのが素直な印象です。

近接撮影にも強く、安心してシャッターを切れるのはありがたいです。また、比較的軽量に仕上がっているので、持ち出しのしやすさも抜群。これまで望遠ズームレンズを敬遠してた人でも使いたくなるレンズだと思います。とてもバランスが良いですね!

 

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR デメリット

  • そうは言っても大きい
  • AFや手振れ補正も求めすぎるのは酷

望遠レンズは条件が厳しくなりやすいので、あまりたくさんのことを求めるのは酷かもしれません。いい加減に撮ってしまうと、結構ノイズがのったり、シャープさを失うような感じもあったので気をつけたいなと感じました。単焦点レンズのような追い込みには耐えられないと言いますか・・・まぁ当然なんですけどね(笑)

そういう意味では、ズームレンズだとXF50-140のような明るいレンズに軍配があがりますね。中にはこのレンズから入れ替えている人もいそうですが、ちょっと落ち着こう。。

 

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRは、こんな人におすすめ!

  • 使い勝手の良い望遠ズームレンズが欲しい人
  • コスパの良いレンズが欲しい人
  • XF100-400mmは重過ぎるし高すぎるという人
  • XF55-200mmでは望遠域が足りなかったという人
  • 望遠ズームレンズで悩んでいる人

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRは「これ買っておけばOKでは?」と思えるほど完成度の高い望遠ズームレンズです。

ズーム全域で安心してシャッターが切れる描写力、十分すぎるAF速度、コンパクトさ、手ブレ補正搭載、防塵防滴など取り回しの良い1本です。ここ最近、望遠ズームレンズ難民だった僕にとっても救いのレンズになりました(笑)

ここ最近の新製品は数もあまり用意していないのか、すぐに在庫切れになる傾向もあります。(X-E4は次回入荷が一ヶ月待ちだとか…)どうしようか悩んでいる人は「カメラのキタムラ」などで早めに確保しておくことをおすすめします!

参考リンク

おすすめ記事

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2021 All Rights Reserved.