(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

FUJIFILM X-S10で使いたいおすすめレンズ!あなたは単焦点派?ズームレンズも悪くないよ

WRITER
 
FUJIFILM,X-S10,レンズ,おすすめ,ブログ
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

FUJIFILMX-S10で使いたいおすすめのレンズを紹介します。

小型でありながら握りやすいグリップを装備し、X-E3やX-T30といったミドルクラスとは違った使い方が楽しめる本機。高画質だけど大きくて敬遠していた、ズームレンズや単焦点レンズをあますところなく楽しむことが可能になっています。

富士フイルムのレンズをほぼ所有して使ったことがある筆者が、独断と偏見と富士愛にまみれて決めたいと思います(笑)それではどうぞ!

スポンサーリンク

FUJIFILMのX-S10におすすめのレンズ

X-S10はAPS-Cサイズのセンサーを採用したミラーレス一眼カメラです。オーソドックスな一眼レフに似たタイプのデザインですので、他メーカーからの乗り換えや、一眼レフからミラーレスカメラに変えようかな?と思っている人におすすめです。

ボディ内手振れ補正を搭載しており、動画にも強いミドルクラスのカメラなので万人受けするカメラだと思っています。X-S10がどんなカメラか知りたいと言う人はこちらの記事をどうぞ→富士フイルム X-S10

XF90mm F2 R LM WR 作例

富士フイルムの特徴は、なんといっても「色」が美しいことです。特に難しいことをしなくても簡単にきれいな写真が残せるので、初心者から上級者まで満足できると思います。そんな写真作りを支えているのが「レンズ」ということで、やっと本題に突入(笑)

個人的にX-S10に似合いそうだな!使ってみたいなと思うレンズは以下の通りです!

 

富士フイルムX-S10におすすめのレンズ!

X-S10はズームレンズキットやダブルズームレンズキットが販売されています。セットになっているレンズも決して悪くはないのですが、あえてボディだけを購入してこれから紹介するレンズ達を使ってほしいなという思いがあります。

なぜならこれから紹介するレンズは本当に画質が素晴らしく、撮影する楽しみや喜びを何倍にもしてくれると思うからです。もちろん予算的なこともあるかと思うので、ダブルズームを購入しておいて単焦点レンズを追加していくなんて形もありかもしれませんね!

各レンズの詳細は、レビュー記事に載せてあります。リンクもつけていますので気になるレンズがあればチェックしてくださいね。

XF18-55 作例

参考までにX-S10とレンズキットの価格をAmazonで調べてみました。

X-S10ボディー:12万円
XC-15-45レンズキット:13万円
XF18-55レンズキット:17万円
Wズームレンズキット:15万円

はるペン
XF18-55キットのコスパ悪くない?

 

XF35mm F1.4 R

XF35mmF1.4 R レビュー ブログ

富士フイルムのレンズはコイツに始まり、コイツで終わると言っても過言じゃない。僕自身「1本だけ選べ」と言われたら迷わずにXF35mmF1.4 Rを選択すると思います。

X-T4,作例,写真,XF35mm

最大の特徴はボケが美しいことです。F1.4と明るいレンズになっているので、絞り開放で撮影すればとろっとろの世界を楽しむことができます。レンズ交換式カメラを買ったんだ!という実感を持ちやすいですし、少し絞ればシャープな写りも楽しめる2度おいしいレンズでもあります。

XF35mmF1.4 R 作例 ブログ 香港

香港に旅行に行った際には、X-Pro2+XF35mmF1.4 Rでした。この組み合わせで異国の地でカメラを構える・・・それだけで幸せになれるセットでもありました。

迷ったらとりあえずコレと言える「神レンズ」です!

 

XF10-24mm F4 R OIS WR

XF10-24 + X-M1

X-S10の親玉?にあたるX-H1にセットしてみました。X-S10と同時にXF10-24mmF4 R OISの改良型も発表され、絞りリングと防塵防滴が装備されました。

超広角域をカバーするレンズは大きいものが多いですが本レンズは410gと軽く、フットワークを生かした撮影が可能になっています。

XF10-24mmF4 R OIS 作例

フラッグシップレンズと比較してしまうと、解像感がもう一声ほしい気がしないでもないですが価格やサイズを考えても妥当だと思います。むしろこれ以上重たいレンズになったら持ち歩く機会が減ってしまうでしょう。

 

XF10-24mmF4 R OIS 作例

フルサイズ換算で15-36mmをカバーし、インナーフォーカス方式、絞り全域F4、などなど使い勝手の良さが光るレンズです。従来モデルよりも1段分手振れ補正効果が強まり3.5段となりました。

従来モデルからファンが多いのもうなずけます。

はるペン
X-S10と同級生って響きが良い! 

XF16-80mm F4 R OIS WR

XF16-80mmF4 R OIS WR,レビュー,ブログ

XF16-80mm F4 R OIS WRは、フルサイズ換算で24-122mm相当の焦点距離をカバーします。6段分の手振れ補正、防塵防滴、F4通しと、ほぼ全部盛りのズームレンズです。

XF16-80mmF4 R OIS WR,作例

スペックの割にそこまで大きくないですし、X-S10のグリップなら問題なく使えるはずです。最短撮影距離が0.35m、最大撮影倍率が0.25倍と簡易マクロ的な使い方もできます。

XF16-80mmF4 R OIS WR,作例

ちょっとした物撮りもいけますし、天候やシーンを選ばないのは強みですよね。1本持っておくと安心感のあるレンズです。

 

XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

X-T3+XF18-55の写真

XF18-55mmF2.8-4 R LM OISは、絞りがF2.8からスタートしているキットレンズとしては優秀なレンズです。富士フイルムのレンズの中でもコンパクトですし、持ち出しやすさではトップクラスのズームレンズです。

XF18-55 花

背景に入っている玉ボケも割ときれいですし、ズームレンズでこれだけしっかりボケてくれます。僕はこのレンズからスタートして、少しずつ単焦点レンズを増やしていきました。

はるペン
レンズキットならコレがおすすめ

 

XF90mmF2 R LM WR

XF90mm F2 R LM WR フード

富士フイルムのコアユーザーの中でもファンが多いのがXF90mmF2 R LM WRです。

ちょっと特殊な焦点距離のように感じるかもしれませんが、風景を切り取る能力に関しては疑いようがありません。

XF90mm F2 R LM WR 作例

うっとりするようなボケと、ピント位置がしっかりと浮き上がってくるのが本レンズの特徴。フルサイズ換算で137mmの焦点距離で、ポートレートやネイチャー、中望遠スナップで最高の活躍をしてくれます。

XF90mm F2 R LM WR 作例

クアッドリニアモーター搭載でAFも爆速ですし、防塵防滴も施されているので天気が多少悪くても安心してシャッターを切れます。重量が約540gあり、これまでのミドルクラスでは使いにくいところもありましたがグリップの大きなX-S10なら振り回しても問題ないはず!

 

XF56mm F1.2 R

XF56mm F1.2 R レビュー ブログ

XF56mmF1.2 Rはポートレートカメラマンには手にしてほしいレンズです。

ピントがあった場所のキレはもちろん、開放でもガンガン使いたくなるレンズです。シャープでありながらも、全体的には硬くなりすぎない表現が個人的に好みです。F1.2の明るいレンズなので、室内や夕暮れ以降もシャッタースピードが稼げるのもありがたいですね。

xf56 作例

このレンズの存在が、富士フイルムのシステムを購入する動機になるくらい強力なレンズ。

 

XF60mm F2.4 R

XF60mm F2.4 R マクロ フード

XF60mm F2.4 Rはコンパクトでありながらハーフマクロ撮影が楽しめるレンズです。シリーズ初期に開発されたレンズなので、当時はAFの遅さが致命的でしたが最新モデルではAFが高速化されているため弱点は解消されています。

シリーズでもトップクラスの解像度を誇り、中望遠レンズとしてスナップやポートレート撮影にも活躍してくれます。

僕はXF35mmF1.4 RとXF60mm F2.4 Rの組み合わせで持ち歩くことも多く、この2本で撮影を楽しんでいます。旅行で荷物がかさばる時や、ふらっと撮影に出かけたくなった時には軽快に動けるセットがあると助かりますよ!

 

まとめ

X-S10の登場したおかげで、やっとミドルクラスの万人受けしそうなモデルが出たなという印象。グリップの深さや、ボディ内手振れ補正の存在はレンズの選択肢をかなり広げてくれたと思います。

富士フイルムにはズームレンズも単焦点レンズも魅力的な製品が多いので、基本的にどれを選んでも失敗はありません(笑)写真も動画もX-S10で撮りつくしちゃいましょう!

おすすめ関連記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2020 All Rights Reserved.