カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

「X-T1」と「XF18-135mm」で作例を紹介!お手軽防塵防滴セットをレビュー

 
  2018/10/05
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

X-T1

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

先日「今更ながらX-T1を買いました」という報告をいたしました。そして同じタイミングで「XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR」もゲットしていました。

ひこととで言って「お手軽防塵防滴セットとして最高」なので、そのあたりのことを書いてみたいと思います。

アイキャッチからもお察しいただけるかと思いますが、今回は「ふんわり」ではなく、割と真面目に撮ってきましたのでちがいも楽しんでもらえたら嬉しいです。←いつもはいい加減なの?

スポンサーリンク

 

FUJIFILM「X-T1」と「XF18-135mm」はお手軽防塵防滴セットです!

Twitterで「X-T1が3万円台で売ってるよ」とつぶやいたのも束の間、その日のうちにはポチっとしていました。あふれすぎる富士フイルム愛を差し置いても「欲しい」と思ったのには理由があります

X-E3を愛用してからと言うもの、小型で持ち出しやすさを武器に色々と撮影をしていましたが、かなりの確率で「手ブレ」が発生することに悩まされていました。ブログ仲間とあじさいを撮った時に撮影した動画なんて使い物にならなくてお蔵入りさせてしまったくらいです。(後悔)

そこで世界最高峰の「5段手ブレ補正が搭載」されているXF18-135mmを買おうと決めていたのですが、こいつにはもう1つ武器があります。そう「防塵防滴」機能です。ボディが対応していれば全天候で撮影ができるので、格安になったX-T1を一緒にポチした訳ですね。

X-T1との組み合わせ
  • 防塵防滴
  • 5段分の手ブレ補正
  • 200mm超えの焦点距離
  • 意外とよれる(45cm/0.27倍)
  • 動画撮影にも強い
  • 撮って楽しい富士フイルム♪

 

とにかく使っていて便利です。ファインダーを覗いた瞬間から「しっかり止まっている」と実感できるくらい手ブレ補正は強力です。これなら動画をお蔵入りさせることも減るでしょう(嬉)

防塵防滴機能はフラッグシップ機に搭載されがちなので、どうしてもお値段はあがってしまうものです。しかし型落ちのX-T1なら激安で購入することができるんです。僕の場合はXF18-135mmとセットで10万円ちょうどくらいでした。

レンズはX-E3にも使えるので、色々と楽しみが増えて撮影が捗りそうです。

スポンサーリンク

【作例】感想は控えめに言って最高

直線がメインの構図、想像していたよりもシャキっと写ってくれました。

xf18-135

 

▼空の青もきれい!

xf18-135

 

▼逆光シーンでもゴーストやフレアは目立ちません。ちなみにフードはつけていません。

xf18-135

 

望遠レンズなので「望遠側でどれくらい大きく写せるのか?」が気になっている人もいるかと思います。

 

▼200mmでは足りないかな?と心配になりそうですが・・・

xf18-135

xf18-135

 

「なんということでしょう〜」←これが言いたかっただけ(笑)

広角側であれだけ写っていた背景がなくなり、ほとんど見えていなかった駅名標がくっきり見えるではありませんか!これだけズームできれば、小学生くらいの運動会でもいける気がします。

より望遠がきくXF55-200も選択肢としてありですが、そちらは広角側が不足して、レンズ交換の手間が発生します。そのあいだにシャッターチャンスを逃してしまうことも考えられるので、XF18-135mmは正義です!

 

▼赤色もきれい・・・さすが富士フイルム

xf18-135

 

▼望遠側でよって撮影すればこんな写真も

xf18-135

 

▼いつもお世話になってます!

xf18-135

 

xf18-135

 

実はスナップ撮影って苦手ジャンルだったりするんですが、XF18-135mmは色んな構図を作れるので、あれこれと撮る気にさせてくれるんです。

スナップ=単焦点レンズと決め込んでいた時には撮れなかった写真が確実に撮れています。

はるペン
富士の最後の1ピースは君だったのか

 

xf18-135

 

▼おしまい

xf18-135

 

X-T1とXF18-135mmで撮影した動画!しかし問題も?

もう1つ楽しみにしていたのが、動画撮影です。

iMovieでサクッと作ってみたんですが、最後に動画をつなげるのに1分もかからなかった!すごいよ!!!

 

 

で、作っていて気になったのが「モアレ」です。ビルとか洋服とか、かなりムラみたいなのが発生しています。そして解像度もちょっと足りていないような・・・?

グーグル先生に聞くと「X-T1は60fpsで撮影するとモアレがひどいぜ」的なことを教えてくれました。今度は24fpsとか、X-E3でも撮ってみようと思います。

全て手持ちでの撮影ですが、多少の揺れはあるものの、手ブレ補正の効果を感じることができました。

はるペン
これから色々撮るのが楽しみです!

 

関連記事

・FUJIFILM X-T1を徹底レビュー

・FUJIFILM X-E3の徹底レビュー

・FUJIFILMの神レンズ【まとめ】

・FUJIFILM ズームおすすめランキング

・FUJIFILM XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR レビュー

 

撮影に使った機材

 

まとめ

XF18-135mmは撮影の幅を広げてくれる銘玉でした!格安のX-T1と組み合わせて、お手軽防塵防滴セットをゲットしちゃおう!

焦点距離も広く、手ぶれ補正効果も高い、そして雨でも撮れるし、動画も撮れる。もはや最強と言ってもいいくらい、頼りになると実感しました。便利ズームと一言で片付けるには、もったいないくらい便利なズームです(←おい)

中古商品で探したいなら「カメラのキタムラ ネットショップ」をチェックするのがおすすめですよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.