カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

富士フイルム「X-T100」と「X-E3」はどっちがおすすめ?

 
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

富士フイルムから「X-T100」が発表になってから、気になっている方はたくさんいらっしゃるかと思います。

特に上級機種とどれくらい性能に差があるのか?はチェックしておきたいところですよね。

僕はX-E3を現在使用中なので、今回は「X-T100とX-E3の性能差とどっちがおすすめなのか?」を本音で書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

FUJIFILM「X-T100」と「X-E3」の比較表

最初にざっくりと性能の比較表を眺めていきましょう。

名前 X-T100 X-E3
画素数 2424万画素 2430万画素
連写性能 約6.0コマ/秒 約14コマ/秒
シャッタースピード 1/32000~30 秒 1/32000~900 秒
ISO
ISO200~12800
ファインダー 約236万ドット(0.62倍)
動画性能 4K(15fps) 4k(30fps)
Wi-Fi/Bluetooth Wi-Fi/Bluetooth
液晶モニター 3.0型チルト式(自撮り可) 3.0型固定式
撮影可能枚数 430枚 350枚
重さ 399g 287g
価格

細かいポイントを見ていくと、さすがに上位機種のX-E3が性能的には上を行きます。

特に「連写性能」と「軽さ」はかなりの開きがありますね。カメラは上のクラスに行くほど「性能を盛る」必要があるので、大きく重たくなるのが普通ですが、X-E3は上位機種でありながら軽い!実はすごいことやってるんですよ。

逆にX-T100の良いところは自撮りも可能な液晶と、撮影可能枚数が100枚近くも多いことです。バッテリーがなくなれば、カメラはただの荷物でしかないので1枚でも多く撮れるのはありがたいですね。
他にも性能比較表では見えてこなかったけど、気になったポイントがあるので詳しく見ていきたいと思います。

気になるポイント
  • センサーの仕組み
  • 撮影スタイルが違う
  • 連写速度
  • 操作性

スポンサーリンク

「X-T100」と「X-E3」はセンサーの仕組みがちがうよ!

  • X-T100は一般的なベイヤー配列のセンサー
  • X-E3はX-Trans CMOSⅢセンサー

富士フイルムの独自センサーである「X-Trans CMOS」が搭載されているのはX-E3です。偽色やモアレを防ぎながら、高解像な写真をはきだしてくれるのが特徴です。

富士フイルムの「色」を本当の意味で体験したいのであれば、上位機種である「X-H1」「X-Pro2」「X-T2」などと同じセンサーと画像処理エンジンを搭載している「X-E3」を選択しましょう。

と言っても、ベイヤーセンサーを搭載している「X-T100」が格段に劣っているわけではありません。よほど細かく比較していかない限りは違いは見えてこないと思います。パソコンで鑑賞する、ブログで写真をアップしたいという用途なら十分に使えます。

 

撮影スタイルが違う

出典:富士フイルム

 

X-T100はファインダーがセンターに配置された、いわゆる一眼ライクな仕上がりです。

しっかりとカメラを構えられますし、従来からの一眼スタイルに慣れている人なら違和感なく使うことができます。

 

X-E3はファインダーが左上部に配置された、レンジファインダータイプと呼ばれる仕上がりになっています。

実際の風景を左目で眺めながら、ファインダーを右目で見れます。時間の流れや、風景の移り変わりを肌で感じながら、仕上がりをファインダーで確認しながら撮影をすることができます。

 

▼縦構図なら一眼スタイルでもできますね。僕のように利き目が左の人は諦めましょう(涙)

 

連写速度「14コマ/秒」が必要な人は?

X-T100は連写速度が6コマ/秒なので、X-E3の14コマ/秒に比べると見劣りはしてしまいます。

とは言え、家族の写真がメイン、風景やスナップがメインなら6コマもあれば十分だと思います。

14コマ/秒の高速連射が必要なのは、高速で動いているものを確実にとらえたいという人でしょう。

  • スポーツを撮りたい
  • 野鳥や電車を撮りたい

 

逆に連写をするデメリットもあるので一緒に覚えておくと良いかもしれません。

連写撮影のデメリット
  • 無駄な写真が増える
  • 消去する手間が増える
  • 連写音で雰囲気が壊れる
  • 書き込みに時間がかかる
  • シャッターの寿命が早まる

なんだかデメリットが多くなってしまいましたね(笑)

 

液晶・操作性には大きなちがいが!?

出典:富士フイルム

 

最初に言っておくと「基本的にAUTOで撮影する」「設定変更なんてほとんどしないよ」という方なら、両者に大きな差はありません。

そのような方は、液晶が動くか?それとも固定か?の問題の方が大きいでしょう。チルトも自撮りも可能な、X-T100は使いやすいと感じるはずです。

 

X-E3はフロント部のダイヤルで露出をつめれますし、お気に入りの設定をすぐに呼び出せる「Qボタン」の位置はX-E3のほうが個人的に好きです。

 

  • X-T100は簡単設定で、カメラまかせに撮りたい人向け
  • X-E3はカスタマイズ性に優れている玄人向け

 

X-T100は気軽にきれいな写真が撮りたい人向け

 

X-T100はこんな人におすすめ!

  • 簡単にきれいな写真を撮りたい人
  • セルフィーフォト必須という人
  • 動画は撮らないという人
  • 1枚でも多く写真を残したい人

 

X-E3は軽量さを武器に、こだわりの1枚を撮りたい人向け!

 

X-E3はこんな人におすすめ!

  • 少しでも軽いカメラが欲しい人
  • カスタマイズで色々な設定を試したい人
  • 富士フイルムの色に惚れたという人
  • ミニマリズムの精神に共感した人
  • 「撮る」ことを追求したい人

 

関連記事

・FUJIFILM X-E3の徹底レビュー

・FUJIFILMのX-E3に裏切られました

・X-T100の性能と率直な感想

・X-T100におすすめのレンズ

・X-T100とX-A5はどっちがおすすめ?

・X-T100とX-T20はどっちがおすすめ?

 

まとめ

  • X-T100はスタンダードスタイルで万人におすすめ!
  • X-E3はこだわりの1枚を追い求めたい人におすすめ!

こんな感じでしょうか。

もちろん初心者の方でも「X-E3のデザインに惚れた」「軽いカメラが良い」と言うことならアリだと思います。カメラは結局のところ道具なので、お気に入りを使ったほうが楽しいですからね!

X-T100は「発売記念キャンペーン」でトートバックがもらえるので、早めにカメラのキタムラ ネットショップで予約をしておくと良いかもしれませんね。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.