FUJIFILMのX-T2を買ったらフルサイズはサブカメラになりました

FUJIFILMのX-T2を買ったらフルサイズはサブカメラになりました

梅雨なのにまったく雨が降りませんね~そんなラッキーデーには撮影に出かけちゃいましょう~!

今は6月なのでアジサイとかの撮影ですかね?わざわざ観光地に出かけなくても散歩していると結構みかけるのがアジサイの嬉しい所。

▼散歩がてらにパチリ

やわらかい線とボケを意識しながら望遠レンズで撮影しました。この写真が今回の記事のメインになります「フルサイズ」カメラの画質です。

スポンサーリンク

フルサイズを検討

実は以前にFUJIFILMの神レンズを売却してしまいました。

【Xマウント】XF35mm f1.4は神レンズなので売却いたしました!XF35mmf2とも比較

まぁ売却だけで済むわけがないんですよ(爆)

「ブログもはじめたしフルサイズが1台くらいあってもいいよな~」なんて軽い気持ちで検索しました。ほんとに参考程度ですよ!!(←誰に弁明?)

某大手メーカーのフルサイズも検討しましたがお高い。Canon EOS 6Dとか実用レベルのものになると中古でも10万円前後はします。さすがにお遊びで購入できるレベルじゃないですし、レンズも購入することを考えると費用はもっとかかります。

Canon EOS 5D MarkIV が発売されたので、初代なら中古で5~6万円です。しかし発売されてから10年程経っている。いくらフルサイズと言えども、デジタル時代の10年の差は大きすぎます。もはや浦島太郎状態です。

10年という年月は冷蔵庫やテレビなどの家電なら買替を検討するのに十分すぎるレベルです。機能は雲泥の差!

そこで各社を物色していると「ありましたよ!」お手頃で遊べそうなヤツが。

 

SONYのα7購入

初めてミラーレスカメラでフルサイズを搭載したSONY α7 発売時から気になる存在でした。

ミラーレスカメラなのでマウントアダプターさえ使えばどんなレンズでも使用可能。フルサイズなので昔のレンズもそのままの性能で使えます。ひと昔前にブーム(今でもか)になったオールドレンズで遊ぶのに最適な機種という訳です。

▼α7とマウントアダプター・レンズ

レンズはRICOH、マウントはPENTAXのKマウントです。アダプターを使ってSONYのカメラにセットします。

スポンサーリンク

X-T2とα7の比較

機種名FUJIFILM X-T2 SONY α7 ILCE-7
有効画素数2430万画素2430万画素
撮像素子APS-Cフルサイズ
連射14コマ/秒5コマ/秒
SS30~1/3200030~1/8000
ISO200~12800(拡張51200)200~25600(拡張51200)
撮影枚数330枚270枚
サイズ132.5×91.8×49.2 mm126.9×94.4×48.2 mm
重量457g416g

FUJIFILM X-T2のスペックの高さが光ってますね。使っていて特に問題を感じることはありませんし、画質の良さは折り紙付きです。α7のボケ感はさすがフルサイズという感じですが、色に関してはFUJI機の勝利です。

X-T2はミラーレス機なのでかなり小さい部類です。それなのにAPS機とほとんど変わらずサイズでフルサイズを実現しているα7は本当にスゴイです。軽量さではα7が勝っているという衝撃の事実!軽いは正義だ!!!

ただ誤解を恐れずに言うと、α7のレンズって大したものがないです。もちろんそれなりの金額を出せば素晴らしい画質を得られますよ。ただビギナーやサブで手を出している人間にはハードルが高いお値段設定です。中途半端なレンズを買っても解像感も得られなければ、満足感も得られない。そんなイメージでした。

しかもわかりづらい!!!!

 

SONYのレンズ問題

写真の出来はカメラ本体よりも、レンズによるところが大きいです。無理してカメラ本体を買ってもレンズがついてこなければ十分な性能は引き出せません・・・あれ?これ僕のことか??まぁいいや解説をすすめます(笑)

SONYのマウントは2つ

・Aマウント

・Eマウント

Aマウントはミノルタ世代から引き継いだマウントで、一眼レフタイプのもので使えます。EマウントはミラーレスのNEXシリーズなどに採用されています。さらにフルサイズ用やAPS専用があって、なんかもうごちゃごちゃしています。

SONY α7 はEマウントなのでフルサイズで使えますよ~という意味のFEマウントのレンズを買えばいいんです。ただそれだけなんですよ?

それが実際にお店でたくさんのレンズを前にすると何がなんだかわからなくなる。こっちはAPSのEマウント?こっちはA?え?Aでも使える???どっちのエー?ん??

うああああああああぁぁぁっぁ(爆発)

ってなりました(涙)でも安心してください履いて・・いや理解していますよ!ちなみにFEレンズでおすすめは下記のものです。

高い高いぜお・・・

ははペン
・・・・・

α7の特徴

α7は前述のとおりコンパクトでフルサイズを実現している魅力的なカメラです。しかし良い所ばかりではなく、最大の特徴が最大のデメリットを呼んでる感は否めません。僕の感じたことを上げてみると。

 

メリット

・フルサイズ

・コンパクト

 

デメリット

・レンズがわかりにくい

・画質を求めると高くて大きいレンズになる

・電池の消耗が早い

・AFがあまり早くない

はるペン
小型フルサイズはスゴイ魅力

デメリットが多くなっちゃいましたね(笑)僕の中ではレンズ問題を気持ちよくクリアできませんでした。最初は標準的な焦点距離のFE 50mm F1.8(フルサイズ対応)にしようかとも思いましが、思ったよりAFが早くない!(←初代のみ)

電池のモチも良いほうではなく、撮影していたらどんどん減っていきます。あと何枚撮れるんだ?というプレッシャーとの闘いなので精神的によろしくないです。

ならもうオールドレンズでいいや!となった訳ですね。はいそこ!そっちの方がややこしいとか言わない。

▼X-T2の魅力がわかる記事はコチラ

FUJIFILM X-T2は結局買いなのか?X-T1やX-T20との比較

まとめ

・画質の安定感はFUJIFILM X-T2

・ちょっと遊ぶならSONY α7

こんな感じでしばらく使い分けたいと思います。ちなみにM42と呼ばれるマウントでオールドレンズ遊びをする予定です。なにかおすすめのレンズがあれば教えて下さいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

管理人:はるか 子持ちの♂

FUJIFILMのXマウントが大好物

◆プロフィール詳細

◆僕が使っているカメラとレンズ

Twitter:@harucamera3

Instagram:harucamera33

Facebook:はるかめら