カメラのこと、写真の撮り方、写真編集PCなどを紹介しているブログ

X-T2にマウントアダプター!富士のオールドレンズで桜をふんわり撮ってきました

 
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

もう桜の写真はお腹いっぱい・・・そういう時期にあえてさらそうと思います。例のごとくふんわり(薄味で)撮っているので、さらりといただいちゃって下さい。

今回の機材は「X-T2にM42マウントアダプターで撮影」した記事になっています。

マウントアダプターを使ってみたい、オールドレンズってどうなの?と言う人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

富士フイルム「X-T2」とオールドレンズの組み合わせ

 

もうね・・X-T2の安定感最高!

ファインダーも大きいし、グリップ感とか操作性含めて「これが自分のカメラなんだな」って思います。

相性ってやつでしょうか?画質だって、僕には安心感しかないです。本当に使いやすいカメラです。

今回は、そんな素晴らしいX-T2にオールドレンズで撮影をしてきました。今の機材ではちょっと味わえないような趣深い写真が撮れるので楽しいですよ~。

 

オールドレンズだって富士フイルム!

オールドレンズならタクマーとかヘリオスとかも人気ですが、富士フイルムにもあります。

このレンズは「EBC Fujinon 135mmf3.5」というレンズです。EBCはフレアとかを抑制するコーティングのことです。最新のXマウントのレンズにもEBCという文字は見つかりますね。他にも55mmとかがあるので気になったら探してみて下さい。

このレンズをX-T2につけると200mm相当の望遠レンズになります。それでF3.5って明るくないですか?ありですよね?買った方がいいレベルですよね?(←自分に言い聞かせている)

ちなみにお値段は1万円前後で手に入るので、望遠難民の人が手を出すのもアリだと思います。

 

スポンサーリンク

M42マウントアダプターはK&F Concept!

 

マウントアダプターは例のごとくK&F Conceptさんの物を使いました。お値段の割にというか・・・本当に加工精度が良いので、ガタつきや変なひっかかりなどもなく安心して使うことができます。

大切なレンズやボディを傷つける恐れもないので、本当におすすめです。

 

この記事でも書いているのでよければ参考にしてみて下さい。

【作例あり】富士フイルムのカメラにマウントアダプターで試写!K&F Conceptの品質が素晴らしい件

 

MCEX-11でマクロ仕様に!

 

135mmのレンズをそのまま使っても良いのですが、倍率をもっと上げたいのでMCEX-11を使いました。

このブログでも何度か書いている、レンズをマクロ仕様にしちゃう魔法のアイテムです。1個あると撮影の幅が広がるので、おすすめです。

 

・エクステンションチューブ「MCEX-11」「MCEX-16」の使い方

 

【作例】桜を撮ってきました

では実際に撮影してきた写真を並べます。

 

▼現代のXFレンズに共通するなにかを感じますか?

 

▼ピンクのお布団・・・気持ちよさそうです

 

▼ホワイトバランスをブルーに振ると爽やかな印象に!

 

▼マクロ撮影は楽しいです

 

関連記事

・FUJIFILM X-T2を徹底レビュー

・FUJIFILMのX-E3購入レビュー!

・FUJIFILMの神レンズ【まとめ】

・FUJIFILM 単焦点おすすめランキング

・FUJIFILM 単焦点中望遠おすすめランキング

 

まとめ

富士フイルムのX-T2と、オールドレンズの組み合わせは十二分に撮影を楽しめました。

作例を見てもらえばわかると思いますが、レンズとボディの間に色々とかましてあるにも関わらずイメージ通りに撮影ができました。

 

MCEX-11を取り付けると無限遠が出ないのが難点ですが、その分接写に強くなるので、そこはトレードオフですね。

富士フイルムのレンズはオールドレンズと言えども、現代に通じるコダワリのようなものを感じる気がしました。柔らかめの描写がとても気に入りました。機会があれば、他のレンズも確保していきたいと思います(笑)

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.