FUJIFILM X-T20とX-T2どちらを買う?性能のちがいをチェックしてみた

FUJIFILMX-T20が発売されて、半年程が経ちました。

「そろそろ値段もこなれてきたし、どうかな?」と思っている方はいるのではないでしょうか?

X-T2の弟分として見られることが多いですが、本当にそれだけなのか?

性能の違いや、X-T20を選ぶメリットについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

「X-T20」「X-T2」を比較

まずは何といっても比較表!

これで見比べれば基本的な部分がすけてきますからね。

名前X-T20X-T2
画素数2430万画素2430万画素
ISO感度ISO200~12800ISO200~12800
連写14 コマ/秒14 コマ/秒
シャッタースピード1/32000~30 秒1/32000~30 秒
ファインダー倍率0.62 倍0.77 倍
撮影枚数350枚330枚
サイズ118.4×82.8×41.4 mm132.5×91.8×49.2 mm
重さ333g457g

え!?ほとんど差がないじゃん!!

書きながらそう思ったのは内緒です。基本的な性能面だけを見ると、両者にほとんど差は見られません。なんだったら「軽くて」「撮影枚数が多い」X-T20の方が良いんじゃないの?と思えてきます。

もう少し、細かい点を見ていきましょう。

はるペン
判断するにはまだ早いペン

X-T2を選ぶメリット

 

・防塵防滴・耐低温

・1/8000のシャッター

・フラッシュ同調速度が1/250以下(X-T20は1/180)

・起動時間が0.1秒早い

・ファインダーが大きい

・3方向チルト式の背面液晶

・デュアルカードスロット

・フォーカスレバーあり

・バッテリーグリップなど、カメラ周りが充実

さすが最高位クラスというだけあって、機能の充実っぷりがハンパじゃないですね。

SDカードの2枚差しは必要な人は外せないだろうし、フォーカスレバーや3方向チルト液晶なんかも「撮影の快適さ」を底上げしています。

そんな機能の中でも僕が特に大きいと感じたことは「防塵防滴」「ファインダー」です。

どんなシーンでも防塵防滴で撮り切る

「雨でも写真を撮る」という人は少ないのかもしれませんが、防塵防滴機能はX-T2を選択する大きな理由になります。

天気は予想できても、確実ではないので「思わず雨に濡れてしまった」というのはあり得ることです。水はカメラにとって天敵なので、故障や不具合に直結します。

せっかく撮影旅行に来たのに「雨だから写真を撮るのをあきらめた」という事を防げます。どんなシーンでも撮り切れるのが、X-T2の最大の特徴でしょう。

ファインダーの大きさは写欲につながる

X-T2のファインダーは大きく見やすいです。

はじめてのぞいた時は「おおぉ~」と思いました。構図内の隅々までチェックできるだけでなく、シャッタースピードなどの数値も確認しやすいので撮影がはかどります。

目を凝らしたりする必要がないため(僕のような)「最近目が弱ってきたな」という方には大きな助けとなってくれます。少なくともマイナスになる事はまずありません。

ファインダーの大きさも魅力の1つだと思います。

FUJIFILMのX-T2の記事を頑張って書いていますので参考にしてみて下さい。

僕が愛する【FUJIFILM X-T2】を徹底レビューしてみようと思う

X-T20を選ぶメリット

・一瞬でオートモードに切り替えられる

・内臓フラッシュ

・タッチパネル液晶

・軽くて持ち出しやすい

「軽さは正義だ」と誰かが申しました。本当にその通りだと思います。

いざという時に使える内臓フラッシュや、タッチパネルなどユーザーフレンドリーなのがX-T20だと思います。それでいて、根本的な画質面がX-T2と同等なので懐の深さもあわせもつニクイやつだと言えるでしょう。

本格的な撮影はほとんどしない、でもできると良いな~という方には十分すぎるカメラです。初めてFUJIFILMのカメラを買うかたや、サブ機をさがしている方には背伸びをせずに使えるカメラとして活躍してくれるでしょう。

ちなみに、僕がFUJIFILMのカメラに移行しはじめた時に使ったのが「X-T10」でした。

ネコ弟子
軽さは正義にゃ

スポンサーリンク

外観的なあれも考えてみる

両者のちがいは、外観にもよく表れています。

X-T2は本格的で、重厚感たっぷりな質感で所有欲を満たしてくれます。各種ダイヤルや設定変更のためのボタンもたくさんついているので快適に撮影をすることができます。

大型のレンズを付けた場合でもバランスを崩さないので、システムをどこまでも味わいつくせるのがX-T2です。フォーカスレバーなんか、ほんと地味~に大活躍してくれますからね!地味~に大活躍です(笑)これ!使った方ならわかるはず???

一方のX-T20は小型軽量がウリなので、大型のレンズだと取り回しがしにくいでしょう。軽量のレンズを付けっぱなしにして「いつでも持ち出せる相棒」として活躍してもらうのが良いと思います。

X-T2のバッテリーグリップ「VPB-XT2」

 

おすすめのレンズは?

レンズ関連の記事も頑張って書いているので参考にしてみて下さい。X-T20なら軽量なレンズとの相性ピッタリだと思います!

FUJIFILM X-T20で使いたいレンズ!おすすめTOP5

・XF35mmF1.4は神レンズなので売却しました

・FUJIFILMのレンズを「1本」選ぶなら

・FUJIFILMのレンズを「2本」選ぶなら

・FUJIFILMで最高の3本の組み合わせ

・Xマウントで写真を撮るなら?人気のレンズ5選

・FUJIFILM X-T2で登山!おすすめのレンズ5選

買うなら絶対レンズキットがお得!

レンズキットにするか、ボディだけにするか悩んでいる人は多いでしょう。

レンズキットと聞くと、とりあえずついているだけの「普通のレンズ」をイメージする人もいるかもしれません。X-T20についてくるレンズはいわゆる普通のレンズの1つレベルが上のものです。

焦点距離も使いやすいですし、解放値も明るく軽量なので1本持っておけば便利です。価格は2程上がりますが、普通に買うと5万円前後(中古でも3万円前後)するレンズなのでお安く最初にゲットしちゃいましょう!

ここだけの話中古で売ってしまっても、ごにょごにょ。。

今回紹介したカメラ

 

 

ずばりX-T20を買うべき人は?

・FUJIFILMのカメラをためしてみたい人

・サブ機を探している人

・軽量かつ高画質なカメラを探している人

・「防塵防滴」はいらない、「ファインダー」も小さくてOKだぜって人

・初心者だけど、長く使えるカメラが欲しい人

大いなる偏見と愛をこめて、無理やりまとめてみました(笑)

カメラの快適さは何もスペックだけできまりませんので、軽さが最大のウリになる人もいます。価格も大きな理由の1つでしょう。

X-T20が「はじめて買うカメラ」だったとしても、上位機種と写りは同じですから工夫しだいでいくらでも綺麗な写真が撮れます。

おっと・・・オートでも綺麗な写真は撮れるんだった(笑)そういう意味でも長く使っていけるカメラなので、本当におすすめ。

FUJIFILM X-T20を徹底レビュー

良い写真を撮るのに、カメラは絶対条件ではありません。自分が「シャッターを押したくなるカメラ」を選択すれば良いのではないでしょうか?

FUJIFILMのX-T20を中古で検討している方にはこちらの記事が役に立つかもしれません。

FUJIFILMのX-T20は中古でも大丈夫?新品とどちらがお買い得なのか?

最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。