カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

FUJIFILM「X-T3」の発売日や性能が公式発表!X-T2ユーザーは買い替えOK?

 
  2018/09/20
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

xt3

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

ついに我らが富士フイルムの「X-T3」が正式発表されました!

カメラが到着しました!!

新機能がてんこもりですが1つづつゆっくりと眺めながら購入を決めたいと思います。そこで「X-T3に買い替えするなら、どんな人がおすすめか?X-T2ユーザーは買い換えるべきか?」を考えてみました。

スポンサーリンク

富士フイルム「X-T3」はこんなカメラ!

さっそく動画が公開されていました!

 

FUJIFILM X-T3の性能

画素数 有効2610万画素
センサー X-Trans CMOS 4
画像処理エンジン X-Processor 4
ISO ISO160~12800
AF 像面位相差AFエリアが画面全域(約100%)
シャッタースピード 15分〜1/32000秒
連写性能 11コマ/秒(1.25倍クロップ約30コマ/秒)
手ぶれ補正 なし
動画性能 4K(60fps)
Wi-Fi/Bluetooth あり
ファインダー 0.5型有機ELファインダー (約369万ドット/0.75倍)
液晶モニター 3.0型3方向チルト式タッチパネル液晶(約104万ドット)
撮影可能枚数 390枚
重さ 489g
価格

X-T3の最大の注目点は、AF周りのブラッシュアップだと思います。新型のセンサーと、新型の画像処理エンジンがどれくらいの描写を見せてくれるのか?楽しみで仕方ありませんね!

 

新型センサー「X-Trans CMOS 4」と画像処理エンジン「X-Processor 4」の実力は?

X-T3には新型のセンサーとエンジンが搭載されます。その能力を余すところなく活かして大幅な性能向上を実現したと富士フイルムは言ってます。

高画素化すると高解像度を実現できるというメリットがありますが、同時に好感度画質においては劣化傾向にあります。しかし現行機と同等以上の低ノイズに抑える工夫がされています。X-T2の高感度時の撮影は結構良好だった記憶がありますので、それと遜色なく使えるのは嬉しいですね。

X-Trans CMOS 4はシリーズで初めて裏面照射型を採用、光をたくさん取り込むことができます。従来は拡張機能だったISO160も常用感度として使用可能。さらに低輝度限界も従来の-1EVから-3EVへと拡張。光源の少ない、薄暗いシーンでも像面位相差AFが可能になりました。

 

X-Processor 4

出典:富士フイルム

画像処理エンジンのX-Processor 4は4つのCPUが搭載されて、これまでの機種と比べて約3倍近い高速処理を実現しています。この新型のエンジンのおかげで、フィルムシミュレーションも増えています。GFX50Sに搭載されて高評価だった「カラークロームエフェクト」も使えるようになり、ますます繊細な表現が可能になっています。

 

AF性能は高速化される?

X-T3

出典:富士フイルム

実は画素数アップの要因は「位相差画素」によるものだと言います。実に216万画素の位相差画素をセンサー全面に配置したことで、AFの高速化、高精度化に成功していると言います。さらに瞳AFや顔認識の追従性もアップしているとのことで、念願だったサクサク使えるAFが富士フイルムにもやってきます!

これまでは難しかった動体や、動きの早い被写体も追従できる可能性が高まりましたね!

実際に店頭で触ってみたところXF18-55のレンズキットでスパスパっとAFが合いました。「あれ?高級レンズ使ってたんだっけ??」と錯覚するくらいの進化をとげています。実際に進化したのはボディですが・・・隣のX-Pro2についていたXF35mmF1.4でもテストしましたが、これまた気持ちよく合います。

僕にとってはXF35mmF1.4は最高のレンズの1つなので、使用感が良くなっているのは単純に歓迎です。毎日写真を撮りに出かけたくなるでしょう(笑)

 

連写速度がアップする?

X-T3の連写速度は約11コマ/秒で、クロップモードでは約30コマ/秒です。

「スポーツファインダーモード」という機能が新搭載になり、約1660万画素(1.25倍クロップ)相当で最大約30コマ/秒の高速連写が可能です。しかもブラックアウトフリーというからおどろきです。ブラックアウトしてしまうと、どうしても被写体を見失ってしまうこともありました。スポーツや野鳥のジャンルが好きな人なら朗報になるのではないでしょうか。

さらにシャッターボタンを半押しした状態から撮影をはじめ、全押しで撮影画像が記録される「プリ撮影」機能も搭載。

 

新しいフイルムシミュレーションが追加!?

X-T3の隠し玉となるのか?新しいフイルムシミュレーションが追加されるとのことです。

X-H1で人気だった「エテルナ」に加えて「モノクロ調整」が追加、Xシリーズとしてははじめて「カラークロームエフェクト」なる機能も追加されるようです。カラークロームエフェクトは彩度が高くて階調表現が難しい被写体でも、従来よりも深みのある色再現・階調再現を可能にしたとのこと。

これでフイルムシミュレーションは全16種類となりました。

 

電子ビューファインダーがきれい!

X-T3 ファインダー

出典:富士フイルム

X-T3はファインダー倍率0.75倍、369万ドットのEVFを搭載。表示タイムラグは0.005秒、表示フレームレート約100フレーム/秒の滑らかさで、被写体の動きやピント位置をしっかりと把握できます。

ファインダーの性能は撮影の快感を左右するので、EVFの進化は素直に嬉しいです。個人的にはAFの高速化よりもこっちのほうが嬉しいですね。

実際に覗くとファインダーが大きいだけでなくクリアです。液晶よりもきれいなので、もはやずっと覗いていたくなります。

スポンサーリンク

外観はほぼX-T2?シルバーモデル登場!

X-T3の外観はX-T2を踏襲したようなデザインになります。おどろいたのはシルバーモデルが同時に発売になるという情報。なんども塗装を繰り返すグラファイトシルバーよりも簡易的にはなるでしょうが、色が最初から選べるのは嬉しいですね。なんとなくシルバーも明るく見えました。

四角だったコマンドダイヤル類も浅くなり、台形タイプになっているので指の腹で回しやすくなりました。ドライブや測光方式の変更も以前より簡単にできそうです。

X-T3 シルバー

 

一番感じたのはグリップが厚めになったことで持ちやすくなっているということ。以前より手にフィットする感じがしたので、きっと手ブレの率も下がるはず。重たいレンズをつけてもバランスは崩れにくいはずです。

あとは地味なポイントですが、露出補正ダイヤルがX-T3ではカメラのより内部に移動しています。なのでX-T2よりも意識的に扱わないといけなくなっています。露出補正ダイヤルを頻繁に使う人は、X-T2のほうが片手で操作しやすいかもしれないな〜という印象をもちました。

フロントダイヤルはX-T2よりも出っ張りの部分が大きくなった印象。グリグリしやすくなってました。

X-T3 コマンドダイヤル X-T2 コマンドダイヤル

 

重要なのは国内生産だったX-T2ですが、中国製になっています。「Made in Japan」の刻印に密かに喜びを見出していたユーザーは少なくないはずなので、残念に思っている人もいるのでは?

 

すごいぞX-T3の動画性能!

プロの制作ニーズにもこたえると富士が言うほどX-T3の動画性能には自信をもっているようです。滑らかで表現力が豊かな4K動画は60P 10bitに世界で初めて対応、トップクラスの性能を実現させています。色情報に関しては実に64倍というから驚き。早く「エテルナ」と合わせて使ってみたいぞ!

はるペン
こうなると余計にボディ内手ぶれ補正がほしい…

▼オリンピックでFUJINONを見る日も近いのでしょうか?

さらにファームウエアアップデートでハイブリッドログガンマ(HLG/Hybrid Log Gamma)方式での動画撮影機能を搭載予定とのこと。あわせて「フィルムシミュレーション映像/F-Log同時出力」の対応も予定しており、動画機能をさらに拡張していきます。ファームウエアは2018年中を予定しているとのことで、進化する動画機能からも目が離せません!

 

X-T3の発売時期や価格は?

予約開始日:2018年9月6日
発売日:2018年9月20日

 

【参考価格】

  • ヨドバシカメラで¥199260(ポイント10%)→¥179334
  • カメラのキタムラで¥179334

 

発売記念キャンペーンが開催中

X-T3の発売を記念してキャンペーンが開催されています。

X-T3 発売キャンペーン

  • 購入宣言をして購入、製品登録をするとSDカードがもらえます(1000名)
  • バッテリー「NP-W126S」or収納ポーチがもらえます

過去の製品ではARTISAN&ARTISTとタイアップした記念アイテムがもらえたので、今回のキャンペーンは月並みに感じてしまいます。

 

X-T3はこんな人におすすめ!

こういう人は買いましょう
  • X-H1が大きくて見送った人
  • 富士フイルムのミラーレスカメラに興味がある人
  • 写真・動画を操る楽しみを味わいたい人
  • X-T3の登場を心待ちにしていた僕!(ぇ?)

▼予約宣言は済ませておきました(笑)

X-T3 予約宣言

 

もともとX-T2の時点でも成熟度が高いモデルなだけに、X-T3も万人に勧められるカメラになっていそうです。「すでに富士フイルムのカメラを持っている」「これから試そうと思っている」と言う人も、目を向けさせるモデルなのではないでしょうか。

[商品リンク]

▼商品情報がアップされるまでは類似商品が検索されます

X-T3(ブラック)
Amazon 楽天市場 Yahoo  カメラのキタムラ
X-T3(ブラック)レンズキット
Amazon 楽天市場 Yahoo カメラのキタムラ
X-T3(シルバー)
Amazon 楽天市場 Yahoo カメラのキタムラ
X-T3(シルバー)レンズキット
Amazon 楽天市場 Yahoo  カメラのキタムラ

 

関連記事

・FUJIFILM X-T3開封レビュー

・富士フイルム「X-T3」と「X-T2」のちがいは?

・富士フイルム「X-T2」ユーザーの僕が「X-H1」を買わなかった理由!

・FUJIFILMのカメラをシリーズごとに解説!

・FUJIFILM X-T2を徹底レビュー

・FUJIFILMの神レンズ【まとめ】

まとめ

富士フイルム「X-T3」は正統進化が期待できるモデルだと思います。

それにしても、最近の富士フイルムはハイクラスのモデルを頑張っていますね。2018年は富士ユーザーにとって「当たり年」となりそうです。レンズの開発も進んでいるでしょうし、ますます富士フイルムから目が離せませんね(笑)

僕も元X-T2ユーザーとして大いに期待しているモデルなだけに、速くさわって写真をどんどん撮りたいです!撮った写真はRAW現像で作品レベルに昇華しましょう→写真編集・RAW現像におすすめのおすすめのパソコン

新製品発表後は注文が集中しますので興味のある人は「カメラのキタムラ ネットショップ」などで早めに予約をしたほうがいいかもしれませんね!発売日当日にカメラが手に入るというのはやはり気持ちが良いですからね(笑)

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.