(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

富士フイルム「X-T3後継機(X-T4/X-T5)」はボディ内手ブレ補正搭載?気になる噂と期待すること

はるか
WRITER

マウスコンピューター amazon キャッシュバック 限定

マウスコンピューター amazon キャッシュバック 限定

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
カメラ情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1を愛用中。NikonのZ6も使っています!子供の写真やお花をメインに撮影しています。
詳しいプロフィールはこちら

X-T3,後継機,X-T4,X-T5,うわさ

こんにちは!はるか(harucamera33)です。

X-T3後継機(X-T4/X-T5)はどのようなスペックなのか?個人的に期待すること、現富士フイルムユーザーの一喜一憂を洗い出したいと思います。X-T3の登場から約1年半という、やや短いスパンで更新が期待される後継機の情報をまとめます。

スポンサーリンク

X-T4のウワサ

X-T4はこうなる
  • ボディ内手ブレ補正が搭載される
  • バッテリー消耗が改善される
  • 新センサーが搭載されるかも
  • 若干サイズアップするだろう
  • EVFは歴代最高になるだろう
  • 6K60Pに対応
  • 2月の早い段階で発表が期待される
  • Hシリーズは廃止されTシリーズに一本化される?

なんと言っても目玉は「ボディ内手ブレ補正」の搭載でしょう。かねてから「いつHシリーズ意外にも搭載されるんだ」と期待されていました。

Hシリーズほどじゃなくても、そこそこ大きなグリップを備え、バッテリーライフが改善されるなら手放しで喜べる人も多いんじゃないかと思います。僕自身はTシリーズのファンで、X-T1、X-T2を数回買い替えて使ったレベル。もちろんT3も購入しましたし、時期モデルにも期待しています!

まさかとは思いますが、シリーズ毎にちがう補正機構を搭載して、新シリーズは約3.5段分とか、3軸手ブレ補正ですってことはないですよね・・・

他にもEVFはや、バッテリー問題、AF性能などの課題をクリアしてくる可能性もあり、ますますX-T3の後継機から目が話せない状況です。

はるペン
ぶっちゃけ今すぐ欲しいよね

 

現在のラインナップの一喜一憂

Tシリーズユーザーは歓喜

X-T3+XF18-55の写真

僕自身がそうだったようにTシリーズのファンにとっては、ボディ内手ブレ補正は憧れの存在。→新モデルのX-T3からX-H1にのりかえました!その理由は?

マイナスポイントをあげるなら、モデルチェンジが早いことくらいでしょうか・・・そう考えると大判振る舞いだったキャッシュバックにも合点がいく。ここ1ヶ月くらいでX-T3を買った人の悲鳴が聞こえそう・・お得に買えてるんだからきっと気のせいだよね?(震え声)

 

Hシリーズユーザーの感想

XF16-55mmF2.8 R LM WR X-H1

Tシリーズの後継機にボディ内手ブレ補正が搭載されると、存在が危うくなってくるのがX-H1です。

X-H1の太いグリップは大きなレンズをつけても安定性があり、フェザータッチシャッターのフィーリングも上々、そしてなんと言っても手ブレ補正に絶対的信頼をもっていたユーザーも少なくないはず。僕自身もそんな一人です。

発売当初は価格が高かったことや、ミラーレスにしては大きなサイズ、他メーカー(特にフルサイズ)の魅力的な機種の影に隠れてしまったところもあり、富士フイルムとしては苦い経験をした機種かもしれません・・・

ですが満足して使っているユーザーも多数いますし、後継機を期待していた人から見ると危機感を覚えているかも?という感じはします。事実上HシリーズとTシリーズが集約されることになると、ちょっとさみしい気持ちにはなりますよね。

個人的にはHシリーズだからこその堅牢性や信頼感もあるので、販売は継続してほしいところ。

 

X-Pro3ユーザーの嘆き

X-Pro3 液晶 感想 使いづらい

今回最も懸念されるのがPro3ユーザーの声。

ブラックの発売日が2019年11月28日、最もあとになったDRシルバーは2020年の1月16日。なんとDRシルバーにいたっては記事公開時には手元に届いていないユーザーすらいる。

もしTシリーズの発表があれば1~2ヶ月程度で、フラッグシップの立ち位置は奪われることになってしまう。その上で、新センサーやボディ内手ブレ補正が搭載になると心中おだやかでない人もいるでしょう。

「ボディ内手ブレ補正をProにも搭載してほしかった」
「新センサーだったら許さない」
「富士のいうフラッグシップとはなんだ?」

このような意見が出てきても不思議ではありません。

はるペン
せめて半年くらいは浸らせて欲しかった…

 

最後にひとこと

現状のユーザーからは思うところがあるかもしれませんが「好きなメーカーから素晴らしいカメラが出る」ってだけで買い(笑)選択肢の1つとしてTシリーズは光輝く存在になるだろうし、メリットは計り知れないってはずってのが個人的な意見。

僕もX-Pro3を買ったばかりなので、新カメラの登場は気にはなります。新センサーや、手ブレ補正の有無を考えると裏切られたって思いがしないでもない。夜だってぐっすり・・・眠れてるな。。

X-Pro3は20万円以上したカメラだし、もっとシリーズとして大切にしてほしい気持ちはなきにしもあらず。Tシリーズはメイド・イン・ジャパンじゃなくなったことで、フラッグシップから抜け落ちた気もしていたんですけどね・・・そうでもなかったのかも?

でもね、富士フイルムのX-T3後継機は「買い」です。もう間違いなく買い。

まだ情報も出きっていませんが、手ブレ補正の搭載の可能性だけでも買う価値はある。やっぱり小回りのきくカメラって楽ですし、Tシリーズってバランスが良いんですよ。

ウワサでは2月の早いタイミングで、新しい情報が出てくるという説もあります。新情報に期待しつつ、楽しみに待ちましょう!「カメラのキタムラ ネットショップ」などでも予約可能になるはず!その時には、また記事にしたいと思います。

時期的にはCP+とも重なりますし、今からタッチアンドトライができるのか?楽しみで仕方ありません!

おすすめ記事

最後までお読みいただきありがとうございます!

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
カメラ情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1を愛用中。NikonのZ6も使っています!子供の写真やお花をメインに撮影しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2020 All Rights Reserved.