カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

横浜行ったら野毛で飲もう!名店「旧バラ荘」でしっぽりやってきた話

 
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは・・・はるか(@harucamera3)です。

太陽が沈んで、街の明かりが浮かび上がるころ、人と人の運命が交差する時間が訪れます。ある人は帰宅の途につき、またある人はネオンの光へと消えていくのです・・・

僕たちはカメラ片手に、そんな風景をつかまえに行ってきました。

同行者は「amedia online」を運営する、雨ちゃんこと雨宮さんです。(雨ちゃんは「はるかめら」のロゴを「秒」で作り出した天才です!)

今回のお話はひらたく言うと、ブログを通して知り合った仲間と、写真撮りながらお酒のんできたよって話です(笑)最後にちょっとした報告もあるので、お付き合いいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

横浜行ったら野毛で飲もう!

「横浜行ったら野毛飲もう!」

僕がCP+に参加する時に、雨ちゃんと「飲みに行こう」という約束を交わしていました。

予定では、みなとみらいの夜景を撮りつつ・・・って感じだったのですが、あいにくの強風で断念。

足早に飲み屋街である野毛に向かったのです。

 

▼横浜の夕日は海側には沈んでくれないのですね・・・

 

野毛ってこんな場所だよ

酒飲みの聖地として知られる野毛町(のげちょう)は、桜木町駅から徒歩で数分の場所にあります。

Wikipediaによると約500店もの店が軒を連ねるそうです。あまりにもディープすぎる街でして、居酒屋を出ても数歩で別の居酒屋につかまるという無限ループにはまれる酒好きのための街です。

断っておくと僕はあまりお酒を飲みません(笑)

 

▼野毛には近道(ちかみち)を通っていきましょう♪

 

野毛の名店「旧バラ荘」がフォトジェニック!

野毛をスナップしながら歩いていると、ひときわ年季の入った建物が目に付きます。

野毛でも老舗の部類に入るであろう「旧バラ荘」です。

 

スポンサーリンク

 

THE昭和の雰囲気漂う店内は、タイムマシーンに乗ってきた世界のようです。

 

▼バーカウンターはこれまで、何人の話を聞いてきたのでしょうか?

 

▼陳列されたお酒もどこか誇らしげ

 

▼こうした調度品もめったにお目にかかれません

 

バーのマスターによると、野毛の中でも歴史を持ちながら「最先端」が同居しているバーだと思っているとのこと。こだわりの姿勢に胸うたれました。

ジンライム美味かったです・・・ちなみにギムレットとの違いは材料をシェイクしているかどうか。シェイクしているのがギムレット、オンザロックがジンライムだそうです。

ちなみに、僕はほとんどお酒を飲みません(再)

 

マスターが教えてくれた情報で、スナックが軒を連ねる場所へ・・・

 

▼むかいは川です。飲んだ後に飛び込む文化はここにもあるのでしょうか?

 

レンズ沼の住人登場!

お酒がすすんで気をよくしたあのヒトが見せてくれます。

「レンズ沼」Tシャツ登場!!!

 

この姿、しびれちゃいますよね?え?そんなことない??

僕もそう思っていました(笑)

 

なかなかレンズ沼なんて、そうそうハマルことができませんよね。

 

・・・・・・・といいつつ、何かを買ったようです。

 

Twitterで反応してくれたみなさん、ありがとう・・・ほんとに大好きです( ノД`)シクシク…

 

あまりに反応してくれるので(プレッシャーに負けて)こちらでこっそりネタばらしをしたいと思います。

 

▼たぶん数字だけだから、バレないよな・・・うん。

 

みなさんくれぐれも沼の住人にはお気を付けください。

 

雨ちゃんはさすが美容師というだけあって、話も上手だし、気づかいもめちゃんこしてくれます。「モチの良いカット」をしてくれるそうなので、関西だったら絶対依頼してたぜ!

お近くの人は「amedia online」を運営する、雨ちゃんにカットしてもらいに行ってはいかがでしょう?

予約時の合言葉は「沼の住人カットお願いします」で(笑)

 

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.