(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

【mouse×はるふれ】限定コラボモデルの販売が決定しました!

マウスコンピューター,はるふれ,コラボモデル,

「マウスコンピューター」と「はるふれ」によるコラボモデルパソコンを販売中!公式サイトよりもお得に購入できるパソコンをご用意しました。

コラボモデルはRAW現像や映像編集が快適に行える前提のもとで構成を考えております。処理能力の高さや、軽量さ、コスパの良さを意識した特徴あるモデルに仕上がっています

こだわりの強いクリエイターの人たちにこそ手に取ってもらいたいパソコンです。

はるふれ限定モデル
  • エンジョイ:最低限の投資でRAW現像にチャレンジできるコスパPC
  • モバイル:14型液晶、GPU搭載、約1.09㎏の軽量モデル!モバイル特化のノートパソコン
  • ハイクラス:本気のクリエイターに贈る!感動のハイパフォーマンスノート

 

どのモデルもお得すぎて、いつまで販売を続けられるか正直わかりません(笑)

各モデルの詳細もこの記事でご紹介していきますが、まずはマウスコンピューターさんのページをご覧ください!はるふれ限定モデルがカッコよく紹介されています。

マウスコンピューターってどんな会社?

マウスコンピューターさんは、予算や好みに合わせてパソコンを製造販売してくれるBTO(受注生産)パソコンメーカーです。国内生産で高品質なパソコンを素早く出荷してくれるだけでなく、アフターフォローの手厚さも国内トップレベルです。

コラボモデルを販売するにあたり、担当者さんと数カ月による打ち合わせを行いました。知識を深めるために長野県にある製造工場にも足を運び、製品に対する理解を深めながら、時には社長さん、ブランド担当者さんとも対面してお話させていただきました。

こういうシチュエーションは超苦手なのですが、「これって〇〇ですか?」「こういう〇〇はどうしたら?」などなど逆にコチラに質問をくださり、僕たちサイト運営者を「問題解決の仲間・チーム」として扱ってくださったことに感動しました。

マウスコンピューターで働く人達の姿勢や熱意にも触れて、今ではすっかり僕自身が大ファンです。その証拠にマウスコンピューターのパソコンを購入してブログを書いています→マウスコンピューターのパソコンオーナーになった話

コラボモデルの話をもらってから、身近な人達(写真仲間)に「どんなパソコンがあったら嬉しい?」と意見をもらったりしました。(協力してくれた皆様ありがとうございます)

ユーザーとメーカーの思いを汲み取り、その橋渡し役として僕が理想に近いパソコンを用意してもらいました。なので「コラボモデルは絶対に満足してもらえるパソコン」になっているという自信があります!

 

コラボモデルのスペックや特徴

コラボモデルのスペックを決めるにあたっては「RAW現像を快適に行えるスペックであること」「価格的なメリットが強いこと」を重視しています。安すぎて性能不足だと本末転倒ですし、逆に高すぎても宝の持ち腐れになってしまいますから、そうならないように細心の注意をはらいました。

RAW現像を快適に行えるスペックとは?

「CPUの性能が良いこと」
「大容量メモリ+SSDを標準搭載」

「専用グラフィックを搭載していること」

この3つを土台にしています。

さらに公式ホームページの人気ランキングや、市場で求められているパソコンに付加価値を追加できるような構成に仕上げています。

ネコ弟子
人気のパソコンがより良い感じになってるニャ
はるペン
はっきり言ってお得すぎます・・・

 

限定モデルの比較表

名前DAIV Z5DAIV 4NDAIV Z7
画像DAIV DGZ520DAIV ng4300DAIV DGZ520
用途RAW現像/イラストモバイル動画編集/ゲーム
価格120,780120,780197,780
特徴・Core i5-10400
・GTX1660S
・高コスパモデル
・軽量、薄型、コンパクト
・10時間以上の駆動時間
・USB PD対応
・Core i7-10700搭載
・RTX3070搭載
・高解像データ処理向け
レビュー>レビューを読む>レビューを読むレビューを読む
公式HP>公式HPで確認する
ネコ弟子
どのモデルが良さそうか考えてみてニャ

 

【エンジョイ】「DAIV Z5」の性能・特徴

DAIV DGZ520

クリエイトもこなせる!高コスパモデル

  • Core i5搭載のオリジナルモデル!
  • GTX1660SUPERを搭載!
  • RAW現像、動画編集などカジュアルに楽しめます!

価格(税込):109,800(120,780)〜

基本構成
CPUCore i5-10400
GPUGeForce GTX1660SUPER
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD 
電源700W
詳細公式HPで確認する

DAIV Z5は、限定モデルで最も価格的メリットの大きいパソコンになっています。DAIVが税別10万円台は、ぶっちゃけ安すぎます(笑)

でも「もっとRAW現像を楽しむ人が増えて欲しい」というのが、メーカーさんと僕の共通の思いです。エンジョイモデルとしたのは、そういった意味もあります。

Core i5と言えど最近のパーツは高性能なので、RAW現像だけでなく動画編集も楽しめます。GPUはミドルクラスのGTX1660SUPERなので、設定次第でフルHD環境で快適にゲームも遊べます。まさにコスパ抜群のデスクトップと言えるでしょう。

CPUコア数スレッド数スコア
Core i5-104006コア12スレッド12486
Core i5-94006コア6スレッド9662
Core i7-9750H6コア12スレッド11342

※スコアはPASS MARK社が公表しているスコアを参考にしたものであり性能を約束するものではございません。

CPUの性能はパソコンの性能に大きく関わります。Core i5-10400は、従来モデルのCore i5-9400と比較すると約30%ほどスコアが向上。実はモバイル版のCore i7-9750Hと比較しても高性能なので、様々な作業で快適性は得られるようになっています。

現在のラインナップにはCore i5搭載のDAIVは存在しないため、オリジナル要素(限定感)も強いモデルです!

 

おすすめカスタマイズ

  • Core i7にしてパフォーマンスを高めよう

パソコンを数年使っていると、次第に性能不足を感じることもあるはずです。そうした際により強力なパーツの載せ替えが必要になってしまいます。

Core i5→Core i7をしておけばクリエイト作業が快適になりますし、長く使えるという意味でも製品寿命が伸びます。

初期投資が抑えられている分だけ、カスタマイズの幅が広いのも本モデルの特徴です。

 

こんな人におすすめです

おすすめ
  • RAW現像、動画編集などカジュアルに楽しみたい人
  • コスパにはこだわりたい人
  • 長期間使えるパソコンが欲しい人

参考モデル

DAIV Z5をレビュー!RAW現像や動画編集もカジュアルに楽しめるクリエイター向けPC

 

◆モバイル「DAIV 4N」の性能・特徴

DAIV ng4300

グラフィック搭載の軽量ノートが限定モデルで登場!

  • 軽量ボディにCore i7-10510Uを搭載!
  • 約12時間のロングバッテリー+USB PD対応!
  • モバイル時のクリエイティブ作業に最適!

価格(税込):109,800(120,780)〜

基本構成
CPUCore i7-10510U
GPUGeForce MX250(2GB)
メモリ16GB
SSD512GB NVMe
液晶14型フルHDノングレア液晶
詳細公式HPで確認する

DAIV 4Nは、モバイルに最適なコンパクトボディかつ、クリエイティブな処理をこなせる能力を備えたノートパソコンンです。

最近は「写真を撮った後、すぐに現像したい」「外でブログを書きたい」といったニーズが高まっています。はるふれの読者さんからも、そういった声が多く聞こえたので軽量なモデルを用意していただきました。

いわゆるモバイルPCにあたるくらい軽量なのに、Core i7と専用グラフィックを搭載してパフォーマンスを高めています。写真編集や、軽めのゲームなどをモバイル環境で楽しめます。

市場だと軽さを追求したモデルは、グラフィックが非搭載だったり、15~20万円近い価格だったりと手を伸ばしにくいところもありました。

DAIV 4Nはそうした隙間をついたような構成に仕上がっており、趣味使いや、持ち出し用のサブパソコンとしてもおすすめです。公式では139,800円からの販売ですが、コラボはまさかの税別10万円台から!?(税込120,780)

はじめて価格を聞いた時は、あまりの安さに驚きました(笑)旧モデルよりもメモリとSSD容量を倍にしてクリエイターの声により応えるモデルにチューンナップしています。実は僕自身も大好きなモデルで愛用しております!

 

おすすめカスタマイズ

  • メモリを32GBにしてマルチ処理を快適に!

メイン機として使いたいという人や、パフォーマンスにより期待する人は32GBメモリにしておくのがおすすめです。

 

こんな人におすすめ!

おすすめ
  • モバイルに最適なノートパソコンが欲しい人
  • 専用グラフィックを搭載したPCが欲しい人
  • 軽くてスタイリッシュなノートPCが欲しい人

参考レビュー

DAIV 4N(NG4300)レビュー!MX250搭載でパフォーマンスとコンパクトを両立した14型ノートPC

従来機のDAIV NG4300を使ったレビューです。コラボモデルはCPUが最新になっているので処理能力はアップしています。

この構成のDAIV 4Nを扱っているのは、当サイトくらいですので、検討中に出会った人は「ラッキー」かも!

 

◆デスクトップ「DAIV Z7」の性能・特徴

DAIV DGZ520

パフォーマンスに優れたデスクトップ!

  • 第10世代Core i7-10700を搭載!
  • RTX3070で高解像データ処理にも最適!
  • 写真、動画、ゲームなど多目的用途で快適に使える!

価格(税込):179,800(197,780)〜

基本構成
CPUCore i7-10700
GPUGeForce RTX3070
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe+2TB HDD
電源700W
詳細公式HPで確認する

DAIV Z7は、負荷のかかる高解像データ処理にも負けないパフォーマンスを備えたデスクトップパソコンです。

クリエイターが信頼をよせているIntel Core i7-10700を軸に、画像処理や映像編集に負けない処理能力を有しています。またグラボは最新技術に対応したGeForce RTX3070を搭載!ゲームだけでなく一眼レフで撮影した4K動画編集にも対応できるくらいの性能を誇ります。高い映像処理能力を生かして、高解像、高リフレッシュレートを求めるユーザーも満足できるようになっているのも特徴です。

GeForce RTX 3070は、公式サイトでも上位モデルにしか搭載されていないのでオリジナル感の強さも本モデルの特徴です!あり意味では、上位モデルに匹敵するほどのパフォーマンスを備えているとも言えますね。

デスクトップらしい処理能力を求めるクリエイターにおすすめのモデルになっています!

 

おすすめカスタマイズ

  • メモリを追加してマルチタスクに強くしよう!

より専門的な処理を行う人にはメモリを16GB→32GB以上へと変更するのがおすすめ。大量の写真データや、多くのソフトを同時に立ち上げるような使い方も可能です。

 

こんな人におすすめ!

おすすめ
  • 高性能なデスクトップが欲しい人
  • コストパフォーマンスに優れたモデルが欲しい人
  • RAW現像や動画編集に没頭したい人

参考レビュー

▼DAIV Z7のレビューはこちら

「DAIV Z7」をGeForce RTX 2060 SUPERにカスタマイズ!限定モデルをレビューしてみた

▼RTX3070の性能が知りたい方はこちら

G-Tune XM-Zレビュー!RTX3070搭載でゲームも動画編集も快適なデスクトップPC

最後に一言

今回のキャンペーンにあたっては、打ち合わせや、情報収集を含めてかなりの時間を要しながら準備を進めてきました。それもひとえに「はるふれの読者さんや、普段からお世話になっている人に還元したい」という気持ちからです。

たくさんパソコンが売れて、RAW現像を楽しむ人が増えるといいな~と思いますが、その一方では本当に必要な人の手元に届けばそれでいいかなとも思っています。この記事を、ここまで読んでくれているような人の手元に届いて欲しい感じです。

メーカーさん次第というのもありますが、お得感の強いモデルのため長期的な販売は難しいかもしれません。前回のモデルも割とすぐに売り切れてしましました・・・再販を望む声も多数いただいておりましたので、こうしてリニューアルできてうれしく思っております。

はるふれでは、これまで応援してきてくれた読者さんにメリットがあるような運営を心掛けたいなと思ってます。引き続き、どうぞよろしくお願いします。

もし質問などございましたら、メッセージやTwitterコメント(DM等)でいただけるとありがたいです。

※当キャンペーンはマウスコンピューターさんが主体で開催しております。内容(価格や納期など)によっては当方でお答えができない可能性もあるのでご了承ください。

Copyright© はるふれ , 2021 All Rights Reserved.