(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

【mouse×はるふれ】限定コラボモデルの販売が決定しました!

マウス、コラボパソコン

「マウスコンピューター」と「はるふれ」によるコラボモデルパソコンを販売中!公式サイトよりもお得に購入できるパソコンをご用意しました。

3回目の更新となるコラボモデルは、RAW現像や映像編集が快適に行える前提のもとでノートパソコンのみに絞って構成を考えてみました。処理能力の高さ、軽さなど、それぞれに特徴のあるモデルに仕上がっています。モバイル環境で使いたいクリエイター、ブロガーの人たちに手に取ってもらえると嬉しいです。

はるかめら限定モデル
  • エンジョイ:最低限の投資でRAW現像に最適な環境が構築できるノートパソコン
  • モバイル:14型液晶、GPU搭載、約1.09㎏の軽量モデル!モバイル特化のノートパソコン

どのモデルもあまりにお得すぎて、いつまで販売を続けられるか正直わかりません(笑)各モデルの詳細もこの記事でご紹介していきますが、まずはマウスコンピューターさんのページをご覧ください!はるふれ限定モデルがカッコよく紹介されています。

マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューターってどんな会社?

マウスコンピューターさんは、予算や好みに合わせてパソコンを製造販売してくれるBTO(受注生産)パソコンメーカーです。国内生産で高品質なパソコンを素早く出荷してくれるだけでなく、アフターフォローの手厚さも国内トップレベルです。

コラボモデルを販売するにあたり、担当者さんと数カ月による打ち合わせを行いました。知識を深めるために長野県にある製造工場にも足を運び、製品に対する理解を深めながら、時には社長さん、重役さんとも対面してお話させていただきました。

こういうシチュエーションは超苦手なのですが、「これって〇〇ですか?」「こういう〇〇はどうしたら?」などなど逆にコチラに質問をくださり、僕たちサイト運営者を「問題解決の仲間・チーム」として扱ってくださったことに感動しました。

マウスコンピューターで働く人達の姿勢や熱意にも触れて、今ではすっかり僕自身が大ファンです。その証拠にマウスコンピューターのパソコンを購入してブログを書いています→マウスコンピューターのパソコンオーナーになった話

コラボモデルの話をもらってから、身近な人達(写真仲間)に「どんなパソコンがあったら嬉しい?」と意見をもらったりしました。(協力してくれた皆様ありがとうございます)

ユーザーとメーカーの思いを汲み取り、その橋渡し役として僕が理想に近いパソコンを用意してもらいました。なので「コラボモデルは絶対に満足してもらえるパソコン」になっているという自信があります!

マウスコンピューターについてもっと詳しく評判を知りたいとか、おすすめモデルを知りたいって人はこちらの記事をどうぞ。

マウスコンピューターの評判や感想!シリーズ別のおすすめパソコンを徹底解説

 

コラボモデルのスペックや特徴

コラボモデルのスペックを決めるにあたっては「RAW現像を快適に行えるスペックであること」「価格的なメリットが強いこと」を重視しています。安すぎて性能不足だと本末転倒ですし、逆に高すぎても宝の持ち腐れになってしまいますから、そうならないように細心の注意をはらいました。

RAW現像を快適に行えるスペックとは?

「クリエイト作業に対応できる性能があること」
「高速データ転送が可能なSSDを標準搭載」

「専用グラフィックを搭載していること」

この3つを土台にしています。

さらに公式ホームページの人気ランキングや、市場で求められているパソコンに付加価値を追加できるような構成に仕上げています。

ネコ弟子
人気のパソコンがより良い感じになってるニャ
はるペン
はっきり言ってお得すぎます・・・

 

限定モデルの比較表

名前DAIV 5DDAIV 4N
画像DAIV ng5500 ng5300DAIV ng4300
用途RAW現像/イラストモバイル
性能高い普通
価格109,800109,800
特徴・デスクトップCPUを採用
・広色域液晶
・高コスパモデル
・軽量、薄型、コンパクト
・10時間以上の駆動時間
・USB PD対応
公式HP公式HPで詳細を確認する
ネコ弟子
どのモデルが良さそうか考えてみてニャ

 

◆エンジョイ「DAIV 5D」の性能・特徴

note_ng5500

広色域ディスプレイで正確な現像が可能!

  • ノートなのにデスクトップCPUを搭載
  • NTSC比約94%の広色域液晶を搭載!
  • RAW現像初心者やイラストレーターに最適のモデル!

価格(税抜):109,800〜

基本構成
CPUIntel Core i5-9400(Core i7選択可)
GPUGeForce MX250(2GB)
メモリ16GB
SSD512GB
液晶15.6型 フルHDノングレア
詳細公式HPで確認する

DAIV 5Dは、限定モデルで最も価格的なメリットの大きいパソコンになっています。ぶっちゃけ安すぎます(笑)でも「もっとRAW現像を楽しむ人が増えて欲しい」というのが、メーカーさんと僕の共通の思いです。エンジョイモデルとしたのは、そういった意味があります。

もしコラボモデルで悩んだら、イチオシはエンジョイモデルになります。処理能力、色再現能力、価格のバランスが良いからです。

ノートパソコンは場所をとらずに設置でき、非常に手軽です。そのためライトユーザーだけではなく、プロを含むヘビーユーザーからサブマシンとして選ばれることもあります。

友人知人にヒアリングをした結果「ノートには価格的なメリットを求めたい」(安く買いたい)という声が大多数だったこともあり、思い切った価格設定のモデルを用意してもらいました。

エンジョイモデルはCPUの処理能力の高さを生かして、RAW現像などの処理時間短縮に貢献できます。さらにAdobe RGB比で換算すると約98%相当の液晶を搭載。速さだけでなく正確さも兼ねそろえたモデルになっています。

一般的なモデルよりもはるかに高性能ですし、ディスプレイの色にこだわっているモデルは市場でもあまり見かけません。

RAW現像にこだわるならディスプレイは大切ですが、写真編集向けのモノは安くても5万円前後はします。パソコンもディスプレイも新調すると予算がふくらみますので、それだけでもこのモデルを選ぶ価値はあるかと思います。余った予算は他に回せます。

専用グラフィック搭載、メモリも標準で16GBですし、ストレージにも余裕を持たせてあります。CPUは「Core i5かよ・・・」と思うかもしれませんが、デスクトップ用の高性能なCPUを搭載しています。多くの用途で十分すぎる処理能力を有していると言えます。

CPUコア数スレッド数スコア
Core i7 97008コア8スレッド15933
Core i5-94006コア6スレッド11769
Core i7-9750H6コア12スレッド13615
Core-i7-8750H6コア12スレッド12467

※スコアはPASS MARK社が公表しているスコアを参考にしたものであり性能を約束するものではございません。

コラボモデルに搭載されているCore i5-9400は、モバイル用の上位CPUにはちょっと届きませんが、専門的な処理をゴリゴリするような人でなければストレスを感じることはまずありません。

必要であればCore i7にカスタマイズしていただくことも可能ですので、処理能力不足に頭を悩ませる状況は起きないでしょう。なんせデスクトップのCPUですからね。

DAIV 5Dなら場所を選ばず設置でき、ネットや動画はもちろん、RAW現像、イラスト、などのクリエイト作業に没頭できます。

 

おすすめカスタマイズ

  • Core i7で処理能力をさらに高めよう!

上にも書いたように、Core i7にカスタマイズして処理能力を高めるのはおすすめです。CPUパワーがあれば処理が快適になるだけでなく、現役で使える期間も長くなります。

結果的にコスパがよくなるという傾向にあるので、余裕があれば狙ってもらいたいカスタマイズです。

 

こんな人におすすめです

おすすめ
  • RAW現像にチャレンジしたいという人
  • 色域の広いディスプレイをもっていない人
  • 高性能なノートパソコンが欲しい人

参考モデル

DAIV 5D(NG5300)をレビュー!処理能力と色再現に優れたコストパフォーマンスが魅力のノートPC

Core i5-8400を搭載した従来機NG5300のレビューです。はるふれ限定モデルのほうがCPUが新しく、SSD容量も多いのに安いです。

 

◆モバイル「DAIV 4N」の性能・特徴

DAIV ng4300

グラフィック搭載の軽量ノートが限定モデルで登場!

  • 最新CPU「Core i7-10510U」搭載
  • 約12時間のロングバッテリー+USB PD対応
  • モバイル時のクリエイティブ作業に最適!

価格(税抜):109,800〜

基本構成
CPUIntel Core i7-10510U
GPUGeForce MX250(2GB)
メモリ8GB
SSD256GB NVMe
液晶14型フルHDノングレア液晶
詳細公式HPで確認する

DAIV 4Nは、モバイルに最適なコンパクトボディかつ、クリエイティブな処理をこなせる能力を備えたノートパソコンンです。

最近は「写真を撮った後、すぐに現像したい」「外でブログを書きたい」といったニーズが高まっています。はるふれの読者さんからも、そういった声が多く聞こえたので軽量なモデルを用意していただきました。

いわゆるモバイルPCにあたるくらい軽量なのに、Core i7と専用グラフィックを搭載してパフォーマンスを高めています。写真編集や、軽めのゲームなどをモバイル環境で楽しめます。

市場だと軽さを追求したモデルは、グラフィックが非搭載だったり、15~20万円近い価格だったりと手を伸ばしにくいところもありました。

DAIV 4Nはそうした隙間をついたような構成に仕上がっており、趣味使いや、持ち出し用のサブパソコンとしてもおすすめです。公式では139,800円からの販売ですが、コラボはまさかの10万円台!?はじめて価格を聞いた時は、あまりの安さに驚きました。

その代わり、メモリは8GBのスタートになっています。クリエイティブな用途なら16GB以上が推奨ですが、モバイルはそこまで必要ないという人もいるかと思います。その分、価格を抑える形をとりましたので、必要に応じてカスタマイズしてもらうと良いかと思います。

 

おすすめカスタマイズ

  • メモリを16GBにしてマルチ処理を快適に!

メモリ8GBの場合、ビジネスユース、ウェブ閲覧、動画視聴などといった一般的な使い方なら特に問題はありません。写真編集も大量でなければ大丈夫でしょう。メイン機として使いたいという人や、パフォーマンスに期待している人は16GBメモリにしておくのが圧倒的におすすめです。

メモリを16GBにしても公式サイトより安いなんて・・言いたいけど言えないです(笑)

 

こんな人におすすめ!

おすすめ
  • モバイルに最適なノートパソコンが欲しい人
  • 専用グラフィックを搭載したPCが欲しい人
  • 軽くてスタイリッシュなノートPCが欲しい人

参考レビュー

DAIV 4N(NG4300)レビュー!MX250搭載でパフォーマンスとコンパクトを両立した14型ノートPC

従来機、DAIV NG4300を使ったレビューです。コラボモデルはCPUが最新になっているので、処理能力はアップしています。この構成のDAIV 4Nを扱っているのは、当サイトくらいだと思いますので、出会った人は「ラッキー」です!

はるペン
ほ・・ほしい…

 

最後に一言

今回のキャンペーンにあたっては、打ち合わせや、情報収集を含めてかなりの時間を要しながら準備を進めてきました。それもひとえに「はるふれの読者さんや、普段からお世話になっている人に還元したい」という気持ちからです。

たくさんパソコンが売れて、RAW現像を楽しむ人が増えるといいな~と思いますが、その一方では本当に必要な人の手元に届けばそれでいいかなとも思っています。この記事を、ここまで読んでくれているような人の手元に届いて欲しい感じです。

現在進行系で考えているので、あまり長期的に販売はしないかもしれません。メーカーさん次第というのもありますが、前回のモデルも割とすぐに売り切れてしましました。再販を望む声も多数いただいておりましたので、現実にできてうれしく思っております。

はるふれでは、これまで応援してきてくれた読者さんにメリットがあるような運営を心掛けたいなと思ってます。引き続き、どうぞよろしくお願いします。

もし質問などございましたら、メッセージやTwitterコメント(DM等)でいただけるとありがたいです。

※当キャンペーンはマウスコンピューターさんが主体で開催しております。内容(価格や納期など)によっては当方でお答えができない可能性もあるのでご了承いただければ幸いです。

マウスコンピューター/G-Tune

Copyright© はるふれ , 2020 All Rights Reserved.