カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

【予算10万円】写真編集・RAW現像におすすめのパソコン

 
  2018/11/17
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

今回は「10万円で買える写真編集用パソコン」というテーマで書いていきたいと思います。10万円を切るパソコンでRAW現像や動画編集などのクリエイティブ作業に耐えるものは多くはありません。。

価格が安いだけで選んでしまって、性能が追い付かず「本来やりたいことができなくなった」ということでは本末転倒、高い買い物になってしまいます。

注意点が多いように思いますが、実際にしっかりした性能のパソコンがあるのも事実です。少なくとも今回紹介する中から選んでもらえればすぐに不満が出ることはそうないでしょう。

おすすめな人
  • RAW現像専用機が欲しい人
  • とにかく安いパソコンが欲しい人
  • サブマシンやカスタマイズベースのパソコンが欲しい人
  • 10万円くらいのパソコンが欲しい人

 

10万円で買えるパソコンのパーツ構成は?

色々なパソコンショップをチェックしてみると「ランキングのNO1は大体15万円前後」です。そういう意味ではちょっと背伸びをしないと15万円の性能には届かないことがわかります。

Core i7などの高性能なCPUは選べないでしょうし、Core i5で選ぶのが自然です。またグラボもGTX1050が現実的になります。これを上回ってきたらお宝モデルと言えそうですね(笑)

厳しい話が続きますが、実際にRAW現像をするだけなら十分快適に動作するモデルもあるので悲観する必要はありません。むしろこれから勉強しようと思っている人や、セカンドPCとしての活用法なども考えられる魅力的な価格帯です。

10万円くらいで検討している人が特に注意しておきたいのが、「写真編集(RAW現像)におすすめBTOパソコンメーカー」で紹介しているショップさんは、基本的に消費税、送料が入っていない価格表示です。実際に決済画面に行くと「10万円をこえてるじゃん」ってこともあります。

消費税+送料で、約1割程アップしますので頭にいれておくと良いかもしれません。そういったことを防ぐ意味で、あらかじめパーツ構成の目安をつけておきましょう。

20万円で買える!PC構成の目安

CPU:Core i5~
メモリ:16GB~
GPU:GTX1050~
ストレージ:SSD+HDD

この価格帯の優先度は「メモリ」「SSD」「CPU」「グラボ」の順番で決めていけば良いと思います。

後々説明しますがメモリは16GBないと快適な動作が難しいので、なんとしても死守しましょう。そのためには他のパーツで我慢が必要になるかもしれません。

パーツがピンとこなければ「RAW現像(写真編集)に必要なスペックは?」という記事で細かく解説していますので参考にしてください。

 

CPUは「Core i5」を選ぼう!

RAW現像はCPUへの依存率が高い処理ですから、少しでも性能の良いCPUを選ぶメリットが大きいです。

本来ならCore i7などの高性能なCPUを選びたいところですが、予算的に厳しい物があります。実際にCore i7搭載PCを調べると、安くても13万円あたりになります。

ただしCore i5だからと言っても、世代が新しい物を選べば旧世代のCore i7に負けないCPUもあります。コスパが良いことで知られる「Core i5-8400」などはその代表です。

またIntel製にこだわらなければ、AMDの「Ryzen」がコスパが良いです。コア数やスレッド数が多いので、動画編集にも向いていますし。Intel製よりも安い傾向にあります。

少し専門的な話になってしまいましたので、よくわからなければ後に紹介するモデルを参考にしてください(笑)

 

メモリはカスタマイズで16GBを選択しよう!

RAW現像や動画編集をはじめとするクリエイティブ作業におけるメモリのスタート地点は16GB~だと思います。10万円の価格帯のパソコンには、8GBを標準搭載にする物が多いですが、必ず不足しますのでカスタマイズで16GBを選択するようにしてください。

ちなみに「Lightroom Classic CC」が推奨しているシステム構成にも下記のような記載があります。

RAM(メモリ)4 GB 以上の RAM(12 GB 以上を推奨)

参考:Lightroom Classic CC の最小システム構成

はっきりと12GB以上を推奨とありますね。どうしても初期費用が捻出できない場合は8GBでGoというケースもありと言えばありです。ただし相性が悪くて認識しなかったり、別の不具合のトリガーになる可能性もあるのでできれば避けましょう。

はるペン
後のカスタマイズは手間にもなりますからね

 

グラフィックボードは本格派に人気のグラボ「GTX1050」以上を選択!

10万円クラスのパソコンでもグラフィックを搭載しているモデルから選びましょう。おそらくGTX1050、もしくはGTX1050Tiあたりから選ぶことになるはずです。

エントリー向けの性能にはなりますが、illustratorなどのソフトはグラフィック支援がそこまで強くありません。(実際に処理をかけてもCPUほど差がでてこない)とは言え、ゼロではないので高性能なものではなくても搭載しておくのがおすすめです。

 

【参考】GTX1050のベンチマーク

GTX1050(2GB) 6836
GTX1050Ti(4GB) 7954
GTX1060(3GB) 12232
GTX1060(6GB) 12924
GTX1070(8GB)
17974

スコアは地味な数字に見えますが、ドラクエ10などの軽めのゲームなら快適に遊べるくらいの性能は備えています。動画編集も個人的にはフルHDなら十分といった印象です。格安PCを組みたい人にも人気のグラフィックですね。もし余裕があるならGTX1060を選ぶのがおすすめ!

 

なんとかSSD搭載モデルにこじつけよう!

10万円クラスのパソコンに搭載されているのは、だいたい1TBのHDDです。容量が多いのは良いのですが、動きはモッサリします。メインストレージがSSDになることで、パソコンは劇的に快適になるので、なんとかカスタマイズしてでもSSDだけは死守しましょう。

SSDには種類があることも忘れてはいけません。

SSDの種類と速度

「SATA SSD」<「M.2 SSD」<<<「NVMe M.2 SSD」

 

HDDは後々外付けなどでも対応できますが、メインストレージを後からSSDに変えようとするとデータの移動などが大変です。大切なデータを消失する可能性もゼロではないので、容量は少なくてもSSDを選ぶのが吉だと思います。

 

予算10万円で買える!おすすめのパソコン

10万円という制限は結構重くのしかかります。このクラスを選びたい人は、慎重な選択を心掛けたいところです。

 

NEXTGEAR-MICRO am550SA1-SP

G-Tune ngm2

10万円とは思えない快適さ!

  • 8コア16スレッド AMD Ryzen 7 1700 搭載!
  • GeForce GTX1060搭載!
  • ミドルクラスに迫る処理能力!

価格(税抜):89,800〜

 

CPUに8コア16スレッドの「Ryzen 7 1700」を搭載!マルチコアが動画のレンダリングなどに有効に働きます。しかもGTX1060が搭載されているので、圧倒的コストパフォーマンスの良さです。メモリとSSDをカスタマイズすると10万円をオーバーするので、どちらか一方を優先するか、GTX1050が搭載されたモデルを選ぶのも良いかもしれません。

一度テストの意味でも使ってみましたが、少しのカスタマイズで劇的に快適になるのでおすすめです!

 

・「NEXTGEAR-MICROシリーズ」のレビューを見る

 

レノボのおしゃれゲーミングモデル!Legion T530

lenovo T530

おしゃれで高性能!

  • Core i5-8400+GTX1060(6GB)
  • 16GB インテル Optane メモリー
  • カスタマイズ無用!長納期でも待てる人なら安い!

価格(クーポン適用時):103,518〜

 

人気のCore i5-8400とGTX1060がそろってる!そしてHDDをSSDの速度に変えてしまうOptaneメモリーを搭載しています。つまりそのまま何もしなくても、バリバリクリエイティブ作業に使っていけるパソコンです。内部がLEDで赤く光ったりとおしゃれさにもこだわりたい人におすすめです。税送料込みで10万円からは少し足が出てしまいますが、性能を見れば納得感は強いでしょう。

 

 

ドスパラ ガレリア DS

ドスパラ ガレリアDS

出荷が早いドスパラのゲーミング!

  • Core i5-8500搭載
  • GeForce GTX1050搭載
  • カスタムしても2日で出荷!

価格(税抜):89,980~

 

ドスパラの魅力は何と言っても出荷スピードの早さです。他のBTOショップが5~7日間という中で、カスタマイズしても2日で出荷というのは圧倒的です!地味にCPUの性能が良いのでお得感もあります。

 

 

マウスコンピューター m-Book N500SD-M2SH2

mouse m-Book N500SD-M2SH2

10万円クラスにCore i7を!

  • Core i7-8550U搭載で快適な処理!
  • GeForce MX150 (2GB)で処理を支援!
  • SSD+HDD+DVDスーパーマルチドライブ搭載!

価格(税抜):109,800〜

 

画像処理に関してはCPUの性能がモノを言います。だからこそ第8世代のCore i7-8550Uを搭載したノートパソコンは貴重です。しかもグラフィックもしっかり載っているので、画像や動画の編集を後押ししてくれます。10万円をこえてはしまいますが、液晶を搭載しているノートPCでは仕方がありません。紹介するものがなくなってしまいます・・・

 

 

最後にひとこと(お得情報)

  • 予算10万円は本格派に人気の価格帯!
  • パーツ構成は好みに合わせてカスタマイズしよう!

予算10万円だと限定的な制限が多く、多くのパーツでは満足いく買い物は難しいかもしれません。どこかのパーツを優先すれば、どちらかで我慢しないといけない感じが強かったです。

1つの方法としては予算15万円で買えるおすすめのパソコンで紹介しているようなモデルを検討してみるのもアリだと思います。少しの差でかなり快適度は変わりますよ。

パソコン関連記事

ぜひ参考にしてみて下さい。最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.