(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

予算10万円,15万円,20万円以上も!クリエイターに本当におすすめのパソコンを探してみた

はるか
WRITER




この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、Leica X Varioを愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

予算別 パソコン選びのコツ

※記事修正中のためデザインに乱れが発生している可能性がありますがご了承ください。

この記事では、予算別におすすめのパソコンを紹介しています。

予算や目的に合わせてパソコンを選ぶわけですが「絶対的な正解」がなかなか見つからないことはありませんか?特に初心者の場合だと、専門用語が多く出口のない迷路に迷い込んだ気持ちになるかもしれません。

そこで、予算という1つの角度からアプローチを試みることで、答えが見つかりやすくなるかもしれません。この記事が、あなたのパソコン選びの手伝いになれば嬉しいです。

 

目次

パソコンの予算の決め方

まず最初に決めないといけないのが予算です。ご自身の生活にあてはめてみて、無理のない金額を捻出するのが一番良いでしょう。

その予算の中で、一番良い物を買っておくのが後悔を少なくするポイントです。一番良い物とは、性能が良い物、デザインが良い物、なんとなく気に入った物、理由はな色々あるかと思います。

予算を決めると言っても難しく考える必要はなく、ぼんやりと「これくらいかな?」というイメージだけでも良いのです。この記事では、10万円、15万円、20万円とライン引きをして紹介していますので、決められた予算でおすすめしているパソコンをご覧になってください。

仮に決まらなくても、パーツ構成の目星をつけたり、予算に無理がないかがわかったりするかと思います。 そうしたら一歩前進です!

最初にチェックした価格帯と、その前後を比較してみると期待通りのパソコンが見つかることもあるはずです。(1ランク上のラインを見るのがおすすめ)

 

クリエイターに人気があるのは15万円前後のパソコン

実際にパソコンメーカーのサイトをチェックしてみると、クリエイターに人気があるのは15万円前後のパソコンだということがわかります。その証拠に、各BTOメーカーの人気ランキングには軒並み15万円前後のパソコンが並んでいます。

一般的にクリエイティブな作業は、高い処理能力が求められます。数万円で販売されているような、激安パソコンでは歯が立ちません。しかし15万円のパソコンなら、性能が良いので問題なく処理をこなせる可能性があります。現実的に手を伸ばせる価格帯でもあるのも、人気がある理由の1つでしょう。

この15万円という価格帯はメーカー間の競争も激しく、コスパが良いモデルが見つかりやすいのも特徴です。ラインナップも豊富なので、たくさんのパーツ構成から探すこともできます。なかなか予算が決められないのであれば、15万円前後からチェックするのはおすすめです。

マウスコンピューターのクリエイトモデル担当者にインタビューさせてもらったことがあるのですが「売れ筋は15~20万円です」と教えてもらったこともあります。

 

【予算別】性能の目安やおすすめの使い方

予算が潤沢にあるからと言って高性能すぎるパソコンを選ぶと、無駄に性能を遊ばせておくことになります。逆に性能不足だとやりたいことができません・・・性能と予算の見極めをしっかりして、無駄のない買い物につなげましょう。

予算は決まっているけど「〇〇円のパソコンは、どのくらいのことができるの?」という疑問をお持ちの方のために一覧を用意しました。

ユーザーニーズや製品のリニューアルも含めると一概には言えないので、かなりアバウトな割り振りになっています。ざっくりでもイメージをつかんでもらえると嬉しいです。

予算パーツ構成・スペック目的・用途
10万円Core i5、GTX1050 などのエントリー向けの構成写真編集、イラストなどの静止画編集、製作におすすめ
15万円Core i7、GTX1660などのミドルクラスの構成RAW現像に加え、フルHD動画編集、ゲームなど幅広く使える
20万円Core i7、RTX2070などのハイクラスな構成4K動画、高画素フルサイズなどの重量級のデータの処理も快適
25万円Core i9、RTX2080などのフラッグシップな構成クリエイターとして活動したい、プロユースの環境構築を目指せる
30万円~Core i9、Quadroなどのプロフェッショナルな構成製作活動、作品の納品などプロフェッショナルな領域

パソコンの選び方については、以下の記事で解説していますので参考にしてみてください。

 

予算10万円で買える!おすすめのパソコン

10万円で買えるパソコンのパーツ構成は?

10万円で買える!PC構成の目安

CPU:Core i5
メモリ:16GB
GPU:GTX1050
ストレージ:SSD(+HDD)

CPUにはCore i5、グラフィックはGTX1050などのエントリー向けのパーツが主になるでしょう。メモリや、SSD搭載にもこだわりたいので、予算はかなり厳しいと言わざるを得ません。

また、各BTOショップでは税別表記になっていることも多く、送料も事前に見える部分では含まれていない可能性があります。そのため、実際に決済画面にたどり着いたら「10万円を超える」ということも少なくありません。消費税+送料で、約1割程アップすることを頭にいれておくと良いかもしれません。個人的には多少無理をしてでも、15万円前後のパソコンを選ぶほうが満足度の高い買い物ができるような気がします。動画編集やゲームなど、使える範囲も一気に拡大します。

厳しい話が続きますが、RAW現像をするだけな十分すぎる性能です。と言うのも、撮影した中からお気に入りを数枚チョイスして、現像⇒書き出しという作業なら、Core i5です。むしろこれから勉強しようと思っている人や、セカンドPCとしての活用法なども考えられるので魅力的な価格帯でしょう。

Core i7などの高性能なCPUは選べないでしょうし、Core i5で選ぶのが自然です。またグラボもGTX1050が現実的になります。これを上回ってきたらお宝モデルと言えそうですね(笑)

この価格帯の優先度は「メモリ」「SSD」「CPU」「グラボ」の順番で決めていけば良いと思います。

おすすめな人
  • RAW現像初心者や、これから勉強したい人
  • コスト意識の高い人
  • 1、2年後に買い替えるつもりの人
  • サブマシンやカスタマイズベースのパソコンが欲しい人

10万円を切るパソコンで、RAW現像や動画編集などのクリエイティブ作業に耐えるものは多くはありません。価格が安いだけで選んでしまって、性能が追い付かず「本来やりたいことができなくなった」ということでは本末転倒。結局は高い買い物になってしまったということになりかねません。

とは言え、しっかりとした性能を備えたパソコンがあるのも事実です。少なくとも今回紹介する中から選んでもらえれば、すぐに不満が出ることはそうないでしょう。

 

マウスコンピューター LUV MACHINESシリーズ

LUV MACHINES

10万円とは思えない快適さ!

  • 8コア16スレッド AMD Ryzen 7 2700 搭載!
  • GeForce GTX1660搭載!
  • ミドルクラス並みの処理能力!

価格(税抜):99,800〜

 

CPUに8コア16スレッドのRyzen 7 2700を搭載!マルチコアが動画のレンダリングなどに有効に働きます。しかもGTX1660が搭載されているので、ミドルクラス並みの性能を有しています。16GBメモリとSSDで至れり尽くせりです。もちろんIntel製のCPUも選べます。

 

 

レノボのおしゃれゲーミングモデル!Legion T530

lenovo T530

おしゃれで高性能!

  • Core i5-8400+GTX1060(6GB)
  • 16GB インテル Optane メモリー
  • カスタマイズ無用!長納期でも待てる人なら安い!

価格(クーポン適用時):103,518〜

 

人気のCore i5-8400とGTX1060がそろってる!そしてHDDをSSDの速度に変えてしまうOptaneメモリーを搭載しています。つまりそのまま何もしなくても、バリバリクリエイティブ作業に使っていけるパソコンです。内部がLEDで赤く光ったりとおしゃれさにもこだわりたい人におすすめです。税送料込みで10万円からは少し足が出てしまいますが、性能を見れば納得感は強いでしょう。

 

 

フロンティア MXシリーズ(セール対象品)

フロンティア MX

グラボ搭載でまさかの7万円台!

  • Intel Core i5-9400F 搭載!
  • GeForce GTX1650搭載!
  • 16GBメモリとSSDも搭載!

価格(税抜):79,800〜

 

セールが強いフロンティアがやってくれました!エントリー向けとは言え、最新パーツで構成されているので処理能力は備えています。7万円台でこの構成は、はっきり言ってぶっ壊れ価格です。台数限定のセール品だったのですが、さすがに一瞬で売り切れていました。在庫は補充されることもあるので定期的にチェックしてみましょう。(チェックした時は復活していました)

 

 

ドスパラ ガレリア DJ

ドスパラ ガレリアDS

出荷が早いドスパラのゲーミング!

  • Core i5-8500搭載
  • GeForce GTX1660搭載
  • カスタムしても2日で出荷!

価格(税抜):94,980~

 

ドスパラの魅力は何と言っても出荷スピードの早さです。他のBTOショップが5~7日間という中で、カスタマイズしても2日で出荷というのは圧倒的です!地味にCPUの性能が良いのでお得感もあります。

 

 

DAIV NG5300シリーズ

DAIV ng5500 ng5300

10万円なのにAdobe RGB比約98%相当の液晶搭載!

  • デスクトップCPU搭載!
  • GeForce MX250 (2GB)で映像処理を支援!
  • DAIV自慢の広色域ノートパソコン!

価格(税抜):99,800〜

 

ノートパソコンでありながら、デスクトップのCPUを搭載しており処理能力を持たせています。さらにAdobe RGB比で換算約98%相当する、NTSC比 約94%の液晶を搭載!リフレッシュレートも120Hzとなめらか。ノートパソコンでこれだけ液晶にこだわったモデルは少ないです。別途本格的な外部液晶を購入しなくて良いのも、クリエイターには有難いところです。

 

 

予算15万円で買える!おすすめのパソコン【人気No1】

15万円で買えるパソコンのパーツ構成は?

15万円で買える!PC構成の目安

CPU:Core i7
メモリ:16GB
GPU:GTX1660、RTX2060など
ストレージ:SSD+HDD

15万円前後のパソコンはとても人気があります。性能が申し分なく、RAW現像、映像編集などのクリエイティブな作業も快適です。グラフィックの性能も高くなってくるので、ゲームを快適にプレイしたりといった目的にも向いています。

とは言え、全てのパーツを完璧にするには予算がやや不足します。ご自身の目的に合わせて、必要なパーツにマトを絞って予算をかけるようにしましょう。RAW現像ならCPUやメモリ、ゲームならグラフィックといった具合ですね。

この価格帯の優先度は「SSD」「メモリ」「CPU」「グラボ」の順番で決めていけば良いと思います。

おすすめな人
  • 写真・動画編集、イラスト、ゲームなど多用途に使いたい人
  • コスパの良いパソコンが欲しい人
  • 人気のあるパーツ構成から選びたい人

この価格帯はとにかくラインナップが多いので、おすすめできるパソコンも多いです。パーツ構成や、特徴のバラつきなんかにも驚かれるかもしれません。

みんなが好んで選んでいる」という理由もわかってもらえるのではないでしょうか。

 

ドスパラ ガレリアXT 

ドスパラ ガレリアDS

Core i7×GTX1660Tiで快適動作!

  • Core i7-8700搭載
  • GeForce GTX1660Ti搭載
  • カスタムしても2日で出荷!

価格(税抜):129,980~

 

Minecraft for Windows 10 Master Collection 同梱版として販売されている、ドスパラのガレリアXTシリーズです。CPUとグラフィックは、もはや定番というくらい人気が浸透している構成です。キャンペーン期間中に限りますが、メモリとSSDがアップグレードされていますので、気になる方はお早目に!

 

 

G-Tune NEXTGEAR-MICROシリーズ

黄金コンビCore i7×GTX1660搭載!

  • Core i7-9700FとGTX1660の人気コンビ!
  • 高コスパのゲーミングパソコン!
  • 業界で受賞歴をもつ実績のあるモデルの後継機!

価格(税抜):144,800〜

 

CPUには第9世代のCore i7-9700Fと、新登場のグラボGTX1660を搭載している人気のあるパーツ構成です。メモリも16GBで、SSD搭載ですのでスキがない構成に仕上がっているのも魅力的です。RAW現像や、映像編集に使っていきたいですね。

 

 

フロンティア GAシリーズ(セール品)

 フロンティア GAシリーズ

RTX2070搭載マシン!

  • 第9世代CPUCore i7-9700F搭載
  • GeForce RTX2070搭載
  • 台数限定のお得すぎるパソコン!

価格(税抜):144,800〜

 

15万円を切る価格で、RTX2070を搭載してしまった激安パソコンです。セール対象で台数限定ではありますが、あまりにお得です。最新のゲームを快適に遊んだり、4K動画編集を視野に入れている人におすすめです。

 

 

パソコン工房の「Quadro」搭載PC!SENSE-S0B6-i7-QER

SENSE-S0B6-i7-QER

本格派にはQuadro搭載がおすすめ!

  • グラボにQuadro P1000(4GB)搭載
  • Core i7-8700×16GBメモリを搭載
  • デスク周りの場所を取らないスリムタワー!

価格(税抜):149,980〜

 

10bitの出力に対応したQuadro搭載のスリム型デスクトップパソコンです。写真本来の色を再現できるので、見た目にも近い編集が楽しめます。ただしモニターやソフトと言った環境面も整える必要が出てきますので、追加での投資が必要になるのがネックです。筐体が小さいので小さいパソコンが欲しい人にもおすすめです。一方で拡張性が乏しいのも気になる点ですが、構成は出来上がっていますので大きく困るといったことはないでしょう。

 

 

ドスパラ ガレリア GCF1060GF

GALLERIA GCF シリーズ

ドスパラ人気NO1のノートPC!

  • GeForce GTX1060搭載
  • 144Hzディスプレイ搭載!
  • 外出先で動画編集も可能!

価格(税抜):139,980〜

 

ガレリアGCFシリーズは、ドスパラで人気のゲーミングノートパソコンです。13万円台という価格帯ながら、ミドルクラスのグラフィックを搭載。しかも144Hzの液晶まで搭載されているので、ゲームに最適化されているモデルと言えます。人気No1の実績は伊達ではありません!

 

 

DAIV NG4300シリーズ

DAIV ng4300

わずか1.13kgなのに高性能!

  • Core i7×MX250搭載!
  • 約14時間のロングライフバッテリー
  • NTSC比 約72%液晶搭載で色再現にも優れる!

価格(税抜):149,800〜

 

ノートなのにデスクトップCPUを載せてしまったハイパフォーマンスノートPCです。処理能力が高いので外出時でもパフォーマンスが必要なクリエイティブ作業を猛プッシュしてくれます。液晶パネルにもこだわり、Adobe RGB比98%ですから正確な色で作品を仕上げることができます。密かに120Hzのリフレッシュレートにも対応しているのが魅力です。性能・液晶ともにここまでこだわりを感じるノートは他にちょっとありません。

 

 

フロンティア GAシリーズ(セール品)

 フロンティア GNシリーズ

処理能力の高いノートPCが安い!

  • 第9世代CPUCore i7-9750Hを搭載!
  • GeForce GTX1660Tiで映像処理にも強い!
  • Intel製SSD搭載でサクサク動作!

価格(税抜):125,800〜

 

ノートパソコンで処理能力を高めると、どうしても高価になりがち。しかしフロンティアのGNシリーズは、なんと税別12万円台で購入できてしまいます。512GB のIntel製 M.2NVMe SSDを搭載しているのも見逃せないポイントです!

 

 

予算20万円で買える!おすすめのパソコン

20万円で買えるパソコンのパーツ構成は?

20万円で買える!PC構成の目安

CPU:Core i7~
メモリ:16GB
GPU:RTX2060やRTX2070
ストレージ:SSD+HDD

人気のある15万円前後のパソコンよりも1ランク上です。実は20万円前後のパソコンも、クリエイターの支持を集めている人気の価格帯です。

趣味の領域としては上限あたりにきますし、このクラスを使う人はこだわりも強いはずです。処理能力を高めたり、快適性を求めたり、冷却性、静音性にこだわってみたりといった人も多いのではないでしょうか。

CPUは最新のCore i7が選べるでしょうし、グラボやメモリ容量にこだわっても予算があまってくるケースもあるかもしれません。そういう意味では、パソコン選びが楽しい価格帯でもあります(笑)

おすすめな人
  • 一歩先を行きたいクリエイター
  • 重たい処理に負けないパソコンが欲しい人
  • 日常的に製作活動をしている人
  • 最新・高性能なパーツ構成から選びたい人

4K動画編集、最新ゲームをプレイしたいといった人はこのクラスがおすすめです。また高画素フルサイズの重たいデータをぶん回すのも、このくらいの価格帯から選ぶほうが快適です。快適性を高めるためにも、メモリ容量やSSDの品質(速度)にもこだわりたいところですね!

 

DAIV-DGZ530シリーズ

第9世代CPUのパワーを感じる!

  • Core i7-9700K、RTX2060搭載!
  • クリエイター向けのDAIVのニューモデル!
  • 大量のRAWも動画も快適処理!

価格(税抜):199,800〜

 

DAIVはクリエイターの意見を取り入れてデザインされている、クリエイターのためのパソコンです。筐体が武骨でカッコイイですし、処理能力ももちろん高いです。国内生産で、アフターサービスも手厚いので安心感もあります。実際に使ってみましたが、その性能には感動しました!

 

 

NEXTGEAR-MICRO im620GA1

新世代CPUなのにお手頃価格!

  • 第9世代CPU Core i7-9700K搭載
  • GeForce RTX2070搭載
  • シンプルかつメンテナンスに優れた筐体!

価格(税抜):199,800〜

 

Core i7-9700KとRTX2070を搭載したゲーミングパソコンです。RTX2070はよりリアルな描画を楽しめるので、本格派のゲーマーにおすすめです。メモリ容量は16GBなので、快適性を高めるなら32GBにしてみるのもアリだと思います。

 

Ryzen CPUを搭載したNEXTGEAR-MICROも使ったことがあります。その時の構成は10万円でしたが、価格以上のパフォーマンスを見せてくれました。⇒NEXTGEAR-MICROのレビューを見る

 

パソコン工房の「Quadro」搭載PC!SENSE-R039-i9K-QZR

本格派にはQuadro搭載がおすすめ!

  • グラボにQuadro P2000(5GB)搭載
  • Core i9-9900K×16GBメモリを搭載
  • カスタマイズ性に優れたミドルタワー!

価格(税抜):193,980〜

 

10bitの出力に対応したQuadro搭載のミドルタワー型のデスクトップパソコンです。写真本来の色を再現できるので、見た目にも近い編集が楽しめます。ミドルレンジのグラフィックではありますが、補助電源もいらないのが嬉しいところ。なんと言っても最強のCPU「Core i9-9900K」が搭載されているので、どんな作業もサクサクです。これでダメなら諦めましょう(笑)

 

 

最新のグラフィック搭載!ドスパラのガレリア XF

これからの映像クオリティ!

  • 新時代のGPU!GeForce RTX2070搭載
  • 8コア8スレッドのCore i7-9700K搭載
  • セール対象にもなりやすい人気モデル!

価格(税抜):179,980~

 

BTOショップのドスパラは、圧倒的にゲーミングマシンが強いです。特に上位3位までにランキングしているパソコンが売上のほとんどを占めるなんて話も聞きます。そしてその堂々の第一位がガレリアXFです。リアルレイトレーシング技術を搭載したRTX2070を搭載し、よりリアルな描写を楽しむことができます。人気モデルだけあって頻繁に割引や、パーツのグレードアップ対象になっています。ある意味で価格やパーツ構成も変わりやすいモデルなので、変更があればご容赦ください。

 

 

DAIV-NG5810シリーズ

DAIV ng5810

映像処理に強いノートPC!

  • Corei7-9750H×RTX2060を搭載
  • 4K映像処理にも対応する処理能力!
  • NTSC比約72%で色再現にも優れる!

価格(税抜):199,800〜

 

どうしてもデスクトップは置けない、でも処理能力は捨てられない。そんな贅沢な悩みに答えたのがDAIVのNG5810シリーズです。CPUが第9世代のCore i7-950Hに切り替わり、さらに処理能力を高めています。

 

 

予算25万円で買える!おすすめのパソコン

25万円で買えるパソコンのパーツ構成は?

20万円で買える!PC構成の目安

CPU:Core i7 or Core i9
メモリ:16GB or 32GB
GPU:RTX2070~
ストレージ:SSD+HDD

25万円のパソコンになれば、性能的な不満はまず出てこないはずです。実際に僕もテストで使わせてもらいますが、感動を覚えることはあってもストレスを感じることはありません。

ありとあらゆる作業が異次元に快適になってきます。10万円のパソコンの半分の時間で処理が終わるなんてこともザラです。そういう意味では、時間的なコスト節約が可能になってきます。日常的に編集作業に追われているような人や、クリエイターのたまごとしてプロフェッショナルな環境構築を目指されている人におすすめです。

おすすめな人
  • プロフェッショナルな環境構築を目指す人
  • 重たい処理を日常的にしている人
  • より高度な製作活動にあたる人
  • 最新・高性能なパーツ構成から選びたい人

趣味で使うなら20万円以下のパソコンで事足るでしょうが、仕事ならそうはいきません。処理能力の高さをより求めたり、色再現に優れたQuadroが必要になることもあるでしょう。そういう意味でお仕事の領域にかかってくると言えるかもしれません。

 

DAIV-DGZ530シリーズ!DAIV-DGZ530S3-SH2-RAW

RAW現像専用機としておすすめ!

  • Corei7-9700K×RTX2070を搭載
  • 4K映像処理にも対応する処理能力!
  • 32GBの大容量メモリを搭載!

価格(税抜):239,800〜

 

マウスコンピューターで人気のクリエイターモデルのDAIVのデスクトップが新しくなりました。第9世代「Core i7-9700K」と、RTX2070の新技術てんこ盛りなパソコンになっています。ベンチテストの結果ももちろん良いですが、実際にRAW現像や、動画編集で使ってみた時の処理の速さに感動します。

 

 

G-Tune NEXTGEAR i670PA1-SP2

G-Tune MASTERPIECEシリーズ

Core i7-9800X搭載!

  • Core i7-9800X×RTX2070搭載
  • 水冷クーラーを標準搭載
  • CPU性能にこだわりたい人に!

価格(税抜):259,800〜

 

マウスコンピューターのゲーミングブランドのG-Tuneからの登場です。MASTERPIECEは、フロント側に赤いラインを設けたスタイリッシュなデザインです。Core i7-9800X搭載なので、CPU依存率の高いクリエイティブな作業にも最適です。

 

 

ドスパラ GALLERIA ZG

Core i9-9900KF×RTX2080搭載!

  • 圧倒的処理能力で全てが快適!
  • RTX2080搭載で映像処理にも優れる!
  • セール対象にもなりやすい人気モデル!

価格(税抜):219,980~

 

ドスパラの人気No3のパソコンは、本格的な処理能力を持っていました。Core i9とRTX2080の組み合わせなら、処理能力もグラフィック性能も満足がいくはずです。メインストレージは512GB NVMe SSDなのも嬉しいですね。

 

 

予算30万円以上で買える!おすすめのパソコン

30万円以上で買えるパソコンのパーツ構成は?

20万円で買える!PC構成の目安

CPU:Core i9
メモリ:32GB~
GPU:RTX2080~Quadro RTX
ストレージ:SSD+HDD

30万円をこえるようなパソコンを買う人っているの?と思うかもしれませんが、プロ意識の高い人なら平気で買います。むしろこのくらいのパソコンでないと、ご本人が目指される世界観を表現できない可能性だってあります。

実際にこのサイトを経由して売れていくパソコンを分析してみると、結構な割合で売れています。よくよく考えると、僕が大好きなカメラだってウン十万円なんて平気でしますもんね・・・趣味だからこそ、本気で選びたいという人もいるでしょう。

おすすめな人
  • プロとして活動しているクリエイター
  • パソコンをノンストレスで使いたい人
  • 自分の世界を表現するような製作活動をしている人

このクラスになってくると、さすがに選択肢としては狭くなってきます。30万円以下の価格帯で販売されているパソコンをカスタマイズするのも1つの手かもしれません。

しかし、このクラスのスペックを見ているだけでニヤニヤが止まりません。お化けじみた性能の物もたくさんありますね(笑)

 

Quadro RTX搭載!DAIV-DQZ530シリーズ

Quadoro RTX5000搭載!

  • Core i9-9900K搭載
  • 水冷CPUクーラーを搭載!
  • もはや専門職!とことんこだわり派のあなたへ!

価格(税抜):479,800〜

 

DAIV最強のデスクトップパソコンです。グラフィックにQuadro RTXシリーズを搭載し、最も高いモデルは100万円オーバーという、浪漫あふれるパソコンです。

 

 

DAIV最強のノートPC!NG7700シリーズ

DAIV ng7700

Adobe RGB100% 4K-UHD液晶搭載!

  • Core i7-9700K×RTX2080を搭載
  • 4K映像処理も楽々こなす処理能力!
  • 17.3型の高品質ディスプレイが素敵!

価格(税抜):384,800〜

 

DAIV最強のノートパソコンが、NG7700シリーズです。デスクトップCPUを搭載し、上位モデルにはCore i9-9900Kも選べます。RTX2080搭載なので、重たい画像だろうと、動画であろうと快適な処理が約束されています。Adobe RGB100%なのも嬉しいですね!ただし4kgを超える重量と、約2時間しか動作できないバッテリーがネックです。

 

 

最後にひとこと(お得情報)

  • 予算に合わせて理想のパソコンを見つけよう!
  • 悩んだ時は1ランク上のパソコンを選ぶのがおすすめ!

パソコン選びは「旬」が変わりやすく、最適な答えに至るのは容易ではないかもしれません。そんな時は、マトを絞って選択していくのがおすすめです。今回は「予算」というアプローチをしましたが、CPUやグラフィックの性能などの記事も準備する予定です。お楽しみに!

パソコン関連記事

ぜひ参考にしてみて下さい。最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、Leica X Varioを愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2019 All Rights Reserved.