カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

【予算10万円】写真編集・RAW現像におすすめのパソコン

 
  2018/08/24
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

初心者にとってパソコン選びは、クリアする課題が多いです。その1つが予算です!

今回は「10万円で買える激安の写真編集用パソコン」というテーマで書いていきたいと思います。

=キャンペーン開催中=

パソコン工房

10万円で買えるパソコンのパーツ構成は?

写真編集用パソコンとしては、最も安いランクになります。

まず気を付けておきたいのが、「写真編集(RAW現像)におすすめBTOパソコンメーカー」で紹介しているようなショップさんは、基本的に消費税、送料が入っていない価格で表示されています。

実際にカスタマイズ画面に行くと「あれ?高くなってる」なんてことになりかねません。予算が予算なので、CPUやメモリ、グラフィックボードで希望に添えない場合も出てくるかもしれません。

この価格帯の優先度は「SSD」「CPU」「メモリ」「グラボ」の順番で決めていけば良いと思います。

 

CPUは「Corei5」の最新世代を!

パソコンの頭脳ともよばれるCPUは、できれば最新の世代のものを選択しましょう。

CPUはパーツの中でも予算をとるので、仮に「Core i7」にしようと思うと、数万円アップしてしまいます。

予算が10万円なら、現実的に「Core i5」が候補になります。

 

例えば「Core i5 8400」というCPUは、従来のCore i7と同等かそれ以上のパフォーマンスとも言われています。

安いからと言って悪いものではありません。オンラインゲームなどの、それなりに負荷のかかる処理もこなしてくれます。

 

メモリは8GBでも仕方ない

軽めの作業であれば8GBでも良いのですが、写真編集用パソコンとしては、16GBは欲しいところです。

8GB⇒16GBにカスタマイズしようとすると、12000円前後は費用がかかります。パーツ構成に余裕があれば、アップするようにしましょう。

ただし、予算的に8GBしか選べないというのも、十分にありえます。

 

グラフィックボードは「GTX1050」「GTX1050Ti」!

写真編集用なら、GTX1050で十分です。

動画編集や、少し重めのゲームをしたい人は、上位モデルの「GTX1050Ti」を選択するようにしましょう。

これ以上のグラボを求めるのは予算的に無理だと思います。

 

SSDだけは譲らない!

10万円以下のパソコンで、一番ネックになるのはストレージです。HDDしか搭載されていないパソコンは「動作がもっさり」します。

これをSSDに変えるだけで、パソコンの立ち上がりも、ソフトの起動もサクサクになります。非常に快適なので、最重要ポイントとして考えましょう。

多少予算が上がったとしても、最低240GBのSSDは欲しいところです。

スポンサーリンク

 

予算10万円で買える!おすすめのパソコン

ドスパラ ガレリアDS

 
  • インテル Core i5-8500
  • 8GB DDR4-2666(PC4-21300)
  • GeForce GTX 1050 搭載
  • ハードディスク : 1TB
  • DELTA 450W 静音電源 (80PLUS BRONZE )

ドスパラのガレリアDSは驚異的なコスパが魅力のパソコンです。

CPUは人気のインテル製のCore i5が搭載!さりげなくワンランク上のパーツが使われているのも嬉しいポイントです。メモリも高速で、電源もこだわっているので安心感があります。

性能がそこそこ良いのに価格は8万円台~(税別)ですので、コスパの高さは素晴らしいものがあります。必ずカスタマイズでSSDにしておきましょう。

商品は2日程で出荷してくれますので、故障などで急いでいる時は嬉しいですね。

 

G-Tune NEXTGEAR-MICRO am540 シリーズ

 
  • 驚きの7万円台!(税別)
  • AMD Ryzen™ 7 1700 プロセッサー
  • GeForce® GTX 1050 (2GB)
  • 8GB PC4-19200 (8GB×1)
  • 1TB Serial ATAIII 7200rpm
  • 電源 : 500W 【80PLUS® BRONZE】

G-TuneのNEXTGEAR-MICROシリーズは、最安値級の7万円から写真編集用のパソコンが買えます!

CPUには、AMDの上位モデル「Ryzen7」が使われていますし、メモリも8GB搭載ですから編集作業は十分こなせます。

電源容量も余裕がありますし、長期間安定した動作を約束してくれています。記憶容量がHDDなので、そこだけSSDに変更してあげると起動が速くてキビキビ動くパソコンになります。

G-TuneはマウスコンピューターのゲーミングPCブランドなので、カスタマーサービスも24時間受付で安心感があります。

 

パソコン工房 SENSE-15FX078-i7-LNSV

 
  • Core i7-7700HQ
  • GeForce® GTX 1050 (2GB)
  • 8GB PC4-19200 (4GB×2)
  • 240GB M.2 SSD + 1TB HDD
  • 15.6型フルHD液晶

 

ノートパソコンで最もおすすめしたいのが、パソコン工房の「SENSE」シリーズです。SENSEはイラスト・画像・動画・音楽などのクリエイター作業向けのパソコンになっています。

性能を見ると高性能な「Core i7」が搭載されています。

今回紹介したモデルの中で唯一、最初からSSDが搭載されています。しかもより高速なデータ転送が可能なM.2規格に対応しています。さらに1TBのHDDもついているので、ストレージの心配は要りません。

メモリ以外は全てパーフェクトな構成で、価格が9万円台(税抜き)なのでコストパフォーマンスの良さが光ります。

もちろんカスタマイズ可能なので、ここからさらに性能を高めることもできます。

 

パソコン関連記事

 

最後にひとこと(お得情報)

  • 予算10万円はパーツ構成で不足が出るケースも!
  • パーツはSSDを最優先にカスタマイズしよう!

予算10万円のパソコンと言えども、静止画の編集だけなら十分にこなすことが可能です。

自力でパーツ交換ができる人なら「ドスパラのMagnate IMを強くおすすめします。なぜなら最新の「Core i5」が搭載されて、相場よりもかなりお安く購入できるからです。これを母体にSSDを搭載したり、グラボを追加してあげれば、10万円以下で高性能なパソコンが仕上がるからです。

少し予算をあげれば、より好みのパソコンが見つかるかもしれませんので「予算15万円でおすすめのパソコン」も参考にしてみてください。

ぜひ参考にしてみて下さい。最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.