カメラ・パソコン・ガジェットなどの情報発信ブログ

※当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています
※当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています

白でおしゃれなノートパソコン「DAIV R4」登場!専用グラフィックも搭載してゲームも楽しめる

はるか、アイコン
WRITER
 
DAIV R4,ブログ,レビュー,感想,購入,開封,比較,価格
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

マウスコンピューターの「DAIV R4シリーズ」(DAIV R4-I7G50WT-A)を紹介します。(製品貸出元:株式会社マウスコンピューター)

14型フルHD(1,920×1,080)を採用したクリエイター向けノートパソコンです。Core i7-12650H×GeForce RTX3050を搭載しておりパフォーマンスはそこそこ高く、軽めの高解像データ編集やオンラインゲームも楽しめます。重量も約1.42kgと軽く、ホワイトのカラーリングがおしゃれで持ち出したいという気持ちにさせてくれるモデルです。

公式サイトでは「期間限定のセール品」「アウトレットモデル」「店舗即納モデル」などお得に購入できるパソコンが多数用意されています!合わせてチェックして下さい。

※記事では独自に集計したデータを活用する場合があります

DAIV R4 特徴・スペック

DAIV R4,ブログ,レビュー,感想,購入,開封,比較,価格

マウスコンピューターの展開するブランドは、一般向けの「mouse」、ゲーミングの「G-Tune」、クリエイター向けの「DAIV」とあります。

今回紹介する「DAIV R4シリーズ」は、クリエイター向けブランド「DAIV」の新モデルです。

DAIV R4,ブログ,レビュー,感想,購入,開封,比較,価格

CPUは10コアのCore i7-12650H、GPUにGeForce RTX3050を搭載します。高めの処理能力をコンパクトな14型クラス(約1.42kg)に凝縮しているため、持ち出してRAW現像や動画編集といったクリエイティブ作業が行えるのは魅力です。

DAIV R4,ブログ,レビュー,感想,購入,開封,比較,価格

DAIV R4,ブログ,レビュー,感想,購入,開封,比較,価格

バッテリー駆動時間も約11.5時間と長く、Thunderbolt 4やUSB PD対応機器が使えるのもポイントです。またフルサイズSDカードリーダーを標準搭載しているのでフォトグラファーをはじめデータ転送の機会が多いクリエイターには助かります。

DAIV R4,ブログ,レビュー,感想,購入,開封,比較,価格

sRGB比 100%の広色域パネルなので色再現、正確性も信頼がおけます。イラスト、写真、動画編集、WEBコンテンツ制作など様々な用途で使えるでしょう。

DAIV R4シリーズの特徴はこんな感じです。

  • 14型フルHDモニター採用(sRGB比 100%)
  • Core i7-12650H搭載
  • GeForce RTX3050搭載
  • ホワイトの筐体がおしゃれ!
  • クリエイティブ作業もカバーできる
  • 税込¥169,800-からとコスパ良し!

公式サイトで行われている「期間限定のセール品」「限定クーポン」などの対象に入れば15万円台も狙えるかもしれません。合わせてチェックしてください。

はるペン
学生さんにもおすすめです

 

DAIV R4 性能チェック

CPU性能:Core i7-12650H

mouse K5,レビュー,比較,性能,おすすめ,クチコミ,ブログ,Core i7-12650H

CPUはCore i7-12650Hが採用されており、Core i7-10750Hと比較すると最大で90%以上の性能アップが期待できます。

参考までにPassMarkのデータを掲載しましたので参考にしてください。

CPUスコア
Core i7-13700H29653
Core i7-12700H26808
Core i7-12650H24647
Core i7-10750H12617
Ryzen 7 7735HS24391

Core i7-12650HとCore i7-12700Hの差は約10%ほど、Core i7-13700Hとは約20%ほどスコアを落としますが、体感的にもそこまで大きな差がある印象はうけませんでした。旧世代(Core i7-10750H)との差は2倍近くになっており、パフォーマンスは高めといって差し支えないと思います。

どうしても最新モデルじゃないとダメとか、ベンチマークテストの結果を神経質にとらえる人には向きませんが、ライト層から一歩上を狙えるのは間違いないでしょう。

 

RAW現像の処理時間を計測

モデルCPU時間
DAIV S4Core i7-13700H2分29秒
G-Tune E5-165Core i7-12700H2分48秒
DAIV R4Core i7-12650H2分40秒
DAIV 5NCore i7-11800H3分04秒
mouse K5Core i7-10750H2分29秒

Core i7-12650Hの100枚のRAW現像処理時間は2分40秒ほどで、Core i7-12700H/Core i7-13700Hとの差は小さいです。Core i7-12650Hは上位CPUと比較してマルチ性能はやや低いものの、シングル性能は申し分ないため多くの作業で快適性を得られるからです。逆に動画編集などでは差がついてしまう可能性があります。

 

動画編集性能もチェック

ミラーレスカメラで撮影した5分程度の動画をResolveで書出す時間を計測しました。

モデルパーツ構成時間
DAIV S4Core i7-13700H×RTX40601分24秒
G-Tune P6Core i7-12650H×RTX40501分26秒
DAIV 6P-RTCore i7-12700H×RTX3050Ti1分38秒
DAIV S4Core i7-1260P×GTX16504分09秒

書き出し時間的にはDAIV 6P-RTよりも少し遅い程度になるかと思いますが、フルHDならそこまで差は生まれないと思います。

性能的に軽めの高解像動画編集なら耐えられると思いますが、あくまでもフルHDクラスをカバーする程度と考えておくほうが無難でしょう。4K編集はできたらラッキーくらいの気持ちでいるほうが良いかもしれません。本格派のサブやライトユーザー向けという位置づけでしょうね。

 

GPU:ゲーミング性能

DAIV R4はGeForce RTX3050搭載しています。

G-Tune P6,レビュー,ブログ,評価,性能,口コミ,価格,比較,

モデル設定結果
G-Tune P6-I7G60BK-A
(RTX4060)
1920×1080(標準設定)12910(非常に快適)
3840×2160(標準品質)4457(普通)
G-Tune P6-I7G50BK-A
(RTX4050)
1920×1080(標準設定)11543(とても快適)
3840×2160(標準品質)4111(普通)
DAIV R4-I7G50WT-A(RTX3050)1920×1080(標準設定)7131(普通)
mouse K7
(GTX1650)
1920×1080(標準設定)5552(やや快適)

FF15フルHD(標準設定)であれば普通という結果になっています。さすがにGeForce RTX4050以上を搭載するような本格的なゲーミング性能はありませんが、カジュアルにゲームを楽しむ程度なら十分だと思います。

GeForce GTX1650あたりのエントリークラスだと画質を調整(我慢)して遊ぶ必要もありましたが、そういう意味でのストレスはかなり軽減されると思います。人気のバトロワ系とかなら結構遊べちゃうんじゃないですかね。

性能もモバイル性も重視したいのであれば「DAIV S4シリーズ」もおすすめですよ!

DAIV S4レビュー!第13世代CPU×GeForce RTX4060搭載のハイパフォーマンス軽量ノートPC

DAIV R4 感想/評価

メリットデメリット
・そこそこ高いパフォーマンスを発揮
・ホワイトカラーがおしゃれ
・予算と性能のバランスが良い
・ライト層から一歩上を狙える
・こだわっていくと不満が出るかも
・採用パーツが旧世代
・もっと軽いモデルもあるよね
・動作音はやや大きいかも

DAIV R4シリーズの良い所は、そこそこ高いパフォーマンスを持ち歩ける点ですね。自宅での仕事、オンラインゲームなど、パソコンを使用するタイミングっていつでもありますし、思い立った瞬間に使えるのはめちゃくちゃ便利だと思います。これまでのライト層よりも一歩上の性能は確実にあると思いますし、ある程度のところまでは性能的にも耐えられるはずです。

逆にこだわりが強くなってきたら性能不足を感じる可能性もあるのが怖いところでしょうか?特にグラフィック性能はフルHDクラスをカバーする程度なので、もう少しアレコレしたいと思うならRTX4000番台などの最新パーツを採用したモデルを選ぶことをおすすめします。

 

DAIV R4はこんな人におすすめ!

DAIV R4,ブログ,レビュー,感想,購入,開封,比較,価格

  • そこそこの処理能力が欲しい人
  • 持ち歩く機会が多い人
  • RAW現像や動画編集もしたい人
  • 息抜き程度にはゲームをしたい人
  • おしゃれなPCが欲しい人

マウスコンピューターのDAIV R4シリーズは、初心者~中級者あたりにおすすめのモデルだと思います。

そこそこ高い性能をもっているので、写真や動画の編集やゲームなど広い用途で使えます。14型で持ち出しもしやすいですし、気楽にアイデアを形にできるのはポイントが高いですね。フットワークと性能をバランスよく配合していますし、価格も約17万円と良心的。さらに標準で3年間のメーカー保証がつく安心感もあります。学生さんのはじめての1台としても最適だと思いますよ!

関連リンク

>>>パソコン関連記事をもっと読む

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© はるふれ , 2024 All Rights Reserved.