(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

RAW現像(写真編集)に必要なスペックは?おすすめのパソコンも合わせて紹介

はるか
WRITER
 
RAW現像パソコン
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
カメラ情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-T4、X100Vを愛用中。子供の写真やお花をメインに撮影しています。
詳しいプロフィールはこちら

RAW現像に必要なパソコンのスペックについて考えてみたいと思います。後半には「RAW現像(画像編集)におすすめのパソコン」も書いていますので参考にしてみて下さい。

パソコン選びは専門用語も多く「難解だ」と思う人が大半のようです。知識がないと自分に必要なスペックが割り出せないため、本来の目的が達成できないパソコンを買ってしまったり、無駄に予算をかけてしまったという話も聞きます。また「カメラは最新なのにパソコンは数年前のものを使っている」という人が多いようです。それではなかなか快適に作業することができません。

僕はパソコンメーカーさんの協力を得てレビューを書かせてもらう機会も多く、売れ筋や人気のパーツ構成なんかも割とよく耳にしています。ですので「RAW現像にトライしたい」「作品作りをしたい」「もっと写真の勉強をしたい」という人たちがパソコン選びに苦労しないように、この記事を用意しました。できるだけ難解な用語もわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

かなり長くなってしまったのでブックマークしてもらうか、目次から気になる項目をチェックして読んでもらうと良いかと思います。

目次

キャンペーン開催中

はるふれ はるかめら マウスコンピューター 限定パソコン

はるふれ限定のパソコンは、公式サイトよりもお得感が出るようにモデルを定期的に入れ替えています。そうすることで読者様に還元できればと考えております。

はるかめら限定モデル
  • DAIV 5N:デスクトップにも引けをとらないノートパソコン
  • DAIV 4N:14型液晶、GPU搭載、約1.09㎏の軽量モデル!モバイル特化のノートパソコン
  • DAIV Z7:高解像データに負けないハイパフォーマンスモデル!

※内容は変更する可能性がございます

 

RAW現像・写真編集におすすめのパソコンを厳選して紹介

詳しい解説に入る前に、僕が厳選したおすすめのパソコンをご紹介します。手っ取り早くおすすめを知りたいという人もいるでしょう。

ここで一例をあげることで、後の話も理解しやすくなると思います。

 

DAIV Z7(限定モデル)

DAIV DGZ520

新技術満載高パフォーマンスモデル

  • 第9世代 Core i7-9700K搭載
  • GeForce RTX 2060 SUPER
  • 圧倒的処理能力ですべてが快適!

価格(税抜):159,800〜

 

クリエイターに評価されいてる、DAIVのデスクトップが新技術を搭載して生まれ変わった!インテルのCore i7-9700KとRTX2060 SUPERの組み合わせはクリエイターに人気です。当サイト限定販売で、公式サイトよりもお得なモデルです。

はるペン
これさえあれば大丈夫!

 

モバイルにおすすめ!DAIV 4N(コラボモデル)

 DAIV 4N,公式,写真

コラボ史上最高のぶっ壊れコスパPC!

  • 14型モバイルPC(1.09kg)
  • Core i7×MX250を搭載
  • USB Power Deliveryにも対応

価格(税抜):¥109,800

 

はるふれ限定のモバイルPCです。重量わずか1,09kgのボディにCore i7とGPUのパフォーマンスを詰め込んでいます。もともとお得感満載なのですが、コラボ史上最もお得感あふれるPCに仕上がっていますのでご検討ください!

 

ドスパラ GALLERIA XA7C-R70S

ドスパラ、ガレリア

新デザイン採用!高性能PC

  • 第10世代 Core i7-10700搭載
  • GeForce RTX2070SUPER搭載
  • 4K動画編集も快適にできるパフォーマンス!

価格(税抜):169,980〜

 

ドスパラでトップクラスに人気のある構成で、デザインが一新されたばかりのゲーミングデスクトップPCです。ゲームを快適に動作させるために高いパフォーマンスを備えているので、RAW現像や動画編集にも対応できます。ドスパラでは頻繁にセールや無料アップグレードなども行っているので、ぜひチェックしてみましょう。

 

フロンティアの限定セールは宝の山!GAシリーズ

フロンティア GAシリーズ

Ryzen 9搭載で税別13万円台!?

  • AMD Ryzen 9 3900X 搭載
  • GeForce GTX 1660 SUPER(6GB)
  • 32GBメモリ、1TB NVMe SSDでサクサク動作!

価格(税抜):149,800〜

 

Ryzen 9は圧倒的処理能力から人気が集中しており市場では在庫切れが続いているCPUです。高負荷なクリエイティブ作業では、CPU性能がモノを言うので魅力的です。台数限定セール品なので購入できた人はラッキーです!フロンティアは国産PCなので安心感もありますよ。

 

DAIV 5N

DAIV 5N,公式

モバイルで本格的な編集作業が可能!

  • Core i7-10875Hを搭載
  • リアルな映像体験が可能なRTX2060搭載
  • 1,77kgとモバイル可能な重量が嬉しい!

価格(税抜):179,800〜

 

モバイル環境下で高負荷がかかる作業をガッツリしたい人におすすめなのがDAIV 5N(2020年モデル)です。4K解像度を扱えるほどのパフォーマンスをもちながら、約1.77kgと軽く持ち運びも楽です。DAIVのノートパソコンならこれがイチオシです!

 

ネコ弟子
お得モデルは随時更新してお知らせするにゃ

RAW/JPEGってなに?

そもそもRAW現像ってなに?というレベルの方もいるかもしれません。まずは「JPEG」と「RAW」についておさえておきましょう。

  • JPEG⇒カメラ内で生成される一般的なデータのこと
  • RAW⇒センサーが読み取った光をそのままの状態で保存する。情報のデータになるので、ソフトなどを使って写真データに変換する必要がある。情報量が多いため劣化が少なく、好みに合わせて調整することが可能。

基本的にRAW現像はパソコンに要求するスペックが高いということを覚えておきましょう。

安価で性能が低いパソコンを使っていると、いつまでも処理が終わらなかったり、動作がモッサリしてストレスになります。それだとまだ良いほうで、使いたかったソフトが起動しないという事態もあり得ます。購入時に中途半端な選択をしてしまうことで、結果的に大切な時間を失うことになりかねません。逆にオーバースペックすぎると大切なお金を失います・・・

カメラやレンズに投資したいカメラマンにとっては「価格をおさえつつ、必要なスペックを見極める」ことが必要なのです。

自分が投資できる範囲で高性能なパソコンを購入することは、快適に使えることはもちろん、後々の技術に対応できる可能性も高いため結果的に長く使えて安上がりだったということもあります。そんな一筋縄ではいかないパソコン選びも、パーツや使っているカメラから切り込んでいくと見えてくるものがあります。

パソコンのパーツについて簡単におさらいしましょう。

 

RAW現像・写真編集に必要なパソコンのスペックは?

パソコンを構成しているパーツには「マザーボード」「CPU」「メモリ」「グラフィック」「電源」などがあります。1つ1つにグレードや、パーツの特徴があるので全部覚えていくのは大変です。しかし簡単にパーツの性能を見極める方法が存在しています。

それは数字が大きい方が高性能だということです。数字が大きくて価格が同じなら、数字が大きい方を選びましょう。ざっくりとおすすめのパーツ構成をあげるとこのような感じです。

おすすめのスペック
  • CPUはCore i7を推奨!
  • メモリは16GB以上を選ぼう!(高画素機なら32GBがおすすめ)
  • グラボはミドルクラスから選ぼう!(GTX1060、GTX1660Ti、RTX2060等)
  • 保存領域はSSD+HDDのデュアル構成だと安心!

上にあげたスペックを満たすパソコンなら、問題なくRAW現像ができるはずです。むしろRAW現像だけならちょっとオーバースペックなくらいですが、性能に余裕を持たせておくことで動画編集やゲームといった目的にも対応ができますし、数年後も快適に使える可能性も高まります。そういう意味でも余白を持たせておくことをおすすめします。

はるペン
安い買い物じゃないですからね
ネコ弟子
迷ったら数字が大きい方だにゃ!

パーツ特有の数字が存在するので、以後はそれを解説していきます。

 

CPUは依存度が高いので高性能なパーツを選ぼう!

CPUは各パーツへのデータの計算や制御を行う装置で、人間で言う頭脳に当たります。CPUの性能が高いほど高負荷に耐えることができ、処理も速く終わります。RAW現像はCPUの性能に左右されるところが多いので、できるだけ高性能なパーツを選ぶのがおすすめです。そこでまずはCPUの数字の意味について知っておきましょう。

【CPUの数字の意味】

CPU 数字の見分け方

CPUには「Core i7-8700」や「Core i5-8400」といった物があります。数字が大きいほうが高性能だということは「Core i7-8700」のほうが高性能だということがわかります。RAW現像だけならCore i5で十分ですが、扱う枚数が多かったり、高画素機を使っているならCore i7がおすすめです。

数字の中で一番注目して欲しいのが「世代」を表す、4桁の最初の数字です。CPUは世代が変わると一気に性能が上がることもあるからです。例えば「Core i7-7700」と「Core i5-8400」だと、一見Core i7-7700のほうが高性能に見えます。しかし世代ではCore i5-8400のほうが新しいので、性能的にはほぼ互角くらいと言われています。数字の大きさで判断することは大切ですが、数字を見るポイントも大切だということがわかります。

 

メモリ(RAM)は16GBが標準!32GBも選択肢に!

メモリは各パーツの橋渡し的な役割を担います。一時的な処理を記憶・処理することでCPUやメモリ、ストレージ間のサポートをしています。つまり他のパーツが高性能でも、メモリが貧弱だとパソコンは快適に動作してくれません。「メモリは盛れるだけ盛れ」というのが定説だったりもします(笑)

メモリを16GB以上にする理由は、Lightroomが推奨する環境に「12GB以上を推奨」とはっきり書かれているからです。参考→Lightroom Classic CC の最小システム構成

データ容量の大きいRAWを振り回すには、それなりの環境が必要。他のパーツの優先度を落としてでもメモリは16GB確保しましょう。僕が使っているデスクトップもノートパソコンも16GBを搭載しています。16GB以下になると積極的に使いたくはないな・・・という感覚になります。写真を楽しむためにRAW現像を始めたのに、メモリをケチったがために楽しめなくなるなんていうのは本当に勿体ないです。

高画素機を使ってバリバリRAW現像している人や、4K動画編集も快適にしたいなら32GB以上がおすすめです。

はるペン
16GBがこれからのスタンダードぺん

 

HDD/SSDだって速度にこだわりたい!

パソコンにあまり詳しくない人は、ストレージを容量だけで決めてしまいがちです。容量の多いHDDがあれば十分だと考える人は多いですが、SSDは一度使うと二度とHDDには戻れないというくらいパソコンを快適にしてくれます。よほどの事情(なにかわかりません)がない限りはメインストレージにSSDを選ぶようにしてください。

SSDには「SATA SSD」「M.2 SSD」「NVMe M.2 SSD」があり、後者になるほど高速になっていきます。色々テストしてきましたが、SATA SSDとM.2SSDにそこまで差はありませんでした。体感的にはSSDになっていれば十分速いと感じられます。それぞれの速度がどれくらい違うのかを見てみましょう。

HDD 速度

HDDの速度

SSD 速度

一般的なSSDの速度

LITTLEGEAR Cドライブ

高性能なSSDの速度

HDDからSSDにすることで約4倍速くなり、NVMe M.2SSDに至っては26倍も速くなっています。

ストレージをSSDにすることで、パソコンの起動が速くなる、ソフトのインストールが速くなるというメリットがあります。データをしっかり管理できる人なら、容量は256GBもあれば十分でしょう。写真データは外付けHDDや、カスタマイズでHDDを追加して対応します。ただし後々メインストレージ容量が不足すると面倒なので、512GB以上を選んでおくという選択肢もありです。

はるペン
NVMe M.2 SSDはちょっと別格…

 

グラフィックカードはやや優先度低めでOK!だけど?

意外と忘れがちなのが映像系の処理を担当するグラフィックカードです。他にもグラフィックボードやGPUと呼ばれています。一応CPUにも映像処理ができる機能が内臓されていますが、そこまで能力は高くありません。(一部のCPUは内臓されてすらいないので注意が必要)

ですので写真や動画の処理をするなら独立したグラフィックを搭載したモデルを選ぶようにしましょう。

ただ、Lightroomなどの写真編集ソフトのGPU支援もそこまで効果を発揮しないため、静止画編集や製作だけならそこまで性能にこだわる必要はありません

体感的には写真が速く表示されたり、効果が適用されるのが若干速いかな?というくらいです。書き出しの時間もGPU性能で左右しませんので、そこまで心配しなくても良いでしょう。

こちらはPASSMARKが公開しているグラボの性能を表にしたものです。

GPU,GTX1550,GTX1660,比較,エントリー,

静止画ならGTX1650あたりのエントリークラスで十分ですが、余裕をもってミドルクラスのGTX1660(Ti)あたりを選んでおくと良いと思います。フルHDでの動画編集や、ゲームもそこそこ快適に動作するコスパに優れたグラフィックカードだからです。後々自分自身がレベルアップしてきても、性能がよければ長く使っていけますよ!

ノートパソコンの場合は、後からパーツを追加することが現実的にほぼ不可能なので購入時に慎重に選択するようにしましょう。

はるペン
RTX2060はコスパが良いよ!

デスクトップなら、後々不満を感じた頃に交換も可能です。ソフトや機材がアップデートした時に、対応しやすいのも利点の1つですね。

 

プロフェッショナルな(10bit)環境を求めるならQuadroも検討しよう

最近は10bitでの撮影も随分身近になってきました。一般向けの8bit(1677万色)に比べて、10bitだと10億色以上の階調豊かな表現が可能になります。いわゆる自然の色、本来の色に近いっていうやつですね。それを可能にするのが「Quadro」というグラフィックカードです。(高性能なのはお値段が高いので、10bit構築だけなら2万円前後のP620がおすすめ)

10bit環境を構築するためには対応している「カメラ」「パソコン(Quadro)」「ディスプレイ」「ソフト」が必要になります。そして予算がぎゅぎゅーーんとアップします!(グーンなんて可愛いモノじゃない)フォトコン入賞を狙っている人や、セミプロならまだしも、カメラやレンズがたくさん欲しい、僕のような一般の愛好家には高嶺の花です。

8bitと10bitの差はたしかにありますが、よーく見ないと気づかないレベルだと言われています。(普通の人ならまずわからないレベル)そんなことに無理して手をだすよりも、新しいレンズを買うほうが作品に違いは生まれそう・・・個人的には10bit環境を無理して構築する必要はないけど、色域の広い液晶ディスプレイは必要だと感じています。

 

液晶ディスプレイを変えると写真がうまくなる?

パソコン以上に後回しにしてしまいがちなのが液晶ディスプレイです。僕は最近ディスプレイを入れ替えたのですが「自分が撮った写真ってこんなに美しかったんだ」と自画自賛しました(笑)そして改めてディスプレイの大切さを認識しました。

▼僕が使っているBenQのSW240!コスパ抜群です

良いディスプレイとは「色表現に優れている」「正しい色で表示できている」「快調が滑らか」「ムラがない」といったような条件をクリアしているものです。せっかく写真編集をしても「そもそも色が違っているよ」ということになれば全てが無になってしまうからです。そうならないためにも、まずは以下のラインを最低限おさえた製品を準備しましょう。大きな失敗は防げるはずです。

  • 24~27インチ
  • フルHD(1920×1080)以上
  • IPSパネル
  • 色域カバー比(率)が記載されている
  • 5~10万円程度の予算

 

▼価格重視ならこれ一択

フルHDの解像度ですが、上下左右178°の広視野に加え、Adobe RGBカバー率90%(カバー比95%)の広色域が特徴!ブルーライト低減機能やピボットにも対応。スピーカーも内臓されていて3万円前後というお買い得な液晶ディスプレイ。ただしハードウエアキャリブレーションには未対応なので注意!

ネコ弟子
サブに買おうかにゃ

 

カメラの性能で見る必要スペック

パーツのことやディスプレイのことは大体わかったけど「自分はどれを買えばいいの?」というのがわからないですよね。お手持ちのカメラや、目的に合わせて選べるように簡単な表を作成してみました。

 

【カメラとパソコンの相関図】

パソコンの予算と性能

ノートPCだと価格が1ランクアップ

おすすめなのは性能と価格のバランスがとれているスタンダードクラスのパソコンです。RAW現像だけでなく動画やゲームなども快適に動作するクラスになります。価格で言うとだいたい15万円前後です。

この表ではカメラとパソコン両面をむりやり押し込んでいます。そういう意味では、ざっくりしたものにはなりますが、パソコンメーカーさんのパソコンをたくさん使わせてもらった経験から導き出しているのであながち間違いではありません。

自分が使っているカメラと目的に合わせて、性能と価格に見合うものを選んでください。これよりも安くて性能が良いパソコンが見つかれば儲けものですし、多少高価でも性能や付加価値が高ければば当然買いだとも言えます。ぜひ理想のパソコンに出会うための参考にしてみてください。

 

【予算別おすすめパソコン】

予算別におすすめのパソコンもまとめてみました。

予算10万円,15万円,20万円以上も!クリエイターに本当におすすめのパソコンを探してみた

ライト アイコン高いパソコンと安いパソコンは何が違うの?

 

おすすめのBTOショップランキング

パソコンのスペックや価格の目安がついてくると、次は「どこで買うか?」ですよね。結論から言うとネット通販で購入するのがおすすめです

ネットでの販売だと、人件費やお店の家賃などのコストが下げられるのでパソコンの値段を下げても利益が出ます。多くの国産メーカーのように余計なソフトがインストールされているということもありません。「ネットで買うのは心配」と言う人もいると思いますが、最近はチャットやLineで質問ができたりといった柔軟な対応をしてくれます。国内生産にこだわっているメーカーさんもありますし、そうしたメーカーさんから購入すればアフタフォローやサービス面でも心配は無用です。

僕がとくにおすすめだと思うのは、以下の国産メーカーさんです。

海外メーカーも安くて良い製品がありますが、サポートや品質面では国産にかなわないかなというのが素直な印象です。若干組付けが甘かったといった経験もありますし、納期が長い傾向にあるのも気がかりです。そういった細部にできるだけストレスを抱えたくない人は国産をすすめたいですね。

「自己解決できるからとにかく安く」という人なら止めませんが、僕が友人や家族にすすめるなら上記のメーカーから選ぶと思います。

 

RAW現像向けクリエイターモデルならDAIVがおすすめ!

個人的に一番推したいのが、マウスコンピューターが展開するクリエイターモデルの「DAIV」です。

性能と価格のバランスがとても良く、アフターサービスや万が一の故障対応のフォローが素晴らしいと評判です。>>マウスコンピューターの口コミや評判

公式ホームページを見ていても、コンテンツがどんどん追加されて製品の魅力が伝わってきます。製品ラインナップも見るたびに充実していくので、「DAIVはクリエイターモデルに力を入れているんだな」というのが伝わってきます。実際に液晶にこだわり抜いて作られたノートパソコンがあったり、最新のパーツが搭載されているパソコンがみつかるので、友人にすすめるならDAIVかなと思います。

ブランド担当者さんにお話しも聞くことができました!⇒DAIVブランド担当者に直撃インタビュー!

 

ドスパラはデスクトップが圧倒的に強い!

ドスパラ
出典:ドスパラ

ドスパラも人気があるBTOメーカーさんです。特にゲーミングパソコンには定評があり、デスクトップのお得感は目を見張るものがあります。ゲーミングはもともと性能が良いので、RAW現像や動画編集などの作業に向いているパソコンが多いです。デスクトップをコスパ良く買いたいならチェックしておくのも良いでしょう。

2020年7月にデスクトップの筐体をリニューアルし、近未来的なデザインになったのも好印象です。

 

フロンティアは激安セールがアツい!!

フロンティア
出典:フロンティア

意外と知らない人が多いのですが、フロンティアさんは国内(山口県)でパソコンを製造するメーカーさんです。家電量販店のヤマダ電機の系列と言えば、安心感が出るでしょうか。

フロンティアは台数限定セールや、シーズンに合わせたセールを毎日のように開催しています。なのでパソコンが欲しいと思ったタイミングで、いつでも安く買える可能性が高いメーカーさんなのです。

少しでも安くパソコンを買いたいなら一度チェックしてみてください。

 

パソコンメーカーで選ぶ

 

RAW現像におすすめのデスクトップパソコン

コストを抑えて賢くチョイス!DAIV A5

税別11万円台の良コスパ機!

  • Ryzen 7 3700X搭載!
  • 16GBメモリでサクサクRAW現像
  • クラスを超えた処理能力が魅力!

価格(税抜):119,800〜

 

8コア16スレッドのRyzen 7 3700Xを搭載し、エントリークラスとは思えない処理能力を有したモデルです。グラフィックがGTX1650SUPERに切替わり、従来のミドルクラスに近いパフォーマンスを持ちました。初期投資を抑えつつ、定期的にメンテナンスや拡張を繰り返せば長く使えると思います。

 

フロンティアGAシリーズ!台数限定モデル

フロンティア GAシリーズ 

16万円台の本格マシン!

  • Core i7-10700 ×RTX2070SUPER搭載
  • 1TB NVMe SSDで快適サクサク
  • 大量のRAW現像におすすめ!

価格(税抜):164,800〜

 

第10世代 Core i7-10700を搭載したモデルが早くもセールに登場!このクラスならRAW現像、動画、ゲームなどの作業に没頭できます。しかも高速大容量の1TB SSD+2TB HDDを搭載しているので、クリエイターが陥りがちな容量不足も回避できます。

 

 

コンパクトが嬉しい!G-Tune EL-B

LITTLEGEAR 

デスクトップをモバイルする時代!

  • Core i7-9700搭載
  • Radeon RX 5700搭載
  • LANパーティも楽しめる!

価格(税抜):139,800〜

 

小さな筐体なのに高い処理能力を持たせたG-Tune EL-Bです。Core i5からCore i7にCPUが切り替わったので価格が若干アップしました。ハンドルを備えておりイベントなどに持ち出して使うといったシーンも想定されています。CPUよりもグラフィックに予算を割きたい人におすすめのモデルです。

 

カスタムベースとしてもおすすめ!Lenovo Legion T530

lenovo T530

おしゃれで高性能!

  • 多用途に対応できる豊富なラインナップ
  • おしゃれな筐体が魅力のゲーミングタワー
  • GPU無しモデルに好きなパーツを載せて遊ぶのもおすすめ!

価格(クーポン適用時):63,767〜

 

スタンダートクラスの性能で、ちょっとでも安くパソコンが欲しいという人におすすめなのがレノボです。レノボはクーポンの活用でめちゃくちゃ安くなります。はっきり言って価格管理ができているのか謎なくらいです(←失礼)グラボ搭載モデルで10万円以下を狙えるパソコンです。

 

ドスパラの人気モデル!GALLERIA XA7C-R70S

ドスパラ、ガレリア

1位の実力は伊達じゃない!

  • Core i7-10700×RTX2070SUPER!
  • キャンペーン対象ならさらにお得に!?
  • 翌日出荷が可能!

価格(税抜):169,980〜

 

第10世代のCore i7-10700を搭載したゲーミングPCが登場!グラボにはRTX2070SUPERを採用しており、多くの作業を快適にこなすことができます。新筐体は航空機をイメージさせる素材で、冷却性、静音性にも優れています。翌日出荷にも対応してくれるので、急ぎの場合に頼りになる存在です。

 

RAW現像におすすめのノートパソコン

モバイル性抜群!DAIV 4N(はるふれ限定モデル)

DAIV ng4300

モバイル環境で戦うクリエイターに!

  • Intel Core i7-10510U搭載!
  • NTSC比 約72%、sRGB比換算 約102%に相当する高精細ディスプレイ!
  • 12時間駆動+USB PDがモバイルを加速する!

価格(税抜):109,800〜

 

DAIV最小最軽量クラスのノートパソコンがDAIV 4Nです。第10世代のCore i7や専用グラフィックをたった1.09kgのボディに凝縮。モバイル性とパフォーマンスを両立したノートパソコンに仕上がっています。個人的に大好きなPCなので、メーカーさんにお願いしてオリジナルモデルを用意していただきました。直販サイトよりもお得な構成なので、ぜひ検討ください。

 

ノートにもグラフィック性能を!DAIV 5Nシリーズ

DAIV 5N,公式,画像

RTX2060搭載が魅力のノートPC

  • Core i7-10875H×RTX2060搭載
  • 4K解像度のデータ処理にも対応!
  • sRGB比 約100%の色域+1.77kgと軽い!

価格(税抜):179,800〜

 

ノートパソコンにもグラフィック性能をもとめたい!そんな人におすすめなのがRTX2060を搭載したDAIV 5Nシリーズです。モバイル環境でも本格的なクリエイト作業をしたいというユーザーにおすすめの1台です。高性能、軽量化

 

フロンティア XNシリーズ【特価モデル】

フロンティア,XNシリーズ,,

最新パーツ満載のノートパソコン

  • メイン機にできるノートパソコン
  • RTX2060搭載でリアルな表現に強い
  • Core i7-10750H搭載で高負荷な処理も快適

価格(税抜):144,800〜

 

Core i7-10750H×RTX2060を搭載しており、高解像データも快適に処理できる性能をもつノートパソコンです。台数限定ではありますがDAIV 5Nよりも安い14万円台はチャレンジする価値があります。1TB SSDなので容量的にも十分で弱点が見当たりません。在庫切れの場合でも定期的にチェックすることで在庫が復活することもありますよ!

 

 

Intel共同設!GALLERIA GCR2070RGF-QC

ドスパラ GALLERIA GCR2070RGF-QC

スタイリッシュノートパソコン

  • 薄型・狭小ボディでクセのないデザイン
  • RTX2070 Max-Q搭載で映像表現に強い
  • リッチなゲーム体験が得られて満足度も高い

価格(税抜):186,280〜

 

高いパフォーマンスを備えながら、1.87kgと軽量なのがドスパラのGALLERIA GCR2070RGF-QCです。Intelと共同設計されたほか、多数のゲームタイトルの動作を保証している点でも安心感があります。マグネシウム合金の筐体や、144Hzの高リフレッシュレートなど性能にこだわりぬいているので満足度が高い1台です。

 

 

はるふれ限定パソコン販売

 

新着記事・パソコン関連記事

>>もっと見る

 

質問 アイコン  Q&A

最後までお読みいただき有難うございました。

マウスコンピューター/G-Tune

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
カメラ情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-T4、X100Vを愛用中。子供の写真やお花をメインに撮影しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2020 All Rights Reserved.