(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

【Ryzen搭載】DAIV A7をレビュー!コスパに優れたデスクトップパソコン

はるか
WRITER

マウス、コラボパソコン

マウス、コラボパソコン

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
カメラ情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、X-Pro3を愛用中。子供の写真やお花をメインに撮影しています。
詳しいプロフィールはこちら

daiv,ryzen,a7,レビュー

DAIVからRyzen CPUを採用したAシリーズ(A5/A7/A9)が登場しました。

Ryzen CPUはDAIVブランドとしては初採用ですが、そのパフォーマンスの高さから市場からも切望されていたモデルでもあります。今回は、ミドルクラスのDAIV A7をマウスコンピューターさんよりお借りしましたのでレビューしていきます。

写真の現像、動画編集といったクリエイト作業も楽々こなしてくれますし、ゲームも快適。まさに万人におすすめしやすい高スパモデルです!

お得情報

マウスコンピューター/G-Tune

DAIV A7の特徴とスペック

DAIV A7,公式,マウスコンピューター

マウスコンピューターが展開するクリエイターモデルが「DAIV」です。

そのDAIVの中でもデスクトップは高い人気があります。処理能力を必要としているクリエイターにとっては、デスクトップがNo1候補に挙がりやすいというのもよく耳にするお話です。

DAIVのデスクトップはデザインがカッコいいですし、多くのクリエイターの方とコラボして情報を提供してくれるので所有欲も満たしてくれます。

DAIV A7の特徴をまとめるとこんな感じです。

  • Ryzen CPUが初搭載されている
  • グラフィックはRadeon RX 5700が採用
  • Gen4×4接続の爆速SSDが搭載
  • Thunderbolt3対応
  • 税送料別で16万円台という圧倒的コスパ
写真動画編集(FHD)動画編集(4K)ゲーム

処理能力の高さと、デスクトップらしい拡張性を備えた高コスパモデルです!僕としてはDAIVのデスクトップで最も狙い目のモデルだと思います。

はるペン
個人的にはイチオシ!

 

DAIV A7の性能(スペック)

スペック

CPU: Ryzen 7 3700X→Ryzen 9 3900X
グラフィックス:RADEON RX5700(8GB)
メモリ:16GB
ストレージ:1TB NVMe SSD ( Gen4 x4接続 )
電源:700W【80PLUS BRONZE】
サイズ:190×490×490 mm
重量:約9.4kg

カスタマイズでCPUをRyzen 9 3900Xへと変更。12コア24スレッドの圧倒的処理能力を体験してみました。市場ではあまりに人気が高くて供給不足に陥っていますが、マウスコンピューターのBTOなら選べるというのも見逃せないポイントです!

さらにSSDには新規格のGen4を、インターフェースにThunderbolt3を採用して利便性を高めています。

 

より高みへ!Ryzen 9 3900Xへカスタマイズ

DAIV,A7,CPU,Ryzen,Ryzen 9 3900X

CPUは通常だと8コア16スレッドのAMD Ryzen 7 3700Xです。26,800円の追加でAMD Ryzen 9 3900X が選べるので、より高い処理能力を求めるクリエイターには検討してもらいたいところ。

参考までに、一部のCPUと比較した例をご覧ください。(PASSMARKの公開スコアを掲載)

目的CPUスコア
DAIV A7
(カスタム)
Ryzen 9 3900X31946
DAIV A7
(ノーマル)
Ryzen 7 3700X23843
自作PCRyzen 5 360019868
DAIV Z7Core i7-970015943

インテルのCore i7と言えば、これまでの信頼と実績から多くのデスクトップに採用されてきました。それほどのCPUでありながら、最近のRyzen CPUは性能を凌駕してしまっています。

例えばDAIV Z7に採用されているCore i7-9700はクリエイティブな用途に十分使える性能。ですがテスト機のRyzen 9 3900Xと比較すると半分ほどのスコアとなっています…僕が夏にパソコンを自作した際に選んだ、Ryzen 5 3600のスコアにも及びません。

この数値だけで語れない部分もありますが、それでもDAIV A7に採用されているCPUがいかに強力であるかはご理解いただけると思います。

はるペン
インテルさんの反撃がそろそろ見たいよ‥

 

RAW現像でCPUをテスト

無料ソフトのRawTherapeeを使って100枚のRAWデータの一括変換にかかった時間は3分03秒でした。(設定はJPEG品質は90%、高画質です)

RAW現像は、CPUの処理能力に依存する作業です。DAIV A7なら溶けるように処理が進んでいくので、眺めているだけでも楽ししかったです(笑)

いくつかのモデルでも同様のテストをしていますので、参考までに結果をどうぞ。

モデルCPU時間
DAIV A7Ryzen 9 3900X3分03秒
G-Tune EP-ARyzen 7 3700X3分12秒
自作PCRyzen 5 36003分59秒
DAIV DGZ530Core i7-97003分30秒

やはりDAIV A7の処理能力の高さが目立つ結果となりました。

G-Tune EP-Aは、カスタマイズ前のRyzen 7 3700Xを採用メモリを32GB搭載しているのが処理時間の短縮につながっていると推測できます。

どのモデルにしても100枚で30~60秒程度のちがいです。趣味で週末にちょこちょこっと現像というような人はあまり問題にならないかもしれません。逆にお仕事で使うような人、何千枚も現像処理をするような人は時間短縮に大きく貢献してくれるはずです。

 

Radeon RX 5700で余裕を感じるグラフィック性能

グラフィックにもCPUと同じくAMDを採用。なんとなく統一感がるっていうのも気持ちが良いものです。

ミドルクラスモデルなので、GeForceのGTX1660TiやRTX2060あたりを採用していても良さそうに思うのですが・・・メーカーさんの話では、クリエイトモデルなのでVRAMの容量を重視したとのこと。

 

FF15のベンチ結果

FF15,FHD,Radeon rx5700,ベンチ

モデル名GPU画質スコア
DAIV A7RX5700FHD 標準画質とても快適(10089)
G-Tune EP-A4K 標準画質普通(3836)

Radeon RX5700でFF15をテストした結果では、どの解像度でもおおむね快適にプレイができる印象。ミドルクラスとしては存在感があるグラボのように感じます。

気になるのはGeForceとの比較で、だいたいRTX2060と同程度のスコアにとどまっていること。パフォーマンスがほぼ同じで、レイトレ技術に対応していないRX5700を選択する価値ってなんだろう?って考えちゃう。

RTX2060のVRAMは6GBですが、RX5700は8GBなので、そのあたりの影響をどう見るかで判断が変わりそうです。

 

DAIV A7は動画編集に使える?

動画編集には無料ソフトのResolveを使ってテスト。

ミラーレスカメラで撮影した4Kデータを使って、簡単な動画を作成してみました。ソフトの動作も問題なく、テキストの入力、色味の変更、書き出しまでスムーズに終了しました。

驚くのはレンダリングタイムで5分程度の動画を書き出す(4K→FHD)のに1分ほどで処理が終わってしまいました。過去にもちょっと例がないくらいの速さです。さすがマルチコアを武器にしているRyzenといったところです。写真編集よりも動画編集のような処理にRyzenは活きてきますね。

とは言え、グラフィック性能に過信は禁物。RTX2060と同程度の性能であれば、ライトな編集にとどめておくほうが無難という感じがします。

一応4Kは扱えるけど、WQHDくらいの解像度にしといてくれれば余裕をもってカバーできるよ!くらいの性能かなと。

マウスコンピューター/G-Tune

Gen4 SSDで別次元の扉を開ける

DAIV A7に採用されているのは新規格のSSDです。従来のSSDよりも高速な転送速度を実現しているため、扱うデータの多いクリエイターの助け舟になってくれます。

動画の書き出し時間が短かったのも、SSDの性能が左右していると思われます。

DAIV A7,Cドライブ,Gen4

5000MB/sに迫る読み込み速度です。一般的なSATA SSDだと500~600MB/sなので、実に10倍近い速さということになります。パソコンの起動、アプリの立ち上げ、ゲームのローディングなどが短くなり快適性が高まります。

【転送(読み込み)速度理論値】

  • HDD→200MB/s
  • SATA SSD→600MB/s
  • NVMe Gen3→4000MB/s
  • NVMe Gen4→5000MB/s

容量も1TBと十分に感じますが、保存領域にはSSDやHDDを追加してあげたいところです。

マウスコンピューター/G-Tune

Thunderbolt3に対応したインターフェース

DAIV A7,USB,インターフェース
DAIV A7,Thunderbolt3,インターフェース

インターフェースは、HDMI、Mini DisplayPort、USB3.1(Type-A、Type-C)など一通りそろっています。さらにThunderbolt3にも対応し、USB3.0の約8倍を誇る最大転送速度40Gbpsの超高速伝送を実現しています。

デイジーチューンにも対応し、データ転送だけではなく映像出力なども可能に!様々なデバイスとの親和性を高めています。

 

DAIV A7の感想や評価

DAIV A7の良いところ

  • 高い処理能力でクリエイト作業が快適
  • 写真、映像、イラスト、ゲームなどに使える
  • 高速なGen4 SSDでノンストレス
  • Thunderbolt3に対応
  • 最安モデル(A5)なら11万円台から購入可能!

DAIV A7は、高いパフォーマンスを活かして創造的な使い方ができるデスクトップパソコンです。特に芸術分野において、自己表現の幅を広げたいとチャレンジしている人には向いていると思います。

これまでよりワンランク上のパソコンを使って、新しい扉を開ける可能性を秘めていると思いました。

 

DAIV A7のいまいちなところ

  • グラフィック性能がもう一声ほしい
  • 液晶、マウス、キーボードなどが付属しない

記事内にも書きましたが、Radeon RX5700では4K解像度を十分カバーしているとまでは言い切れない印象。そこはもう一声欲しかったというのが本音でしょうか。

あとはデスクトップなので当然でもあるのですが、PC関連機器が付属していません。写真専用のディスプレイや、SDカード、キーボードといったアイテムを追加購入する必要があります。そういう意味ではコストがややかさむかもしれませんね。

後は場所的な問題でノートパソコンのほうが良いかも…という人も少なくないでしょう。

 

DAIV A7をおすすめしたい人

こんな人におすすめ
  • CPUの処理能力を求めたい人
  • グラフィック性能もそこそこ必要な人
  • 写真、動画、イラストなどのクリエイター
  • コスパの高いパソコンが欲しい人
  • AMDが好きだ!という人
  • 予算20万円まででPCを買いたい人

DAIV A7をレビューしてきました。Ryzen CPUを採用したことにより、パフォーマンスとコスパを高めたモデルに仕上がっていると感じます。

特にRyzen 9の処理能力は圧巻なので、余裕があればカスタマイズすることを推奨します。

もう少しグラフィック性能を求めたい人は、GeForce RTX2070 SUPERを搭載したDAIV A9がおすすめです!メモリもスタンダード構成で32GBなのでオイシイかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

マウスコンピューター/G-Tune

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
カメラ情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、X-Pro3を愛用中。子供の写真やお花をメインに撮影しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2020 All Rights Reserved.