カメラ・パソコン・ガジェットなどの情報発信ブログ

※当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています
※当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています

NEXTGEAR最高峰!Ryzen 7 7800X3D搭載モデルをレビューしたらうっかり幸せになってしまった話

はるか、アイコン
WRITER
 
マウスコンピューター,G-Tune,nextgear,デスクトップ,レビュー,NEXTGEAR JG-A7G7S
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

マウスコンピューターの「NEXTGEAR JGシリーズ」をレビューします。(製品貸出元:株式会社マウスコンピューター)

最強のゲーミング向けCPU AMD Ryzen 7 7800X3Dを搭載した最高峰のゲーミング性能をもったパソコンです。Ryzen 7 7800X3D搭載モデルのラインナップは全部で8種類。最安モデルはRadeon RX7600の19万9800円で、最高値はGeForce RTX4070 Ti SUPERを搭載した30万円オーバーのモデルです。(記事執筆時点)

公式サイトでは「アウトレットモデル」「店舗即納モデル」などお得に購入できるパソコンが多数用意されています!合わせてチェックして下さい。

NEXTGEAR JGシリーズ 特徴・スペック

マウスコンピューター,G-Tune,nextgear,デスクトップ,レビュー

マウスコンピューターが展開しているゲーミングブランドとしては、既に「G-Tune」が存在します。NEXTGEARとの違いは、NEXTGEAR がエントリー向けに用意されていること。ゲームを快適に遊ぶのに必要となるスペックを最低限目指し、低価格を実現したのがNEXTGEARのウリです。

標準で3年間保証に加えて、24時間×365日電話サポートもついてくるのでトラブル時も安心。サポート力は国産パソコンだからこそといった感じがしますよね。

 

YouTubeレビュー

YouTubeでもレビューしておりますので参考にしてください。チャンネル登録も是非していってくださいね!

 

NEXTGEAR JGシリーズ ラインナップ

マウスコンピューター,G-Tune,nextgear,デスクトップ,レビュー,NEXTGEAR JG-A7G7S

今回紹介する「NEXTGEAR JG-A7G7S」は、CPUにゲーミング向けのRyzen 7 7800X3Dを採用しているモデルです。 GPUは最高の1つ下にあたる GeForce RTX 4070 SUPERで、価格は約27万円です。GPU意外のパーツは基本的に全て同じで、価格は19~31万円台と幅広いです。予算や目的に合わせてGPUが選択できるのも嬉しいですよね。

NEXTGEARの中で人気があるのは、価格を抑えたい人には12万円台から用意があるRyzen 5 4500搭載モデル、コスパを重視する人はRyzen 7 5700X搭載モデルを選択する傾向があるようです。そのさらに上をいき本格的なゲーミング性能をもつのが、今回紹介するRyzen 7 7800X3D搭載モデルになります。

 

NEXTGEAR JGシリーズ 外観チェック

マウスコンピューター,G-Tune,nextgear,デスクトップ,レビュー

ミニタワーサイズのPCケースを採用し、フロント部分にはXのようなデザインと中央に「NXG」の集合体のようなブランドロゴがあしらわれています。低価格でありながらも標準でクリアパネルを使用していたりとこだわりが見えます。

マウスコンピューター,G-Tune,nextgear,デスクトップ,レビュー

上部に電源ボタンやよく使うUSB類を装備。天面がフラットなので周辺機器のちょい置きもできます。あと意外とコンパクトで軽いので設置場所にも困らないという感想も多いみたいです。

マウスコンピューター,G-Tune,nextgear,デスクトップ,レビュー

トップとケース底面にマグネット式フィルターを装着しているので、外部からのホコリ侵入を防げます。水で丸洗い可能なので、PCをきれいな状態に保てます。今回は水冷CPUクーラー (240mmラジエーター)搭載の上位モデルを貸していただいたこともあって、動作音はめちゃくちゃ静か!長時間作業をする人や冷却面にこだわる人にも満足できるんじゃないかと思います。

マウスコンピューター,G-Tune,nextgear,デスクトップ,レビュー

フロントパネル側に最大3個、リアに1個、トップに2個、最大6個のケースファンを取付可能でエアフローは十分確保できている印象。

マウスコンピューター,G-Tune,nextgear,デスクトップ,レビュー

カスタマイズでRGBケースファンに変更できるのも面白いですね。MAXで搭載し、色もコントロールしたいのであれば1.1万円、単色(青、赤、マゼンタ)でよければ数千円で追加できちゃいます。

 

NEXTGEAR JGシリーズ 性能チェック

CPU性能:Ryzen 7 7800X3D

マウスコンピューター,G-Tune,nextgear,デスクトップ,レビュー,NEXTGEAR JG-A7G7S,Ryzen 7 7800X3D

8コア16スレッドのRyzen CPUを採用しています。 96MBL3キャッシュということで一般的なCPUよりも余裕があります。参考までに他モデルと比較した例をご覧ください。(PASSMARKの公開スコアを掲載)

CPUスコア
Ryzen 7 7800X3D34525
Ryzen 7 5700X26813
Ryzen 5 7500F26679
Ryzen 5 550019481
Ryzen 5 450015908
Core i7-1470046625
Core i5-1440026863

Ryzen 7 7800X3Dのスコアは34525で、Ryzen 5 4500の2倍以上のスコアを示しています。これだけで下位モデルとは快適性が段違いというのは伝わるでしょう。ちなみにインテル第13世代Core i7-14700と比較すると約75%程度のスコアにとどまっています。

CPU性能を求める人にはちょっと物足りないかもしれませんね。

GPU性能:RTX4070SUPER

マウスコンピューター,G-Tune,nextgear,デスクトップ,レビュー,NEXTGEAR JG-A7G7S,ゲーミング,RTX4070 SUPER,

モデル(GPU)設定(標準品質)スコア
G-Tune FZ-I7G7A
(RTX4070Ti S)
1920×108023000(非常に快適)
3840×216012000(非常に快適)
NEXTGEAR JG-A7G7S
(RTX4070S)
1920×108023116(非常に快適)
3840×21609558(とても快適)
raytrek 4CXF
(RTX4070)
1920×108019500(非常に快適)
3840×21608500(とても快適)
DAIV FX-I7G6T
(RTX4060Ti)
1920×108018000(非常に快適)
3840×21606100(快適)
 Legion Tower 5i Gen 8
(RTX4060)
1920×108014500(非常に快適)
3840×21605000(やや快適)

こちらは各GPUでFF15のベンチを回した結果です。 GeForce RTX 4070 SUPERはさすがのスコアですが、GeForce RTX 4070 Ti SUPERからは一歩落とすイメージ。フルHDゲーミングがメインならあまり差がないという結果になるでしょうか。

GeForce RTX4060クラスでも十分に高い性能をもちますが、高解像度領域ではやや物足りない印象。フルHDがメインだったり、コスパ重視ならGeForce RTX4060クラスで問題ありませんが、ゲーミング性能を確保したいのであればGeForce RTX4070以上を選択することをおすすめします。

 

クリエイト性能

RAW現像

CPU時間
Ryzen 7 7800X3D2分12秒
Ryzen 7 5700X2分38秒
Ryzen 5 7500F2分17秒
Ryzen 5 45003分50秒
Core i7-147001分59秒
Core i5-144002分40秒

実行速度をチェックするため100枚のRAWデータの変換にかかった時間を計測しました。Ryzen 7 7800X3Dは2分12秒で処理を完了しています。インテルの最新世代Core i7-14700の方が処理は速いですが、正直言って作業の快適性とかは体感的に変わりません。

下位モデルに搭載されているRyzen 5 4500は、4分近くかかっており物足りない印象。ある程度しっかりRAW現像に取り組みたいという人は、Ryzen 7 5700X以上を選ぶほうが無難でしょう。

 

動画編集

Resolveを使って動画編集のテストを行った参考データです。ミラーレスカメラで撮影した5分程度の4Kデータをレンダリング(フルHD)の時間を測定しています。

モデル構成処理時間
G-Tune FZ-I7G7ACore i7-14700KF×RTX4070Ti SUPER38秒
NEXTGEAR JG-A7G7SRyzen 7 7800X3D×RTX4070 SUPER1分08秒
DAIV FX-I7G6TCore i7-14700F×RTX4060Ti55秒
Legion Tower 5i Gen 8Core i7-13700×RTX3060Ti49秒
NEXTGEAR JG-A7G60Ryzen 7 5700X×RTX40601分29秒

動画編集も快適に行える性能ですが、インテルCPUよりは処理性能がやや劣る印象でしょうか。とは言え、4K編集や実況配信などのスペックも満たしているので、幅広い用途で使っていけるモデルだと感じました。書き出し速度に差はあれど、編集作業中の快適性なんかはそれほど差を感じませんでした。

NEXTGEAR JGシリーズ 感想や評価

メリットデメリット
・AMD Ryzen CPUは十分な処理能力
・動作音がとても静か、静音性に優れる
・カスタマイズ、メンテナンス性に優れる
・ハイクラスはややお値段が高い
・価格以外でRyzen 5 4500搭載モデルは選ぶメリット無し
・インテルCPUに処理では劣るかも

最高クラスのゲーミング性能を誇るということで、NEXTGEARでもトップクラスの性能をもつNEXTGEAR JG-A7G7Sをチェックしました。性能は十分であるものの処理能力ではインテルCPUに一歩及ばず、ただし熱が抑えられているので動作音はめちゃくちゃ静かです!カスタマズも結構できますし、RGBファンは追加しちゃいたい気がしますね。

 

NEXTGEAR JGシリーズをおすすめしたい人

マウスコンピューター,G-Tune,nextgear,デスクトップ

  • 本格的なゲーミングPCが欲しい人!
  • Ryzen 7 7800X3Dにロマンを感じる人
  • 静音性を重視する人
  • コスパの良いPCを探している人

NEXTGEAR JGシリーズをレビューしました。

CPUはそこそこ高い性能をもち、GPUの性能をしっかり引き出せていると思います。もちろんゲームだけでなく、写真や動画編集といったクリエイティブな領域もカバーできます。負荷のかかる作業でも静音性は保たれているので、作業にも没頭できるのも良いですね。標準で3年間の保証がついているので安心面も強いですし、コスパ重視でPCを探しているならNEXTGEARを検討に加えてみるのも良いでしょう!

ちなみにG-Tuneで検索した場合、Core i7-14700F×GeForce RTX4060搭載モデルで25万円台です…NEXTGEARのコスパに思わずニッコリしてしまいませんか?(笑)

公式サイトでは「アウトレットモデル」「店舗即納モデル」などお得に購入できるパソコンが多数用意されていますのでうまく活用してください!

関連リンク

>>>マウスコンピューター関連記事をもっと読む

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© はるふれ , 2024 All Rights Reserved.