富士フイルムのカメラ・レンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

はじめてのゲーミングパソコンに「G-Tune HM-A」をおすすめするワケ

はるか、アイコン
WRITER
 
G-Tune,nextgear micro

マウス、コラボパソコン

マウス、コラボパソコン

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

マウスコンピューターのゲーミングパソコン「G-Tune HM-A」を紹介します。

Ryzen 5 4500×GeForce RTX3060を搭載し、快適なゲーミングライフをおくれるデスクトップパソコンとなっています。本体はゲーマーの意見を反映したデザインを採用し、利便性、効率性、カスタマイズ性などを高めています。国産製造、24時間サポート、ミドルクラスGPUを採用して17万円台は良心的です。

他にもパソコン本体+ゲーミングモニター+ゲーミングデバイス類(マウス・キーボード・ヘッドセット)がセットになったお得なスターターセット「G-Tune HM-A-AL」も販売されています。

公式サイトでは「期間限定のセール品」「アウトレットモデル」「店舗即納モデル」などお得に購入できるパソコンが多数用意されています!また当サイト限定の「コラボモデル」もお得ですので合わせてチェックして下さい。

※記事では独自に集計したデータを活用する場合があります

G-Tune HM-A 特徴・スペック

G-Tune PM-A,公式,価格

マウスコンピューターが展開するゲーミングブランドが「G-Tune」です。

オンラインゲームは、パソコンにとって高い負荷のかかる作業と言われています。そのため高い性能が求められるわけですが、本モデルはグラフィックにGeForce  RTX3060を採用し対応力を高めています。最新の重量級タイトルでも快適にプレイ可能で「ゲーミングモデル」と呼ぶにふさわしい水準にあると思います。

G-Tune HM-Aの特徴をまとめるとこんな感じです。

  • 本格的なゲーミング性能をもつ!
  • はじめての1台に最適なスペック!
  • スタータセットなら全てが揃う!
はるペン
入門用として最適ですよ

 

スタータセット「G-Tune HM-A-AL」がお得!

G-Tune HM-A-AL,ブログ,レビュー,感想,評価,おすすめ,

パソコンとゲーミングデバイスが一度に揃う「G-Tune HM-A-AL」というモデルが用意されています。サイドパネルが強化ガラス+LED仕様になっていたり(通常カスタマイズ費用が9900円)、新しくデバイス類を購入する手間が省ける点は嬉しいです。

ゲーミングモニターの「G-MASTER GB2470HSU」は、IPSパネルで表現力、視野角ともに申し分なく、165Hz高リフレッシュレート、高速応答速度0.8ms(MPRT)にも対応しています。滑らかな映像表現を可能にしているので、最近流行しているシューティング系ゲームとの相性も悪くありません。

モデル価格
・本体(G-Tune HM-A)
・強化ガラス+LED
・モニター(G-MASTER GB2470HSU)
・マウス(Logicool G304)
・キーボード(Logicool G213r)
・ヘッドセット(Logicool G331)
179,800円
9,900円
26,950円
4,950円
5,830円
4,950円
232,380円

ちなみにG-Tune HM-A-ALの価格は199,800円~となっています。G-Tune HM-Aにカスタマイズ+別途購入した場合は232,380円となりますので32,580円もお得になる計算になります。

同梱されるゲーミングデバイスはトップクラスの性能という訳ではありませんが、一般的な製品より高性能なゲーミング仕様ということを考えるとかなりお得ですよね!最初からアレコレ悩むのも大変なので、いっそコレで使い始めてしまうのも手です。そのうち不満が出てきたポイントに絞って改善していくという方がスマートかと思います。

 

G-Tune HM-Aのパーツ構成

スペック

CPU: Ryzen 5 4500
GPU:GeForce RTX3060
メモリ:16GB
ストレージ:512GB NVMe SSD
電源:500W【80PLUS BRONZE】
サイズ:189×396×390mm 
重量:約10.4kg

写真編集動画編集ゲーム

G-Tune HM-Aは、コストを抑えつつゲームを楽しめるモデルだと思います。他にもRAW現像や動画編集をカジュアルに楽しめますので、色々な目的で購入するのも良いでしょう。

ただしCPU性能はそこそこ止まりなので、本格的な編集作業に使うのはやや物足りない可能性があります。カスタマイズにより高性能なAMD Ryzen 5 5500 プロセッサーに変更可能です。少しだけ費用(7,700円)を追加するだけで性能を伸ばせるので予算があれば変更しておくと良いでしょう。

 

G-Tune HM-Aの外観チェック

※別モデルの写真を利用しています

G-Tune,マイクロタワー,

フロント部分には電源ボタンやUSB類があるほか、HDMIも用意されているのが目新しいです。VRゴーグルなどを使いたいという要望に応えたとのこと。天面はフラットでガジェット類を置けるようになっています。

配線が気になる方は裏面にもちゃんと用意されているのでご安心を!

G-Tune PM,写真,本体,マイクロタワー

エアフローも考えられており、底面には外気を取り入れるためにガッツリと肉抜きされています。ホコリの進入を防ぐためにマグネット式のフィルターがついているのも好印象。

G-Tune PM底面吸気,エアフロー,マイクロタワー

G-Tune PM冷却性,マイクロタワー

すぐそこにはグラフィックカードなどの熱源が確認できます。これならしっかりと冷やせそうですね!

電源は上部に設置されており、配線もすっきりとしているのがいい感じです。サイドパネルを強化ガラスにできるので「魅せるパソコン」にしたいユーザーはカスタマイズを推奨します。

G-Tune PM内部写真,マイクロタワー

ストレージベイは右上にあり、3.5型×1、2.5型×2を搭載することができます。データが多くなりがちなクリエイターには少し物足りないかもしれませんね。大容量のものを選んでおかないと後悔しそうです。

G-Tune PM内部写真,マイクロタワー

サイドパネルは引っ掛かりがないので、ネジを残した状態で引き抜くと内部にアクセスしやすいです。

 

G-Tune PM-Aの性能チェック

CPU性能:Ryzen 5 4500

mouse DT6-G,レビュー,ブログ,評価,感想,性能,ベンチマーク,Ryzen 5 4500,CPUZ

6コア12スレッドのRyzen CPUを採用しています。エントリーグレードではあるものの、パフォーマンスは予想していたよりも高くて良い意味で裏切られました。

参考までに他モデルと比較した例をご覧ください。(PASSMARKの公開スコアを掲載)

モデルCPUスコア
G-Tune HM-A(カスタマイズ)Ryzen 5 550019481
G-Tune HM-ARyzen 5 450015908
G-Tune PM-A(旧)Ryzen 5 350012780
自作PCRyzen 5 360017819
mouse DT5-GCore i5-1240019959

従来のRyzen 5 3500と比較すると約25%スコアを伸ばしていますが、インテル第12世代Core i5-12400と比較さうるとスコアは低めです。

一般的な使い方なら問題は有りませんが、クリエイト作業などを行うユーザーから見ると「もう一歩」という印象も受けます。動画編集といった作業をより快適に楽しみたいのであれば、CPUはRyzen 5 5500にすることを推奨します。

 

RAW現像でCPUをテスト

実行速度をチェックするため100枚のRAWデータの変換にかかった時間を計測しました。

モデルCPU時間
G-Tune HM-ARyzen 5 45003分50秒
G-Tune EP-ARyzen 7 3700X3分12秒
自作PCRyzen 5 36003分59秒
G-Tune PM-A(旧)Ryzen 5 35004分27秒
mouse DT5-GCore i5-124002分24秒

Ryzen 5 3500を採用していた旧モデルと比較すると30秒近く処理を短縮化していまが、インテルCPUと比較するとちょっと物足りない処理時間です。

編集作業を行うならCPU性能は重視されると良いでしょう。

GPU性能チェック:GeForce RTX3060

G-Tune HM-Aに搭載されているのはGeForce RTX3060です。

ゲーム性能をFF15でチェック

ドスパラ,GALLERIA XA7R-R36,ゲーム性能,RTX3060,FF15,

GPUフルHD(標準画質)
GeForce RTX306011387(とても快適)
GeForce RTX30508715(とても快適)
GeForce GTX16607435(快適)
GeForce GTX16505629(やや快適)
GeForce GTX1060(3GB)5800(やや快適)
GeForce GTX1050Ti3800(普通)

※実機ではなく参考モデルのスコア

GeForce RTX3060であれば重量級タイトルもご覧の通り「とても快適」という結果が得られます。個人的な感覚としてはですが、本格的なゲーミング性能をもっていると感じるのはこのRTX3060以上な気がします。

逆にこれ以上のGPUを搭載しようと思うと、CPUがボトルネックになるためカスタマイズする必要も出てきます。そうなると予算が足りない…ということにもなりかねません。

コスパ重視でGeForce RTX3050を選択するのもありですが「G-Tune EM-B」は179,800円~となっています。モニターを購入すると価格は超えているのに、描画性能は低い…なんて逆転現象が起きてしまいます。やはり「G-Tune HM-A-AL」はお得すぎると思います!

【G-Tune EM-B】第12世代Intel CPUとRTX3050を搭載したゲーミングデスクトップ

G-Tune HM-A 感想や評価

メリットデメリット
・スターターセットがお得すぎる
・GeForce RTX3060はゲーミング性能良し
・カスタマイズ、メンテナンス性に優れる
・CPU性能がボトルネックになるかも?
・すでにデバイスを持っている人はお得感が薄い
・こだわりの強いゲーマーには向かない

市場でGeForce RTX3060搭載のデスクトップパソコンを見てみると、価格はだいたい15~20万円がホットスポットです。単品購入で本モデルよりも安い商品があるのは事実ですが、モニター類をそろえると高くなってしまう可能性が高いです。

そう考えるとスターターセットの「G-Tune HM-A-AL」はお得感が強く、これからゲーミングパソコンが欲しいという人にはおすすめできる商品だと思います。

ただしCPU性能がそこそこですので、編集作業やより上位GPUを搭載しようと考えるとボトルネックになる可能性があります。用意されるデバイス類もどちらかと言うとエントリーよりですので、こだわりの強いゲーマーには無駄になってしまうかもしれません。(より高性能なモノが欲しくなると思う)

 

G-Tune HM-Aをおすすめしたい人

G-Tune PM-A,公式,価格

  • パソコン一式をお得に揃えたい人
  • ゲーム、写真、動画編集と多用途に使いたい人
  • こだわりが強すぎない人
  • はじめてパソコンを購入する人

G-Tune HM-Aを紹介してきました。

CPU性能はそこそこですが、GeForce RTX3060の描画性能が高いためゲーミングモデルとして成立しています。メモリも16GB、SSDが標準採用で構成としても申し分ありまえん。スターターセットは色々と後から買い足すことを考えると安くおさまりますし、初心者やはじめてパソコンを購入しようと考えている人にもおすすめです。

公式サイトでは「期間限定のセール品」「アウトレットモデル」「店舗即納モデル」などお得に購入できるパソコンが多数用意されていますのでうまく活用してください!また当サイト限定の「コラボモデル」もお得ですので合わせてチェックして下さい。

関連リンク

>>>マウスコンピューター関連記事をもっと読む

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2022 All Rights Reserved.