(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

ASUS ROG Zephyrus M16 GU603レビュー!クリエイトも完璧にこなす16インチゲーミングパソコン

WRITER
 
ASUS,ROG Zephyrus M16,GU603,ブログ,レビュー,評価,感想,ベンチマーク,おすすめ,
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

ASUSのゲーミングノートパソコン「ROG Zephyrus M16 」 (GU603シリーズ)をお借りしたのでレビューします。

16型WQXGAの大画面は、DCI-P3領域をカバーし正確な編集作業が可能!Core i7-11800H×GeForce RTX3070の組み合わせで、とてもパワフルに動作します。言い換えれば緻密さと力強さを併せ持ったゲーミングパソコンです。

ベンチマークソフトを使ってのパフォーマンスチェックや、使い心地などをレビューしていきますので参考にしてもらえると嬉しいです。

こんな記事もおすすめ

ASUS クリエイター向け製品

ROG Zephyrus M16 GU603レビュー

ROG Zephyrus M16 GU603,公式写真,比較,価格

ASUSのゲーミングノートパソコンZephyrus M16 GU603 (GU603HR-I7R3070EC)です。

画面と本体の比率を94%の狭額縁とすることで、15型クラスに16型の大画面を搭載することを可能としました。さすがに存在感はあるものの、意外と薄型でリュックならすっぽりと入ってしまうくらいのサイズです。

Zephyrus M16 GU603の素晴らしさはモニターにあります。165Hzリフレッシュレート、3msの応答時間はゲームに最適です。もちろんそれをバックアップするパフォーマンスを備えているのも見逃せません。

また100%DCI-P3だけでなく、Pantone認証を受けるなど色精度でも安心感があります。ゲームからクリエイトまで、完璧にこなせると言っても過言ではないでしょう!

特徴をまとめるとこんな感じです。

特徴
  • Core i7-11800H(8コア16スレッド)
  • GeForce RTX3070で描画性能も高い
  • 16型WQXGA(165Hz)
  • 色精度、作業性に優れたモニター
  • Thunderbolt 4、Type-C充電対応
  • 最大10時間のバッテリー駆動時間
はるペン
もはやコレで良いのでは?

ラインナップ

型番構成価格
16型2,560×1,600(164Hz)
Core i7-11800H×16GB×1TB×RTX3070
269,800
16型2,560×1,600(164Hz)
Core i7-11800H×16GB×1TB×RTX3060
239,800
16型2,560×1,600(164Hz)
Core i7-11800H×16GB×1TB×RTX3050Ti
219,800

今回はシリーズの中でもハイエンド的な位置づけのモデルをお借りしました。(RTX3070搭載モデルは2021年秋に発売予定)

 

ROG SLASHシリーズ(グッズ)を同時発表!

ROG Zephyrus M16 GU603,公式写真,比較,価格,バック,メッセンジャー,鞄,

ASUSは、M16/S17の発売に合わせてROG SLASHシリーズグッズ(バック)の発売を開始しています。万能なリュックタイプ、アクティブなシーンにもピッタリなメッセンジャー、日常使いにも最適なスリングバックなどを用意。ベルトのブルーとピンクが良いアクセントになっててカッコいいですね!

はるペン
キャップは販売未定ですが、ぜひ販売してほしい!

 

YouTube動画レビュー

You Tube動画も作っていますので、合わせて参考にしてください。高評価、チャンネル登録してもらえると喜びます!

 

ROG Zephyrus M16 GU603 性能(スペック)

ASUS,ROG Zephyrus M16,GU603,ブログ,実写,デザイン,評価,感想

スペック
  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:Core i7-11800H
  • GPU:GeForce RTX3070
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB SSD
  • 液晶:16型2,560×1,600ドット(165Hz)
  • 重量:約1.9㎏
  • サイズ:幅355mm×奥行き243mm×高さ19.9mm

公式サイトで仕様を確認する

ゲーミングモデルとは思えないスリムな外観で、とてもスタイリッシュな印象を受けます。天面には光の加減で反射するプリズムのようなものが仕込まれいます。見るたびに表情が変わるので飽きがこない。

ASUS,ROG Zephyrus M16,GU603,ブログ,実写,デザイン,評価,感想

ブラックということで汚れが気になりますが、ソフトタッチコーティングなるものが施されており、指紋や汚れを最小限に抑えてくれます。

ASUS,ROG Zephyrus M16,GU603,ブログ,実写,デザイン,評価,感想

Zephyrus M16には、液体金属化合物を塗布しCPUを冷却するシステムを採用。6つのヒートパイプ、84のブレードをもつファンで強力に冷却します。長期的に使えるように、ほこりを取り除いてくれるセルフクリーニングつき。

ASUS,ROG Zephyrus M16,GU603,ブログ,実写,デザイン,評価,感想

天面角にロゴが入っただけのシンプルさ。ビジネスで使っても違和感はないと思います。

 

付属品

ASUS,ROG Zephyrus M16,GU603,ブログ,実写,デザイン,ACアダプター

付属品は各種取扱説明書、電源コード、ACアダプターなどです。(貸出機のため内容物は異なる可能性があります)

 

液晶モニター

ASUS,ROG Zephyrus M16,GU603,ブログ,実写,デザイン,モニター

Zephyrus M16の素晴らしいところは、単にパフォーマンスが高いだけのPCではないところです。ゲームに最適な高リフレッシュレート、応答速度を持つだけでなく、プロクオリティにせまる色再現性で、積極的な制作活動を後押ししてくれます。

アスペクト比が16:10(2,560×1,600)と縦に長いため、より多くのコンテンツを表示することができます。とても作業性の良いモニターです。

一目見て一般的なモニターとはちがうと感じますし、発色も素晴らしい。一日写真を眺めているだけでも幸せになれそうな予感です(笑)

 

キーボード

ASUS,ROG Zephyrus M16,GU603,ブログ,実写,デザイン,キーボード

キーボード配列は自然で、十字キーが本体サイズの割には小さいくらいでしょうか。打鍵間もよく、たわみも感じないのでタイプするのが気持ちよいです。

上部にはパフォーマンス切り替えスイッチなども装備され、シーンに合わせて簡単にモードが切り替えられるのも良かったです。

 

インターフェース

ASUS,ROG Zephyrus M16,GU603,ブログ,実写,デザイン,インターフェース,HDMI

ASUS,ROG Zephyrus M16,GU603,ブログ,実写,デザイン,インターフェース,HDMI

インターフェースは、LAN、HDMI、Thunderbolt 4(Type-Cデータ転送と映像出力、本機給電をサポート)、USB3.2 (Type-A)×2、USB3.2 (Type-C)×1、microSDカードリーダー、マイク、ヘッドホンジャックなどです。

 

ROG Zephyrus M16 GU603 ベンチマークテスト結果

CPU:Core i7-11800H 性能チェック

ASUS,ROG Zephyrus M16,GU603,ブログ,,レビュー,CPU性能,Core i7-11800H

8コア16スレッドのCore i7-11800Hを採用しています。

参考までに他モデルと比較した例をご覧ください。(PASSMARKの公開スコアを掲載)

モデルCPUスコア
ROG Zephyrus M16Core i7-11800H22769
TUF Dash F15 FX516PECore i7-11370H12860
ROG Flow X13 GV301QH
Ryzen 9 5900HS23101
DAIV 5NCore i7-10875H15814
DAIV 5PCore i7-10750H12572

スコアは22000オーバーで、デスクトップクラスの処理能力を発揮してくれそうです。ライバルのRyzen 9 5900HSと同等の数字ですね。

ここ最近のインテルはAMDに押されっぱなしのイメージもあったのですが、一矢報いることはできるのか注目です。

 

RAW現像チェック

実行速度をチェックするためにRAW現像にかかった時間を計測します。

テストの内容は、無料現像ソフトの「RawTherapee」を使って100枚のRAWデータの一括変換にかかった時間を計測。(設定はJPEG品質は90%、高画質です)

モデルCPU時間
ROG Zephyrus M16Core i7-11800H2分57秒
ROG Flow X13 GV301QHRyzen 9 5900HS2分59秒
TUF Dash F15 FX516PECore i7-11370H3分21秒
DAIV 5NCore i7-10875H3分23秒
DAIV 5PCore i7-10750H4分12秒

RAW現像処理能力はとても優秀で、ノートパソコンとしてはトップクラスの性能を発揮しています。

モニター品質もあって編集作業は楽しいものになりますし、処理も速いとなれば言うことはありません。

 

GPU:GeForce RTX3050Ti ゲーム性能

ROG Zephyrus M16(RTX3070)のゲーミング性能をチェックしていきます。

FF15のスコアを比較

重量級タイトルのFF15でゲーミング性能をチェックします。

ASUS,ROG Zephyrus M16,GU603,ブログ,,レビュー,ゲーミング性能,RTX3070,,FF15

モデル設定結果
ROG Zephyrus M16
(RTX3070)
3840×2160(標準設定)4522(やや快適)
1920×1080(標準設定)10186(とても快適)
TUF Dash F15 FX516PE
(RTX3050Ti)
3840×2160(標準設定)2852(やや重い)
1920×1080(標準設定)7558(快適)
DAIV 5N
(GTX3060)
3840×2160(標準設定)4428(普通)
1920×1080(標準設定)10532(とても快適)

4K解像度でもやや快適という結果で、重たいタイトルも快適に遊べることがわかりました。

遊ぶゲームによって高いリフレッシュレートを得られる設定にしたり、美麗なグラフィック設定にしたりと色々楽しめそうです。

音質面でも妥協はしていないので、割と小さな音量でもしっかりと聞こえてくる感じも良かったです。

 

動画編集チェック

動画編集能力をテストするために無料ソフトのResolveを使いました。ミラーレスカメラで撮影した4Kデータを使って簡単な動画を作成→レンダリング(FHD)の時間を測定しています。

モデルパーツ構成時間
ROG Zephyrus M16Core i7-11800H×RTX30703分21秒
TUF Dash F15 FX516PECore i7-11370H×RTX3050Ti3分15秒
TUF Dash F15Core i7-11370H×RTX30702分35秒
DAIV 5PCore i7-10750H×GTX1650Ti3分20秒

動画の書き出し時間は3分秒21で、性能の割にはかかってしまった印象を受けます。とは言え、遅いという訳でもありませんし、編集作業でもたつきや不満は感じないレベルです。

画面解像度のおかげで狭くなりがちな編集画面でも情報をたくさん並べられましたし、そういう意味ではストレスはなかったと言えます。

ただやはりCore i7-10750H×GTX1650Tiと同じ処理時間は気になります。補足しておくと高画素データになってくると差は如実に表れてくるはずなので、ROG Zephyrus M16を選択しておくというのは悪い判断ではありません。

 

SSD転送速度チェック

ASUS,ROG Zephyrus M16,GU603,ブログ,,レビュー,SSD,転送速度,実測値

実測で読込速度 7000MB/s,書込速度 5000MB/s程度の爆速SSDを搭載しています。ちなみに一般的なHDDが100~200mB/sです。

 

ROG Zephyrus M16 GU603の総合力

続いては、CPU、GPU、メモリ(RAM)、ストレージのパフォーマンスチェックのために「Novabench」でテストします。

ASUS,ROG Zephyrus M16,GU603,ブログ,,レビュー,ベンチマーク,novabench

モデルTUF Dash F15 FX516PEROG Zephyrus M16
総合28243706
CPU13231988
GPU9491065
RAM281278
Disk271375

ASUS Dash F15 FX516PE (i7×3050Ti)をと比較すると、グレードのちがいにきづくことができます。特にCPUとDiskの数値が高く、データ転送が多いクリエイト作業とも相性が良いことがイメージできます。

ASUS クリエイター向け製品

ROG Zephyrus M16 GU603の感想・評価

良いところ

  • トップクラスの処理能力
  • 高解像データ処理もこなせる性能
  • ゲーム、写真、動画編集を完璧にこなせる
  • モニター品質が良い
  • これ1台あれば良いのでは?

ROG Zephyrus M16 GU603シリーズは、非常に完成度が高く、パフォーマンス面、表現力、サイズ感、インターフェースなど文句をつけるほうが難しいくらいです。

サイズが16インチなので、モバイル性はやや落ちるものの、リュックにも収まる薄さです。電車や自家用車での移動が中心なら、自宅⇔会社の往復も苦にならないのではないでしょうか。

デスクトップクラスの処理能力、ゲーミングやクリエイト系のモニターを買いそろえることを考えたらコスパは良いかもしれません。

 

ちょっとイマイチなところ

  • 動画編集能力はもう一歩
  • ACアダプターが大きい

あえてケチをつけるなら、動画の書き出し時間が振るわなかった点です。毎日編集作業を行うような動画クリエイターさんには、書き出し時間の短縮化で貢献できないかもしれません。

またパフォーマンスが高いので、ACアダプターも大きいです。Type-C給電も可能ですがパフォーマンスが落ちる可能性もあるため注意が必要です。

 

ROG Zephyrus M16 GU603をおすすめしたい人

ROG Zephyrus M16 GU603,公式写真,比較,価格

  • トップクラスのノートPCを求めている人
  • ゲーマー、クリエイターなど本格派に!
  • モニター品質にはこだわりたい人
  • モバイル性より性能を重視する人

ROG Zephyrus M16 GU603シリーズをレビューしてきました。

パフォーマンスの高さを重視したモデルかと思いきや、モニターの表現力、音声、キーボード、デザインや仕上がりといった全ての完成度が高い製品です。

確かに価格面では高額であることは否めませんが、ここ最近レビューしたパソコンの中でも、頭一つ抜ける存在だと思います。

スペース的にどうしてもデスクトップが置けない人や、ノートパソコンで決めたい!というユーザーには良い選択になるでしょう。いやぁ・・これは欲しいぞ(笑)

参考

最後までお読みいただきありがとうございました。

ASUS クリエイター向け製品

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2021 All Rights Reserved.