(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

Core i3-12100Fは激安自作パソコン組むのに最適解!その性能(ベンチマークスコア)は?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

Core i3-12100Fを使って10万円以下でパソコンを組む」という記事を前回書きました。(使用したパーツが気になるという人はチェックしてみてください)

実際に組みあがったパソコンを使って、各種ベンチマークを回してみました。また、RAW現像や動画編集でも使えるのかもあわせてチェックしています。もちろん同価格帯や旧世代のライバル(Ryzenなど)CPUとも比較を行っています。

Core i3-12100Fでパソコンを組もうと思っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

Core i3-12100Fの特徴

開発コードネームが「Alder Lake」と呼ばれるタイプで、インテル第12世代CPUになります。価格が1.5万円程度と手を出しやすく、エントリー(初心者やライトユーザー)向けのパーツとなっています。

Core i3-12100F,自作,10万円,ゲーミング,性能,パーツ,選び方,おすすめ

詳細は他サイトでも出ていますので省きますが、4コア8スレッドの中では現状最強のCPUと呼ぶにふさわしいかもしれません。

プロセルルールが14nm→10nmへ、ソケットはLGA1700になったので旧タイプからの互換性はありません。マザーボードなどの買い替えが必要となる点には注意してください。DDR5/DDR4メモリ、PCle5.0へ対応しているので買い替え理由にもなるかと思います。

Core i3-12100F,自作,10万円,ゲーミング,性能,パーツ,選び方,おすすめ
色々買いました…

「Core i3は性能が低い」というのが、これまでの定説ではありました。それなのに「なぜ、そこまで推すのか?」は気になりますよね。

このサイトでは、BTOパソコンメーカー各社から協力を得て色々なパソコンを使わせていただいています。そして第12世代インテルCPUを使うたびに「すげぇ…」ってなっている訳です。今もCore i7-12700搭載のパソコンを注文して到着を待っている状態です(笑)

ただ、Core i3-12100Fに関しては「思った以上に使えるな」と思う部分と、「こういう人は避けた方が良いな」っていうのも見えた気がします。そこら辺のラインを見極めるのが、この記事の目的です。

ということで、ここからは各種ベンチマークスコアの紹介です。(ちなみにこの記事も自作PCで書いています)

 

Core i3-12100F 性能・ベンチマークスコア

PASSMARKのスコア

CPUスコア
Core i7-1270032016
Core i5-1240019959
Core i3-12100F14442
Core i5-1140017132
Core i5-1040012476
Core i7-970013860
Ryzen 7 3700X22733
Ryzen 5 360017825

これは前回も紹介したPASSMARKのスコアなのですが、Core i3-12100FはCore i7-9700相当のスコアとなっています。

従来CPUとは言え、上位CPUに迫るスコアというのは実際大したものです。Core i7-9700って8コアのCPUですからね…コスパ番長のRyzen 5 3600のスコアには及びませんが、こちらは1万円ほど高いCPUになります。勝負するならCore i5-12400ということになるでしょう。

 

CPU-Zのスコア

Core i3-12100F,自作,性能,ゲーミング,性能,ベンチマーク,おすすめ,比較

CPUシングルマルチ
Core i7-127007508800
Core i5-124007005000
Core i3-12100F6373373
Core i5-114005803600
Core i7-97005503700
Ryzen 5 5600X6306600
Ryzen 5 36005104000

CPU-Zのスコアです。第12世代インテルCPUの特徴としてはシングル性能の高さがあげられます

Core i3-12700Fも637と非常に高いスコアになっていますね。Ryzen 5 5600Xのシングル性能と比較しても遜色はありません。マルチスコアも1.5万円のCPUとしては上々でしょう。

第9世代Core i7-9700相当というのも伊達ではない気がしますし、なんならシングル性能はCore i3-12100Fの方が高いスコアとなっています。

ただし性能面で言うとCore i7-12700がぶっちぎりです。

 

CINEBENCH R20のスコア

Core i3-12100F,自作,性能,ゲーミング,性能,ベンチマーク,おすすめ,比較,CINEBENCH R20

CPUシングルマルチ
Core i7-127007256700
Core i5-124006504700
Core i3-12100F6123215
Core i5-114005303200
Core i7-97004803000
Ryzen 5 5600X5904400
Ryzen 5 36004503400

CINEBENCH R20のスコアも似たような傾向ですね。

最新世代のCore i7-12700やCore i5-12400と比較すると順当な差がついていますが、旧世代のCore i7-9700をCore i3-12100Fが抜いてしまっています…

 

Core i3-12100FでRAW現像

100枚のRAW現像にかかった時間を計測します。

CPU処理時間
Core i7-127002分16秒
Core i5-124002分24秒
Core i3-12100F2分02秒
Core i5-114003分03秒
Core i7-97003分20秒
Ryzen 5 5600X2分43秒
Ryzen 5 36003分59秒

あれ?なぜか最速になってしまった…なにか間違えた??と思うくらいの処理時間ですが、出てしまったものは仕方ないので掲載します。RAW現像は比較的シングル性能が高いほうが良い結果を出しやすいため、こうした結果が出たのでしょう。

価格から考えると思った以上に動いてしまったのには驚きを隠せません。正直予想のちょっと上をいってましたね…

高解像フルサイズ以上のカメラを使用しているような人には、こだわってCore i7-12700を使ってもらいたいですが一般ユーザーならCore i3で十分だとわかってしまう結果です。特に数枚をじっくり作りこむようなタイプなら十分だと思います。

スポンサーリンク

Core i3-12100Fで動画編集

Davinciを使って4K→フルへの書き出しテストを行いました。

構成処理時間
Core i7-12700×RTX30601分12秒
Core i7-9700×GTX1660SUPER2分07秒
Core i3-12100F×RX66002分40秒
Ryzen 5 5600×GTX16501分47秒
Ryzen 7 3700X×RTX30601分36秒

動画の書き出し時間は2分40秒です。動画編集は組み合わせるグラボによっても変わるので参考程度にはなりますが、4コアということを考えても妥当な線はいってると思います。

むしろ「意外と使えるじゃないか…」とニンマリしてしまったのはここだけの話。

Core i3-12100F,性能,レビュー,ブログ,動画編集,ベンチマーク,blackmagicRAW

Core i3-12100Fの守備範囲を考えるなら「フルHD」というのが1つのボーダーラインでしょう。グラボはこれまたフルHDクラスのRX6600を組み合わせてみたのですが、4Kの書き出しにはかなり時間がかかってしまいました。

積極的に動画編集を行うのであれば、もう1つ上のCore i5-12400をおすすめします。(Core i7が理想)

内臓グラフィックなしのCore i5-12400Fにしておけば、現状2.3万円ほどで購入が可能なようです。プラス1万円でアドバンテージがとれるなら悪い選択ではないと思います。

 

Core i3-12100Fでゲーム

Core i3-12100F,ゲーム性能,レビュー,ブログ,動画編集,ベンチマーク,RX6600

Core i3-12100F,ゲーム性能,レビュー,ブログ,動画編集,ベンチマーク,RX6600

Core i3-12100F×Radeon RX6600の組み合わせでゲーミング性能をチェック。ソフトは定番のFF15です。

1920×1080標準品質とても快適(10638)
3840×2160標準品質普通(3334)

あくまでもフルHDクラスをカバーしてくれたらOKという考えでしたが、4K解像度でも普通という結果が得られました。少なくとも大きくボトルネックになっているようには感じません。ただし解像度を上げるとキツイというのは間違いないはずなので、あくまでもフルHD推奨ですね。

パーツを吟味したら12~13万円程度でも、そこそこ快適に遊べるパソコンは作れるので試してもらいたいです。個人的にはかなり満足いく結果です。

 

Core i3-12100Fを選ぶべき人、避けるべき人

【おすすめできる人】

  • 激安で自作パソコンを組みたい
  • そこそこ遊べる性能は確保したい
  • フルHDをカバーできれば問題ない

こういった人には、非常におすすめできるCPUだと思います。クーラーも標準で付属していますしコスト削減もできます。ゲームをしていても上がって70°くらいなので安心して見ていられますね。(ちょっと煩いので交換するけど…)

逆にRAW現像や動画編集をしっかり行いたいという人には、Core i5-12400にしておくことを推奨します。高解像度を狙ったり、処理能力優先ならCore i7-12700を買ってねという感じですね。

  • 安くパソコン作りたい→Core i3-12100FでOK
  • クリエイト作業もしたい→Core i5-12400Fにしよう
  • 処理能力優先→Core i7-12700買ってね

Core i3-12100F…思った以上に遊べるCPUで満足いく買い物になりました。約1.5万円のCPUというのが信じられないほど、予想を良い意味で何度も裏切ってくれました。その度にニヤニヤしていたのは言うまでもありませんね(笑)

オフィス系作業はもちろん、軽めのRAW現像、フルHDクラスの動画編集やゲームには最適なCPUです!

参考になれば幸いです!

おすすめ記事

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2022 All Rights Reserved.