富士フイルムのカメラ・レンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

ガンマLTフーディーをレビュー!ARC’TERYX(アークテリクス)最初の1枚におすすめの万能ウェア

はるか、アイコン
WRITER
 
アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

マウス、コラボパソコン

マウス、コラボパソコン

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

アークテリクス「ガンマLTフーディー」(Gamma LT Hoody)をレビューします。

常に変動する気候に合わせてウエアを変えるというのは意外とハードルが高いものですが、ガンマLTフーディーがあれば解決するかもしれません。いつも快適に動ける伸縮性と通気性をもちながら、耐風性&耐水性をかねそろえたマルチユースソフトシェルだからです。ミッドレイヤーの調整で年中活躍してくれて、万人におすすめできるアイテムです。

個人的にアークテリクスの大本命では?と思えるくらいには気に入りました!そんなガンマLTフーディーの魅力をお伝えしていきますね。

アークテリクスとは?

アークテリクス,,ARC'TERYX,公式,写真,比較,おすすめ

「地球上にある最高の素材、最高の技術、革新的なデザインで製品を作る」ことをコンセプトとして掲げる、ARC’TERYX(アークテリクス)は、カナダ生まれのアウトドアブランドです。

その優れたデザイン性と、防水性や透湿性、防風性などの高機能性は、登山愛好家だけならず広く愛されています。ロゴには始祖鳥があしらわれており、街に出かけると見かけない日はないほどの人気ぶり。感度の高い人なら一度は目にしたことがあるはずです。

 

ガンマLTフーディー(Gamma LT Hoody)レビュー

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

ガンマLTフーディーは、透湿性、耐風性、耐水性、ストレッチ性、耐久性を高いレベルで実現したマルチユースウエアです。

ゴアテックスのように完璧に雨風は止めてくれませんが、ちょっとした雨なら行動し続けることが可能な耐水性はもっています。また通気性にも優れているのでウエア内の熱や水分を調整し、内部を快適に保てます。

天候の変わりやすい山での行動着としても最適ですし、季節の変り目の微妙な天候の変化(駆け引き)に左右されずに使えます

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ
ロゴが刺繍なのも良い

それらの機能はどこか「中途半端」なように感じていましたが、実際に使ってみるとその印象はガラリと変わり「ちょうど良い」と感じるようにさえなりました。とくにミッドレイヤーを重ねていくとバランスの良さに驚くんですよね…

最初はもっと厚手のガンマMXフーディーを購入しようと思っていましたが、試着の際に「着れるシーズンが短くなりますよ」と店員さんにアドバイスをもらってLTにしました。(結果これが大正解)

 

ガンマLTフーディー(Gamma LT Hoody)特徴

さまざまな地形、環境、コンディションが存在するカナダ・ブリティッシュコロンビア州の自然にインスパイアされたガンマLTフーディーは、新しい場所や体験を求めている人にとって不可欠なソフトシェルです。耐風性と耐水性に優れた軽量ソフトシェル素材は、伸縮性と通気性にも優れています。すっきりとしたスリムなフィット感で、軽く重ね着できるゆとりと動きやすさを持たせたデザイン。ヘルメット対応ストームフード™が視界を妨げず頭部をしっかりカバーします。※出典:アークテリクス公式

モデル名Gamma LT Hoody
素材Wee Burly ダブルウィーブ
タイプソフトシェル
機能撥水、耐風、透湿、汎用、耐久、ストレッチ
重さ545g
価格¥29,700

いかにも耐久性のありそうな表地は、イメージから想像できないほどストレッチ性が備わっています。立体構造により自由な動きが可能ですし、ソフトシェルなのでシャカシャカ音がないのもノンストレスです。

ガンマLTフーディーには、ほどよく防風性・透湿性が備わっており体温の低下を防いでくれます。ミッドレイヤーとしても、単体でも季節を選ばずに使えて便利です。こんな便利なアイテムが3万円以下ってお得すぎるのでは?

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ
アークテリクス製品をはじめて購入したいという人には1番におすすめしたいくらいのアイテム。

ハードシェルって街にはオーバースペックですし、山でも雨が降らないと使わないなんてこともありますよね。それならガンマLTフーディー(ソフトシェル)を購入したほうが活躍の回数は増えると思うんです。

オンラインサイトの評価を見ると☆4.9です。びっくりするくらいの数字で、購入者の期待はほぼ満たしてくれるみたい。

 

ガンマLTフーディー(Gamma LT Hoody)デザイン

生地(裏・表)

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

いかにも強そうな素材感で岩場などでガシガシ使えそうな印象です。パッと見ではソフトシェルだと気づかないほどしっかりした生地ですが、軽く引っ張ればわかるくらいストレッチが効いています。普通に着ていても、運動をしているときでも意識せずにいられるのはすごいです。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

ほどよくレイヤリングスペースを残しているので、気候や目的に合わせてミッドレイヤーを選択できます。フロントジッパーはウインドフラップ付きフルレングス Vislon No Slip Zipです。(止水ではありません)

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

裏面をチェックしてみると大きなメッシュ生地が使われていることがわかります。裏生地をよく見ると凸凹があって滑りをよくしているのと、いかにも汗抜けが良さそうな工夫がされています。オレンジの内部ポケットが1つあるので収納力も高めで、アクセントにもなっていて良いです。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

裾にはドローコードが装備されているので、環境に合わせて素早く対応ができます。

 

フード

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

ヘルメットに対応したストームフード。ソフトシェルなのに襟がしっかり立ってくれるのはありがたいです。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

当然のようにドローコードが装備されており、雨風の侵入を防げます。

 

ポケット

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

ハンドポケットはやや高い位置に取り付けられています。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

メッシュ生地になっているのはベンチレーションとしての機能をはたすためです。実はこのポケット収納力がお化けです(笑)

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

なんとテレコンをつけた望遠レンズがすっぽりと収まります。荷物が増えがちだけどシャッターチャンスは逃せないフォトグラファーの味方です!もうこれで大好きになりました(笑)

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

内部のポケットは気持ち小さいですが、スマートフォンや貴重品を入れておくのにちょうど良さそう。

 

袖口

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

袖口はゴムが装備されており調整しなくてもフィット感を高めてくれます。ただしちょっと長いです…

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

裏面はこんな感じ。袖をこのくらい中に折ることで長さがちょうどよくなります。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ
(左)そのまま、(右)内折り

萌え袖のままでも良いんですが、気になる時は短く折って使うこともあります。

 

裾・腰回り

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

腰回りはすでに書いていますがタイトです。そして裾は長いです。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

腕を上げているので伝わりにくいかもしれませんが、下すとスカートをはいてるみたいになります(笑)

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

あんまり裾のドローコードを使う人間ではないのですが、ガンマLTフーディーに限っては絞って折りこむようなスタイルで良さそうです。適度にダボつき感が出てアウターっぽくなった気がします。

 

ガンマLTフーディー(Gamma LT Hoody)サイズ感

腰回りアークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログは絞めつけのないフィット感で、着丈も長すぎずちょうど良いです。やや大きめサイズを購入したのですが、だらしなく広がってしまうこともありません。この細身のシルエットこそアークテリクスの真骨頂という感じがします。

すでに書いてしまっていますが、タイト目の作りになっていること+中に着こみたいのでMサイズ(168cm)を購入しました。袖丈は余るものの、先に書いたような工夫をすることでちょうど良い長さにして使います。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

暖かい日はシャツにガンマLTフーディーだけでお出かけできます。シャツに合わせてもスタイリッシュな雰囲気で、いかにもアウトドアな感じが強くありません。

蒸れにも雨風にも強いから、割とどんな天候にも対応できるのがガンマLTフーディーの良いところ。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ

横から見ても全体的にスッキリしたシルエットですよね。シティユースでも映えてくれることに期待です!

まだレイヤリングを重ねられるので、寒い時はカイヤナイトARフーディーあたりを着こんでも良さそうです。この組み合わせは行動着としても使えるからおすすめ!

 

ARC’TERYX(アークテリクス)カイヤナイトARフーディーをレビュー!着心地抜群で使いまわしのきく万能フリース

ガンマLTフーディー レイヤリング・コーデ

ガンマLTフーディーは、万能感あふれるウエアなのでレイヤリングの可能性は無限大です。1枚あると使いまわしが効きますし、季節にかかわらずすぐに取り出せる場所においておきたいです。僕の所有しているアークテリクスのアイテムと組み合わせてみましたので、レイヤリングの参考にしてもらえると嬉しいです。

 

ガンマLTフーディー+アトムLTフーディー

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ,アトム.着回し,コーデ

保温力自体はガンマLTフーディーには備わっていないため、アトムARフーディーのようなジャケットと相性が抜群です。しっかりと動くような日や、都会の冬(5℃前後)ならこの装備で耐えられます。

冬の部屋着にアトムを着て、コンビニやちょっとしたお出かけにガンマLTフーディーが重宝します。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ,アトム.着回し,コーデ
ポッケは閉めておくのが良さそう…

公式サイトではレギュラーフィットと案内されていますが、ウエストが割としぼられており細いです。その分シルエットがカッコいいんですが、中にも着込むことを考えて(余裕をもって)1サイズあげておくことをおすすめします

僕は168cmでMサイズを購入しましたが、アトムFLフーディーを着ても膨らみすぎずちょうど良いと思います。

▼アトムとプロトンを比較しました

ARC’TERYX(アークテリクス)の「アトムLTフーディー」と「プロトンLTフーディー」はどっちがおすすめ?ちがいを徹底比較

 

ベータLTジャケット+ライトダウン

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ,アトム.着回し,コーデ

インナーダウンにガンマLTフーディーを合わせると弱点である保温慮を強化できます。合わせているのはNANGAのインナーダウンで、ユニクロのそれよりボリュームがあって暖かいです。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ガンマLTフーディー, Gamma LT Hoody,ブログ,アトム.着回し,コーデ

ちょっとしたダウンウエアのような膨らみが発生してしまいますが窮屈な感じはしません。これを受け入れられると活用できる範囲が冬まで伸びます。スタイリッシュさをとるか、実用性をとるか悩ましいところです。

 

ガンマLTフーディー(Gamma LT Hoody)のデメリット

  • 保温力はない
  • 完全防水、防風ではない
  • 袖丈が長い
  • 判断を誤ると中途半端な存在に…

ガンマLTフーディーは、ほどよい機能性が備わっているのでタイミングを選ばずに使える万能さがあります。ただし保温力はないので気温が低い時期にはミッドレイヤーで調整するなどの工夫は必要です。また完全防水/防風ではないので過度な期待は禁物です。

器用であるがゆえに使いどころは多いのですが、保温力なら保温力、防水なら防水といった具合にメリハリは効かせられません。また袖丈は他のアークテリクス製品より長めですので、気になるかたはジャストサイズで着ましょう。(個人的には1サイズ上がおすすめですが…)

 

まとめ:ガンマLTフーディーはアークテリクスの登竜門的アイテム!

ガンマLTフーディーは、最初こそ中途半端で使いどころのないアイテムだと思っていました。実際に使ってみると印象はガラリと変わり、人気の高さもうなずけました。バランス感覚が非常に優れており、迷ったらとりあえずガンマLTフーディーを着とけばよいかという感覚さえあります。色違いでもう1着ほしいレベル…

アークテリクスらしいスタイリッシュなデザインは言うまでもなく気に入ってますし、レイヤリングの自由度も高まりました。そしてなんと言っても大容量のポケットです!耐久性も高く、透湿性も良いので山での行動着にもピッタリですし、着脱の回数も少なくてすむはずですよ。

アークテリクスのスタッフさんも「どれか1着最初に選ぶならガンマLTフーディーです」とおっしゃっていました。その意味がわかるまで時間はかからなかったですね。ぜひ検討時の参考にしてくださいね。

街着におすすめな ARC’TERYX(アークテリクス)のおしゃれアウタートップ8選!

アウトドアショップリンク

>>>ARC’TERYXの記事をもっと読む

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2022 All Rights Reserved.