富士フイルムX-T2ユーザーだけど、X70が素晴らしすぎたのでレビュー

富士フイルムX-T2ユーザーだけど、X70が素晴らしすぎたのでレビュー

富士フイルムのX70を購入してから1年が経過しました。

X70は一眼レフカメラやミラーレスカメラと同等の性能をコンパクトなボディに詰め込んだ素敵なカメラです。

実際に僕が1年間、使ってみた感想や作例を記事にしたいと思います。

X-T1から買い替えた時のお話はコチラ

はるペン
良いカメラです

 

FUJIFILM X70ってどんなカメラ?

メーカーではプレミアムコンパクトカメラの位置づけのX70。FUJIFILMらしい色や画質が、ちょっと頑張ればポケットに入れれくらいコンパクトサイズになってしまった。

 

X70の特徴

・センサーサイズはAPS-C(1630万画素)

・広角18.5(f2.8)の画角で使い勝手が良い

・FUJIFILMの画質で、綺麗な写真が簡単に撮れる

・重さがたったの340g

・起動やAFが早い

・SNSと相性抜群のWi-Fi機能搭載

・自分撮りもしやすい180°回転液晶モニター

何と言ってもコンパクトなボディに一眼レフなみのセンサーを積んでいる所がすごい。

たった340gしかないのに一眼レフと同等の写真が撮れる!ってスゴクないですか?いや僕はすごいと思っています。

 

FUJIFILMという安心感

僕は過去にたくさんのメーカーのカメラを使ってきました。だんだんと写真にのめり込んでいくうちに、フルサイズカメラを購入してボディも大きくなりました。

プロボ
スペックコソ真実

でも結局、コンパクトなFUJIFILMのミラーレスカメラにシステムを移行しました。

はるペン
楽しむのに見栄は必要ないペン

もちろん軽さだけではなく、フイルムメーカーがこだわり抜いた画質が手に入ります。感覚的な物なので説明しきれないのですが「イロ」がとにかく良い。

これは口で説明するより見てもらった方が早いと思うので作例をどうぞ。オートで何も考えずにシャッターを切ってもこの画質が得られます。

▼緑と青紫のコントラストが美しい

ただ道端に生えてる草だけど、緑の深みを感じる

もともとRAWで撮って編集とかはしないスタイルなのですが、FUJIFILMのカメラに変えてからはさらに編集しなくなりました。

撮るのも簡単、撮ってからも簡単なのは超魅力。

イージーに撮影できることはテンポを良くするし、日々カメラを持ち歩く動機にもなる。軽さも相まって魅力が底上げされている。

艶やかな植物達の写真を見ても「流石はFUJIFILMだなぁ」と思う。撮ることが本当に楽しくなるカメラだ。

 

撮ることが楽しくなる

X-70はデザインも優秀でアルミ削りだしのダイヤル系が美しい。触った質感も良いので所有欲を満たしてくれる。こんなのはカメラ好き(オタク?)にしかわからない事なのか?(笑)

カラーリングは2色

僕はシルバーが恰好良いと思っていたけど、最終的にデザインに飽きがこなさそうなブラックをチョイスした。

コンパクトなボディで、簡単に綺麗な写真が撮れてしまったら人間欲が出るもの。カメラの設定をいじって撮影したらもっと綺麗な写真が撮れるかな?と自然と手が伸びる。

そうした際に、絞りや各種設定の操作系が扱いやすくて優秀だと感じた。

▼ゆるかわ写真も簡単

あとは地味なことだが、一発でAUTO操作できるレバーも搭載しているので人に撮影をお願いする時にも設定をいじらなくて良い。旅カメラとしても持ち出しやすいので、観光地などで助かる機能。

▼オサレなカフェを見つけたらパシャ

気軽に持ち出せる

ネコ弟子
軽さは正義にゃ

特別に写真が趣味は人は一眼レフなどを持ち出せばよいが、記録的な写真が撮りたいだけの人には思いものはどうしても負担になる。

また写真が好きな人でも、今日は重たい機材を持ち歩きたくないなという日はあるもの。旅行で荷物が増えてしまった時にも軽量化に大きく貢献してくれた。

目的がはっきりしないけど、とりあえずカメラは持って歩くか?というようなお散歩思考の時にも相性が良いと思った。

▼かわいい椅子を発見したので撮影

▼塀の上から誰かに覗かれてると思ったら?

特にテクニックを使っている訳ではないけども、こうした「ちょっと面白いかも?」に答えてくれるのがX70だった。

 

純正オプション

純正のオプションも充実しているので一例を紹介。

 

 

 

 

デメリット

・手ブレ補正がない

・単焦点なのでズーム出来ない

・メニューの左ボタンが押しにくい

・ファインダーがない

・コンデジにしてはお値段高め

レンズはX70の為に開発された新しいレンズが搭載されているが、手ブレ補正はなし。だけどレンズはf2.8と比較的明るいレンズだし、広角気味の焦点距離だからないと困る!と言う程でもなかった。

メニュー周りは多少注文をつけたくなる点があった。

▼X70のメニュー周り

見てもらえればわかるけど、僕が多様しすぎるせいか「Q」ボタンの横の塗装が剥げてきている。これまで塗装剥げに関しては経験があまりなかったのでショックだった。

はるペン
愛機が

そして可動するモニターの仕組みのせいか液晶画面が数ミリ出っ張っている。このおかげでメニューの左ボタンは非常に押しづらい。

僕はX-T1やT2と設定を統一させているので、これがX70の最大の欠点だと思った。手が大きい男性だとこのボタンは使えないかもしれない・・・僕は大きな手をしてないので「ウン!」と少し気合いを入れたら使える(笑)

ついでに液晶上部の再生ボタンと削除ボタンが使いにくいと感じた。

単焦点レンズなのでズームはできないが、デジタル的な処理で画角を変更することは可能。(デジタルテレコン)単焦点レンズだからといって画角が決まってしまった単調な写真にならないのは嬉しい。

 

まとめ

X70はミラーレス上位機種のX-T1と同等な美しい写真が撮れるプレミアムコンパクトカメラだった!

上位機種と同じAPS-Cの大型センサーや、コンデジにしては早いオートフォーカス、FUJIFILMの信頼ある美しい画質、など魅力あふれるX70は買って良かったと思えるカメラです。

人に撮影をお願いした時に「何このカメラ?めっちゃきれい!」とモニターを見た瞬間にオドロキの声をあげていました。

内心「そうでしょ?だって僕のカメラだもん」と得意になっていたのは内緒です。(たぶん顔に出てたけど)

趣味で写真をしている人のサブカメラにもおすすめの機種です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。