富士フイルムのカメラ・レンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

ARC’TERYX(アークテリクス)ベータLTジャケットレビュー!軽量で街着にも最適なゴアテックスシェル

はるか、アイコン
WRITER
 
アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

マウス、コラボパソコン

マウス、コラボパソコン

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

即完売必至のアークテリクス「ベータLTジャケット」(Beta LT Jacket)をレビューします。

3Lゴアテックス生地により、防水・防風性を高めた身体の保護を目的としたハードシェルです。透湿性も備えていますが、ベンチレーションが追加されたことで体温調整もより容易になりました。無駄のないデザインはファンの支持を集めていますし、毎年即完売で手に入れることが困難なアイテムだったりもします。

幸運にも入手することができたので、ベータLTジャケットの魅力をお伝えできればと思います。

アークテリクスとは?

アークテリクス,,ARC'TERYX,公式,写真,比較,おすすめ

「地球上にある最高の素材、最高の技術、革新的なデザインで製品を作る」ことをコンセプトとして掲げる、ARC’TERYX(アークテリクス)は、カナダ生まれのアウトドアブランドです。

その優れたデザイン性と、防水性や透湿性、防風性などの高機能性は、登山愛好家だけならず広く愛されています。ロゴには始祖鳥があしらわれており、街に出かけると見かけない日はないほどの人気ぶり。感度の高い人なら一度は目にしたことがあるはずです。

 

ベータLTジャケット(Beta LT Jacket)レビュー

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

ベータLTジャケットは、防風性、防水性、軽量さをもった究極のプロテクションです。

雨風を完全にシャットダウンしてくれるので年間を通して活躍してくれますし、山のアクティビティに必要な耐久性も備えています。軽くて持ち歩きも楽ですし、環境や状況に応じて使えるゴアテックスシェルは1枚は持っておきたいアイテムですよね!

デニムにも馴染むスタイリッシュなデザインですし、アーバンライフでも活躍してくれること間違いなしです。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

3Lゴアテックス生地が採用されているので、2.5Lでは難しかったメンテナンス(リペア)も可能になって耐久性もアップしています。従来の2.5Lでは長期使用での不安が残りましたが、その辺の問題をしっかり解消してくれました。

 

ベータLTジャケット(Beta LT Jacket)特徴

計算されたシンプルなデザインが最大限の汎用性を発揮するベータ LT。山のアクティビティに必須の機能性をしっかり網羅したアイテムです。bluesign® 認証を獲得し、優れた軽量性と耐久性が自慢の3L ゴアテックス生地により、あらゆる種類のアクティビティで、防水性、防風性、透湿性による保護性能を発揮します。ヘルメット対応のストームフード™ が、視界を遮ることなく、抜群のカバー力を実現。アイテムを簡単に出し入れできるハンドポケットはウォータータイト™ ジッパーにより安全な収納が可能です。また、ピットジップがスピーディな通気を実現し、実用的な立体構造による動きやすさも魅力です。※出典:アークテリクス公式

モデル名Beta LT Jacket
素材GORE-TEX
タイプハードシェル
機能防水、防風、軽量、汎用、
重さ395g
価格¥55,000

395gと軽量ですし、生地は薄くもなく厚くもなので使いやすいです。立体構造になっているので動きも阻害しませんし、デザインが抜群にカッコいいので「着ている」という感覚(高揚感)を得られるモデルです。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ
シェルジャケット特有の安心感

冬場はインナーダウンやフリースを着ても、春秋にはシャツに羽織って、夏の突然の雨なんかにも対応できる汎用性の高さもベータLTジャケットの特徴ですね。始祖鳥様に何度も助けられること間違いなしです(笑)

オンラインサイトの評価を見ても星4.7とかですし購入者の満足感が伝わってくるようです。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ,インナー,BirdAID

ベータLTジャケットはBirdAIDという修理保証プログラム対象製品です。

購入した製品を長く愛用するためのサービスで、修理費用限度内なら補償してくれます。購入金額の30%まで負担が無償になるので、ベータLTジャケットなら税抜¥50,000×30%=¥15,000を最大修理補償金額として無償扱いになります。詳細は購入店にご相談ください。

修理が複数発生した場合でも累計になりますので、最大修理補償金額に達するまで何度でも無償でサービスを受けられます。この手のサービスを何度も利用することはないかもしれませんが、愛用しているアイテムが長く使えそうなのはありがたいですよね。

 

ベータLTジャケット(Beta LT Jacket)デザイン

生地(裏・表)

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

表はいかにも耐久性が高そうな生地感になっており「保護されている」という安心感がハンパないです。5℃以下の強風の中(自転車が押される程度)で使ってみましたが風をほとんど意識しなかったのを鮮明に覚えています。

400gを切る軽さのジャケットに、ここまで安心感を覚えるとは正直思いもしませんでした。DWR (耐久撥水)仕上げにもされているので水をしっかり弾いてくれます。タウンユースとしては確実にオーバースペックですが、街では超分厚いダウンを着ている人もいますよね?好きなモノを好きに着ればいいかなと(笑)

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

フロントジッパーは止水仕様になっており水の侵入を阻みます。首回りにはアジャスターが装備、チンガードは起毛のマイクロスエードになっています。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

裏面をチェックしてみると随所にシームテープが施されています。肩回り肘回りにかけて立体構造になっているのがわかるでしょうか?伸縮性はない生地ですが、この構造のおかげでとても動きやすいです。

よく見ると内部の素材は凸凹としておりザラザラとした触感です。決して嫌なザラザラ感ではありませんし、この仕組みのおかげで内部に発生した水分の拡散を促すようになっています。そのため衣服を通したらサラサラした感覚を維持できます。ナイロン素材にありがちなピッタリとひっつく不快感がありません。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

裾にはドローコードが装備されているので、環境に合わせて素早く対応ができます。スノーガードはないので豪雪地帯での利用にはスペック不足かな。。

 

ベンチレーション

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

アークテリクスのゴアテックスシェルと言えば、ゼータSLジャケットを思い浮かべる人も多いと思いますが、あちらにはないベンチレーションが搭載されています。ゴアテックスには透湿性があるとは言え、着こむと暑かったり、スピーディーに熱を逃がしたいシーンもあります。ベンチレーションの有無が選べるなら、自分はあるほうを選びたいですね。

 

フード

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

ヘルメット対応の存在感あるフードですね。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

ツバに補強が入っているので、シルエットを保ち視界を遮ることがありません。かぶっていなくてもフードがつぶれないのでシルエットがカッコいいです。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

フード裏にはアジャスターが装備されていますので、雨風が強い時でも安心です。

 

ポケット

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

ウォータータイトジッパーとRSジッパースライダーを搭載したハンドポケットが2つ。荒れた天気では開けたくないかもしれませんが、街着にするならポケットは必須ですよね。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

ポケットはそこまで大きくありませんが、長財布くらいなら入ってくれそうな感じです。

 

袖口

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

袖口にはこれまた丈夫そうなベルクロが装備されています。中に着こむ余裕を作るためMサイズ(168cm)を購入しましたが、ちょっと長いです。邪魔と言うほどでもないんですけどね。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

裏面にもしっかりと補強が入っているのは好印象。

 

裾・腰回り

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

腰回りは絞めつけのないフィット感で、着丈も長すぎずちょうど良いです。やや大きめサイズを購入したのですが、だらしなく広がってしまうこともありません。この細身のシルエットこそアークテリクスの真骨頂という感じがします。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

Sだと着込んだときの膨らみが気になっちゃいました。

 

ベータLTジャケット(Beta LT Jacket)サイズ感

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ
シャッターに間に合わず謎のポーズに(笑)

すでに書いてしまっていますが、168cmでMサイズを購入しました。袖はやや余るものの、全体的なシルエットはちょうど良いと感じます。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

Mサイズにしたことでレイヤリングの余地がかなり残っています。ベース着て、フリース着て、アトムARとかを着ても大丈夫です。オーバーサイズの流行を考慮しても、タイトに着すぎないことも大切なのかなと…たぶん

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ

デザインがシンプルなので白いシャツも映えます。フロントジップをオープンした状態でも襟がしっかりと立ってくれるのでシルエットが崩れないのも嬉しいポイント。高かったので年中着倒してやろうと思います!(笑)

はるペン
10年着て元をとりますよ

ベータLTジャケット レイヤリング・コーデ

ベータLTジャケットは、薄くて高機能なのでレイヤリングの可能性は無限大です。1枚あると使いまわしが効くので本当に重宝します。僕の所有しているアークテリクスのアイテムと組み合わせてみましたので、レイヤリングの参考にしてもらえると嬉しいです。

 

ベータLTジャケット+アトムLTフーディー

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ,アトム,atom

もはやアークテリクスファンならマストアイテムとまで言える、アトムLTフーディーとの相性もバッチリです。保温力のあるアトムLTフーディーに風を止めるベータLTジャケットがあれば都心部の冬はこせますね。

アトムLTフーディーなら首回りからの冷気もシャットダウンできますし、中に薄手のセーターとかフリースとかを入れる余裕もあります。そういう意味では保温力はまだ上げられるので、寒さに対してはそこまで不安に感じなくても良いかと。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ,アトム,atom

アトムを着てもジャケットがモッコリしてません。冬山の行動着としても良い組み合わせでしょうね。

▼アトムとプロトンを比較しました

ARC’TERYX(アークテリクス)の「アトムLTフーディー」と「プロトンLTフーディー」はどっちがおすすめ?ちがいを徹底比較

 

ベータLTジャケット+ガンマLTフーディー

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ,インナー,ガンマLT

ベータLTジャケット+ガンマLTフーディーは、山での荒天時に重宝しそうです。アークテリクスのスタッフさんは、この中にカイヤナイトARフーディー(フリース)を着て冬山を楽しむとおしゃってました。

ARC’TERYX(アークテリクス)カイヤナイトARフーディーをレビュー!着心地抜群で使いまわしのきく万能フリース

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ,インナー,ガンマLT

どちらもスタイリッシュなアウターという感じなので、街着にはどちらか1着でも良さそうです。

ガンマLTフーディーをレビュー!ARC’TERYX(アークテリクス)最初の1枚におすすめの万能ウェア

ベータLTジャケット+ライトダウン

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ,インナー,ライトダウン

インナーダウンにベータLTジャケットを合わせるのも人気です。ミニマルスタイルとでも言うのでしょうか、少ないアイテムで数々のシーンに対応できるのは良いですよね!それもベータLTジャケットがしっかりと雨風を防ぐという信頼感があるからこそ成り立つのではないでしょうか。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ,インナー,ライトダウン

中に着ているのはNANGAのインナーダウンです。ユニクロのライトダウンよりもボリュームがあるので、ちょっと膨れる感じはありますが許容範囲内です。寒いのだけは御免ですからね。。

 

ベータLTジャケット+フリース

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ,インナー,フリース

厚手のフリースの上にベータLTジャケットを重ねてみました。保温力とシルエットのバランスが良いと思います。ライトダウンだと室内で脱ぐかどうか悩むところですが、フリースやセーターならジャケットを脱いで終わりなのも楽です。

アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,ベータLTジャケット,beta lt jacket,ブログ,インナー,フリース

着用しているのはホグロフスのフリースです。暖かくて動きやすくて最高なんです…が、残念ながら日本からの撤退が決まってしまいましたね(涙)

 

ベータLTジャケットのデメリット

  • 保温力はない
  • シャカシャカ音がする
  • 人気すぎて買えない…高い
  • 雨具は持ってるよね…

ベータLTジャケット単体では保温力をもたないため、冬場などは調整が必要になります。それに行動時にシャカシャカ音がする…まぁこれはアイテムの宿命だったりするので弱点とあげるほどでもないのかもしれません。

最大の弱点は「買えない」ということでしょうか…品薄あいまって希望のカラー・サイズはなかなか手に入らないです。「1年超しで手に入れました」みたいな声も多数聞かれるので、見つけた時に確保できる余裕はもっておきたいですね。お高いですから…

ただ、この手の防水に対応したシェルジャケットは山では必須です。似たようなアイテムを持っている人は多いかもしれないので、優先度はどうしても下がってしまうのかなと…そこにあえて5万円を突っ込めるかというと微妙ですよね。僕もノースフェイスのマウンテンジャケットを所有していたので、大いに悩みました。

予算をおさえたいという方は「ソラノフーディー」や「ガンマLTフーディー」あたりもおすすめです!どちらも年中使いやすく3万円以下で買えます。山などでハードシェルとしてガッツリ使うならベータLTジャケットですけど、街着なら完全防水・防風に対応させる必要もないですしね。

ARC’TERYX(アークテリクス)ソラノフーディーをレビュー!都会に馴染む完全防風ジャケット

まとめ:ベータLTジャケットは最高のルックスと究極のプロテクション!

ベータLTジャケットを購入して、しばらく使ってみましたが「最高」の一言ですね。

ミッドレイヤー次第で長いシーズン使えますし、真夏以外は活躍してくれるはずです。軽いので夏山のレインウエアとして使っても良いかも?防風・防水の強度は言うまでもなく、デザインがとにかくカッコいい!

「アークテリクスを着ているんだ」というワクワク感が強いモデルですね。特に不満らしい不満も見当たらないし、本当に買って良かったですね。ぜひ検討時の参考にしてくださいね。

▼こちらの記事もどうぞ

街着におすすめな ARC’TERYX(アークテリクス)のおしゃれアウタートップ8選!

アウトドアショップリンク

>>>ARC’TERYXの記事をもっと読む

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2022 All Rights Reserved.